滋賀報知新聞(ニュース)平成16年1月5日第13682号


ETC専用のスマートインターチェンジ

八日市―彦根間の設置へ

=1市7町がスクラム=

(湖東・広域)
 昨年十月、彦根、愛東、湖東、秦荘、愛知川、豊郷、甲良、多賀の一市七町は、「(仮称)湖東三山インターチェンジ」の建設促進既成同盟会(会長・北川眞道秦荘町長)を立ち上げ、地域発展の起爆剤としての長年の夢実現に向けて、始動した。

 名神高速道路の八日市インターチェンジと彦根インターチェンジ間二十一・三キロは、インターチェンジ設置距離が全国平均距離(約十キロ)の二倍、県下で一番長い。特にこの中間付近に位置する住民や企業などからは、新たなインターチェンジ設置の声が年々高まってきている。

 こうしたなか、国は平成十二年度から地域活性化促進のための「地域活性化インターチェンジ制度」や、インターチェンジ付近での渋滞緩和のための「ノンストップ自動料金収受システム(ETC)設置」への動きが出て、整備が進められるようになったことで、「(仮称)湖東三山インターチェンジ」についてもその実現の可能性が浮上、建設へ向けて関係市町が立ち上がった。

 十二月には、同盟会の国への要望活動も行なわれ、建設費や維持・管理費などを軽減できるサービスエリヤやパーキングエリアを活用したETC専用スマートインターチェンジ設置の要望を行った。

 彦根―八日市間には、多賀サービスエリア(彦根から四・五キロ)、甲良パーキングエリア(彦根から七・八キロ)、秦荘パーキングエリア(彦根から十・九キロ)があり、設置が決まれば、この中から設置場所が選定される。

 建設に向けては、国道307号との接続や国道8号へのアクセス、地域の商工会やトラック協会など各種経済団体との協力体制などこれからクリアしなければならない課題もあり、県などと連携をもちながら、早期実現に向けて建設促進活動を展開していく。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

家畜の尿で水耕栽培に挑戦!!

琵琶湖に負荷かけない新循環利用開発中

=リンや窒素の栄養分に着目=

尿の処理水を使った水耕栽培の実験
(湖東・日野町)
 琵琶湖に負荷をかけない。昭和五十四年に公布された「琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」は、リンを含む合成洗剤の使用を禁止し、肥料の適正利用や家畜ふん尿の適正処理などによる窒素の排出抑制を定め、大量の赤潮を発生させる琵琶湖の富栄養化に歯止めを掛けようとした。現在、家畜ふん尿は堆肥化されるか、もしくは人間と同じように下水処理し、河川を通じて琵琶湖へと放流されている。適正処理した尿でもリンや窒素は含まれており、堆積すれば琵琶湖の富栄養化を促し、水環境や生態バランスを崩して水質悪化の要因になりかねない。そこで、滋賀県畜産技術振興センター(日野町山本)が、今年度から新たに家畜から出る尿を利用して植物を栽培する循環利用技術の開発に乗り出した。 


 乳牛一頭が一日に排出する尿の量は十五リットル、ふんは四十キロ、豚が尿三〜四キロ、ふんが二キロだという。ふんは堆肥化される場合が多く、尿もふんと混ぜて堆肥化しているケースもあるが、ほとんどが下水処理し河川から琵琶湖へと放流している。 

 作物にとっては欠かせない成分であるリンや窒素。琵琶湖に堆積することで、藻などの植物が成育し、プランクトンの大量発生を誘発、赤潮の要因となる。
 同センターでは、植物の栄養分としてのリンや窒素の役割に着目し、尿の持つ汚物感や臭いを取り除き、窒素やリンだけを残せないかと考えた。平成十年から二年間かけて、昔ながらの手法「無希釈尿汚水の曝気(ばっき)処理技術」の実験を行った。 

 この実験は、尿の中にもともとある汚水浄化の中心的な働きをする微生物に、酸素を送り込み活動しやすい状況を生み出すことで微生物の作用を誘発させ、汚濁物質を除去するというもの。実験の結果、汚物感だけを取り除くことに成功し、作物に必要な栄養成分だけが残存する無臭の尿の処理水を得た。 

 肥料成分が豊富に含まれた処理水は、液肥としての活用のほか、畜舎の洗浄水やふんを堆肥化する発酵施設の水分調整に利用することを検討したが、いずれも無機成分が施設内に蓄積する課題が浮き彫りとなった。 

 そこで、考え出されたのが、植物の水質浄化機能を活用した処理水の循環利用である。汚濁物質がなくなった尿の処理水で水耕栽培を行い、植物が成育するのに必要な養分だけを吸収することで、リンや窒素などの濃度がさらに薄まるというもの。琵琶湖に放流することなく、作物の収穫もできるという一石二鳥の効果を狙っている。 

 曝気処理された尿の処理水は、通常の下水処理された水と比べて、リンや窒素の濃度が濃いことから、同センターでは実際にどのような植物が育つのかという実験を今年四月から新規事業として実施した。センター内で飼育されている乳牛十五頭の尿を使い、パピルス(紙の原料)とマングローブ、ケナフ、エンサイ(中国野菜)、ミニトマト、ミントの六種類の植物を、約一カ月間にわたり処理水を使って水耕栽培した。 

 その結果、マングローブとミニトマトの二種類が一カ月も経たないうちに見る見る枯れていった。その他の四種類の作物は順調に成育することまでが分かった。 植物に吸収された尿の処理水が、どのくらいの成分濃度となっているのか、窒素やリンなどの数値が下がっているのか、どのくらいの期間でどの程度の数値減少が見られるのか。尿の処理水の循環利用に向け、さらなる実験と検証が残されている。

 同センターの土井真也主査は、「酪農家は県内で全体的に減少傾向にあるが、全体の頭数にさほど変化は見られない。実験は始まったところだが、琵琶湖に負荷をかけない最大の目標を達成するためにも、植物の栽培に家畜尿汚水を利用する循環利用技術が実現できれば」と意気込みを語る。 

 家畜の尿は、毎日一定の排出量が確実に見込めるだけに、作物の収穫もでき、母なる琵琶湖にもやさしい環境に配慮した循環技術の開発に期待が集まる。 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

使い込むほどに味が出る

心が宿る手作り家具

日野町熊野のグリム冒険の森木工体験工房
=女性や家族連れに大人気の教室=

自然光が差し込む開放的な工房で高松さんから家具づくりを教わる参加者ら
(湖東・日野町)
 ヨーロッパの貧しい農家が起源で使い込むほどに素朴な味わいを醸し出す「カントリー家具」。日野町熊野のコテージ&オートキャンプ場グリム冒険の森に三年前完成した木工体験工房GURIMMで、「木のぬくもり、作る喜びを知ってほしい」と本格的な家具づくり教室が年四回開かれている。

  昨年十月に二泊三日の日程で開かれた同教室には、三重や愛知、和歌山県など県内外から、女性や夫婦、親子連れなど大半が初心者の約二十人が参加。デスク部分が折りたため、たたんでおけば収納キャビネットに早変わりする「ワークデスク」に挑んだ。費用は、食事・宿泊費込みで八万二千円。

 指導するのは、同工房オーナー兼同森の企画運営に携わっているHEART&HOMEの高松瞳さん(56)と妻・みち子さん(41)、弟子の高橋純一さん(24)の三人。

 出世街道を歩んでいたが四十二歳で脱サラした高松さんは、何世代にも受け継がれるカントリー家具のとりことなった。ヨーロッパ各地に何度も足を運び、土地に根付いた文化や空気を肌で感じ、知識、技術、感性を磨き上げ、約十三年前から家具づくりを始めた。自分の考えと空想をベースにした高松さんの家具は、組み立て方、形すべてがオリジナル。

 参加者は、天然パイン材やわざと錆び付かせたイギリス直輸入の金具など、高松さんが吟味しキット化した材料を組み立てていく。単純作業のように思えるが、オリジナル家具のためテキストはなく、初心者には手順を理解し電動工具などを使い慣れるまでが一苦労。

 最初は三日間という短期間に不安と焦りの色が隠せなかった初心者も、「苦労することが大切で、一ミリの妥協も許されない」とのプロのものづくりに掛ける思いに触れ、寝る間を惜しみながら作業に没頭。参加のきっかけなど互いに語らい家具を作る楽しみを共有しつつ、使い手に思いを馳せ完成を目指した。

 どの作品にも作る過程において作り手の心が宿る。だからこそ、物が溢れる使い捨ての時代でも、手作り家具は一生使える宝物になるのかもしれない。

 家具教室に関する問い合わせは、同工房GURIMM(電話0748―53―0340)まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

ユニバーサルデザインで活路模索

信楽窯業試験場の製品開発プロジェクト

多様な使い手に配慮して
=デザインと機能性を追求=

薄手素地で洋風仕上げの軽量土鍋は人気ナンバー1
(全 県)
 ユニバーサルデザインとは、デザインや商品の開発段階で、あらかじめ多様な使い手の使用場面を思い描き、起こりうる障害や問題を事前に取り去る考え方。体の障害にかかわりなく、より多くの人々がともに利用できる共用品を指し、高齢化が進むなかで普及が求められている。  「ユニバーサルデザインというと福祉のイメージがもたれるが、機能性だけなく、デザインも配慮して、幅広い人が使えるものをつくりたい」と、熱く語るのは同試験場の西尾隆臣主任主査。そこには信楽焼の販路拡大にかける思いもある。生産額は、平成四年の百七十億円を境い目に、昨年は五割減の八十五億六千万円まで落ち込み、地元業者は危機感を抱いている。

しゃがまずに園芸ができる大型軽量プランター。足腰の不自由な人でもイス、車イスに座って作業ができる
 昨年秋、県立陶芸の森(信楽町勅旨)では、信楽窯業試験場のユニバーサルデザイン展示会が開かれた。会場には、斬新なデザインが施された試作品ずらり。一般的に抱く「ユニバーサルデザイン=福祉用具」の先入観を打ち消した。

 軽量化を図った土鍋は、人気投票で第一位に輝いた。若者にも受け入れられるように、薄手の素地で洋風仕上げ。もちろん、お年寄りや体の不自由な人向けに、把手を持ちやすくした。直火で空焚きしても割れないので、肉や野菜を炒めてから水を入れるカレー、シチューにも使える優れものだ。

 試しに持ってみると、予想以上の軽さにびっくりする。収納や持ち運び、フタを取ったときに「もっと軽かったらいいなぁ」のニーズから開発されたもので、従来の土鍋の重さと比べて三分の二の二・六キロを実現した。

 なお、同試験場は、昨年度から三年計画でユニバーサルデザインの技術開発に取り組んでいる。耐熱軽量素材、高強度軽量素材、大型製品用軽量素材、IH(電磁)調理器対応セラミック----の四分野を重視し、このうち耐熱、大型化については要求基準をほぼ達成したとしている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

おいしく食べて

琵琶湖を守ろう外来魚

=キャッチ&イート=

(全 県)
 世界屈指の古代湖・琵琶湖は、四百万年の歴史の中で特有の生態系を育み、豊かな資源の恩恵を私たちは受けてきました。しかし、ここ三十年ほどの間に外来魚のブルーギル、ブラックバスが急増し、水環境をはじめとする生態系や漁業に大きな打撃を与えています。

 このため県では、昨年四月から琵琶湖ルールをつくり、外来魚のリリース(再放流)を禁止するほか、釣り上げた外来魚を持ち帰って食べる「キャッチ&イート」を呼びかけている。

 実は、ブラックバスやブルーギルはとても淡泊で美味しい白身魚。ヒラメやマダイに似ていると言われ、アメリカではフライパンで調理することからパンフィッシュと呼ばれています。

 栄養面では、老化を防止するアミノ酸のタウリンを多く含み、血中コレステロールの低下や高血圧、心筋梗塞、ガン予防に効果が大。ぜひ、釣り上げた外来魚を持ち帰り、おいしく食べてみませんか。手軽にできる料理法を紹介します。


(1)ウロコをおとす
魚をよく洗い、エラの部分を押さえるように頭をつかんで、尾から頭側へウロコひきでウロコをこそぎ取る

(2)頭と内臓を取る
胸ビレの下に包丁を入れてエラの後ろから頭を落とし、切り口から尻ビレのあたりまで切り開いて内蔵を取り除く

(3)水でよく洗う
流水できれいに洗い、フキンで水気を取る(洗いすぎると味が落ちます)

(4)腹側からおろす
腹を手前にして置き、上の身を少し持ち上げて中骨の上に包丁の先を入れ、骨に沿って尾まで切り離す

(5)背側からも切り開く
背側からも中骨の上に沿って切り取り、反対側も(4)(5)のように身を切り離す

(6)腹骨を取る
身のくぼんだ部分に包丁をねかせぎみに入れ、薄くすくうようにそぎ取る

注 背ビレ・腹ビレ・尻ビレには鋭いトゲがあるので十分に注意して下さい。

! ワンポイント・アドバイス
 ウロコを取った後にヌルッとした粘液が出てきます。それを包丁の背でなぞるように取り除くと臭みが残りません。


チリソース
ブラックバスのマリネ

材料(4人分)
●ブラックバス2匹●タマネギ小1個(薄切り)●ピーマン2個(輪切り)●ニンジン1/4本(飾り切り)●レモン1個(半月薄切り)●パセリ●ドレッシング●小麦粉●調味料

作り方
◯1魚を一口大にそぎ切りにし、塩・コショウをして少量の酒を振りかける。5分ほど置いたら水気を取り、小麦粉をまぶして油で揚げる
◯2タマネギ・ピーマン・ニンジンをそれぞれ切り、容器に入れた◯1の上に乗せてドレッシングを掛ける(しばらく漬け込むと美味しい)
◯3器に盛り、レモンとパセリ、飾りニンジンを添えて出来上がり


マリネ
ブルーギルのチリソースあえ

材料(4人分)
●ブルーギル6匹●ピーマン1個(千切り)●東京ねぎ10センチ、にんにく1かけ、土しょうが10グラム●卵1個●市販のチリソース1ビン●調味料

作り方
◯1魚を一口大に切り、塩・コショウ・酒を振って下味を付け、よく溶いた卵白にからめて片栗粉をまぶし、油で揚げる
◯2ピーマンを千切り、東京ねぎ、にんにく、土しょうがをみじん切りにする
◯3熱した中華鍋に油を入れて、東京ねぎ、にんにく、土しょうがを炒め、鍋に香りを移したらチリソースを煮立てて◯1を加える
◯4器に盛り、油通ししたピーマンを乗せる


すまし汁
ブルーギルのすまし汁

材料(4人分)
●ブルーギル4〜5匹●うす口しょう油適量●酒少々●三つ葉少々

作り方
◯1アラ(頭、中骨、ヒレ)を焦がさないように軽く火であぶり、水が煮立ってから入れてダシを取る
◯2アラとアクを取り、酒を少々入れる
◯3しょう油で味を整え、ブルーギルの身を入れて火を通す
◯4器によそい、三つ葉を入れたら完成 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ