滋賀報知新(ニュース)平成14年8月3日(土)第13170号

第27回 中村杯少年野球

選手の成長占う真夏の大会

八日市勢など16チーム出場
=3、4両日 長山グラウンドで熱戦=

第27回中村杯組み合わせ
(湖東・八日市市)
 第二十七回中村杯少年野球大会(八日市市軟式野球連盟主催、中村スポーツ・滋賀報知新聞社など後援)は、三、四両日に八日市市上大森町の長山公園グラウンドで開催され、二日間の熱戦を繰り広げる。

 大会には、地元八日市の六チームをはじめ近江八幡、安土、永源寺の各二ほか、五個荘と湖東、秦荘、中主から各一の計十六チームが出場する。三日午前七時半からの開会式では、選手約三百二十人の入場行進に続き、昨年の覇者・グリーンスポーツ少年団(八幡グリーンズ)から優勝旗の返還を受ける。

 久保九二雄大会運営委員長(市軟連少年部長)の開会宣言に続き、冨田正敏大会名誉会長(滋賀報知新聞社長)や中島敏大会長(市軟連会長)、中村守男大会副会長(中村スポーツ社長)らから激励を受け、秦荘スポーツ少年団の高橋由成主将が参加十六チームの団旗を従え選手宣誓を行う。試合開始は午前八時。

 初日は、一回戦で地元八日市勢が近隣市町からの参加チームをA・B両ゾーンに分かれて迎かえ撃ち、初戦を制した八チームがベスト4に挑む。二日目(四日)は、午前八時半から準決勝と決勝を行い、二日間にわたる大会の幕を閉じる。

 春から夏にかけて猛練習で鍛えた各チームの力と技が激突し、シーズン中に培ったチビッ子の成長を占う上で、見どころの多い大会として知られる。決勝戦終了後には、アトラクションとして「第七回中村スポーツ杯ティーボール大会」(中村スポーツ主催)が開かれ、市内六チームの一―四年生選手と母親(出場二人以内)が参加する。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

平和祈念展夢灯りキャンドルづくり

ハートやピースマークに想い託し

=8日19時半点灯 市民や子どもたち=

自分の想いを夢灯りキャンドルに描く児童
(湖東・八日市市)
 八日市市で八日から始まる「平和祈念展」で、市民の平和への願いを込めた「夢灯りキャンドル」が点灯されることになり、市内の学童保育所の児童や市民らがキャンドルづくりに取り組んでいる。

 同展等開催実行委員会の指導で、牛乳パックでロウの四角い筒状の型をつくって、世界平和への願いや戦争・紛争撲滅へのメッセージ、イラストなどを油性マジックでデザインして完成。

 先月二十日から今月二日まで、市内五つの学童保育所と、本町商店街進行組合員、八日市駅前近代化協同組合員、本町商店街で開催された土曜夜市に参加した市民らが、順次製作にあたった。

 完成した夢灯りキャンドルは、「戦争体験を語る」(午後五時・まちかど情報館)や「平和祈念ライブ」(午後六時・本町通りサンパーク)などが開催される本町商店街や駅前通りに八日並べられ、午後七時半に点灯されることになっている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

オーケストラを聴こう

=4日 あかね文化センター=

(湖東・蒲生町)
 蒲生町文化体育振興事業団は四日午後二時から、“音楽から元気を”第三弾「オーケストラを聴こう」をあかね文化センター大ホールで開く。

 出演は、名古屋大学文化サークルに所属するアマチュアオーケストラ「名古屋大学交響楽団」。約百四十人の学生で構成する同楽団が、スッペ作曲「軽騎兵」やベートーベン作曲の交響曲第五番「運命」などを披露する。また、客席で体験できる楽器紹介コーナーも設けられている。

 入場料は、五百円(十八歳未満は無料)。問い合わせは、同事業団(電話55―0207)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

安土町もあす

「第22回 西の湖花火大会」

=湖上を彩る1千発 =

(湖東・安土町)
 安土町でもあす午後8時から西の湖岸で「第22回西の湖花火大会」が開かれる。 同町の花火大会は、暗闇の湖面に鮮やかな閃光がきらめく美しさと水際に腰を降して観煙が楽しめる夏の情緒豊かな催しとして人気がある。

 ことしは、打ち上げの前に友好町・上ノ国町(北海道)から来町している中学生の紹介や「あづち信長出陣太鼓」などの演奏披露が行われる。また、200隻の灯篭流しや住民が願い事を寄せた短冊3千枚をくくりつけたたいまつが、湖上に並べられ、次々と火が放たれて湖面のたそがれの風情を盛り上げる。

 花火は午後8時45分までの予定。雨天の場合は5日に順延。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

市民パワーで猛暑乗り切る!

あす「第17回八幡てんびんまつり」
市役所周辺で多彩な催し

=花火の場所は今年で最後? =

(湖東・近江八幡市)
 近江八幡の夏を彩る「第17回八幡てんびんまつり」があす4日、市役所前の官庁街通りを歩行者天国にして開催される。

 猛暑が続く夏本番を祭りのパワーと元気を得て乗り切り、新旧の市民が一つのイベントを通して交流を深め、市民や企業から寄せられた寄付金をもとに官民が協働して開催するパートナーシップの夏祭り。

 祭りは正午からスタート。道路中央に特設されるメインステージでは、近江八幡吹奏楽団がオープニングを飾る演奏のあと、ストリートパフォーマンスやハワイアンバンドのさわやなか演奏で涼を求め、ダンスや幼児向けのバラエティーショー、音楽グループのライブなどで祭りを盛り上げる。

 市役所と市文化会館前の駐車場では、交通安全や上下水道ファー展、くらしの衛生展、ゲームコーナー、ホットテレビのPRコーナー、約60店が軒を並べるフリーマーケットが開かれる。

 また、商工会議所前ではインターネット体験、パソコンクイズなどに挑戦するITふれあい広場が開催され、近江八幡信用金庫前でも「はちしん子ども広場」が設けられる。午後6時45分からは、メインステージから流れる名調子にあわせ、道路中央の緑地帯を廻る江州音頭の踊りの輪が賑やかに繰り広げられる。

 午後8時からは近江八幡消防署前の休耕地を打ち上げ場所に約1、500発の花火が次々と真夏の夜空に開花し、迫力ある音と光のページェントを1時間繰り広げる。この場所の打ち上げは、隣接地で来年から新市民病院の建設工事が予定されていることから今年で最後になるかもしれない。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ