滋賀報知新聞(ニュース)平成16年4月8日(木)第13763号


元組合長側が解決金4500万円

栗東農協損害賠償訴訟

和解に農協の民主的運営実現や
=後継者育成基金を盛り込む=

(湖南・栗東町)
 栗東町農業協同組合(当時)が、農業用倉庫を建設するなどして、同農協に約一億九千万円の損害を与えたとして、組合員三人が当時の農協組合長千代正直氏(昨年十一月死去=注)に対し損害賠償を求めた訴訟の和解協議が大津地裁であった。裁判を継承した千代氏の三人の相続人が栗東市農協(北中勇輔組合長)に解決金四千五百万円を支払い、農協はこれを基金として農業後継者育成のために利用すること、当事者双方と農協の三者は今後、組合員による民主的な運営が十分実現されるよう努力することなどで和解が成立した。和解内容は、農協の民主的な運営実現を盛り込んだ画期的なもので全国から注目を集めている。                

【石川政実】



 訴えでは、栗東町農協が平成十一年、栗東市六地蔵に農業用倉庫を建設したところ、市街化調整区域であったため、都市計画法違反にあたるとして県から行政指導を受け、倉庫を改修したことから、農協に損害を与えたとしていた。

 原告側の中島晃弁護士は「和解内容について、農協の民主的な運営実現を盛り込んだ画期的なもので、全国的に珍しく今後の農協運営のあり方に大きな影響を与える」としている。

 原告の栗東市農協総代三浦平次氏は「千代元組合長だけに責任があるのでなく、農協の組合員をなおざりにした理事会の運営そのものが問題だ。その意味でも和解に、農協の民主的な管理・運営の実現が盛り込まれた意義は大きい。今後、和解の重みを組合員に広げていきたい」と話した。

 被告側の玉木昌美弁護士は「この解決金は、これまで農業の後継者育成にも力を注いできた千代氏の遺志を継ぐため、遺族が農業後継者育成基金としての活用を提案し、原告側が了承したもの。ぜひとも農協の正常化のために活かしてほしい」と語った。今回の解決金は、事実上、「千代正直育成基金」としての色合いが濃く、同氏の名誉は維持されたともいえよう。

 また玉木弁護士は「今回の件は、農協の理事会が組織として意思決定し、実行したことが問題とされたもの。千代氏側は、農協組織を代表して責任を追及され、和解して履行されたものであるが、当時の理事・監事も千代氏と同様の責任を負う立場にある。このことは、今後の大きな課題である」としている。

 (注)千代正直氏=昭和五十九年五月から栗東町農協組合長、平成六年六月から
県農協中央会会長、八年七月から十四年七月まで全国農協中央会副会長を務めるなど、農業振興に多大の貢献をした。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

新築移転し、2日から開院

医療法人・社団美松会の生田病院

医療・介護が一体となったサービス提供
=診療科目充実した 地域密着の拠点病院=

新築移転した生田病院(甲西町菩提寺)
(湖南・甲西町)
 医療法人・社団美松会(生田邦夫理事長)の生田病院が甲西町菩提寺へ新築移転し、二日から開院した。現地ではすでに平成十二年から介護老人保健施設「ケアセンターこうせい」を運営しており、隣に病院を設けることで医療と介護が一体となったサービスを提供できるようになった。

 医療法人・社団美松会は高齢化社会に対応して、現地で第一期プランとして平成十二年から介護老人保健施設「ケアセンターこうせい」のほか、居宅介護支援センター、訪問看護ステーション、ヘルパーステーションなど介護保険事業を運営。今回の病院の新築移転は第二期プランとして実施された。

 新病院は鉄筋コンクリート地下一階、地上五階建てで、延べ床面積一万千四百五十平方メートル。院内は、▽地下一階=売店・浴室▽一階=外来▽二階=病室▽三階=手術室・病室▽四・五階=療養病室│となっている。
改修後に診療所として運営される旧病棟(甲西町中央二丁目)

 診療科目については、(1)内科(2)外科(3)呼吸器科(4)循環器科(5)胃腸科(6)小児科(7)整形外科(8)放射線科(9)リハビリテーション科(10)泌尿器科(11)眼科(12)耳鼻咽喉科----の十二科目に充実させたほか、人工透析センターも設け、地域に密着した拠点病院を目指す。

 ベッド数は百九十九床(一般病床九十九床、療養型病床百床)で、甲賀郡内の病院では、公立甲賀病院、国立信楽病院に次いで三番目の規模。入院患者一人当たりの居住面積は、プライバシーや快適性に配慮して従来より広くとった。四人部屋の場合だと、これまで一人当りの居住面積は六・四平方メートルだったが、新病棟では八平方メートルになっている。

 診察時間は、午前が午前八時半から正午まで、午後は午後四時半から午後七時までとなっている。日曜日と祭日、土曜日午後は休診する。なお、中央二丁目にある旧病棟については、当分のあいだ閉院し、改修したのちに内科・外科の甲西中央診療所として外来を受け付ける。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

人間国宝・志村ふくみさんの作品展

県立近代美術館 紬織りの魅力に迫る

=初期から現在に至る100点展示=

志村ふくみさん
(湖西・大津市)
 人間国宝の紬(つむぎ)織り作家、志村ふくみさんの初期から現在にいたる作品を紹介する展覧会が、十日から大津市の県立近代美術館で開催される。同館には昨年度、志村さんが手掛けた着物六十点が収納され、これを受けて今回の展覧会が企画された。会場には、最新の「源氏物語シリーズ」を加えて百点を紹介し、志村さんの紬織りの魅力に迫る。五月二十三日まで。

 志村さんは大正十三年(一九二四年)九月三十日、近江八幡市に生まれ。作品の特徴は、自然の植物を採取して絹糸を染め、穏やかで微妙な色合いを絣(かすり)、縞(しま)などの平凡な織り文様と巧みにあわせ、紬織り着物を芸術作品までに発展させた。

 「楽浪(さざなみ)」(昭和四十一年)は、琵琶湖の穏やかな水面とそこに映える青空や湖岸の情景を連想させるような、軽やかな色調でまとめられている。作品名のさざなみは滋賀の古名で、和歌では滋賀や近江にかかる枕詞として使われる。

 「湖上夕照(こじょうせきしょう)」(昭和五十四年)は、琵琶湖の夕暮れをイメージした作品。藍染の糸を基調にして深い水色を表現し、ところどころに赤、黄色などの暖色系のグラディエーションを配して、夕焼けが反射する琵琶湖の表情を見事に表している。深い色調を用いながらも、日の輝きを連想させるように配置された色からは、色彩の名手ならではの妙技が感じられる。

 入場は一般九百円、高大生六百五十円、小中生四百五十円。問い合わせは、同館(電話077-543-2111)へ。

 なお、十八日午後二時から同館講堂で志村さんの講演会が開かれる。参加無料。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

地球にやさしい暮らし考えよう

新旭で「菜の花まつり」

=コンサートなど多彩な催し=

(湖西・新旭町)
 “地域自立型の資源循環型社会”を目指す菜の花エコプロジェクトに取り組む新旭町は、十│十八日に道の駅しんあさひ風車村で「菜の花まつり」を開催する。まつりでは、プロジェクトの意義を全国発信するとともに、歌手の加藤登紀子さん、写真家の今森光彦さんを迎えて「アースデー滋賀」も併せて開く。アースデー滋賀の入場は三千円。

 菜の花プロジェクトとは、栽培した菜の花からつくった菜種油を学校給食・家庭などで使い、油の精製過程で生じる搾りかすは家畜の飼料や有機肥料として利用し、さらに廃食油は公用車の燃料として活用する資源循環システム。同町では五年前から栽培をはじめ、将来的には資源循環システムを実施したいとしている。

 十一日のオープニングイベントでは、午前十時からの新旭西太鼓の演奏によるセレモニーを皮切りに、地酒やそば、ドーナツなどの特産品販売(10時〜)、フリーマーケット(10時半〜)、さおり織り体験(10時半)、菜の花油で走る車試乗体験(10時半〜)など催される。このほか期間中は菜の花摘み、菜の花迷路などが楽しめる。

 また、十八日午後一時半からの新旭町町民体育館でのアースデー滋賀の会場では、歌手加藤登紀子さんと写真家今森光彦さんが、「命はぐくむ水辺」をテーマにトークを繰り広げる。続いて加藤さんと子ども合唱団のコンサート「花と水・琵琶湖の歌」が開かれる。

 問い合わせは同町産業振興課(電話0740-25-8126)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

琵琶湖研究ノート

CD―ROM改訂

=県琵琶湖研究所=

(全 県)
 琵琶湖研究所は、琵琶湖研究に関する最近の話題を中心に紹介するCD―ROM「琵琶湖とその集水域:琵琶湖研究ノート」改訂版(英語名:"Lake Biwa and Its Watershed: selected results of LBRI research" ver.2)の改訂版を三月二十二日に発行した。

 CD―ROM改訂版では、初版の内容をさらに充実させるとともに、初版利用者からの意見を参考にしてさらに使いやすくした。

 一枚のCD―ROMに日本語表記モードと英語表記モードとを収め、内容は、表記モードを問わず同様となっている。 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ