滋賀報知新聞(ニュース)平成15年4月20日第13448号


市の移り変わり 1冊に要約

八日市市が統計書(14年版)作成

まちづくりへの基礎資料
=各分野74項目の数値を収録=

(湖東・八日市市)
 八日市市は、まちづくりの基礎資料となる「統計書」(平成十四年度版)をこのほど作成した。各分野の数値を参考にこれまでを振り返り、改めて同市を見つめ直す資料として活用していくことにした。

 市の概要や人口、産業などの移り変わりを収録した統計書(A4判、二十五ページ)は、庁内各課や各官公署、民間機関の報告ほか、市が直接調査するなどして集計を行っている。今回は、前年度から数値に変更があった項目だけを抽出した簡略版として五百部を作成し、市役所企画課で希望者に無料配布(部数に制限)している。

 統計書は、みんなの力で築く元気なまち「やさしさ」と「たくましさ」あふれる緑園文化都市の実現を目指す同市にとって、都市基盤など社会資本整備の見直しや自然、環境、教育、文化などの各分野で、生活者の視点に立った施策を進める上で重要な基礎資料となる。

 過去の数字と現在を比べる統計表は、市の概要・土地・気象、人口、事業所、農業、商業、工業、建設、運輸・通信、電気・水道、金融、消費・生活、保健・衛生、社会保障、教育・文化、財政、選挙、治安・消防、公務の十八分野から集約されている。

 また、各分野において重要な統計を七十四項目に分類し、即座に推移や状況を読み取ることもできる。中でも、産業区分別就業者構成比、事業所数・従業者数・製造品出荷額、商店数・従業者数・商品販売額、職業紹介状況などの推移を示し、一目で商工業の動きが分かるようにした。

 このほか、郵便取り扱い数、電気・ゴミ・水道の利用状況、道路や下水道整備状況、八日市駅やインター利用状況、交通事故、国民年金など、市民生活の推移にも触れることができる。市民の暮らしに直接かかわる主な分析は次の通り。

 人口=四万五千二百九十一人▽世帯員数=一世帯に二・八人▽出生=一日に一・三五人▽死亡=一日に○・八七人▽転入=一日に六・〇六人▽転出=一日に五・四四人▽工業出荷額=一工場当たり年間十七億八千百八十二万円▽自動車=一世帯に二・一六台▽外国人=市民二二・七人に一人▽上水道供給量=一日当たり一人三六二リットル▽ごみ処理量=一日一人当たり九二〇グラム▽交通事故=一日に○・八五件


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

姉妹都市マーケット市から

友好親善使節団が来市

=5月17日 市民交流会への参加募る=

(湖東・八日市市)
 八日市市と姉妹提携を結ぶ米ミシガン州マーケット市から友好親善使節団(ポーレット・リンドバーグ団長ら九人)が、五月九日から十日間の日程で訪問し、ホームステイや各種団体との交流を通して、市民と親善を図る。

 滞在中は、民泊をしながら、これまで八日市市が派遣した使節団との交流や、大凧会館や河辺いきものの森などの見学、布引焼き陶芸体験、ちょこっとバス体験乗車、ロータリークラブやソロプチミストとの交流などを行う。

 このほか、一般市民とも親善を深めてもらおうと、五月十七日午後六時から「市民交流会」を八日市ロイヤルホテルで開く。参加希望者は、今月中に市役所企画課(TEL24―5611)へ申し込む。参加費三千円。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

近づく「八日市大凧まつり」

開催を写真でアピール

=駅にコンクール優秀作品27点=

まつりの雰囲気を伝える写真コンクール優秀作品展

(湖東・八日市市)
 近江鉄道八日市駅内の駅ホール展示スポットで、昨年の大凧まつり写真コンクールの優秀作品が展示され、五月二十五日に愛知川河川敷で開催される「八日市大凧まつり」を駅利用者にアピールしている。

 展示されている推薦となった石田光明さん(五個荘町)の作品「舞い揚がれ百畳敷」をはじめ、特選三点、準特選七点、入選十点、佳作六点の二十七点が、乗降客や時間待ちの人達にまつりの醍醐味を伝えている。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

ほんしゃくなげ群落で一斉清掃

登った人だけが知る神秘の花

=観光シーズンに向け準備万端=

くまでを使った人力と専用機械の併用で安全な遊歩道に戻す関係者ら
(湖東・日野町)
 深山に咲く神秘の花・しゃくなげの季節を前に、日野町と同町観光協会は、同町鎌掛に自生する天然記念物のほんしゃくなげ群落周辺の一斉清掃を十五日に行った。

 綿向山から吹く寒風で遊歩道(一・五キロ)は、地面が見えないほど枯れ葉で覆われ、しゃくなげ渓入口から群生地までの車道(〇・八キロ)にも木の枝や小石などが散乱していた。 

 気持ちよく散策を楽しんでもらおうと、町職員ら十一人が、くまでと落葉を一気に吹き飛ばす専用の機械二台を用いて、半日かけて安全に歩ける状態に戻した。

 観光協会では、「昨年とは異なり、今年の開花は例年並みになる見込みで、花のつき具合は少なめ。暖かい日が続けば、四月末に開花することも考えられるが、見ごろはゴールデンウィーク頃になりそうなので、多くの人に足を運んでほしい」とPRしている。 

 高山植物であるしゃくなげは、通常は標高八百〜一千メートルの場所に自生するが、鎌掛のしゃくなげ渓は標高三百〜四百メートルと低地に約二万本が群生して大変珍しい。開花時期になると、荒々しい谷間に可憐に花開くしゃくなげの姿を一目見ようと京阪神や中京から多くの観光客が訪れる。

 また、二十六日から五月五日までのシーズン中は、町内の特産品組合の出店や近江鉄道日野駅からしゃくなげ渓入口前までの臨時バスの運行のほか、しゃくなげ渓入口から登り口まで園内無料送迎バスが往復する。

 開花情報については、日野町観光協会のホームページ(http://www.biwa.ne.jp/_hino-to/)と、iモード(http://www.biwa.ne.jp/_hino-to/ihome.html)に写真付きで随時紹介されている。問い合わせは、同協会(電話0748−52−6577)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

合併の枠組みハムレットの心境

苦渋の選択に迫られる蒲生町

八日市市側に再参入しても
=日野町とは別れたくない=

(湖東・日野町)
 蒲生町議会は16日、八日市市から打診されている1市4町(八日市、永源寺、五個町、愛東、湖東)への参入について、どうするかを話し合う全員協議会を開いた。

 午後1時半から開かれた会議では、町側が「財政シュミレーションからしても単独での行財政運営は困難」と合併の必要性を改めて主張、「議会と行政の方向性を統一させてから、周辺地域の動きやこれまでの経過を住民説明会で報告し、住民アンケートの実施を」との考えを示した。

 議員からは「現段階で考えられる日野・蒲生町での2町での合併▽八日市市を中心とした1市5町での合併▽単独の3パターンを説明会で示して住民の意見を聞いてはどうか」と提案された。

 これに対し、山中壽勇町長は「現時点で住民説明会に入れば、『八日市市との合併に入っていいですか』との説明にしかならず、前回の反省のないまま同じことの繰り返しとなる。日野町や竜王町、周辺地域の体勢が整った上で回らなければ公平性に欠ける」と民意の誘導につながる危険性を指摘した。

 「東近江は1つを最終目標に、できるところだけでまずは立ち上げていくという第1段階としての取り組みも必要ではないか」と八日市市との合併に積極的な町議の意見に、町側は「八日市市の幹部から八日市・蒲生が中心となってまちづくりを進めたいとの意向を聞いている」や「八日市市は前回の失敗を生かして新市ビジョンを示してから住民の判断を仰ごうとしている。しかし、枠組みなしではビジョンも描けない。分科会などですり合わせをしてまちづくりを考える上で合わなければ離脱すればいい」と八日市市の申し入れを受け入れる考えを示唆した。

 会議では、「日野町を切り離して1市4町の枠組みに入ると、東近江は1つの夢は絶たれてしまう」や「日野町を切り離す考えはやめてほしい。八日市市へ入るメリットは何か」、「日野町議選の結果が出るまで待ってほしいとの蒲生町の意見に耳を貸さない八日市市の姿勢から(蒲生町は)軽く扱われているように感じる」、「住民意思の把握が先決だ」などの慎重論に対して、「日野町と手を結ぶと2町のみの合併になってしまう」や「28日(八日市市で開かれる1市5町の法定協議会立ち上げを話し合う会合)に行かないと返答すれば、八日市市側の合併に入らないと解釈されてしまうのではないか」と両市町の狭間での選択の難しさが表面化し、議論は平行線をたどった。

 結局、憶測の域を超えない話し合いを続けても結論にたどり着かないことから、八日市市議会の合併特別委員会と日野町議会の合併問題特別委員会との別々に話し合いを持つことにした。蒲生町からは町議全員が参加する。

 その結果を踏まえ、住民説明会の開催の是非と1市4町への参入について蒲生町議会としての態度を明らかにすることにで合意した。

 蒲生町が今の時点で1市4町に加わると、蒲生郡は郡内の話し合いがないままさらにバラバラになる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ