滋賀報知新聞(ニュース)平成16年3月7日第13736号


折り紙や紙芝居で楽しいひととき

=のぞみ会の4人 カルナハウス訪問=

折り紙を教える4人
(湖東・八日市市)
 八日市市のボランティアグループ「のぞみ会」(喜多喜久子会長)のメンバー四人がひな祭の三日、特別養護老人ホーム・カルナハウス(同市建部下野町)を訪ね、施設利用者に楽しいひとときをプレゼントした。

 この日訪れたのは副会長の池本由紀子さん、中村晴美さん、菊井美津子さん、中尾明子さんの四人。

 まず四人は、参加者に折り紙で「お内裏(だいり)さまとお雛(ひな)さま」を折ってもらった。折りはじめるとみんな夢中になって、「次はどうするの」と自分から折り方を尋ねるなど、四人が対応にてんてこ舞いする程。完成した作品を台紙に張り付け、自分の作品の何度も目の前に掲げてはその出来栄えを確かめ、満足そうな笑顔を浮かべていた。

 このあと、中村さんが紙芝居を披露、「おばあちゃん いってたよ」では、おばあちゃんの生活の知恵が次々と出てきたほか、孫が生き物を見つけておばあちゃんに尋ねるほほえましいふれあいを題材にした「これ これ」では、「かたつむり」「とんぼのめがね」「ちょうちょ」などのなつかしい童謡に、参加者は手拍子を合わせたり、歌を口ずさむなどして楽しんでいた。また、「おたのしみくいず」では、ちょっと頭の中をリフレッシュしてもらった。

 四人の訪問は今回がはじめてだったが、参加者にはとっても楽しいひな祭となった。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

来て!見て!体験

子ども屋台村

=五個荘町で=

(湖東・五個荘町)
 体験屋台に食べ物屋台、いろいろな屋台やステージを楽しむ五個荘町の「来て!見て!体験 子ども屋台村」が七日、てんびんの里文化学習センターと町公民館一帯に開村する。

 昔懐かしの竹てっぽう作りや手袋人形、出来上がりが楽しい紙すき体験など、十九軒の体験屋台のほか、TENBINわくわく発見隊(町教委主催の体験講座)の各クラブが手作りの焼き芋、クッキー、でっちようかん等の食べ物屋台を出店。センターエントランスホールでは、腹話術や曲芸自転車の「すご技」披露のほか、パペットパフォーマンスショーが開かれる。このほか、一年間の成長を紹介する「TENBINわくわく発見隊成果発表(午後二時〜)」も開催。

 午前九時五十分〜午後三時半。学習センター(電話0748―48―7100)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

安心、安全の地域福祉

中学校区別にシンポ

=20日まで3回=

(湖東・近江八幡市)
 同じ地域の住人同士が、安心して暮らせる福祉のまちづくりに向けた課題について話し合い、解決策を見い出していく近江八幡市のシンポジウムが、6日から中学校区ごとに開催される。

 地域社会の人のつながりが希薄になるにつれて、共に支え合い、安心、安全に暮らしていくための話し合いの場や交流の場を通して、課題解決への認識を共有することが重要になっている。

 このため、市では、地域の福祉活動に取り組んでいる人々から話を聞いたり、意見交換することによって地域福祉の実態把握と対応策を探り、地域住民が課題解決に参加していくシステム作りをめざしている。

 きょう6日は、八幡中学校区の住民を対象に午後2時からひまわり館で開かれる。山田容・滋賀文化短大助教授をコーディネーターに迎え、民生委員の廣田彦一 さん、NPO法人・子育てサポートおうみはちまんすくすくの伊藤幸枝さん、島学区自治連合会会長の山口雄三さん、南津田町お楽しみ会の代表者らがパネリストになって意見交換を行う。

 13日には、馬淵公民館で八幡東中学校区、20日には八幡西中学校区のシンポジウムが看護専門学校で開かれる。時間はいずれも午後2時から。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

鳥インフルエンザ

市民向け感染対策周知へ

=市が「至急回覧」作成=

(湖東・近江八幡市)
 近江八幡市は、鳥インフルエンザが各地で発生し、感染の拡大が問題となっているのを受けて2日、「家庭で鶏などを飼育する時の注意点」と題した「至急回覧」を作成、自治会を通して市内全戸に配布を始めた。

 鳥インフルエンザが、社会問題となる中、京都府丹波町でも大規模な発生があったことからさらに注意が必要との観点に立ち、先月23日に市内の公立保育園、幼稚園、小学校の飼育小屋の消毒に次ぐ、市民向けの注意喚起を呼びかけるもの。

 回覧はA4版で、飼育舎の定期的な清掃と飼育動物の世話が終わったあとの手洗いやうがいの励行、感染源と見られている野鳥と飼育鳥が接触しないように無防備な放し飼いやエサの管理、消毒剤の使い方や種類、散布の頻度などを分かりやすく説明している。

 問い合わせは市健康推進課(電話33-4252)へ。市のホームページでも見られる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

高齢者の人材情報

ネットで手軽に検索

=県社会福祉協議会=

(全 県)
 県社会福祉協議会は、県が運営する二年制の高齢者大学「滋賀県レイカディア大学」の卒業生で、知識、経験、技能を地域でのボランティアで活かす意欲のある高齢者の情報を登録するインターネット「びわこシニアネット」ホームページを公開している。

 人材情報の主な内容は、▽氏名▽居住市町村名▽性別と生年▽得意とする活動分野▽現在の活動内容▽活動地域や自己PRとなっている。居住市町村名と活動分野で検索絞り込みができる。

 ホームページのアドレスは、http://www.e-biwako.jpとなっている。問い合わせは、県社会福祉協議会レイカディア振興部(電話077-567-3900)もしくは、県レイカディア大学米原校(電話0749-52-5110)へ。 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ