滋賀報知新(ニュース)平成14年11月4日第13276号

秋の叙勲

=八日市市から4人=

(湖東・広域)
 平成十四年秋の叙勲は、全国の四千六百五人が受章する中で、県内から五十四人が栄誉に浴した。

 八日市市からは、上羽田町六一三の元市議会議員西村富弥さん(76)=勲四等瑞宝章=、八日市町一―一三の学校歯科医木村正弘さん(73)=勲五等瑞宝章=、下二俣町三九九の保護司谷貞雄さん(70)=同=、林田町四一九の元特定郵便局長本多貞夫さん(70)=同=の四人がそれぞれ選ばれている。このほか近隣からの受章は次のみなさん。

 【勲四等瑞宝章】川村純市70(元高等学校長)近江八幡市長田町五一七【勲五等双光旭日章】中村芳雄70(元市議会議員)近江八幡市加茂町一八八七▽尾崎恒夫70(元大社航路標識事務所長)竜王町山面三七三―二五▽木村一郎78(元小学校長)安土町内野六三○【勲五等瑞宝章】大澤冨美子62(元八幡青樹会病院看護部長)近江八幡市西生来町一三七六▽柿田与三松77(県里親会会長)愛知川町愛知川一二二八【勲六等瑞宝章】小林耕65(元市消防団長)近江八幡市馬淵町二四六八

表彰 (東近江地域・愛知郡関係者、敬称略)
◯県社会福祉事業功労者等表彰
 【知事表彰】
 ▽社会福祉事業施設および団体功労者 岡田久(日野町)
 ▽ボランティアグループ とおりゃんせ(八日市市)手話サークルほのぼの(能登川町)
 ▽福祉活動推進校 県立八日市南高校
 ▽優良地域団体 東出福祉委員会(竜王町)
 ▽里親 前田雅敏・延英(秦荘町)
 【県社協会長表彰】
 ▽民生委員・児童委員功労者 池田正巍(八日市市)深尾泰造(五個荘町)
 ▽社会福祉事業功労者 北川年江・廣瀬正秀(近江八幡市)井上栄美子(安土町)久野澄子(竜王町)北川利幸・西堀多喜一・黒川利平(秦荘町)楠原純信(愛知川町)
 ▽ボランティア 川島千恵子(蒲生町)
 ▽ボランティアグループ 移送ボランティアグループ輪和(八日市市)万葉の里ボランティアグループ・人形劇森のどんぐりさん(蒲生町)ボランティア万葉(竜王町)やまびこ(五個荘町)
 ▽福祉活動推進校 八日市市立八日市南小学校
 ▽社会福祉協力者感謝状 県大衆音楽協会・浄土真宗本願寺派滋賀教区仏教婦人会連盟(近江八幡市)=以上「ふれあい基金」に対する寄付
 【県共同募金会長 感謝・表彰】
 ▽奉仕功労者感謝状 瀬貝昌之助・竹島善三(八日市市)寺嶋一雄・福島賢治(蒲生町)
 ▽優良奉仕団体感謝状 八日市市中野地区民生委員児童委員協議会・八日市市御園地区民生委員児童委員協議会・日野町老人クラブ連合会・愛東町赤十字奉仕団・湖東町民生委員児童委員協議会・愛知川町民生委員児童委員協議会
 ▽従事功労者表彰 土田千寿子・高木アキ(安土町)
 【「ふれあい」作文コンクール入選者表彰】
 ▽県知事賞 沢田友美(安土中二年)
 ▽ふれあい賞 野田茜(御園小六年)
 【「ぬくもり」標語コンクール入選者表彰】
 ▽県知事賞 端野健次(八日市南高一年)
 ▽県社協会長賞 森菜保子(愛知中一年)三宅麻依子(八日市南高一年)
 ▽県共同募金会長賞 上野浩子(八日市南高一年)
 ▽ぬくもり賞 西堀裕紀(愛知中一年)山添由加里(滋賀学園高二年)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

悔いが残らない合併とは何か

2市9町をめざす検証

「近い将来」は誰も責任とれない
=民意と結果論のすみわけ=

(湖東・広域)
 八日市市、永源寺、蒲生、日野町の1市3町の枠組みに近江八幡市、愛東、湖東町の1市2町が加わり2市5町で新しく法定協議会を立ち上げるまでに進んだ東近江地域の合併問題。枠組み問題をどのように解決するか研究会を設置しておよそ半年間、話し合いした結果、生まれた選択だった。

 合併を目指すことになった2市5町は「東近江は1つ」を目指す命題にも一緒に取り組むことをかかげ、各市町の首長と議長間で目標に向かって努力することを明記した確認書を交わした。さて、今どんな動きがあって、何が大事なことだろうか。

 現在、その努力をどのような方法で、いつ動き出すのかの見解で意見が分かれており、2市5町が一丸となった具体的な取り組みはまだ、見られない。その背景には、先行して合併協議を進めている安土、五個荘、能登川の3町と竜王町の反応が、東近江が1つになる歩調が揃っているとはいいがたい状況がある。

 新市名の候補選定で意見の対立が表面化したが多数決で安土市に決まり、枠組存続の危機を乗り越え元のサヤに戻った格好になっている3町に今、足並み揃えて東近江が1つになる動きはなく、むしろ、安土、能登川の2町にこののまま粛々と合併を成功させたいとの思いが強いことは、無理からぬことかもしれない。

 ただ、五個荘町だけは、2市5町側から「東近江が1つに」という正式な誘いかけがあれば、住民アンケートを実施し、その結果を尊重した方向性を示し、このまま3町で進めるのか、それとも東近江は1つを目指した2市5町側に加わるのか、民意を反映させた合併を進めたいとしている。

 五個荘町が新市名も内定したのに枠組を見直しする理由には、3町の合併は東近江が1つになることを前提に進める、と住民に説明した行政の責任をとる必要があるとの認識に立っている。東近江が1つになれる環境が視野に入った今、民意が反映した合併が進められなくては、広域合併の話しがある中で人口5万人にも満たない市を作っても将来に悔いを残す結果を招くのではとの不安があるからだ。

 住民が悔いを残してしまった合併の事例は、昭和の合併時の愛東、湖東町に見受けられる。

 愛東町は昭和30年に2か村が、また湖東町は29年に3か村が、行政主導で合併し愛知郡域を形成したが、25年後(昭和55年)には「行政圏域を現在の彦根圏域から八日市圏域に見直してほしい」という区長連名の陳情書が町長に出されている。町は、これを受けて県知事に要望書を提出している歴史がある。

 この住民の願いは叶えられず合併から50年近く、八日市市方面と生活圏域を共にしながら一緒になれない積年の思いが募っているところに今回の合併問題がわき起こった。このため、住民の意向は、彦根側より八日市側に向くことは当然の道理で7月に実施された住民アンケートでは、八日市市側に参入したいとする回答が74・23%にものぼった。今も住民の願いが変わっていないことが伺える。また、回答率が、他市町の32%前後より大きく上回る65・84%もあったことは「今度こそは」という住民の期待の表れとも受けとれる。

 民意を間違いなく把握することはやさしくないが、こと合併の関しては、住民の生活基盤そのものがガラリと変わる大きな問題だけに、どれだけ住民の意見を反映させたものにしたか、あるいは、十分理解を得る説明をしたのか、愛東、湖東町のように将来に悔いを残さないためにも重要になる。

 安土、五個荘、能登川の3町のように行政主導で進めた場合では、形式通りの説明会でなく、新しいまちづくりに期待が持てる実現性のあるビジョンを住民に提案し、納得が得られるまで説明を繰り返す行政側の努力が見えなくては、住民が望む合併にたどり着くことは難しく、愛等、湖東町の二の舞になりかねない。

 今、合併を進めている全国地方自治体の首長の56%が、市町村合併支援の特別措置の延長を望んでいるというアンケート結果があることや合併を円滑に進めていくための緩和措置も広がる傾向にある中で、特例法の期限ばかりにこだわり、その結果、十分な議論がないままの合併になれば、前述のような後悔を招く心配は拭い去れない。

 変化しつつある住民意識や国の方針を十分に把握しながら、軸足を据えた議論をタイムリーに進め、状況変化に敏感になって知恵を働かす共同歩調が求められる。

(畑 多喜男)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

八日市市 市政と教育功労者

ウエルネスで表彰

初の国際交流市民大賞を
=金本さんと故謝さんに贈る=

(湖東・八日市市)
 八日市市は、三日午前十時から十四年度の市政伸展、文化・教育推進、スポーツ振興へ功績のあった功労者表彰を同市建部上中町のウエルネス八日市(勤労者総合福祉センター)で行う。

 今回から、特に諸外国との国際交流に貢献のあった人を顕彰する「国際交流市民大賞」を創設し、韓国統営市との文化交流の礎を築いた金本光雄さん(緑町)と、中国湖南省常徳市との友好交流の橋渡しに尽力した故謝豊亭さん(本町)の二人を表彰する。

 このほか、市政発展や教育、文化、体育の向上に功績のあった個人と団体を表彰する。市政功労では、自治功労の四人、社会功労の七人と九団体が表彰を受け、教育委員会表彰には功労賞九人、模範賞一人、スポーツ賞十七人と三団体が選ばれている。国際交流市民大賞の二人を除く被表彰者は次のみなさん。

 ◎市政功労表彰◎
 【自治功労表彰】牧野即春(今崎町)山田晴一郎(八日市町)
 【同感謝】荒居好子(柴原南町)村田義兵衛(蛇溝町)
 【社会功労表彰】故深田正治(中野町)故二橋貞雄(金屋一)
 【同感謝】吉田亀治郎(小脇町)森本育三(大森町)松永泰一(本町)故辻井トメ子(平田町)藤井竹一(小脇町)しみんふくしの家八日市(東沖野二)糠塚町生産組合(糠塚町)向茂組(蛇溝町)たつみ会(中野町)八日市建設工業会(東沖野四)サントリー近江エージングセラー(大森町)湖東信用金庫市内店舗役職員一同(金屋一)凸版印刷エレクトロニクス事業本部(妙法寺町)滋賀学園高校(建部北町)

 ◎教育委員会表彰◎
 【功労賞】古澤七郎(上羽田町)松本嘉夫(建部堺町)今宿義弘(小脇町)中村貞次郎(愛知川町)小澤勇(上平木町)中尾善光(下二俣町)池田淳彦(沖野二)関原克巳(東沖野三)三浦文雄(小脇町)
 【模範賞】桑本貴隆(東沖野二)
 【スポーツ賞】ジョン・カリウキ(滋賀学園高)前川滋紀(上大森町)杉本美穂(糠塚町)黒瀬剛(市辺町)山路友美(小脇町)亀井隆則(中野町)深尾麻衣子(下羽田町)岩佐圭造(蛇溝町)塩山佳代子(小今町)森聡太郎(聖徳町)寺田彩香(小脇町)中村嘉宏(本町)荒川豊(蛇溝町)新谷善彦(林田町)佐野欣弘(建部堺町)山下喜代子(上之町)小林優(沖野一)市ソフトボール男子選抜チーム、市剣道選抜チーム、八日市VSC


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

グループ・フォルテシモ

布と糸と土 手仕事展

=8日まで 八日市市立図書館=

手仕事の良さが光る作品展
(湖東・八日市市)
 趣味を通してできたグループ・フォルテシモの四人のそれぞれジャンルの違う作品展「布と糸と土 手仕事展」が、八日市市立図書館二階風倒木ギャラリーで開かれている。八日まで。

 電気スタンドや心和ませるアクセサリーなど大内照子さん(竜王町)の陶芸、細かなところまで縫い上げた柴田潤子さん(彦根市)のパッチワーク、サンタクロースなどかわいい北川早苗さん(竜王町)の人形、奇抜なデザインややさしい色使いの奥村敏子さん(蒲生町)のさをり織りの作品が並ぶ。

 会場では、作品をじっくり鑑賞し、作者に質問する熱心な男性見学者の姿も見られる。



メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

第45回太郎坊宮献菊花コンクール

市内外から86点 美の共演

=本社賞に田中さんの競技花=

滋賀報知新聞社賞・田中さんの作品
(湖東・八日市市)
 八日市市の太郎坊宮で第四十五回献菊花コンクールが始まり、丹精込めて育てられた自慢の花が、美を競っている。十二日まで。

 今回は、九鉢花壇、三鉢花壇、競技花、懸崖、福助、だるま、盆栽などの部門に、市内外の菊愛好家から八十六点の作品が寄せられ、いずれ劣らぬ見事な咲きっぷりで、見学者や観光客の目を楽しませている。コンクールの主な入賞者は次の皆さん。

【総合優勝】久木嘉一(彦根市)

【九鉢花壇】農林水産大臣賞 加藤重春(豊郷町)▽全国菊花連盟会長賞 田中岩夫(八日市市)▽市観光協会長賞 村松吉衛(八日市市)

【競技花】文部大臣賞 樋口義彦(安土町)▽滋賀報知新聞社賞 田中博(蒲生町)▽全国菊花連盟会長賞 広田米夫(近江八幡市)

【三鉢花壇】県知事賞 樋口義彦(安土町)▽市教育長賞 小沢得三(八日市市)

【盆栽】市長賞 鳥居和雄(近江八幡井市)

【福助】市議会議長賞 田中岩夫(八日市市)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ