滋賀報知新(ニュース)平成14年7月29日(月)第13164号

第4回 1市3町合併協議会

八日市・日野・蒲生・永源寺

新市誕生は16年11月1日を目標
=まちづくり計画も小委員会に付託=

蒲生町で開かれた第3回合併協議会
(湖東・広域)
 八日市・日野・蒲生・永源寺の一市三町による法定協議会「東近江東部地域合併協議会」(会長・中村功一八日市市長)の第四回目となる会合が二十五日、蒲生町あかね文化センターで開催された。

 前回提案の合併協議根幹を成す三項目(合併期日、新市名称、事務所の位置)について、小委員会の設置(各十人)とともに審議が付託されたことから、各委員長から協議内容の報告を受けた。

 合併の期日は、原案通り十六年十一月一日と決したものの、反対意見「決定すべきでない」を考慮し、あくまで「目標に向かって努力する」との会長折衝案が出され、賛成多数で可決した。この柔軟決議についても永源寺町選出の野田清司委員、日野町選出の岡弘太郎、荒川武雄、松岡千鶴子の各委員が反対した。

 新市の名称について、候補選定小委員会から「一般募集に基づき今年中に新市名を決めたい」として、今後のスケジュール案が示されたが、近江八幡・愛東・湖東を含む二市五町合併研究会のアンケート結果を待ってからでも遅くはないとする意見が出され、事務局案の募集要項に基づく選定基準などが大筋で承認されるにとどまった。新市名称とともに事務所の位置についても、各小委員会で引き続き審議することにした。

 また、新市まちづくり計画では、策定期間(十年)が短く「二十年にすべき」や、住民アンケートでも「中学生対象は疑問」とする少数意見に対し、構想は長くてもよいが「計画は十年がベター」や子供が持つ「夢のあるまちづくりは必要」とする意見が大勢を占めた。結果、まちづくり関連三項目も継続審議とし、小委員会(委員十五人)を設け協議することで決着がついた。

 一方、次回に提出される二項目(議会議員の定数と任期の取り扱い、特別職の身分の取り扱い)について提案説明が行われた。議員関連では、新市誕生から五十日以内に選挙(定数三十人)を行う地方自治法、選挙後四年間は定数の二倍(六十人)の議員が認められる定数特例、選挙なしで二年間は現議員の在籍が認められる在任特例の三案が示された。

 このうちの在任特例に関して事務局は、現在の議員六十六人全員が一年間の在籍(任期は十七年十月三十一日)を提案している。次回の協議会は、八月二十二日午後二時から永源寺町産業会館で開催される。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

新市名 トップは『安土市』

3町合併 公募の名称案

=次回の会合で候補5点報告=

(湖東・広域)
 平成十六年三月の新市発足を目指す安土町・五個荘町・能登川町の法定合併協議会は二十六日、五個荘町公民館での第七回会合で、公募した新市の名称案集計結果を発表した。

 応募総数は三千六百九十八件で、最多は千八百二十三件の『安土市』。全体の約四九%を占め、「歴史的・国際的に知られる名である」「信長が名付けた名は新市にふさわしい」などの声が添えられている。

 二位「きぬがさ」(三百六十一件)、三位「あづち」(百十二件)、四位「繖」(九十三井)、五位「近江安土」(七十二件)、六位「東近江」(六十八件)、七位「安五能」(六十件)、八位「安土きぬがさ」(五十七件)、九位「安土桃山」(四十八件)、十位「信長」(四十二件)。

 公募は五月二十二日から六月二十日までの約一ヶ月間実施され、専用ハガキ・インターネットなどで県内外から三千六百九十八件が寄せられた。同数は三町人口の約七%にあたるが、事務局では「先進地では三〜六%の応募状況であり、住民の関心を頂いたものと思っている」としている。

 名称の表記は計四百六十八種、読み方別では五百三十五種類になり、町別の応募状況を見ると、安土町が全体の半数を越える二千九十七件(五六・七%)、能登川町が八百八十八件(二四・〇%)、五個荘町が四百七十五件(一二・八%)と、安土町民の関心が高い。年代別に見ると、四十から六十歳代が約四十九%を占めている。

 これら新市名称候補の選定については、二十九日の名称候補選定小委員会において各委員が十点以内で候補を持ち寄り、五点程度に絞り込むことを確認。報告は次回の第八回会合(八月二十三日午後二時〜、能登川町中央公民館)で行われ、早ければ八月、遅くても九月中に新市名が決められる見通し。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

コミュニティバスの

愛称と車両デザイン

=八日市市が募集=

(湖東・八日市市)
 八日市市は、総合交通ネットワークシステムの提言に基づき、市内の公共交通機関空白地域を中心にコミュニティバスの試験運行(四路線、車両四台)を計画しているが、このバスの愛称と車両に飾るワンポイントデザインを公募することにした。

 子供からお年寄りまで市民に愛されるバスを目指していることから、親しみが持てるようにと、覚えやすく呼びやすい愛称、一目見て印象に残るワンポイントのデザインを募っている。

 応募用紙に愛称とネーミングの理由、ワンポイントデザインとイメージの説明を書き、八月二十日までに市役所か地区公民館に届ける。詳しくは市役所交通政策課(TEL24―5658)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

元気盛りだくさん

第5回 能登川商工まつり

=8月4日開催=

(湖東・能登川町)
 暑さと景気に負けない元気盛りだくさんのイベント「第五回商工まつり」(能登川町商工会主催)が八月四日、能登川町やわらぎホールと周辺広場で開催される。

 周辺広場では、開会に先駆けて午前十一時からバザーが開店するほか、先着二百人まで無料配布されるアイスコーヒー一リットル一本プレゼント(一家族一本限り)の引換券が配られる。交換は午後一時から。

 オープニングは、商工会女性部による水車太鼓で飾り、見事なばちさばきと息のあった連携で盛り上げる。続いて、蘭瑞季歌謡漫談ショー、島根県郷土芸能・安来節が披露されるほか、峯山ゆり&永峯みき歌謡ショー、あいの土山ナツメロ楽団が懐かしの歌を熱唱する。終盤には、茶の間でお馴染みのチャンバラトリオが出演し、お笑いトークショーと殺陣、歌で楽しむ。また、小さな子どもには、足長ピエロのジャグリングショー&バルーンショー(広場で午後一時から)が企画され、多彩なステージに親子揃って楽しめる。

 会場一帯では、商工会委員による模擬店が多数出店するほか、人気の抽選会が行われ、特賞には加賀山代温泉へのペア旅行券が用意されている。詳しくは同商工会(電話0748―42―1158)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

昔懐かしい童謡から

 流行アニメソングまで

=28日 蒲生町でコンサート=

(湖東・蒲生町)
 蒲生町文化体育振興事業団は、“音楽から元気を”をテーマにしたファミリーコンサートを二十八日に同町のあかね文化センター小ホールで開催する。入場無料。
 幼児や保護者とともに、楽しい子どもの歌をや昔懐かしい童謡、流行のアニメソングなどを混声合唱で届ける音楽キャラバン隊「こーろ・ころっけ」が出演する。平成五年にスタートした男女十二人で取り組んでいるこーろ・ころっけは、合唱のほかにも、ヴァイオリンなどの楽器演奏やパネル・シアターでのゲーム、歌遊び、エプロン・シアターでのお話など、さまざまな催しを用意して各地に出向いている。 
 今回のコンサートは、第一部「教科書の歌ってすてきだね!」、第二部「ころっけ・オン・ステージ」、第三部「音楽っていいね」の三部構成で、日本の愛唱歌や学校で習うお馴染みの曲など一緒に口ずさみながら、こーろ・ころっけの演奏を満喫できる。
 開催時間は、午後二時〜同三時。問い合わせは、同事業団(電話0748-55―0207)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ