滋賀報知新(ニュース)平成14年11月1日(金)第13273号

知っておきたい着物のいろは

きもの劇場「三宅てる乃の世界」

=11月2〜4日 きもの処・四季彩で=

きもの研究家の三宅さん
(湖東・八日市市)
 世界に羽ばたく着物の貴婦人「三宅てる乃の世界」が十一月二、三、四日の三日間、八日市市緑町にあるきもの処“四季彩”で開催される。

 きもの研究家の三宅さんは、京都生まれで、現在は京都きものファッション協会の会長を務めている。「日本人特有の着物文化を次世代に伝え残さなければ」との思いは、国内だけにとどまらず、国の代表として「きもの外交」にも力を入れ、エジプト、フランス、オーストラリア、ベルギー、アメリカ、中国など海外で着物の展覧会やショーを開き、活動範囲を広げる三宅さんの原点ともいえる。その功績が認められ、平成四年には外務大臣表彰を受けた。

 また、帯のデザインや着物を着るために必要なものを結びやすく着付けしやすいとの観点から厳選した小物類セット“宝石の筐(こばこ)”の考案など、「きものブランド」の制作も手掛けている。

 展示会場では、三宅さんが、来場者に「自分で着られる」ためのテクニックやコツを分かりやすく伝授し、きもの談義を交えながら楽しい着物選びをサポートする。

 開催時間は、午前十時から午後七時まで。問い合わせは、四季彩(電話0748―22―2855)へ。 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

最新設備で住民の健康を支援

気分はリゾートホテル

=けんこうプール 4日全面オープン=

リゾートホテルを思わせる施設がそろうプールゾーン
(湖東・秦荘町)
 泰荘町が同町蚊野の福祉ゾーン“ラポール泰荘”内に建設していた健康維持増進施設の「けんこうプール」が完成、三日午前十時半からのしゅん工式のあと、午後一時からは町民に無料開放され、四日から町外の人を含めた一般営業がスタートする。

 住民の生活習慣病の予防・改善、高齢者の健康維持、介護度アップの抑止などを目的に、いつまでもいきいきと暮らせる元気なまちづくりをめざし、約十一億七千万円を投じて完成した施設は、プールゾーンにトレーニングゾーンが併設され、地域住民の健康増進を支援する。

 プールゾーンは、県下初の水深を自由に変えることができる可動床装置(三コース分)を備えたメインプール(二十五メートル、六コース)、一周八十メートルの水中歩行専用プール(メインプールと連結)、ミネラルやイオン効果で塩素濃度を一定に保つ最新ろ過システム「バイタル循環活水方式」の県下初採用、ウォータースライダーや広い子供用プール、寝湯やジャグジーなどリラクゼイションコーナーなど、公立プールとは思えないほど施設を充実させている。

 トレーニングゾーン(中学生以下の利用不可)では、十三種二十八台の最新マシーンやフィットネスルームと専任トレーナーを配置し、タッチパネル式コンピュータを使った健康管理システムや各種健康教室(受講無料)などとの連動で、適切なトレーニング指導と健康状態チェックが、会員カード一枚(町外者の場合年間登録料一千円)でできる。

 利用料は町内外問わず、プールゾーン五百円、トレーニングゾーン五百円、両ゾーン八百円。六十五歳以上、身障者、中学生以下など三百円。三歳以下無料となっている。利用時間は午後一時から四時までと、五時から八時半までの二回入れ替え制。水曜日と年末年始休館。

 利用など問い合わせは、けんこうプール(TEL0749―37―4777)まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

秋のビッグイベント

「ふれあい広場2002」

=五個荘町で2日 味覚満載、多彩な催し=

「てんびんの里ふれあい広場2002」ポスター
(湖東・五個荘町)
 五個荘町のお楽しみイベント「てんびんの里ふれあい広場2002」(同実行委主催)が、スケールアップして東近江二市七町の「東近江農林水産まつり」と合同で行われる。

 町内団体や企業協力等による恒例のイベントで、社会福祉大会や水道・産業フェアなど多彩な展示やステージショー、模擬店などが立ち並ぶ。

 東近江農林水産まつりは、生産者と消費者が収穫の喜びを分かち合うとともに、次代にふさわしい農林水産を考えるもので、環境と調和したふるさとの大切さを確かめていく。会場では、穫れたての米や野菜即売のほか、環境に優しい農業「東近江農林水産環境こだわりシステム」などを紹介する。

 開場は午前九時半。中央公園一帯で多彩なイベントが繰り広げられ、ステージでは東近江行政組合消防音楽隊やてんびん太鼓「郷音」「飛鼓」演奏のほか、チビッコに大人気の「仮面ライダー龍騎」も登場する。
 恒例の餅まきは午前十一時二十分と午後二時十分の二回。クライマックスには豪華賞品(カラーテレビ、全自動洗濯機など)が当たるジャンボ抽選会が行われる。なお、開場に先立ち、午前八時半から町社会福祉法人三十周年記念の「社会福祉大会」が開かれる。

 タイムスケジュール等は次の通り。

 【ステージ】
 午前九時三十分〜オープニング花火・開会宣言▽同十時〜東近江行政組合消防音楽隊演奏▽同三十分〜仮面ライダー龍騎ショー(一回目)▽十一時二十分〜餅まき▽同四十分〜てんびん太鼓「郷音」「飛鼓」演奏▽午後零時半〜木野綾子ショー▽同五十分〜仮面ライダー龍騎ショー(二回目)▽一時四十分〜マジカルキャッツショー▽二時十分〜餅まき▽同半〜ジャンボ抽選会

 【ごきげん村】
 五右衛門汁、焼きおにぎり、ラーメン、松茸釜めし、焼きイワナ、竹かん地酒、きねつきもち、五平もちなど

 【ボランティア広場】
 福祉うどん、肉まん・中華ちまき、クレープ、ぽん菓子、たこ焼き、喫茶コーナー、紅白おにぎり、園芸・陶芸・手芸コーナー、共同募金コーナーなど

 【消防署コーナー】はしご車乗車体験、起震車乗車体験

 【すこやかフェア】
 小・中学生健康ポスター展示、運動不足解消コーナー、手作りおやつなど

 【水道フェア】
 ミニSL、水上自転車、焼きそば

 【産業フェア】
 商工会コーナー、交通少年団基金のためのチャリティーバザー、JAグリーン近江農協コーナー(午前十時〜新鮮野菜朝市)、新堂サンデー林業グループコーナー、滋賀銀行コーナー、湖東信用金庫コーナー、東近江農業共済組合コーナーなど

 【東近江地域農林水産まつり】
 ストリートパフォーマー、バナナのたたき売り、フラワーコンクール、ガーデニング教室、ミニ動物園、東近江2市7町特産品販売、農林水産関係団体模擬店など
 駐車場は、国道八号沿いの旧丸栄コンクリート跡、または町農村環境改善センター横の駐車場へ。なお、改善センターから会場へはシャトルバス送迎がある。問い合わせは町総務課内の同実行委(電話0748―48―3111)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

蒲生町青少年育成町民会議と朝桜中生徒

悪質な落書き決して許さない!!

=駅周辺の清掃と校舎ペンキ塗り実施=

蒲生町の玄関口である桜川駅周辺の草刈りをする生徒ら
(湖東・蒲生町)
蒲生町青少年育成町民会議(藤林茂会長)は、朝桜中学校の協力を得て、近江鉄道の京セラ、桜川、朝日大塚、朝日野の四駅で草刈りや窓ふきなど清掃活動を行った。参加者は、同会議環境対策本部役員や朝桜中の生徒、教師など約百五十人。

 約七年前に発生した桜川駅での落書き事件をきっかけに、蒲生町の玄関口である同駅を住民できれいな姿のまま保とうと、年二回の美化活動を始めた。

 「ぼくらはこんなこと(落書き)はしない」と主張する朝桜中の生徒の自発的な参加が年々増え、藤林会長は「公共のものを大切にする心を美化活動を通して育めれば。また、生徒間でこの取り組みをつないでいってほしい」と期待を寄せる。

 そんな生徒の気持ちを踏みにじる器物損壊事件が、先月二十八日に起こった。黒色のペンキのようなもので、校舎側壁や窓ガラス、門柱などに文字やハートマークの落書きをされた。日野警察署の調べによると、犯人は、同日午後四時半から同八時十五分の間に、校舎へ侵入し、犯行に及んだものと考えられている。しかし、未だ犯人逮捕には至っていない。

 同中の森田行雄校長は「こういった美化活動に自発的に参加する生徒も多く、ガラスの落書きなど、憎しみを覚えている」と語り、生徒も「関係ないのに書くなよって思った」と、行き場のない怒りをぐっとこらえている。事件以来、その悔しさをばねに、自らの生活を見直す機会にしようと、生徒会独自のアンケート調査や横断幕の掲示、二年生を中心に栽培した菊を公共機関へ陳列するなど、校内外に向け生徒の意思をアピールしてきた。

 また、今回の清掃活動に合わせて、生徒とPTAは、落書きされ緊急措置的にペンキ塗りしていた箇所を重点的に、「絶対に許さない。もう落書きをさせない」という気持ちを込めて丁寧に塗り直した。



メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

職業高校生の技能と未来

第9回 県産業教育フェア

=11月8・9日男女共同参画センター=

(全 県)
 県の産業教育の現状を広く県民に紹介し、理解してもらうことを目的に「第9回滋賀県産業教育フェア」が11月8、9日の両日、県立男女共同参画センターで開催される。

 県教委と県産業教育振興会との共催によるもので、職業教育に関する専門学科および総合学科に学ぶ高校生たちが、作品展示、農産物等の販売、ロボット競技などを通して日頃の学習成果を発表する。会場では、各職業科別の展示紹介、研究発表が行われる。内容は次の通り。

【農業科】
 生徒作品や廃棄物処理機による各種実験成果の展示▽農産物とハム、ケチャップ、パン、生花、みそ等の加工品、鶏卵の販売▽農業鑑定競技、コサージュ作り。

【工業科】
 ▽実習、課題研究作品、製図作品、模型等の展示および演示、省エネカー、建築模型、生徒実習作品、おもしろ自転車、木工椅子、製図作品、ソーラーカー、アームロボット、電光掲示板、自動販売機モデル、ジャンボノギス、ホバークラフト、PCゲーム、CG作品デモ、電気工事作品、電子工作作品、陶芸作品、建築木造構造模型▽ロボット競技大会・9日午前10時から午後2時半。9校43チームが出場予定。10個のピン球を3カ所の筒や受け皿に入れ、得点と搬送時間を競う

【商業科】
 ▽「課題研究」の生徒作品とオフィスのレイアウト展示▽近江八幡特産物、地元の手作り自然食品、沖縄特産品、長浜特産品の販売、手作り竹材工芸品の展示、湖西地域特産品の注文販売▽体験コーナー・パソコンによる名刺の製作

【家庭科】
 ▽大型紙芝居、ブラックライトシアター、刺し子のランチョンマット、ウエディングドレス、振り袖、シルバーフォーラムコンテスト努力賞作品、コック服、卒業記念作品集、ファッション甲子園出場作品などの展示。

【看護・福祉科】
 ▽シニア体験、車イス体験、生徒作品、教科書、パネルなどの作品展示▽足浴体験。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ