滋賀報知新聞(ニュース)平成15年10月7日第13607号


地域安全ポスター決まる

最優秀に板谷さんと山田さん

=10日からアピア情報プラザに展示=

(湖東・八日市市)
 八日市署と八日市神崎地区防犯自治会は、管内の小・中学生から夏休み中に募集していた地域安全ポスターの入選作品を決めた。

 コンクールには三百二十四点(小学八十二点、中学二百四十二点)の応募があり、最優秀に小学生の部で板谷菜々子さん(八日市西六年)、中学生の部で山田美津記さん(聖徳二年)の作品が選ばれた。
 地域安全確保と自主防犯活動の一層の推進を図ろうと、入選作品など六十点を十日から二十日まで、駅前アピア四階の情報プラザに展示する。表彰式は十一日午前十時半から会場で行う。最優秀作品を除く入選作は次のみなさん。

 【小学生の部】優秀 村井瑞輝(八日市西六年)北尾健司(同)高橋なつき(同)古澤彩夏(同五年)▽佳作 井上隆浩(八日市西六年)小倉寛太(同)久保真美(同)小西美果(同)吉信絵梨(能登川南五年)

 【中学生の部】優秀 松下結(聖徳二年)落合祐(同)冨田詩織(五個荘一年)鎌倉千晃(能登川二年)▽佳作 辰己麻衣子(聖徳二年)角川千晃(船岡二年)小菅真以子(同)猪田千明(五個荘一年)塚本知可(同)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

新議員14人が決まる

五個荘町議選の開票結果

村型選挙に新風 自立の新人上位に
=1元職と2新人は及ばず=

開票結果

(定14―立17)無効67票

1 中澤 嘉夫 60 無新1 557
2 諏訪 一男 61 無元5 466
3 寺村 茂和 60 無現3 459
4 大橋 保治 36 無新1 447
5 森澤 文夫 55 無現3 430
6 日下山 幸 65 無新1 382
  国領みつ子 72 無元2 382
8 北川 満雄 63 無新1 374
9 矢野 芳幹 64 無現2 360
10 川嶋 重剛 57 共現2 356
11 杉山 忠蔵 74 無現8 348
 中川喜代司 55 無現2 348
13 市田 治夫 65 無現4 306
14 西村 吉平 59 無現4 279
  片山 勝博 70 無元1 239
  森本 孝朗 26 無新  231
  木村 禮子 53 無新  112

(湖東・五個荘町)
 任期満了に伴う五個荘町議選は五日に投票され、即日開票の結果、合併への過渡期を審議する新議員十四人が決まった。現職八、元職三、新人六の計十七人が激戦した今回の選挙では、自立出馬の新人が現職七人を抜き去り四百票台の大台に。また、現職交代組の三新人が台頭するなど当選した八現職にとっては厳しい結果となった。投票率は前回より七・八七ポイント下回る過去最低の六八・八四%。無効は六七票あった(敬称略)。

 地区および役員推薦を受けた候補が票を伸ばし、自立出馬の一現職と二新人に大差をつけた。トップ当選を果たした中澤嘉夫は、西村實の後継者として金堂区の役員推薦を受けており、投票率七八・九六%(金堂区)のまとまりと元助役の経験およびボランティア活動(雨宮龍神社への導水など)等の評価がつながった。

 また、大票田の宮荘から立った元職の諏訪一男と、六集落が団結した現職の寺村茂和も票を伸ばし、諏訪は、引退した坪田敏男票を加えて前回より一一六票増の四六六票。寺村は六六票増の四五九票を獲得して、九位から三位に上昇した。

 今回、特に注目されるのは自立出馬の新人・大橋保治の得票数。地盤の木流は現職の中川喜代司(三四八票で十一位で当選)に地区推薦を出しているため、全町対象の都市型選挙を展開し、自立出馬では最高の四四七票を獲得。主力は、会長を務めていた町連合青年会のメンバーらで、町議選初の舞台型選挙カーで街宣した。また、前田清子町長の意中候補として神崎女性21世紀の会も支援し、大半の票が流れたものと見られている。

 一方、森澤文夫、矢野芳幹、川嶋重剛、杉山忠蔵、市田治夫、西村吉平の六現職は前回より三八〜二三三票を落とし、各区の低調ムードに加えて議員活動に対する厳しい評価となった。

 苦杯をなめたのは元職の片山勝博と新人の森本孝朗、木村禮子の三人。いずれも乱立区からの自立出馬で、知名度と選挙母体の薄さを克服できなかった。

 今選挙では、福祉、環境、教育などの諸問題とともに、合併枠組みに関する能登川町の問題について言及された。特に、町境の南地域を中心に「能登川町と共に歩む合併」が訴えられ、主に掲げた候補が上位に当選、議論に携わっていた現職が減票するなど、三町破たん後の議員対応と説明責任に対する不満が示された。

 一年四カ月後に設定される合併協議のなか、新議員十四人は将来に禍根を残さない確かな審議責務を負う。

票の動向逐一
屋外開票速報


 五日に投開票が行われた五個荘町議会議員選挙で、滋賀報知新聞社が実施したジョーシン(ピットワン五個荘店)での屋外開票速報=写真=には、町民ら約百人が人垣を作って見守り、刻々と映し出される票数に熱い視線が送られた。

 本社では、選挙前からの動向取材と開票場での独自の開票状況調査により、午後九時の開票から約五分おきに速報を更新、票数が出るたびにどよめきが起こった。午後九時半には「当確」表示もつきはじめ、最後は四人が並ぶ大混戦となったが、十時半に「当選」十四人が確定した。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

職場や地域から火災を無くそう

早さと技術競う「初期消火大会」

=蒲生・日野町から約80人が出場=

火点めがけて放水する出場者ら
(湖東・日野町)
 火災に備えて消火器や屋内消火栓を素早く有効に使用する能力を競技を通して身につける「第二十二回初期消火大会」(主催=東近江行政組合日野消防署)が二日、日野消防署庁舎前で行われ、蒲生・日野町から民間企業や福祉施設、役場職員ら昨年を上回る八十一人が参加した。

 大会では、火災報知設備受信機の出火場所を確認し、屋内消火栓からホース二本を延長して二個所の火点に放水する「屋内消火栓の部」(一チーム三人)と、一一九番通報後に、倒れている負傷者に応急処置を施して担架で安全な区域に搬送し、水消火器と七リットルの水が約五回に分けて出てくる三角バケツで消火にあたる「応急消火の部」(同二人)の二部門で競われた。

 冒頭、服部巌署長が「地震発生時は、人命はもとより震災後の火災が最も危惧されるところ。正しい初期消火の技術を身につけ、職場や地域から火災を無くしてほしい」とあいさつ、東近江防火保安協会日野支部の高岡武志支部長は「家庭や事業所など、どこにおいてもいつ火災が起こるかわからないのが今の社会情勢。日頃の活動に尽力してほしい」と呼びかけた。

 午前九時半から始まった競技には、屋内消火栓の部に十一チーム、応急消火の部に二十四チームが出場。参加者らは、出番間際まで指揮者の号令から操作後の報告に至る一連の手順を確認し、他の出場者が注目する中、規定タイムに少しでも近づこうと練習で培った正確かつ機敏な動作を見せた。

 号令の出し方や器具の取り扱い方、消火時間などを減点方式で消防署員が審査し、総減点数が一番低いチームから順位を決定した結果、応急消火の部で京セラ株式会社滋賀蒲生工場、屋内消火栓の部で三栄源エフ・エフ・アイ株式会社滋賀工場がそれぞれ優勝を果たした。

 なお、各部門の結果は次の通り。

 【応急消火の部】準優勝=(株)オーケーエムB▽入賞=蒲生町役場、(株)テクノ高槻日野工場、日野町役場B、日野町役場A、社会福祉法人日野町社会福祉協議会、互応化学工業K.K.滋賀工場

 【屋内消火栓の部】準優勝=日野町役場▽入賞=和信化学工業(株)日野工場、タカラスタンダード株式会社びわこ工場、蒲生町役場 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

日野カントリーエレベーター

地下貯蔵タンクから灯油流出

原因は機械のセンサー不良
=先月20日に回収完了=

暗きょ排水を通って流出し再発防止のためオイルフェンスが張られている御霊池
(湖東・日野町)
 新米の収穫で、最盛期を迎えたJAグリーン近江の日野カントリーエレベーター(日野町松尾)で、籾の乾燥用火力バーナーの灯油約一千リットルが、貯蔵タンクから漏れ出し、敷地内に配備されている暗きょ排水を通って、敷地南側の御霊池に流出する事故が起こった。

 この事故は、先月十八日の朝、付近の住民が町役場住民課に「油の匂いがする」と通報して発覚したもので、事故に気づいたJAでは、即時カントリーの運転を停止し、専門業者による吸着マット張りや中和剤の散布、バキュームによる吸い上げ、オイルフェンス張りなどで対応し、漏れた油の回収作業に追われた。

 JAの調べでは、地下に設けられた三基の灯油貯蔵タンク(計七万リットル保管)から、二つの乾燥施設に設置されている中継タンクに送油する際、満杯になると満量計のセンサーが働き、自動的に地下タンクから送油ポンプを止める仕組みになっていたが、センサーの故障でポンプが停止せずに満タン後も送油が続けられた。このため、中継タンク側の回避弁が働き、満タン状態の別の地下タンクに油が戻されたことから、溢れ出したことが分かった。流出日は、付近の住民の話しなどから、発見の二日前・十六日頃と見られている。

 流出油は地下にも浸透したため、貯蔵タンク付近の土を入れ替え、二十日には除去作業が終了、午後五時に日野消防署や町住民課が機械やセンサーの修繕、回収完了を確認し、カントリーの運転が再開された。

 石油流出の発見が遅れたことについて、グリーン近江農業協同組合南部営農センターの橋本忍センター長は、「事故の数日前に、業者が手動での検査を実施した際に異常がなかったことと、オーバーフローするという意識が現場職員になく、貯蔵タンクの灯油が急に減っていることが二十四時間勤務の職員間の業務引継ぎでうまく伝わっていなかったことが事故を防止できなかった」と話した。

 被害状況については、池が近くの田畑の排水溝につながっていたが、田んぼは休耕田で池の水を給水する時期ではなく渇水状態のようなもので、周辺地域への土壌汚染への影響はなく、国道三〇七号線手前で出雲川までは流出していないことを確認したという。

 JAでは、事故発覚の十八日夜に口頭で謝罪に回り、二十八日に謝罪文を近隣住民に配布、十月一日朝にはJA役員と職員が出向き、住民約四十七人を前に再度謝罪した。

 現在も消防署などの指導により再発防止のためオイルフェンスが池には張られている。JAグリーン近江営農事業部の岡本守部長は、「付近の住民の皆様には大変ご迷惑をおかけした。再発防止のため、もう一度充分な点検をして、事故の未然防止と発生時の対応を含めたマニュアルの整備をしたい」と語った。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

秋季特別展「信長と宗教勢力」

安土城考古博物館

仏教弾圧は本意だったのか
=国宝など史料展示と講演会=

公開展示される信長時代に京都に立てられた教会堂を描いた「南蛮屏風」
(湖東・安土町)
 教科書で習った「信長は仏教を弾圧してキリスト教を保護した」という歴史認識は、本当に正しいのだろうか。一般によく理解されている信長の宗教観に疑問を投げかける安土城考古博物館の秋季特別展「信長と宗教勢力―保護・弾圧そして支配へ―」が11日から開催される。11月9日まで。

 明らかになっている信長の宗教思想や天下統一の政権の歴史をみると、信長は、延暦寺の焼き討ちや一向宗と呼ばれた浄土真宗の信徒が各地で起こした「一向一揆」との攻防など、仏教に対して厳しい弾圧政策をとる一方で、安土城下に神学校の創設を認めるなどキリスト教の保護に力を入れたことが一般によく知られているが、ほとんどの社寺は、その信長によって安全が保証され、領地の所有など諸権利が認められていたことが分かっている。

 このことから、信長は仏教そのものを根底から否定したのではなく、政権に影響のない宗教活動は認め、その権威も保護したとも考えられている。こうしたことからキリスト教も仏教と同様の見識で扱ったではないかとの見方がある。

 今回の特別展では、信長は、仏教を弾圧したという一局的な誤解を解くため、信長とそれぞれの宗教勢力との関係を示す古文書などの史料を展示、解説しながら信長の宗教観、天下統一との関わり、統治など多角的な視点から、これまで一般に知られていない信長と宗教勢力との関係を解き明かす。

 展示では、キリスト教との関係、保護した社寺、弾圧を加えた社寺、一向一揆、天正7(1579)年、日蓮宗と浄土宗との間で行われた宗教論争「安土宗論」などにスポットを当てて歴史を紐解く。

 主な展示物は、関東での社寺間の争論に信長が裁決を下したことを示す国宝の文書「三条西実枝書状」(京都府蔵)をはじめ、南蛮人との交易の様子を描いた「南蛮屏風」(大阪城天守閣蔵・重要文化財)や熱田神宮(名古屋)が信長をめぐる政争に巻き込まれないよう保護した文書「熱田神宮古文書」(熱田神宮蔵・愛知県指定文化財)、長島一向一揆攻めで討死した信長の義弟の像「織田又六画像」(名古屋市願王寺蔵・愛知県指定文化財)など69点。これらの貴重な資料を「信長と南蛮世界」、「信長と寺社勢力―保護と奉仕と―」、「信長と寺社勢力―敵対と殲滅(せんめつ)―」、「安土宗論と法華宗寺院」、「信長の寺社政策」の5章に分けて紹介している。

 展示期間中の12日には、京都造形芸術大助教授・河内将芳氏の記念講演会「安土宗論再見―信長と京都法華宗寺院―」が、26日には安土城郭調査研究所の仲川靖副主幹の博物館講座「安土城大手門周辺地域の調査」が開かれる。

 開演はいずれも午後1時半から。定員140人(当日受付)で入場無料。会場は2階セミナールーム。

 特別展の入場料は、大人860円、高校・大学生610円、小・中学生400円。開館時間は午前9時半から午後5時。祝日を除く月曜日休館。問い合わせは、同博物館(電話46―2424)へ。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ