滋賀報知新(ニュース)平成14年12月22日第13331号


ちょっと待った 合併枠組み

八日市市でも異変起こる

アンケート結果に逆行は住民無視
=自治会など市民側が一石を投じる=

(湖東・広域)
 東近江地域における合併枠組み問題で、五個荘町だけでなく八日市市においても異変が生じている。ここ一年間の議論に基づく集大成が、ここに来てようやく煮詰まり最終段階に入った。五個荘町民の決断は合併枠組みに一石を投じ、八日市市市議会も、自治会要望など市民の声を重く受け止め、合併(法定)協議会設置条例案と、見直しを迫る市民側から提出の請願を継続審議することにした。

 五個荘町は、区長連絡協議会が行ったアンケート調査の結果に基づき、合併協議を進める三町(安土・五個荘・能登川)からの離脱を決め、不安定な要素を残しながらも合併研究会が協議を進める二市五町(八日市・近江八幡・蒲生・日野・永源寺・愛東・湖東)への参入を決めた。約一年にわたって進められてきた議論への反発が表面化し、住民の意向を最優先した決断といえる。

 八日市市でも、合併枠組みへ疑問を持つ市民や自治会が立ち上がり、三日開会の十二月議会に待ったをかけた。今議会には、二市五町の合併協議会設立に議決を求める条例案が提出され、付託を受けた市町村合併検討特別委員会(高村与吉委員長)で審議してきた。

 このほか、合併枠組みへの再検討を求める請願書も、元行政関係者で組織の市町村合併を民意で進める会(代表・山田正次郎元市長)から提出され、玉緒・建部・御園地区の各自治連合会から出された要望書では「枠組みそのものの見直し」を求めている。

 請願書では、一市三町(八日市・蒲生・日野・永源寺)と同様に、各自治会で説明会を開いた上で、民意の集約をしてから進めることを願い、自治会要望では、こぞって「住民アンケート結果が反映されていない」と訴え、市民の意向を無視して進められる近江八幡市を含む二市五町の枠組みに異論を唱えている。双方とも、民意を集約した上で、将来に禍根を残さない合併を促している。

 ちなみに、七月に実施された住民アンケートによると、一市三町の住民判断は「一市による合併希望」(五八%)が六割近くに達し、逆に「二市による合併希望」(二三%)は三割にも及んでいない。結果からすれば、現在の枠組みは民意が反映されていないことになる。

 また市職員組合も「住民のための地方自治確立」を基本原則に、十分な合意形成ができてないとして、市民が納得する合併協議会の設置を今議会で結論を出すには「時期尚早」との判断を示している。
 十八日に開かれた二市五町合併準備会においても議論が伯仲し、五個荘町の参入問題のからみなどから、正式要請を受けてから法定協議会を立ち上げたいとする八日市市側と、十二月議会で議決を望む他市町とで意見が分かれている。

 このような状況の中で、市町村合併に関する「請願書の取り扱い」はじめ「二市五町合併協議会設置条例」を協議していた同特別委は二十日、継続審議することを決め、今議会での結論を見送ることにした。

住民アンケート結果 単位%
(2市5町合併研究会)
【1市3町】
1市3町 1市5町 2市3町 2市5町
30・92 27・24 8・18 15・19
【近江八幡市】
2市5町 2市3町 加わらない
26・99 16・78 25・39
【愛東・湖東】
1市5町 2市5町 加わらない
66・23 8・00  22・41


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

メリークリスマス!

清水苑にサンタ登場

=花源が一人ひとりにプレゼント=

サンタ訪問に喜ぶお年寄りたち
(湖東・五個荘町)
 特別養護老人ホーム・清水苑(五個荘町川並)で二十日、一足早いクリスマスパーティーが開かれ、素敵なプレゼントを抱えたサンタクロースが訪問した。

 入所のおじいちゃん、おばあちゃんに楽しんでもらい、元気で長生きしてほしいと、花店「花源」(同町山本)の三原誠太郎社長がサンタクロースに扮したボランティア活動で、平成六年の開所以来、クリスマスプレゼントを贈っている。

 今年は二人のサンタが登場し、「メリークリスマス!」の挨拶とともにケーキをプレゼント。後で楽しめるよう、ロウソク付きのショートケーキで、「お元気ですか」「今年でいくつ」と声を掛けながら一人ひとりに手渡された。また、ポインセチアやチロリアンランプ、ミニシクラメンなどの鉢植えも贈られ、クリスマスムードたっぷりに部屋を飾った。

 お年寄りたちは嬉しい訪問に「ありがとう」と笑顔を見せ、「来年も待っているよ」と声を掛けていた。

 このあと、看護士、事務局員らによる出し物や、ミュージカル「白雪姫」が催され、楽しいパーティーが開かれた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

年末特別警戒に合わせて

店内の避難経路や防火対策強化

=日野消防署が特別査察=

消火器など消防用設備を点検する藤川署長ら
(湖東・日野町)
 日野消防署(藤川茂幸署長)は二十日、東近江全域で取り組まれている年末特別警戒(十五〜三十一日)に合わせて、日野町大窪にある(株)平和堂日野店で特別査察を行った。

 歳末商戦による混雑が予測されることから、藤川署長をはじめ、予防係の重田昌範主監、同谷口喜太郎主査、査察担当の野口庄一専住員、同森紀之専住員の計五人が同店を訪れ、一〜三階まで店舗内の非常時の避難経路や消火器・救助袋など消防用設備、店舗周辺などを点検した。

 また、店内での禁煙を知らせる放送や燃えやすい商品が陳列されているコーナーなど、重点的に放火防止対策の監視強化を図った。買い物途中の主婦や学生らも足を止め、消防署員の査察に見入り、火災予防意識を高めていた。

 藤田重隆店長は、「お客様第一主義をモットーに、万が一の時の対応は、全従業員に教育している。今回の特別査察を受け、再度、安全対策を徹底していきたい」と話していた。

 師走の忙しさに注意力が散漫となり、コンロやストーブの消し忘れによる火災が多発するこの時期、同署員は「買い物に出かけている間に火事が発生した事例もある。火の取り扱いはいつも以上に気を配り、家庭だけでなく事業所でも防火管理体制を強化してほしい」と呼びかけている。

 今後、同署では、蒲生・日野町内で二十八〜三十一日まで広報車による巡回を実施し、住民に防火を呼びかけるチラシを蒲生町に二十五日、日野町には二十七日に自治会を通じて各家庭に配布する。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

松竹梅でない寄せ植えづくり

Xマス用の初挑戦

=市立岡山公民館で教室=

出来映えを見比べながら寄せ植えづくりを楽しむ参加者
(湖東・近江八幡市)
 市立岡山公民館で14日、近づくクリスマスに向けた寄せ植えづくり教室が開かれ、近くの住民ら約50人が小さな鉢のガーデニングを楽しんだ。

 同教室は、人気の公民館講座の1つで、なじみ深い正月用ではなくクリスマス用がみそ。参加者らは横一列に並んだ直径30センチほどのプラスティック製の植え込み鉢の前に立ち、専門家の指導を受けながらクスリマスホーリーやガーデンシクラメン、ストックなど色鮮やかな花を咲かす植物を配置を考えながら順番に植え込んだ。

 約1時間ほどで各自思い思いの寄せ植えをつくりあげて持ち帰り、松竹梅とはまた違う年の瀬の寄せ植えづくりを一緒に楽しんだ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

クリスマス親子映画会

「ジャングル大帝」

=23日 安土城考古博物館=

(湖東・安土町)
 県立安土城考古博物館で23日午後1時半から「クリスマス親子映画会」が開かれる。入場無料。

 上映作品は、昭和40年に国産初のカラーテレビアニメーションとして放映され、大ヒットになった「ジャングル大帝」。マンガの神様と呼ばれた手塚治虫原作で、手塚氏が一貫して追い求めた生命の尊さや愛の大切さが表現されている。

 定員140人で当日先着順。会場はセミナーハウス。問い合わせは同博物館(電話0748-46−2424)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ