滋賀報知新聞(ニュース)平成15年7月22日第13541号


最優秀に 高田さん「百畳大空へ」

応募377点から選ばれる

八日市大凧まつり写真コンクール
=8月2日から 優秀作を大凧会館に展示=

最優秀に選ばれた高田さんの作品
(湖東・八日市市)
 2003八日市大凧まつり写真コンクール審査会が、このほど大凧会館で開かれ、推薦(八日市市長賞)に湖東町北清水の高田徳一さん(61)の作品「百畳大空へ」を選んだ。

 高田さんの作品は「少し傾いた凧をとらえ、上昇していく動きが感じられる。凧・人物・風景が絶妙の角度で写され、凧の大きさや引き手の勢いがよく表現されている」と評価され、最優秀に輝いた。

 コンクールには、市内三十三点を含む県内百八十二点、県外百九十五点の計三百七十七点が寄せられた。県外は福岡、広島・兵庫・大阪・和歌山・京都・三重・福井・岐阜・愛知・茨城など広範囲にわたる。

 表彰式は、八月二日午後二時から大凧会館で開かれ、同十七日まで入賞・入選作品を同会館別館に展示するほか、市PRポスターや絵はがき、パンフレットなどに活用される。高田さん以外の入賞は次の通り。敬称略。

 【特選】議長賞・小野川涼子(交野市)「いざ出陣!」▽観光協会長賞・高木三重子(奈良市)「風の女神様」▽県写真連盟会長賞・奥居由紀夫(市内東沖野二丁目)「クライマックス」

 【準特選】商工会議所会頭賞・八田義明(近江八幡市)「見上げる」▽教育長賞・大谷洋史(市内建部瓦屋寺町)「元気よく」▽大凧会館長賞・前河栄次(彦根市)「鯉さんの出番待ち」▽同・北川茂博(京都府久御山町)「総力結集」▽同・小梶冨士雄(市内栄町)「凧職人揃い踏み」▽大凧保存会長賞・松吉三男(市内建部瓦屋寺町)「感動の一瞬」▽同・北村敬(近江町)「風をうけて」

 【入選】川上義弘(松原市)「みんなのミニ凧だ〜い」▽橋本貢(久居市)「ひと休み」▽広田良太郎(市内西中野町)「熟年パワー」▽小西勇吾(草津市)「さあ!!大空へ」▽西村勲(五個荘町)「感動の技師たち」▽平野昭次(桑名市)「風がきた」▽西河きみ子(近江八幡市)「再チャレンジ」▽今西よしのり(京都市)「本番前」▽松尾朴(京都市)「無事に着陸」▽石田光明(五個荘町)「いざ天空へ」

 【佳作】深井征子(宇治市)「心は一つ」▽相坂竹雄(日野町)「いなせ」▽小蔵武三(草津市)「凧上げの日」▽松尾幸一(藤井寺市)「風の神達」▽小早川利子(守山市)「総力あげて」


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

第44回八日市市民体育大会

御園地区が9連覇達成

=準優勝は中野 八日市も健闘みせる=

(湖東・八日市市)
 第四十四回八日市市民体育大会は、このほど二部種目を除きすべての競技が終わり、地区対抗の部(一部種目)で御園地区が初の九年連続優勝を果たし、昨年に続き連覇の記録を塗り替えた。二位に中野が入り、八日市が三位と健闘をみせた。

 市体には約八千人の市民が参加し、市内八地区で行われた予選を勝ち上がった地区代表が中央大会で得点種目を競った。軟式野球・ソフトボール・卓球・バレーボール・ゲートボール・キックソフトボールの六種目九競技に熱戦を繰り広げ雌雄を決した。

 御園地区は、軟式野球の優勝だけにとどまったが、常に上位に顔を見せ、地区別得点で準優勝の中野に一ポイントの差を付け、昨年の八連覇に続き大会記録を伸ばした。成績は次の通り。

 【優勝】御園(三一点)【準優勝】中野(三〇点)【3位】八日市(二六点)【4位】建部(二五点)【5位】市辺(二四・五点)【6位】平田(一九・五点)【7位】玉緒(一九点)【8位】南部(一八点)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

心の豊かさ肌で感じて

ひとづくり体験教室

ごみ拾いとそば打ち通じて
=八日市青年会議所 8月2日には講演会=

そば打ちに挑戦する親子
(湖東・八日市市)
 清掃活動とそば打ち挑戦を通じて、ごみや資源問題、創造と完成の喜びを感じてもらおうと、八日市青年会議所はこのほど「ひとづくり体験教室」を八日市市内で開いた。

 「心」の豊かさ、ありかたを子どもたちに伝えることを今年度の基本方針に取り組んでいる同会議所ひとづくり委員会の事業の一環として企画、実施したもので、「使い捨て文化」「資源の無駄使い」からの脱却、改善、何でもすぐに手にはいる物質的な満足感ではない自らの手でつくり出す苦労と充実感を、子どもたちと一緒に考え、味わった。

 教室には一般参加の親子ら約四十人が参加。あいにくの小雨がぱらつく中、集合場所の清水会館から小脇町方面、緑町方面、金屋方面の三コースに分かれて約二時間ごみを拾った。今回の作業で、可燃ごみ、不燃ごみ、ペットボトル、空き缶など約二十袋分のごみを回収した。

 このあと清水会館で竜王町そば振興会のメンバーによる手ほどきを受けながら四人一組でそば打ちに挑戦。結構全身の力やちょっとしたコツが必要だったりで悪戦苦闘しながら、どう見てもそばというよりうどんに見えるでき上がりで見栄えは決してよいとは言えなくても、自作の手打ちそばをごみ拾いで空腹になった胃袋におにぎりと一緒に満たした。参加者の表情は、満足感で満ちあふれていた。

 今回の教室に引き続いて、八月二日午後八時からは八日市商工会議所で会員以外に一般市民も参加できる「親業」をテーマにした講演会を開くことにしており、多数の参加を呼びかけている。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

音とリズムで表す日本風土

「竹太筒コンサート」

=8月9日 あかね文化センターで=

(湖東・蒲生町)
 音楽から元気を「竹太筒(たけだいこ)コンサート」が八月九日、蒲生町あかね文化センター大ホールで開催される。開演は午後二時から。

 出演は、安らぎを与える竹の魅力をメンバー手作りの楽器で伝える「竹太筒の会」(京都洛西)で、メンバーが創作したオリジナル曲を披露する。大工や塗装業、農業、染色業、公務員、OLなどさまざまな職業で構成するメンバーらが、アマチュアの演奏家として活動している。

 同会は、竹の葉がすれる音や竹と竹がぶつかり合う音、タケノコを掘るほりぐわの音、笹の葉を踏む足音、鳥や虫の声、せせらぎの音など、竹を取り巻く自然界の音やリズム、風土を音楽で表現したいとの思いを抱く有志で、昭和六十年に設立された。

 以後、平成四年に秋篠宮殿下が出席された第三回みどりの感謝祭で京都代表として演奏し、同十四年にはチェコプラハで国立劇場のステージに立つなど、国内外に活躍の場を広げている。

 入場料は、五百円(当日受け付けで徴収)。問い合わせは、蒲生町文化体育振興事業団(電話0748―55―0207)まで。 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

竜王町に新名所

アグリパークに温泉施設

只今、ボーリング中
=来年9月にオープン予定=

山之上農林公園内で櫓を組んで行われている温泉の掘削作業現場。右下はアグリパーク竜王の建物施設
(湖東・竜王町)
 高速道を活用する異業種間で組織する協同組合県高速道路利用センター(竹内貢理事長・近江八幡市出町)は、竜王町山之上農林公園内の丘陵地約一万平方メートルに、温泉施設を建設するための掘削工事を進めている。

 この施設は、十五年前から組合員やその家族の福利更生施設の建設を計画していた同センターが、竜王町から六年前に誘致を受けたことから、組合員だけでなく広く一般の人々を対象にした施設をと温めていた構想で、この六月からボーリングに取りかかった。

 昨年実施した温泉調査で、地下約八百から一千三百メートルまで掘り下げると、二十五〜三十度のラジウム系の冷泉が九九%の確立で湧き出ることが確認された。 現在、四百メートルまで到達しており、今年十二月には泉脈に達する見通し。

 計画によると、温泉施設は(約六百二十五平方メートル)、農林公園の一施設として建設され、既存施設との調和を図るためスペイン風の外観デザインを採用し、男女別の浴室と露天風呂、サウナ(十五人程度収容)のほか、近江牛や地場産の食材を使ったバーベキューが味わえるレストラン、直売所、駐車場を設ける。屋内は、高齢者に配慮したバリアフリー化を図る。用地買収を含む総事業費は約八億円。

 同組合の規定で組合員以外を対象とした施設管理は禁止されていることから、このほど立ち上げたK&RK(西川勝社長)が事業運営にあたる。

 近年の「湯」ブームに目をつけた竹内理事長は「オープンに向け準備は大変だが、地元が協力的で心強い。とにかくゆったり、のんびりできる雰囲気の風呂になるよう知恵を絞る」と意気込みを語り、愛着を持ってもらるようにと施設名の公募について検討中。

 高台からの見晴らしのよい景観やアクセスの良さなどを売りに年間約十五万人の利用客を見込んでおり、年間約二十万人が訪れる隣接のアグリパーク竜王ともタイアップして、近隣の家族連れや若者、高齢者のほか、京阪神からの集客にも力を入れることしている。オープンは、来年九月の予定。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ