滋賀報知新(ニュース)平成15年3月24日(月)第13421号


ミステリー体験バスツアー

4町とっておきの場所へ

=蒲生郡子どもセンター参加者募る=

(湖東・蒲生町)
 蒲生郡子どもセンターは、二十九日に蒲生郡の四町を巡る「あいがもっ子ミステリー体験ツアー」の参加者を募集している。参加無料。

 企画運営する竜王、蒲生、日野、安土町の各教育委員会は、毎回イベントを通して、子どもたちの体験活動の場を提供し、子育て情報の発信に力を入れている。

 春休みを盛り上げる同イベントでは、自分が住んでいる町から“あかねちゃん号”“どらごんちゃん号”“てんびんぼうや号”“のぶくん号”の四台のバスにそれぞれ各町役場から乗車し、午前九時にツアーが始まる。

 具体的にどこへ行くかは当日までの秘密で、ゴール地点のアグリパーク竜王を目指し、時間にして約二時間半、走行距離六十キロのバスの旅へと子どもたちを誘う。

 また、イベント会場となるアグリパーク竜王では、四町の参加者が正午に集い、温かい豚汁に舌鼓を打ち交流を深め、音楽キャラバン隊「こーろころっけ」や絵本を読む会「ぽえむ」の公演、各種ゲームを楽しむ。

 持ち物は、おにぎりとお茶、レジャーシートなど(おやつ禁止)。定員は、先着順で各町三十人ずつの計百二十人(園児は保護者同伴)。イベント会場のみの参加申し込みも受け付けている。参加希望者は、蒲生町教育委員会(電話55―0207)、竜王町教育委員会(58―1005)、日野町教育委員会(52―6566)、安土町教育委員会(46―7215)の各町教委へ電話で申し込む。受付期間は、二十五日まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

助役に坪倉氏
収入役に橋元氏

=日野町議会=

坪倉清司助役
橋元敏孝収入役
(湖東・日野町)
 日野町議会は、十八日の本会議で、今年二月三日に山田尚夫氏が助役を辞職したことで空席となっていたため、新たに助役に坪倉清司収入役(55)を、収入役に空港対策課・橋元敏孝主監(58)を選任することを全会一致で可決した。

 坪倉氏は、昭和四十一年に日野町役場の職員となり、企画課長や土地改良課長、農村整備課長、地域振興課長、空港対策課長、総務課長を経て、平成十一年五月から収入役を務め、五月十三日の任期満了前の助役就任となった。

 橋元氏は、昭和三十八年に同町役場に奉職し、住民福祉課長や福祉保健課長、総務課長、総務主監、産業建設主監を歴任し、平成十一年から空港対策主監としてびわこ空港や合併問題について取り組んできた。

 両氏の任期は、平成十五年三月十九日から平成十九年三月十八日まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

福祉住環境
コーディネーター

受験対策講習
=受講者募集=

(湖東・近江八幡市)
 障害のある人や高齢者が不便なく暮らせるように家屋のバリアフリー化や、寝たきり老人の介護に適した室内改造など、快適な住環境を提案する「福祉住環境コーディネーター」になるための試験資格合格を目指した対策講座が、近江八幡商工会議所で開かれる。

 今回は、初級クラスの三級とレベルアップを目指す二級の二講座で、三級は四月十六日から六月十一日までの毎週水曜日午後六時半から八時四十五分まで、全八講座を開講する。二級は、四月十一日から六月十三日までの毎週金曜日午後六時半から九時まで、全九講座を開く。

 講師は、京都大学大学院工学研究科教授・田中紀之氏。定員は各三十人で、受講料は三級が二万五千円(非会員三万円)、二級三万三千円(同三万八千円)。

 ちなみに、前回三級の受講者で六〇%余りが合格している。申し込みと問い合わせは同会議所(0748―33―4141)へ。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

健康の知識と最新医療を学ぶ

赤十字県民大学

=25日 受講生募集締め切り=

(全 県)
 大津と長浜の赤十字病院は、病気の早期発見や予防に役立つ「赤十字県民大学」の平成十五年度受講生を二十五日まで募集している。

 両病院とも、疾病率の高い成人病(脳卒中・高血圧症・心臓病・ガン)の講義を中心に、高齢化によって起こりやすい病気や精神状態の変化、在宅介護を要する人への対応などにも焦点を置いたプログラムを組み、診療各科の部長クラスや看護師長が講師を務めるなど講義内容をさらに充実させている。

 大津会場はピアザ淡海県民交流センター(におの浜一丁目)の大会議室。四月十九日―来年三月十三日の全十二回講座(概ね第三土曜日午前九時四十五分から約二時間)で定員二百人。〒520―8511大津市長等一―一―三五、大津赤十字病院医療社会事業部(TEL077―522―4131)へ申し込む。

 長浜会場は県立文化産業交流会館(米原町)の第一会議室。四月二十四日―来年三月十八日の全十回講座(概ね第三木曜日午後二―四時)で定員百二十人。〒526―8585長浜市宮前町一四―七、長浜赤十字病院総務課(TEL0749―63―2111)へ申し込む。

 いずれも往復ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、職業を書き、二十五日までに各申込先へ送る。受講無料。両会場の講義内容は次の通り。

 【大津会場】これからの医療について▽最近の心臓病治療▽消化器外科の治療と領域▽糖尿病がもたらすもの▽家庭看護法▽内視鏡の検査と治療▽加齢に伴う肺の病気について▽ウィルスと肝臓病▽頭痛を起こす病気と治療▽中高年の腰と膝の痛み▽成人の目の病気▽くすりの上手な服用法

 【長浜会場】エイジングと心身の変化▽脳卒中の予防と治療▽白内障の原因と治療▽腰痛と骨粗しょう症▽在宅介護ケアの要領▽高齢者の肺の病気について▽排尿障害(前立腺疾患等)▽高齢者の心臓病▽肥満と糖尿病▽ガンの早期発見


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

春のハイキング情報満載

=JR・公共施設で無料配布=

春の陽気で気分リフレッシュ、鮮やかな菜の花畑が広がる

(全 県)
 県交通政策課は、「春のハイキング&ウォーキング情報紙」を五万部作成し、京阪神方面や県内の主なJR駅、観光情報センター、各市町村の公共施設で無料配布している。公共交通機関を利用して気軽にウォーキングを楽しんでもらい、運動不足の解消、リフレッシュに役立ててもらおうと作成した。

 内容的には、三〜六月の期間で、JR琵琶湖線、北陸本線、湖西線、近江鉄道線、信楽高原鉄道沿線で実施されるハイキング情報を掲載した。

 また、日本史の各時代を代表する近江の歴史追体験「近江歴史回廊ウォーキング」を七回開催するほか、推薦コースとして、渋滞に巻き込まれることなく新緑が楽しめる「湖東三山ハイキング」を掲載した。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ