滋賀報知新聞(ニュース)平成15年11月17日


新店舗ではじめての消防訓練

救助袋やはしご車体験

=湖東信用金庫本店 5階から=

八日市消防署との訓練に取り組む職員
(湖東・八日市市)
 湖東信用金庫本店(八日市市青葉町)は十四日、消防避難訓練を行った。秋季全国火災予防運動(九―十五日)にあわせて、五月の新築移転以来はじめて八日市消防署との合同で実施した。

 午後四時、二階食堂から出火。職員約百人が避難を開始したが、数人が五階部分に取り残されたことを想定し、はしご車、ポンプ車、救急車などが出動して消火活動を行うとともに、救出活動を展開した。

 垂直回転式の救助袋を使って避難した職員は、「最初は怖かったが、ゆっくり降りることができ安心した。どちらかと言うと(早く降りたくて)じれったいぐらい」と、はじめての体験を話していた。

 このあと消火器を使った初期消火訓練も行われ、女性職員らが消火器の使い方を学んだ。

 最後に青木幹泰八日市消防署長が、「まず火を出さないことが一番。防災計画に基づいた日頃の訓練で意識を高め、いざというときには整っている最新の消防設備を有効に活用できるようにしておいてください」と、締めくくった。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

日本最古級の古墳から区画溝

能登川町 2―3世紀の神郷亀塚古墳

地鎮祭に使用?埋葬土器が出土
=古墳築造前の住居跡も=

区画溝から見つかった地鎮祭祀と思われる埋葬土器
(湖東・能登川町)
 能登川町埋蔵文化財センターは十四日、日本最古級の前方後方墳・神郷亀塚古墳(2世紀末−3世紀初頭)の第四次調査で、古墳築造年前と見られる竪穴住居跡と墓域を区画するために設けたと思われる溝跡を発掘し、同溝内から地鎮祭祀に使用したと考えられる土器十数個が出土したと発表した。

 溝と竪穴住居跡は、同古墳の範囲確認と町内遺跡分布調査において西に四十四メートルの位置で見つかり、出土した土器などから古墳の築造年とほぼ同時期の弥生時代後期終わり頃(約一八〇〇年前)としている。

 溝跡は、古墳の側面に平行して南北へと傾斜する幅一・二メートル、深さ四〇〜五〇センチ、長さ七八メートルのもので、古墳の側面中央に位置する中心部分から、高坏や壼などの土器がまとまって見つかった。

 この場所は、湖東地域の小国 斗西遺跡・中沢遺跡(弥生時代後期〜鎌倉時代)から河(古代の自然河川)を挟む対岸にあり、墓域と生活域を区画するために溝が設けられたと考えられている。また、土器の出土状況から、古墳築造に伴う地鎮祭祀の用途で埋納したのではないかと見ている。

 さらに、溝の西約十七メートルで三棟の竪穴住居跡も見つかった。大きさは一辺が五・六メートル〜七・六メートル、現状での深さは一〇〜一五センチの方形で、中央の住居跡を除く二つは溝と同時期のものとされる。

 これらのことから、同センターの技師・西邦和主査は「溝が古墳と平行していることから計画的に造られたようだ。また、斗西遺跡(古代集落)の水辺の祭祀場から溝、古墳の位置は直線でつなぐことができる。竪穴住居も古墳築造に従事した人々が住んでいたものではないか」としている。

 神郷亀塚古墳は、JR能登川駅から東へ約一・八キロ、同町長勝寺と神郷地先の乎加(おか)神社の北側にあり、弥生時代末に君臨した初代王の墓と見られている。大きさは全長約三十六メートル。平野部に存在するものでは初の二段墳丘をなし、後方の主体部から二基の木榔墓が存在する。

 なお、前方後方墳は、ヤマト政権同盟の目印「前方後円墳」に対して対立国の狗奴国同盟を示す目印で、神郷亀塚古墳と狗奴国・邪馬台国の関係を探る古墳として注目されている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

校内に刃物を持った不審者侵入

子どもの命を守れ!!

全校児童と教諭が対応訓練
=日野町立西大路小で=

いすや金属バットを持って不審者を取り囲む教諭ら
(湖東・日野町)
 日野町立西大路小学校(鈴木数馬校長)は十三日、刃物を持った不審者が授業中の二年生教室の出入口から侵入したとの想定で避難・対応訓練を行った。同町内で不審者を想定した訓練が実施されたのは初めて。

 日野署管内では、今年一月から十月までの間に児童への声かけやわいせつ事案が約三十件発生しており、いつ児童が犯罪に巻き込まれてもおかしくない状況にある。

 今回の訓練は、二年前の大阪府池田小学校での殺傷事件を教訓に、教諭と児童が、不審者が侵入する事件に遭遇した際パニックを起こさず、自らの命を守るための冷静な対応を身に付けてもらおうと、実際に事件が起こった同時間帯の四時間目に行われた。

 署員が扮した不審者が刃物をちらつかせながら教室に侵入すると、教諭が児童をすぐに避難させ、生徒のいすで防御しながら犯人の意識を引き付けた。隣のクラスの教諭が校内電話を使って職員室に助けを求め、金属バットや机を持った教諭らが駆け付け、他の教室に犯人を移動させないよう教室のドアのカギを締めた。 その上で、「子どもを出せ」と興奮状態の犯人をなだめながら徐々に包囲。全校児童約百三十人は、教諭の指示に従い、非常階段などを使って運動場に避難した。

 犯人の侵入から児童の避難までに要した時間は約六分。日野署生活安全課の嶋貫透警部補は、全児童を前に「いつ悪い人が入ってくるかわからない。みんながけがをしないで逃げられるように訓練をした。犯人の狙いはみんなの命」と強調し、守らなければならない合言葉「押さない、走らない、静かにするという『おはし』に、戻らないという『も』を付け加えて『おはしも』と覚えておいてほしい」と呼び掛けた。

 町内の幼稚園、小・中学校の教頭らも訓練の見学に訪れ、西大路小の教諭らとともにほうきや机、いすなど身の回りにある物を利用して防御・攻撃方法を実演を交えながら解説した署員の話しをメモを取り聞き入っていた。

 鈴木校長は、「初めての経験で緊張したが、子どもの命を守るためにはとても大切なこと」と語り、登下校中に教諭やPTAを中心に実施しているパトロールの必要性を再確認していた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

近江八幡・安土で汚染値目立つ

東近江管内水質調査

環境NPOと住民が調査
=河川、排水路など634カ所=

(湖東・近江八幡市)
 東近江管内で近江八幡市と安土町の河川や用水路などの水質の汚れがひどく、中流域の蒲生町でも水質の悪化が目立っていることが分かった。

 これは、東近江環境保全ネットワークと東近江地域振興局が、今夏、管内住民や環境NPOに参加を呼びかけて実施した水質調査結果から明らかになった。

 調査は8月1日から10日にかけて参加者に簡易にCOD値が測れるパックテスト約400セットを配布し、150人余りの参加者に自主的な調査を依頼した。

 その結果、管内2市7町の河川、排水路、池など計634カ所の観測データが持ち込まれ、同振興局で市町村別に結果をまとめた。=図表=。

 それによると河川では、蒲生町がCOD5・9の最も高い汚染度を示し、次いで近江八幡市の5・6、能登川町の4・6の順となっている。

 水田等の用水路でも蒲生町が6・6でワースト1、次いで安土、日野町が5・8、近江八幡市が5・6となっている。また、排水路では安土町が7・4でトップ、次いで近江八幡市の6・6、日野町の6・4となっている。

 この結果から、近江八幡市は、池の2・4とその他(ダム湖、井戸、びわ湖など)を除く水域でワースト3位内に常駐しているほか、安土町では排水路と池で他市町より突出して高い汚染度を示していることが伺える。

 東近江地域全体では、河川、用水路、排水路の順で汚れていることが判明、調査地点が多い河川でみると、上流域の永源寺町では比較的きれいで下流域の近江八幡市、中流域の蒲生町で汚れが目立っている。

 東近江振興局では、汚染の状況には上流、下流域の関係や調査場所や地点数のバラツキからこれらの調査結果を客観的に分析することは難しいとしている。

 また、調査時期に台風の来襲や夏期の水田の影響なども考えられることから、12月に冬季のパックテストを実施する予定で、数値は、住民のみなさんに水質浄化への関心を高めてもらえる材料として活用してもらいたいとしている。

 COD数値の単位はppmで、「0」きれいな水、「2〜5」汚染がある、「5〜10」汚染が多い、「10〜」汚れた水、となっている。「1」以下はヤマメなど渓流魚、「3」以下はサケ、アユ、「5」以下はコイ、フナが住める水質といわれている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

第6回Stella発表会

成長ぶり見せます

=23日野洲町立総合体育館=

第5回発表会から
(南・野洲町)
 新体操クラブStella(主宰・北川礼子)は、日頃のレッスンの成果を披露する第六回発表会(滋賀報知新聞社など後援)を、十一月二十三日午後一時半から野洲町立総合体育館で開催する。入場無料。

 全員での発表や、各クラスごとのソロ、ペア、グループなどによる規定演技と作品演技、賛助出演の参加クラブによる発表などが、次々と繰り広げられる。

 同クラブでは生徒数も年々増え、現在六十二人がそれぞれのレベルに合わせてレッスンを続けている。

 選手たちは県内外の大会で好成績をあげ、県ジュニア新体操選手権大会(七月)では、チャイルドの部で優勝・高谷知江、第二位・鈴村亜希、第三位・岩崎加奈が上位独占、ジュニアの部でも旭真知代、辻綾香、野田千裕、西野杏香の四人が個人総合ベスト8入賞を果たし、旭、辻、野田選手が近畿ジュニア新体操選手権大会に出場した。また、五年後の北京オリンピックのオーディションを受ける実力をもつ選手も育っており、各大会での活躍ぶりとクラブ全体のレベルアップが注目されている。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ