滋賀報知新聞(ニュース)平成15年7月12日第13531号


開市記念祭「八日市は妖怪地」

各イベントへの参加者を募る

世界最長の肝試しコース挑戦
=怪画展やミステリーツアーも=

(湖東・八日市市)
 名前(ようかいち)の特性を生かした開市記念祭「八日市は妖怪地」は、今年も八月八日から三日間、延命公園や商店街を中心に繰り広げられる。メインの「ギネスに挑戦!世界最長の肝試しコース」ほか「妖怪地を描く怪画展」「妖怪地百鬼夜行」「妖怪地ミステリーツアー」「怪市(ナイトバザール)」などを催す。

 メインとなる肝試し(八日)は、天狗コース(世界最長八八八メートル)と太子コース(ショートコース)、河辺コース(河辺いきものの森特設コース)に分かれ、午後六時に野外ステージをスタートする。

 天狗には小学三年以上の三十五組、太子が小学低学年の三十五組、河辺(バス送迎)では小学三年以上の十五組を募集している。五人一組で申し込み、太子には一人以上の保護者が同伴のこと。当日にも参加募集を行う。

 聖徳太子一行になった参加者は、妖怪(おどかし役)の妨害にも屈せず、力を合わせ秘宝を探し出し、持ち帰ってくるルールで、賞品にDVDプレーヤーや図書券などが用意されている。

 また、妖怪地ミステリーツアー(九日)は、商工会議所を午後一時と四時の二便が出発し、市内のミステリースポットを巡回(二時間)する。各便とも小学生以上二十五人が定員で、グループ参加は五人以内で申し込む。

 怪画展への作品募集は、同市に伝わる昔話や伝説などを形に表現した妖怪、もののけ、神様をテーマにした作品(できれば八日市に関するもの)が対象で、幽霊や怨霊、心霊現象などは対象外となる。日本画、洋画、版画、貼り絵、切り絵などの平面画(未発表作品)を画用紙(四つ切りまたは八つ切り)に描く。誰でも応募(何点でも可)でき、小・中学生は各学校を通じ提出する。

 作品の中から最優秀賞(図書券五千円)一点、優秀(同二千円)三点、開市賞(同千円)五点を選び、八日の開市記念祭会場(延命公園野外ステージ)で表彰するほか、すべての作品を会場に展示(午後三―九時)する。

 肝試しとミステリーツアーへの参加は、所定の用紙に必要事項を書き、二十日までに〒527―0021八日市市東浜町一―五、八日市商工会議所へ郵送か持参、FAX(22―0188)する。怪画は十五日まで。いずれも無料。

 聖徳太子と妖怪――をキーワードに開く開市記念祭では、延命公園野外ステージ周辺で開かれる肝試し、怪画展ほか、妖怪地百物語や妖怪地不思議マップを公開する。このほか妖怪仮装行列、ミステリーツアー、ナイトシアター、商店街の逸品セールや屋台村などが店を開く怪市を催す。募集など詳しくは同商工会議所(TEL22―0186)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

参加作品勢ぞろい

2003ミニ八日市大凧コンテスト

大賞作品3点と写真で振り返る
=八日市駅 天井と展示スポット=

天井に揚がる大凧まつり大賞に輝いた東中野町自治会の「健康は貴重な宝だ」
(湖東・八日市市)
 今年開催された2003八日市大凧まつりの「ミニ八日市大凧コンテスト」で大凧まつり大賞に輝いた東中野町自治会の八畳敷大凧「健康は貴重な宝」(犬=けん、紅葉=こうは、黄色のチョウ=きちょう、朱文字の「宝」)が、近江鉄道八日市駅ホールの天井に飾られた。展示は来年六月末までの一年間。

 また、一階展示スポットでは、コンテストに出場した三十五チームの全作品の写真と、大凧まつり大賞を取った市辺地区老人クラブ連合会の二畳敷大凧「豊かに楽しく生き生きと」と判じもん賞に輝いた八日市地区少年補導員会の二畳敷大凧「非行防止で明るい八日市」の実物二作品も展示されている。こちらは、今月いっぱいの展示。

 それぞれの凧に込められた思いや願いを描き、百畳敷八日市大凧「一人ひとりが輝くとき」と共に、八日市の空を舞い、まつりを盛り上た作品の数々が、再び市の玄関口の駅に展示され、駅利用者にまつりのムードを伝えるとともに、「大凧のまち八日市」をアピールしている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

耳より

能登川ライオンズ

=派遣学生を募集=

(湖東・能登川町)
 能登川ライオンズクラブでは、異文化での生活体験や交流を通じて国際理解と親善を促進する交換留学を実施しているが、今年は、同クラブ創立四十周年事業の一環として十二月に留学生を派遣し、今月十八日まで希望者を募っている。

 派遣先の予定国は、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドなどで、十二月中旬の出発予定時において十六〜二十一歳の人が対象となっている。旅費の約二十〜四十万円は全額、ライオンズクラブが負担する。

 選考方法は、作文(原稿用紙二〜三枚)と英単語筆記試験・英会話面接および面接。詳しくは、能登川ライオンズクラブ事務局(0748―42―7808)へ。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

「葉いもち病」感染拡大の恐れ

病害虫発生予察注意報第1号

全国2番目、近畿では初の発令
=東近江地域でも感染確認=

県病害虫防除所がまとめた近年の「葉いもち病」地域別発生率
(湖東・安土町)
 県病害虫防除所(安土町大中)はこのほど、葉いもち病に関する病害虫発生予察注意報第1号を発表した。同注意報は全国で2番目、近畿では最初の発令。

 現在の葉いもち病の発生状況は、6月30日〜7月1日に行った県内50か所の定点調査によると、多くの地点で発生が認められた。

 特に大津滋賀、湖南、甲賀地域では平年以上の発生ほ場率となっており、湖東地域の一部でも発病程度が高いほ場がみられることから農家に注意を呼びかけている。

 また、アメダスデータを用いた葉いもち感染予測システム・ブラスタムによる感染好適条件の判定が6月17日〜29日にかけて県内全域で出されており、7月に入っても曇りや降雨の日が多く、いもち病の感染に好適な条件になっていることから今後、病勢が進展すると同防除所では予想している。

 葉いもち病は、一種の糸状菌(かび)に起因する水稲の重要病害で、穂に移り減収をまねくので十分な注意が必要。現在、葉いもち病の発生が県内全域で確認されており、気象予報から、感染に好適な条件(じめじめとした天候が続き、稲の葉のぬれた状態が長時間継続し、気温が15〜25度C前後)が出現する可能性が高く、さらに被害の多発が予想される。

 いもち病は気象条件によって発病が大きく左右される病害で、本年の場合、6月中旬以降曇りや雨の日が多かったため、各地で発生した。特に、全般発生開始期(地域内の多くの水田で発病している状態)である6月26日以降も継続して、感染に好適な条件が出現しており、イネの生育も軟弱気味であることから、今後、病勢が広い範囲で進展すると心配される。

 葉いもち病は、穂いもちの伝染源となるため、発病を確認したら直ちに薬剤を散布することで感染の拡大をくい止められるが、田植え時に、いもち病に有効な長期持続型の薬剤を育苗箱に施用または移植時に側条施肥田植機によって薬剤施用したほ場でも、すでに発病が見られる事例もあるので、必ずほ場を見まわり、発病を認めた場合は直ちに薬剤を散布することが肝要と呼びかけている。問い合わせは、同防除所(46−6160)へ。また、詳しい情報は、インターネットの滋賀県病害虫情報ネット http://kamome.jppn.ne.jp/ksig0301/ で知ることが出来る。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

事故の前に本気の対策!

違法駐車が目立っていた郵便局前

警察、郵便局、市の3者が協議
=車は「駐車場へ」呼びかけ=

対策後の郵便局前道路
(湖東・近江八幡市)
 近江八幡郵便局正面の市道に来局者の車の列駐車が目立ち、車のスムーズな通行を妨げているばかりか、飛び出し事故が懸念されていたことから、同郵便局と近江八幡署、市の3者がこのほど、対策を協議した。

 その結果、郵便局は、踏みつぶされてなくなっている道路と歩道の間のサツキを植裁して緑地帯を再生し、近江八幡署は、未規制だった局舎周辺の道路を駐車禁止に、市は道路と歩道の間に飛び出し防護策を設置することになった。

 列駐車が絶えなかった局舎正面の道路は、駐車禁止区域であったが、サツキの植裁が歯抜けのようになっているために、駐車した車から局舎の入り口まで最短で便利なことから郵便物を投函したり、ATMを利用するぐらいのちょっとの時間で済む用事には便利な駐車場所だった。また、片側2車線でもあることから、後続の車がハンドルを切れば通り抜けられることに甘んじるドライバーも多かった。

 警察では、駐車違反区域ではあるが、駐車時間が数分という短時間である車両がほとんどであることから厳密に反則切符を切るよりも、ドライバーに注意する対応に留めていた。また、郵便局では、お客さんの車という観点から、郵便物を集配する局舎西の駐車場にお客様用駐車スペースを設けたり、道路には駐車しないよう注意看板を設けるなど独自の対策をとってはいたが、違法駐車がなくなるまでの効果はなかった。

 しかし、あと、2〜3年のうちに局前の2車線道路が八木町の県道とつながる計画があることや沿道に新市民病院ができあがることなど、今後、交通量の増加が予想されることから、こうした事故につながる不安材料を未然に取り除いておく必要があるとの共通認識に立って関係する3者が対策を協議し、それぞれの立場で違法駐車の一掃に取り組むことにした。

 まず、郵便局が歯抜けで通路となっていた緑地帯全域にサツキの苗木を植裁し、再び踏み倒されないよう立入禁止の仮設ロープを張ったところ、違法駐車の車が大幅に減少し、2車線でスムーズに走れる道路に回復した。

 市では、近く防護策の設置工事を始めることにしており、警察も周辺道路を駐車禁止にする申請を行っている。秋頃までには決定する見込み。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ