滋賀報知新聞(ニュース)平成15年11月22日第13647号


本社杯争奪 クイーンズカップ

23日 布引体育館で熱戦展開

第28回レディースバレーボール大会
=28チーム 王座かけママさんパワーさく裂=

(湖東・八日市市)
 今年のママさんバレーの王座を決める「第二十八回滋賀報知新聞社杯クイーンズカップ争奪・八日市市レディースバレーボール大会」は、二十三日に同市今堀町の布引運動公園体育館でバレーボールの部、ソフトバレーボールの部に分かれ開催される。

 同大会は、既婚女性のスポーツ振興を生活の中に取り入れ、家庭とスポーツを両立させて、健康で明るい婦人生活の総決算ともいうべき一大スポーツの祭典で、毎年、勤労感謝の日に開かれている。

 バレーボールの部に十三チーム、ソフトバレーボールの部には十一チームが参加し、ママさんバレーの各チームがパワーと団結力を発揮し、今年の覇を競うクイーンズカップ(滋賀報知新聞社杯)争奪戦となる。市教育委員会と滋賀報知新聞社が主催し、市地域婦人団体連合会と市バレーボール協会が共催、これに市体育協会の後援を受け、大会運営委員会が主管する。

 午前八時五十分の入場行進で大会は始まり、同九時からの開会式で昨年優勝チームからクイーンカップの返還を受け、主催者を代表して冨田正敏滋賀報知新聞社長が開会あいさつを行い、中村功一市長や志井弘議長、中村文幸教育長らの激励を受け、出場選手を代表してソフトバレーボールの部(ガンバ・レディース)から畑ひろみさんと田中羊子さんの二人が選手宣誓を行う。

 試合は、バレーボールがトーナメント方式、ソフトバレーボールは複数チームによる予選リーグの後、各ブロックの一位チームによる決勝リーグを行う。両部の優勝チームに賞状(市教委)とクイーンカップ(本社杯)が、準優勝チームには賞状と盾が贈られるほか、両部の優秀チームに敢闘賞が手渡される。

 今大会では、バレーボールの部で主婦業の合間をぬって練習に励んできたママさんが、クラブチームの頂点を目指し、どこまでトーナメントを勝ち進むことができるかが見どころになる。一方、女性代表の意地をかけたソフトバレーボールの部では、白熱したリーグ戦が予想され、ママさんパワーさく裂の激戦になるものとみられる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

農産物販売やバザーなど

農業祭 アグリフェスタ

=あす 八日市南高農場一帯=

(湖東・八日市市)
 八日市南高校は、二十三日に第三十回農業祭「八南アグリフェスタ2003」を同市春日町の同校農場周辺で開催する。

 午前十時からの会場では、生徒が日ごろ取り組んだ学科学習(農業技術科・食品流通科・緑地デザイン科)の発表展や、農場実習でとれた農産物の販売、生徒らによるクラス別バザー、子供向けのふれあい広場などを催す。午後二時まで。

 野菜・草花・果樹・畜産物などのほか食品加工品も販売し、自営者クラブの特別コーナーも設ける。クラス別バザーでは焼そば・焼き鳥・イカ焼き・じゃがバター・フライドポテト・フランクフルト・ミニ牛丼などの店が並ぶ。PTAによる豚汁、ジュースの販売も行われる。

 幼児や低学年児童を対象にしたふれあい広場では、子豚のトントンレースが楽しめるほか、ミニ動物園で豚や鶏などいきものへの親密感を味わってもらうことにしている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

折り返し地点差し掛かる任意協

新市役所の位置 小委員会で検討

=蒲生・日野まちづくり協議会=

蒲生町あかね文化センターで開かれた第3回会合
(湖東・蒲生町)
 任意での協議が残すところあと二回となった蒲生・日野まちづくり協議会の第三回会合が十九日、蒲生町あかね文化センター小ホールで開かれ、新市事務所(市役所)の位置の具体案を小委員会で検討することや特別職の身分・慣行の取り扱いの三項目が話し合われた。

 まず、一つ目の新市事務所の位置については、事務局が住民の利便性や交通アクセス、官公署の位置などを勘案して新築・増改築も含め「新市事務所検討小委員会」で具体案を作成し、協議会の会議に諮り決定するとの提案を行った。

 委員からは、「道路網を基本として位置を決定してほしい」や「一個所集中が理想だとは思うが、機能によっては一部を分散することも考えてほしい」、「今の行政サービスから低下しないことが重要で、住民に直結する部分は両方にあってもいいのではないか」、「当初は蒲生郡一つという合併の動向で進んでいるので、庁舎も広範囲な考えのもとで位置付けを」など意見が相次いだ。

 今会議では、蒲生町から一千五百三十二通、日野町から二千二百十通の計三千七百四十二通(回収率四六・八%)の回答が寄せられた住民アンケートの中間報告が行われた。その中で、合併した場合に期待する効果について、半数以上(全体構成比五八・一%)の人が「特別職や職員の減少による経費節減や行財政の効率が図れる」を選んだとの結果が出た。合併による行政のスリム化や行財政改革の効果を求める一方で、サービス低下につながるような不効率な行政運営へと転換することに住民が不安を抱いていることもアンケート結果から顕著となり、委員らは住民意見を反映した形で小委員会での十分な検討を促した。

 続いて、一般協定項目に入り、特別職の身分と慣行の取り扱いについての二項目が協議された。事務局側が、町長と助役、収入役、教育長の常勤特別職は法令に基づき、合併の日(平成十七年二月十一日)の前日に全員失職して新たに選任し、行政委員会の特別職は法令の定めに従い調整を行い、審議会・委員会などの付属機関とその他の特別職は引き続き設置する必要のあるものは現行制度を基本に統合・調整して新市で新たに選任する案を提示。新市長は、合併の日から五十日以内に選挙によって選出されるため、就任するまでの市長職務執行者は両町長の協議により決定されることとした。

 また、慣行の取り扱いでは、市章は公募により新市で制定▽憲章は新市で検討▽市の木・花・鳥は新市で検討▽宣言は新市で検討▽表彰は日野町の例により新市へ引き継ぐ▽綿向山の日は新市に引き継ぐ―六つの具体案を示した。

 前回同様、挙手による多数決が取られ、全員の挙手により、今回提案された三つの協議項目すべてが原案通り承認された。

 次回は、十二月一日午後一時半から日野町町民会館わたむきホール虹小ホールで開かれ、地方税や条例・規則、行政区の取り扱いについて協議される。

 なお、会議終了後に第一回委員会が開かれた「新市事務所検討小委員会」のメンバーは次の通り(敬称略)。

 【蒲生町】安田辰三・宮川清(委員長)・坂谷清治郎・福島賢治・角清和

 【日野町】岡嵜健治郎(副委員長)・安井喜久松・杉浦和人・小澤重男・坪倉清司


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

明治・大正・昭和の歌めぐり

第7回「わたむき合唱祭」

=22日 日野町わたむきホール虹で=

(湖東・日野町)
 第七回「わたむき合唱祭」(主催=日野町、同町教育委員会、同町文化振興事業団、わたむき合唱祭実行委員会)が二十二日、日野町町民会館わたむきホール虹大ホールで開催される。開演時間は、午後一時(開場は同零時半)。

 第一部は、町内合唱団が日頃の練習の成果を心のハーモニーに乗せて披露する。続く第二部では、「ながれる時代を歌とともに」をテーマに、明治・大正・昭和の名曲を巡り、朗読や衣装など趣向を凝らした舞台演出で紹介する。

 披露される予定曲目は、「ローレライ」や「箱根八里」、「花」、「ゴンドラの唄」、「おぼろ月夜」、「すむれの花咲く頃」、「昭和の子供」、「リンゴの唄」、「亜麻色の髪の乙女」、「からたちの花」、「あの素晴らしい愛をもう一度」、「日野中校歌」など。

 入場料は、全席自由の五百円で発売中。詳しくは、同ホール(電話0748―53―3233)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

きょう いよいよオープン 

道の駅「竜王かがみの里」

=イベント盛りだくさん=

似顔絵会やジャズ漫画ショーを行う木川かえるさん
(湖東・竜王町)
 竜王町鏡地先の国道8号線沿いに国と町が建設を進めていた道の駅「竜王かがみの里」が、二十二日午後一時にオープンする。県内では、十一番目の道の駅となる。

 運営管理は、町一千五百万円と民間企業一千五百万円の合計三千万円を出資し立ち上げた第三セクターが担う。社長には、福島茂町長が就任した。

 オープン当日は、午前十時から神事、同四十分にテープカット、引き続き道の駅特産品コンクール表彰を含む式典を行い、周辺の首長や関係企業、各種団体らが出席して完成を祝う。

 特産品販売やレストランを設けた地域振興施設とトイレを完備した情報発信施設は、午後一時にオープン。地元の農業関係者でつくる生産者組織“道の駅出荷組合”は、竜王産の野菜や花などを二十一日午後から施設内の陳列準備をした。

 二十二〜二十四日の三日間は、オープニングイベントが繰り広げられる。詳しくは、同里(電話0748―58―8700)へ。

 なお、イベントの日時と内容は次の通り。

 【二十二日】豪華賞品が当たる歴史探訪スタンプラリー(午後一時から)農と匠イベント(同)今様歌舞楽(同二時から三十分間)観光親善使節が扮する義経・静御前・弁慶といっしょに記念撮影会(午後一時半、同二時半、同三時半)

 【二十三日】歴史探訪スタンプラリー(午前九時半から)農と匠イベント(同十時から)義経・静御前・弁慶といっしょに記念撮影会(同十時、十一時、午後一時、同二時半、三時半)木川かえると仲間たちによる似顔絵会(午前十時〜午後五時)木川かえるジャズ漫画ショー(午後二時)

 【二十四日】歴史探訪スタンプラリー(午前九時半から)農と匠イベント(同) 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ