滋賀報知新聞(ニュース)平成15年6月25日第13514号


みんなあつまれ子どもたち

楽しく学び、遊び、ふれあう

=子育て支援の2組織合同で「ひろば」開催=

お父さんお母さんと楽しんだ「親子体操」
(湖東・八日市市)
 八日市市の「子育てサロン・チャオ」と「地域子育て支援センター」は二十一日合同で、小中学生を対象にした「チャオふれあい広場」と幼稚園以下の子どもたちを対象にした「わくわくひろば」を市立布引運動講演体育館で開いた。

 チャオふれあい広場は「科学あそび」で、コロンブスの卵(愛東町)の脇徹さんに指導を受けながら子どもたちが紙コップと糸などを使ったギター作りに挑戦。糸電話の要領で紙コップに糸を通して細い板に着けるという簡単な構造でも、糸(弦)を指で押さえることで音階が出せるようになると、みんな大喜びで弦を爪弾きはじめ、知っている曲を弾いてみるなどして楽しんみながら、自然に音の科学を学び取っていた。

 わくわくひろばはフレンズ・スポーツ(守山市)の真木三平さんの指導で「親子体操」。お父さんやお母さんと一緒に、チビッ子たちは体をいっぱいに使って、歌やゲームにあわせて遊びながら、大きな歓声や笑い声とともに親子でのスキンシップを楽しんでいた。

 このあと二つの広場が一緒に集まって、風船でキリンやウサギ、イヌなどを作る「マジックバルーン」に取り組んだ。最初は風船をねじるときに顔をゆがめたり、耳をふさいでいた子どもたちも、だんだん形ができてくると目を輝かせて、完成した風船をやさしく抱きかかえるほほ笑ましい姿が見られた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

小規模合併に魅力あり!!

秦荘町・愛知川町合併研究会

2町の2会場で講演会開催
=織田直文氏 将来像を語る=

織田直文氏
(湖東・愛知郡)
 天災や長引く内戦などで避難生活を余儀なくされ、生活に苦しんでいるアジア・アフリカの難民に救援衣料を送る運動を毎年続けている愛東町商工会青年部・女性部と湖東町商工会青年部は、今年も二十九日に愛東町妹の愛東町総合福祉センターじゅぴあ駐車場で救援衣料の受付を午前十時から午後二時まで行う。

 「家庭で眠っている衣料をアジア・アフリカの難民に送ろう」キャンペーンも今回で十二回を数える。回を増すごとに支援も順調に増加、運動は着実に地域住民の間に広がってきた。

 受け付けられる衣料は、性別、サイズ、季節などに制限はないが、洗濯やクリーニング済みのもので、汚れたりいたみのあるものは受け付けない。また、下着類は未使用のものに限る。毛布、シーツ、タオル、タオルケットも送ることができるが、スカート、ワンピース、ふとん、くつした、くつ、かばん、雑貨類、食品類などは取り扱うことができないため、受け付けられないので注意が必要。

 提供衣料については、リンゴ箱程度の大きさの段ボール箱か、衣料ケースに詰め、受け付けへ。救援衣料を各国へ送るための費用に充てる「救援金」についても協力を呼びかけている。

 また、昨年から実施している「あいとうイエロー菜の花エコプロジェクト」への協力を兼ねた廃食油の回収も行う。

 詳しいことは、愛東町商工会(TEL0749―46―0453)まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

法人設立祝い初総会

NPO法人 しが盲ろう者友の会

認定 全国で4件目
=社会参加支援や通訳を派遣=

法人設立を記念し、第1回総会を開くNPO法人しが盲ろう者友の会
(湖東・能登川町)
 視覚と聴覚の障害を併せ持つ盲ろう者の社会参加の一助にと、昨年四月に能登川町に支援事務所を開いた「しが盲ろう者友の会」が特定非営利活動法人に認定され、このほど法人設立を記念する第一回総会が開かれた。

 音も光もなく、家に引きこもりがちな盲ろう者のために、外出の楽しさとコミュニケーションの喜びを与えたい――、そんな切なる願いからつくられた友の会は、盲ろう者とその家族、通訳ボランティアなどの支援者で組織され、昨年四月に県内初の支援事務所を能登川町の栗見新田に開所した。

 同会の活動は、通訳介助者の派遣を通して社会参加を図るほか、コミュニケーションとなる触手話や指点字の講習を行うなど、福祉向上へ向けた安心な社会づくりを目指しており、さらなる充実のため昨冬にNPO法人設立準備会を発足。これまでの活動実績や必要とする盲ろう者の要望に県が認定し、今年四月一日に「特定非営利活動法人 しが盲ろう者友の会」としてスタートした。

 総会では、國松善次知事代理の県障害福祉課長や杉田久太郎能登川町長代理の田井中清幸助役ら来賓十七人が参席し、今後の活動支援や連携を含めた祝辞を贈った。この後、同会発足から法人認定までの経過説明が行われたほか、規約および役員などが審議され、理事長に同会会長の岡本長孝氏が着任、副理事長には岡本長忠氏、常任理事に下川眞由美氏らが選ばれた。

 事業内容は「通訳・介助者派遣」「生活訓練」「研修」「交流」「啓発」「社会参加支援」で、県が今年度から実施する盲ろう者社会参加促進事業の受託も受けている。

 県内の盲ろう者数は百七十人(全国盲ろう者協会推計)とされているが、県が確認できる人数は百三十二人。コミュニケーションの希薄から実態が掴みきれておらず、福祉施策の向上と地域を巻き込んだ社会参画への支援づくりが求められている。

 同会は全国に三十六団体つくられたが、NPO法人となったのは滋賀県で四件目、全国的にも画期的な成果として会員の喜びも大きい。問い合わせは同事務所(0748―45―0061、FAX0748―45―0064)へ。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

町の財政は 本当に豊かなのか?

竜王町の合併姿勢《中》

企業城下町になっている懸念
=財政だけで将来像は描けるのか=

東近江2市7町の財政状況(平成14年度)
(湖東・竜王町)
 竜王町に合併を進める積極的な動きがないのは、町財政が豊かで、他市町が危惧を抱いている交付税の大幅削減により、合併しなければ財政面から破綻に追い込まれるという危機感が余りないからだと、近隣市町は推測している。竜王町の財政は本当に豊かで、合併しなくても大丈夫なのだろうか。

 平成13年度の決算によると、町民1人当たりの歳入の内、交付税に頼らずに自前で調達できる税収は22万7千円(左上表参照)あり、東近江地域内では2位の八日市市(19万4千円)を大きく抜いてトップの座にある。また、その額が義務的経費(人件費、扶助費、公債費など、町行政を維持していくために支出が義務づけられ任意に節減できない必要経費)の15万6千円を大きく上回っていることは、町税収から義務的経費を差し引いても行政運営が維持できる財政力がある、ということが伺える。

 これは、地方交付税頼りの自治体と大きく異なって財政的には優位に立っており、町が自由に使えるお金がたくさんあるともいえる。

 しかし、町全体の財政状況(下の表)をよく見ると、平成14年度の積立金残高は東近江地域内で最も少ない5億5、500万円で、他市町より1桁も低く、住民1人当たりの借金(地方債現在高)も54万5、518万円(同年度)と最高額。日野、蒲生町や近江八幡市と比べると1人当たり20万円以上もの開きがある。

 これは、総合運動公園や図書館、建設中の道の駅、防災センターなど大型事業に相次いで取り組んだために町の貯金が減り、また、不足分を借金に頼ったことで町民の負担が増えたものと分析できる。

 どの自治体も厳しい財政難の中、竜王町が相次いで金のかかる「箱のもの」といわれるハード事業に着手できる訳には、頼りになるスポンサーの貢献が大きい。

 それの最大手が、ダイハツ工業。ダイハツは平成13年度で約16億円の町税を納めており、町税総収入約30億円の半分以上を担い、事業成績によって小波はあるものの町財政の潤いに大きく君臨している。

 町内を巡回した合併に関するタウンミーティングでは、1企業がクシャミをすれば風邪どころが命取りになるような企業城下町になって、住民の生活が恒久に守れるのかという疑問が、参加住民から相次いだ。今のダイハツの貢献に感謝するものの、余りにも依存度が高いことを懸念する声でもある。

 町は、「大型事業は、もう当分ない」と話しているが、これまでは企業の高い財政貢献を頼りに箱ものの建設に積極的に取り組んできた。その箱ものは、竜王町にしかないという贅沢な施設ではなく、他市町にはすでにあるものもあるし、住民の生活を守る上で必要な防災施設もある。
 他市町より自由に使える税収が確保できることを担保に大型公共事業に取り組んだため、町の貯金が大幅に減り、町の将来を担う若者に他市町より多額の借金を残しているのが実際のところではないだろうか。

 恒久的に町内企業から安定的な税収が確保していけるのなら、町の将来も明るいだろうが、竜王町より財政力指数がはるかに高い(財政状況がよい)八日市市でさえ、合併を積極的に進めていることは、財政が豊かということだけでは、乗り越えられない行政課題があることを示唆している。その1つが地方分権への取り組みである。
(畑 多喜男)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ