滋賀報知新聞(ニュース)平成15年12月14日第13666号


理容師会年末恒例の奉仕理容

すっきりと新年迎えて

=八日市神崎 女性部と青年部=

やさしい言葉をかけながらカットする女性部員
(湖東・八日市市)
 八日市神崎理容師会(小菅利裕支部長)の女性部(森澤隆子部長)と青年部(永井光広部長)はこのほど、特別養護老人ホーム玉園ハイム(八日市市尻無町)で、入所者や通所者らへの奉仕理容を行った。

 活動は同会年末の恒例行事となっており、毎年心待ちにしているお年寄りも多い。今回も女性部七人、青年部八人の十五人が、使い慣れた自前の道具を持って同施設リハビリルームを訪れた。

 毎年の奉仕理容で顔見知りの理容師も多く、体調を気遣いながら世間話にも花を咲かせ、四十人の髪のカットや顔そりなど約一時間半の奉仕理容は、和やかな雰囲気で進められた。

 カットを終えたお年寄りは「あーすっきりしました。これで新年が迎えられます」と、担当してくれた理容師に何度も頭を下げていた。

 また、参加した理容師は「年に一度のことですが、少しでもお役に立てればと喜んで奉仕させてもらっています」と、目を輝かせた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

しぼりたて原酒

「初舟」できました

=近江酒造今季第1号=

(湖東・八日市市)
 八日市の地で歴史と伝統を誇る酒造会社、近江酒造(八日市市上之町)から新酒がいよいよ登場する季節となった。今年も、上質の米と自然の恵み豊かな鈴鹿の伏流水が育んだ、第一号のしぼりたて原酒「初舟(はつふね)」ができ上がった。=写真=

 滋賀県産のキヌヒカリと兵庫県産の山田錦に良質な自家培養酵母を使って醸造された新酒は、バランスのとれた穏やかな味と香りの新酒独特の新鮮な風合いが、なんともたまらない。さすが全国新酒鑑評会で金賞を受賞した自信の酒だ。

 この酒を五度から十度に冷やして飲めば、うまさがさらに引き立つ。また、常温の冷や酒でも口当たりがよく、女性左党の愛好者も増やしている。

 一・八リットルびん二千円、七二○ミリリットルびん九百五十円、三○○ミリリットルびん四百五十円、贈り物などにも喜ばれるクリアケース入り三○○ミリリットルびん五百円で、市内の酒販店などで好評発売中。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

農業用水の水源地へ

感謝米13トン贈る

=愛知川沿岸受益農家=

西村副理事長から目録を受け取る久田町長
(湖東・愛知川町)
 八日市市など約七五〇〇ヘクタールの農地に用水を供給している水源地への感謝を込めて、愛知川沿岸土地改良区の受益農家からこのほど、永源寺町に「水源地域感謝米」が贈呈された。

 感謝米は、平成六年の大渇水以来続けられている永源寺ダムとその水源地域である愛知川上流地域への感謝の意を込めたもので、愛知川流域一市八町の受益農家約一万戸から集められた新米約十三トン(五百三十五袋)と、感謝金百万円が贈られた。

 贈呈式では、北川弥助理事長が「水源地の協力で最後まで水を送ることができた。この日を迎えられたことを心から喜ぶとともに、水源地に感謝します」と上流への感謝の言葉を述べたあと、西村長平副理事長から久田元一郎町長に目録が手渡された。

 受け取った久田町長は「大勢の方で届けて下さりありがとうございます。下流の皆さんの心とともに、私が代わって渡したいと思います」と礼を述べた。

 同町では、趣旨に従って例年通り、水源地域である東部七集落と現ダム建設にともない移転した五集落に分配することにしている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

ことばの力、絵の力

「絵本原画展」開催中

=能登川町立図書館=

(湖東・近江八幡市)
 琵琶湖に浮かぶ沖島(近江八幡市)の人々の暮らしぶりを、子どもの目を通して描いた絵本「ぎんのなみ おどる」(朔北社刊)=写真=の原画展が、能登川町立図書館で開かれている。二十七日まで。

 この絵本は、守山市に住む児童文学作家の今関信子さんが今年七月に出版した、全国の特徴ある暮らしを子どもの目で描くシリーズの二作目で、沖島太鼓の練習に励む沖島小の児童や、自然と触れ合いたくましく生きる島の人たちの暮らしぶりを温かく描き、「力いっぱい生きる素晴らしさ」を伝えている。

 絵は、絵本作家の飯野和好さん(東京都)が担当し、迫力ある力強い絵で「生」を表現。子どもたちや竹生島の弁天さんなど、絵本に使われた水彩画の原画全二十点と取材時の写真パネル等が展示され、絵本が生まれるまでの過程も紹介している。

 入館無料。二十日午後二時からは今関さんと飯野さんの対談がある。月・火曜と二十四日は休館。問い合わせは同図書館(電話0748―42―7007)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

(消費税別)表示が無くなる!

来年4月から「総額表示方式」実施

店頭、広告、カタログなど
商品の価格表示に義務づけ

来年4月から店頭での価格表示は税込みになる
(全 県)
 現在、主流となっている消費税抜きの価格表示が来年4月から税込表示に統一されるのを前に財務省は、商工会議所などを通して末端の地域事業者に表示方法変更のPRに努めている。

 消費者に対する「値札」や「広告」などにおいて価格を表示する場合には、消費税相当額(地方消費税相当額を含む)を含んだ支払総額の表示を義務付ける「総額表示方式」がスタートするもので、現在、多くの店頭で見かける「税抜価格表示」では、レジで請求されるまで最終的にいくら支払えばいいのか分かりにくく、また、店舗間に、同一の商品やサービスでありながら「税抜価格表示」と「税込価格表示」が混在しているため価格の比較がしづらいといった状況が生じている。

 このような状況を解消するために、消費者が値札などを見れば「消費税相当額を含む支払総額」が一目で分かるようにし、いくら支払えばその商品やサービスが購入できるか、値札や広告を見ただけで簡単に分かる税込みの価格表示に切り替えられることになった。

 財務省では、これまでの税抜き表示によって生じていた価格の比較の難しさや煩わしさが解消され、消費税に対する国民の理解を深まるものと期待している。

 税込みの「総額表示」の義務付けは、消費者に対して商品やサービスを販売する課税事業者が行う価格表示を対象とするもので、それがどのような表示媒体によるものであっても従わなければならない。

 具体的には、「値札、商品陳列棚、店内表示、商品カタログなどへの価格表示」、「商品のパッケージなどへの印字、あるいは貼付した価格表示」、「新聞折込広告、ダイレクトメールなどにより配布するチラシ」、「新聞、雑誌、テレビ、インターネットホームページ、電子メールなどの媒体を利用した広告」、「ポスター」などが対象で、「○○○円+消費税」や「消費税別」という表示は出来ないことになる。

 総額表示義務は、来年4月1日から適用されるので、対象となる取引を行う事業者は、実施日に向けた対応が必要になる。具体的には、値札や棚札、広告、カタログなどの価格表示において、消費税額を含んだ支払総額を表示する必要があるが、値札などの表示を来年4月に一斉に変えるのではなく、実施前から変更していくことも現実的な対応と考えられる。

 特例として免税事業者は、取引に課される消費税がないので、「税抜価格」を表示して別途に消費税を受け取るといったことはない。このため「総額表示義務」の対象とならない。仕入れ商品にかかった消費税額は、販売価格に上乗せして表示することになる。 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ