滋賀報知新(ニュース)平成14年7月18日(木)第13152号

自民政調  強引な手法にクレーム

済生会滋賀県病院の改築計画

黒い噂乱れ飛ぶ8月の入札
=突然の1億円減額に不信の声 =

改築が計画されている済生会病院
(湖南・栗東市)
 済生会滋賀県病院(栗東市、井上四郎院長)はさきごろ、八月十二日に改築工事の一般競争入札を実施すると発表したが、県議会の自民党政調会からは「周辺二市二町がまだ負担金を予算化していない段階で、入札日を一方的に決めるのは、極めて遺憾」とクレームがつき、県医務薬務課は弁明に大わらわだ。                     

【石川政実、高山周治】


 済生会病院の改築工事は、今年九月から平成十六年四月までで、病棟の半数を取り壊し、建物面積四万千平方メートル(現在一万八千平方メートル)に拡張整備するもの。総事業費は百七億円で、うち国が十五億円、県が三十三億円を補助する。これ以外に済生会が各市町に要請している負担金は、湖南地域の二市二町(草津、守山市、野洲、中主町)、甲賀地域の二町(甲西町、石部町)が計二億九千万円、地元の栗東市が二十億円の内訳だ。残る三十六億千万円は、済生会の負担となっている。

 すでに県、栗東市、甲西、石部両町では、今年度当初予算として計上されている。しかし栗東市を除く湖南の二市二町では、いまだに負担金の予算措置がされていない。このように周辺市町の足並みが揃っていない中で、県医務薬務課が済生会の改築計画を後押ししただけに、湖南の市町からは「県の手法はあまりにも強引」と不満の声があがっていた。

 県は六月二十五日、県湖南地域振興局に湖南三市二町の担当部長を招集した。席上、済生会から、二市二町に要請した負担金二億九千万円を一億九千万円に減額し、減額分一億円を済生会が負担する妥協案が提示された。栗東市を除く二市二町の担当部長は、それぞれ持ち帰って検討することになった。そして二市二町の首長は七月十一日、湖南地域振興局長にシブシブ内諾したことを伝えたという。

  十二日、自民政調に呼ばれた県担当者は一億円の減額を説明したが、県議らは「負担割合を県議会に相談もなく、県と済生会だけで変更するのは極めて遺憾」と反発した。また二市二町で負担金が予算化されていない段階で、済生会が六月十七日、改築工事の入札日(八月十二日)を決定したことにも疑問の声があがった。入札は二者JV(ゼネコンと県内企業の共同企業体)だが、現職の有力政治家を背景に、某JV名が取り沙汰されている。

 杲(ひので)教順・済生会滋賀県病院事務部次長は「着工時期を考えると八月十二日に入札をぜひともやらせてほしい」と訴えた。

 奥村清・県医務薬務課医療整備担当課長補佐も「国や県から補助金を取り付けるため、済生会が提出した改築工事計画では、全工程の二割を今年度内に実施することなっており、逆算すれば入札は八月中旬」と補足説明した。

 湖南二市二町のある担当者は「済生会の事業計画は、三市四町が負担金を予算化するのを前提にしており、県や国もこの前提で補助金を予算化している。しかし各市町の議会が反対した場合、事業の枠組みが根底から崩れるだけに、県や済生会のやり方は強引すぎる。栗東市が単独市制を自分勝手に押し進めたために湖南三市二町の市町村合併はとん座してしまったが、今回の済生会問題も根っこは同じ。今後、破綻した市町村合併の恨みが尾を引きそうだ」と県や栗東市への嫌悪感をあらわにしていた。   


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

今月中にも議会へ計画案

栗東市の旧焼却施設解体工事

住民ダイオキシン汚染危惧
=市洗浄除去などで飛散防止=

急ピッチで進められる環境センター工事
(湖南・栗東市)
 新しい栗東市環境センター(同市六地蔵)の建設が大詰めを迎え、「大地」「空」をイメージしたさわやかな概観がお目見えした一方で、旧施設の解体工事に対して周辺住民は、「高濃度のダイオキシンが周辺に飛び散るのでは」と不安視している。

 六月に開かれた市議会では、議員から解体方法について質問が飛び出し、市当局は対策として▽施設をシートで囲みチリ飛散を防止する▽ダイオキシンを含む灰を洗浄除去する▽高温によるダイオキシン再合成を防ぐため熱を使った切断を避ける│などを挙げた。

 具体的な計画案については公表されていないが、十三日に地元四自治会(伊勢落、林、六地蔵、六地蔵団地)に対して理解を求めたところで、今月中にも市議会へ報告し、これをたたき台に九月に正式な計画を策定する。撤去工事は十二月に着手し、二月には終了する見通し。

 また、総事業費七十一億千九百万円を投じた新しい環境センターは、▽ごみ焼却施設▽灰溶融施設▽リサイクルプラザ│などを備え、ごみ焼却能力は一日七十六トン。県内で初めて採用した灰溶融施設は、ごみ焼却の際に発生する灰を高温で溶かして無害化、ガラス状の固形にするもので、道路工事の路盤材やブロックの原料に利用する。

 ダイオキシン対策に関しては、(1)常時八百│九百度で二十四時間連続運転(2)炉から排出される煙は減温塔で冷却(3)ろ過式集じん器によるチリの除去│を行ない、一立方メートル当たり〇・一ナノグラム以下(法規制値五ナノグラム)に抑える。

 新施設稼動に向けた公害防止協定は、地元の四自治会と今春、隣接する石部町とは十六日に締結。内容的には、▽排ガス規制値に抑制する▽ISO1400(環境マネジメントシステム)に基づき管理運営▽公害防止盤の設置▽排水を工場内で循環利用する│などを列挙し、林順治所長は「公害防止に向け、万全の手を打ちたい」と話している。

 設置を確約した公害防止盤は、ダイオキシンや窒素酸化物、硫黄酸化物など排気ガス中に含まれる有害物質六種について、自動監視装置で分析した速報値(ダイオキシンは解析に半年かかる)を電子表示するもの。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

栗東芸術文化会館

27日さきらフェス

=コンサート、フリマ=

(湖南・栗東市)
 栗東芸術文化会館さきら(同市綣)のさきらフェスティバルが二十七日、同会館シンボル広場をメーン会場に開かれる。主な催しは次の通りで、問い合わせは同会館(077-551-1455)へ。

 ▽パフォーミングステージ(15時半)=こだま保育園和太鼓アンサンブル、NHK教育テレビの体操のおにいさん・小嶋信之さん、うたのおねえさん・山野さと子さんによるファミリーコンサートなどが繰り広げられる。

 ▽マーケットプレイス(14時半)=フリーマーケット七十ブースで子ども向けのリサイクル品、屋台村二十ブースで焼そばなど食べ物が販売される。

 ▽体験教室(14時半)=小さな木の笛「コカリナ」のワークショップ&ミニライブ、牛乳パックやペットボトルなど不要品を利用したリサイクル工房「夏休みの宿題をつくろう」が開かれる。

 ▽トミカミュージアム&体験コーナー=人気を博した懐かしのトミカやプラレール(模型電車)、巨大ジオラマを展示する。また、プラレール体験コーナーでは、実際に乗ることもできる。一回二百円。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

栗東歴史民俗博

マイミュージアム展

=竹村栗軒氏にスポット=

竹村栗軒氏の作品を見入る入館者
(湖南・栗東市)
 栗東歴史民俗博物館は、市民が収集したコレクションや思い出の品、創作作品を紹介する「マイ・ミュージアム展」を開催している。二十一日まで。

 同展で特にスポットを当てたのは、同市荒張を拠点に漢詩、山水画などに取り組んだ竹村栗軒氏(たけむらりっけん、明治二十二年│昭和五十三年)。善福寺の住職を務める傍ら、金勝村役場に勤務、近江新報の記者をしていた。

 「芭蕉図」(昭和十四年)は、画面左側にのびのびと芭蕉を描き、下部中央部にはバラを配し、構図のバランスをとるとともに、盛夏を迎える直前の季節感を出している。五十歳の時の作品で、代表作の一つに数えられる。

 このほか会場には、イギリス車のミニチュアカーコレクション、廃材を活用した温かみのある木彫り作品などが展示され、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

サムシングエルスら招き

びわ湖大津なぎさ音楽祭

=20日「海の日」正午から=

(湖西・大津市)
 「びわ湖大津なぎさ音楽祭2002」が、二十日正午から大津市由美浜のなぎさ公園市民プラザで開催される。「海の日」にあわせ、市民の音楽活動の振興と、「びわ湖大津」からの情報発信を行なうことが目的。

 会場ではフリーマーケット(正午)、アマチュアバンドコンサート(15時)が繰り広げられるほか、メインゲストのステージも楽しめる。ゲストは、「ラストチャンス」がヒットしたサムシングエルス、我那覇美奈、押尾コータロー、河口恭吾ら、今一番旬なアーチストが出演する。なお、当日はFM滋賀の公開録画も行なわれる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ