滋賀報知新(ニュース)平成14年12月20日(金)第13329号


「ありがとう」「ごめんなさい」の樹

言えなかった思いをツリーに

=25日まで図書館・アピア 市民総ヘルパー運動で=

メッセージを書き込む親子
(湖東・八日市市)
 「あのときのやさしさありがとう」「手助けできなくてごめんなさい」など、心の片隅に引っかかったままになっている思いをメッセージに託してもらう“「ありがとう」「ごめんなさい」の樹”が、八日市市立図書館とショッピングプラザ・アピア四階情報プラザに設置され、親子連れらがメッセージをつるしている。

 八日市市がすすめている「市民総ヘルパー運動」の啓発を兼ねて、小さな助け合いができるようなあたたかい気持ちや人を思いやる気持ちを育ててもらおうと、クリスマスツリーをメッセージで飾ってもらうことにした。

 設置期間はクリスマスの二十五日まで。サンタさんがみんなの思いを届けてくれるかも……。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

思い出 未来に残そう

黎明の里公園で桜の植樹

=きぬがさ山にお花見名所=

それぞれの記念や想いを託し、桜を植樹する参加者
(湖東・五個荘町)
 五個荘町黎明の里公園(川並繖山内)でこのほど、森林資源の意識高揚を図るとともに桜の名勝づくりを目指した「さくら記念植樹祭」が行われ、家族連れら約三百人が参加した。

 植樹祭は、結婚記念◯周年や誕生記念、還暦・喜寿・米寿記念などの思い出を桜に託し、未来に残していこうとする催しで、記念の森整備事業「あなたや家族の記念樹を植えてみませんか」として希望者を募ったところ、百二十組から申し込みがあり、当日、家族やグループなど約三百人が参加した。

 桜は、全国宝くじ日本桜協会から寄付されたもので、関山や陽光、染吉野の三種類二百本のうち百二十本を植樹。残る八十本は石垣の際などに植える予定で、作業が大変なことから今回は残した。

 この日は、寒気も晴れて作業がしやすく、さっそくスコップ、支柱を持って作業を開始。町職員をはじめ、永源寺森林組合員、県森林整備課職員もスタンバイし、「力仕事はまかせて」と支柱打ちを応援した。子どもたちも堆肥やプレート付けを手伝うなど完成を喜び、「お花見が出来るほど(来年)いっぱい咲くといいね」と期待を膨らませた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

近江日野郵便局 

「パソコンいろは塾」

=参加者を募集中=

(湖東・日野町)
 近江日野郵便局(木山喜博局長)は、パソコン初心者やこれから始めようとする人を対象に「パソコンいろは塾」を来年一月二十八、二十九日の二日間(午後一時半〜同四時半)、日野町松尾にある同郵便局二階会議室で開講する。受講無料。

 講習内容は、パソコンの基本操作からハガキの作成、インターネット体験など。 受講対象者は、日野町に在住または在勤者。定員は二十人(各日十人ずつ)。 受講希望者は、往復ハガキで、住所、氏名、電話番号、パソコン経験、受講希望日を明記し申し込む。申し込み締め切りは、来年一月十四日(必着)。定員を超えた場合は抽選。

 申し込みおよび問い合わせは、〒529―1699 近江日野郵便局総務課「パソコンいろは塾」係(電話52―1101)へ。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

集え、ランナーたち

新春恒例「ドラゴン元旦マラソン」

=ビンゴ大会や豚汁無料サービス=

寒さに負けず元気よく駆け出す子どもら
(湖東・竜王町)
 新春恒例「ドラゴン元旦マラソン」(主催=竜王町体育振興協会)が来年一月一日に、竜王町岡屋にある同町総合運動公園・ドラゴンハット一帯で開催される。

 昨年は三百六十人がエントリーし、応援に駆けつけた人も合わせると総勢五百人がともに新年を迎え、心地よい汗を流しながら健やかに走る喜び実感していた。

 竜王町では、昨年から三カ年計画で、多世代の総合型地域スポーツクラブの設立準備を進めている。地域のスポーツ施設を整備し、生涯スポーツの振興を図るとともに、だれでも、いつでも、どこでも、いつまでもの視点から、スポーツ人口を増やそうと気軽にスポーツを楽しめる環境づくりに力を入れている。

 今回のマラソンでは、小学四〜六年生が多く所属するスポーツ少年団の参加が年々増えていることから、小学生高学年の男女を対象とした二キロのコースを新たに加えた。

 競技種目は、自由参加のジョギングの部(年齢制限なし、小学生未満は親子参加)と、小学生低学年男女と一般男女の一・五キロの部、小学生高学年男女の二キロの部、中学生男女と一般男女の三キロの部、中学生男女と一般男女の五キロの部の計五部門。

 同町のスポーツのメッカである「ドラゴンハット」を中心に、ジョギングと一・五キロ、二キロが同運動公園内周回コース、三キロと五キロは一部町内へと繰り出すコース設定となっている。

 スタート時間は、午前九時二十分のジョギングの部を皮切りに、同九時四十分に二キロ、同十時に三キロと五キロが順次行われる。また、各種目ごとに男女三位まで、小学生は六位までが表彰され、記念メダルが贈呈される。

 参加希望者は、当日午前八時半から同九時までに会場受け付けで申し込む(町外在住者の参加可)。

 このほか、豪華賞品が当たるビンゴ大会や約五百人分の豚汁が無料で振る舞われ、寒さを忘れるほど元旦マラソンで盛り上がる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

8万個の電球きらめく

冬の信楽駅前通り

=イルミネーション点灯中=

(湖南・信楽町)
 「きらめきアベニュー〜あかりの散歩道〜」(主催=イルミネーション事業実行委員会)と題して、信楽駅前通り(信楽駅〜信楽伝統産業会館)で六日からイルミネーション点灯が始まった。寒さ厳しい信楽の冬を、八万球の電球が温かさを演出し、新たな魅力を醸し出している。来年一月十三日まで。

 同事業は、平成十二年十二月に、町のミレニアム記念事業の一つとして始められたもので、今回で三年目を迎える。住民からボランティアスタッフを募り、実行委員会形式で企画運営している。今年は三十人のスタッフで活動しており、事業の定着とともに参加住民、電球の数ともに増えている。
 点灯時間は、午後五時から午前零時まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ