滋賀報知新聞(ニュース)平成15年5月27日(火)第13485号


7月から たばこ税率をアップ

八日市市6月議会―2日開会―

一般会計補正など12議案提出
=福祉ふれあいヴィレッジ整備=

(湖東・八日市市)
 八日市市の六月定例議会は来月二日に開会し、平成十五年度一般会計補正など予算四件、条例六件、人事二件の計十二議案と報告二件が提出される。九、十両日に総括質問を行い、十二、十三、十六日の各常任委員会を終え、十八日に閉会する。

 本年度一般会計補正(二千三百万円)の主なものは、総合行政ネットワークへの接続経費(九百万円)と福祉ふれあいヴィレッジ整備事業に伴う敷地内改修経費(二百万円)で、繰越金(千五百万円)などで賄う。

 福祉ふれあい村構想は、賃貸契約が切れたモデルハウス展示場(上之町)のモデルハウス三棟とセンターハウスを無償で譲り受け、子供や高齢者のふれあいの場として整備するもので、今年に入って六百万円をかけ「介護予防交流ハウス」(ちょっことハウス)を整備した。日本住宅の良さを生かした木の温もりを感じる環境の中で、介護予防のための研修や介護教室の開催、痴呆性高齢者の介護相談などが行えるようにした。

 本年度は、センターハウスを利用し、授産施設や共同作業所で作られた物品の展示即売や製作実演する障害者福祉支援施設ほか、心身の発達に課題を抱える乳幼児を対象にした早期療育事業施設と、遊びのスペースを持った地域子育て支援センターを整備する。それぞれ六百万円でモデルハウス二棟内を改修する。

 条例改正では、地方税法等の一部改正に伴い、たばこ税の税率を七月一日から千本につき二千七百四十三円(現行二千四百三十四円)に引き上げ、愛煙家にとっては一箱二十円アップとなる。このほか、住民基本台帳カードの交付開始(八月二十五日)に伴い、交付手数料を五百円とする。

 一方、辞職に伴う固定資産評価員の後任に廣田芳男氏(58歳、大森町)の新任、人権擁護委員に任期満了の村上嘉孝氏(58歳、東浜町)の再任に、それぞれ議会の同意を求める。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

滋賀学園中学が開放講座

コンピューター入門

=小学児童を対象に受講募集=

(湖東・八日市市)
 滋賀学園中学・高校は、子供の土曜日を有効に活用してもらおうと、小学生を対象にした開放講座「コンピューター入門」を開く。

 小学五、六年の児童二十人(保護者も可)で、六月七日から七月五日までの毎週土曜日(午前十時から一時間)に五回の講座を開き、コンピューターの基礎を学んでもらう。受講無料。

 希望者は、往復はがきに住所、児童氏名(保護者名)、電話番号を書き、三十日までに〒527―0003八日市市建部北町五二〇―一、滋賀学園中学・高校へ送付する。電話(23―0858)かFAX(23―6145)も可。多数の場合は抽選。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

人・文化・自然の三位一体 感動の妙技

700キロふわり 空中遊泳

=八日市大凧まつり 全国の凧・ミニ大凧共演=

凧と曳き手と風が一つになっての見事な飛揚となった100畳敷八日市大凧揚げ
(湖東・八日市市)
 頭をもたげた百畳敷八日市大凧「一人ひとりが輝くとき」は、鈴鹿の山から琵琶湖に向かって吹く強い風にゆったりとその巨体をまかせ、一瞬、ふわりと浮き上がった。その瞬間、曳き綱を持つ百人あまりの曳き手たちが一気に走る。凧は何の迷いもないかのようにスーっと昇りはじめ、大空に張り付いて動かなくなった。伝統の技、集った人々の思い、自然の力が、まさに一体となって目の前で繰り広げられた妙技に、会場は歓声と拍手の渦に包まれた。

 第二十回の記念すべき「八日市大凧まつり」を飾ったこの大飛揚の前には、記録(二時間五分)更新の期待もあったが、結局この日は三回の飛揚で、六分十五秒(二回目)、高さ二百五十メートル(三回目)を記録した。三回目は時間切れで降ろしたため、記録は六分五秒にとどまった。

 この日は風の条件に恵まれ、オープニング凧や全国から集まった伝統凧や創作凧(四十団体)、そしてミニ大凧コンテスト(三十五団体)に参加の凧も次々と揚げられ、一日中、八日市の空を凧が飛び交い、参加者も見物客も一緒になって、交流やふれあいを楽しんでいた。ミニ大凧コンテストの成績は次の通り。

【ジュニアデザイン賞】川合寺町子ども会【デザイン賞】濱野大凧クラブ【判じもん賞】八日市地区少年補導員会【ジュニア大賞】野中連合子ども会【大凧まつり大賞】二畳 市辺地区老人クラブ連合会▽八畳 東中野自治会【奨励賞】いぶきっこ▽八日市子ども会連合会▽こどもセンター「ひばり」▽建部地区老人クラブ連合会【特別賞】八日市地区勤労者互助会▽御園地区子ども会連合会▽湖東信用金庫緑町支店▽建部北町自治会▽東中野子ども会▽寺町子ども会▽アトム′S▽筏サークル▽関西電力八日市営業所▽建部東総自治会

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

事故削減と死者ゼロへ

能登川町交通安全会総会

「交通事故NO!TOGAWA」
=町民ら積極的に啓発活動=

交通安全の大切さを訴える小・中学生
(湖東・能登川町)
 能登川町やわらぎホールで二十四日、交通事故削減と事故死者ゼロを目指す「第三十三回能登川町交通安全会総会」が開かれ、集まった家族づれら約二百人が改めて交通安全の大切さを認識した。

 総会では、来賓の杉田久太郎能登川町長、岡義博八日市警察署長、田附弘子能登川教育長、小島隆司町議会副議長らが参列するなか、辻市郎会長が「人命尊重の理念のもとに交通ルールとマナーの習慣づけが必要であり、地域における交通安全推進活動を推進しよう」と呼びかけた。

 続いて行われた作文発表では、能登川町東小学校の西村沙羅さん(五年)、同西小学校の井上一樹さん(五年)、同北小学校の山脇僚太さん(五年)、同南小学校の櫛田和樹さん(六年)、能登川中学校の奥村未央さん(三年)の五人が体験した事故や危険を語り、自らの反省を交えながら交通安全の大切さを訴えた。その中で、能登川中学校の奥村さんは「車は急には止まれない、薄暮時は見えにくいなど、歩行者や自転車に乗っている人も車の性質を知ることが大切。たった一つの命を守るということは、思いやりの心と責任を持った行動が必要だと思う」と話し、会場からうなずく声が聞こえた。

 このあと、今年度の歳入歳出予算案が採択されたほか、▽安全な道路環境づくり▽シートベルト・チャイルドシートの着用―など六項目を含めた同安全会決議が読み上げられた。

 同町交通安全会は、町民一人ひとりが事故の絶無を目指して相互協力し、交通道徳の高揚と事故防止対策を推進する組織で、八日市警察署や町、教育機関等と連携を取りながら行政区ごとに支部を設置している。昨年は、交通安全わが街ふるさと運動として「ルール守り交通事故NO!TOGAWA」をキャッチフレーズに街頭啓発やカーブミラーの補修、小学生への交通安全教室などを行っている。

 八日市警察署がまとめた昨年の管内交通事故(人傷)発生件数は五百五十六件(うち能登川町内は百六件)、死者は八人(同二人)、負傷者は七百二十四人(同百二十六人)で、依然、撲滅には厳しい結果となっている。能登川町内においては対前年の死者数の増減はなかったが、件数・負傷者数ともに増加しており、さらなる啓発活動と個々の意識高揚が望まれる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

蒲生町の現状 

図表で分かりやすく

=平成14年版「統計書」を発刊=

残部を希望者に無料配布している「蒲生町統計書」
(湖東・蒲生町)
 蒲生町はこのほど、平成十四年版「蒲生町統計書」(A四版、五十七ページ)を発刊した。
 この統計書は、「風土をみがき、みんなで次代を拓くまち蒲生町」をまちづくりの理念に掲げる同町の人口、経済、社会、文化など各分野ごとの統計資料が収録されており、町の現状と発展の推移を明らかにしようとするもの。

 具体的には、概況▽人口▽産業▽建設▽運輸・通信▽電気・水道▽生活▽福祉▽保健▽衛生▽公安・消防▽文化・教育▽選挙・議会▽財政▽その他―の十五項目に分けられ、過去の数値と対比しながら表や図を用いて一目で分かるよう表記されている。

 中でも、町内四小中学校の児童生徒数や地域別人口、五歳ごとの階級男女別人口グラフなどから、同町の総人口で〇〜十四歳人口が占める割合(二〇・七%)が県下トップだったことをうかがい知ることができる。

 また、使用済み乾電池やペットボトル、廃食油といった資源ゴミの回収量や、同町を縦断する日野川と佐久良川の大腸菌群数やリン含有量、水素イオン濃度など観測データを基にした水質状況、介護保険サービスの要介護認定者数、種目別利用人数と回数など、日常生活に密着した分野も数値化している。

 編集を手がけた企画課は「今後、ホームページへの掲載を予定している。蒲生町の現状を知るために統計書を一つの基礎資料として活用してもらえれば」と話していた。

 発行部数は三百部。統計書は、町議会議員や区長、公共施設、資料提供先に配布され、残部は希望者に無料配布している。問い合わせは、同課(電話0748―55―4881)まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ