滋賀報知新聞(ニュース)平成16年4月10日(土)第13765号


2か所の遊具が使用禁止に

緊急点検がなければ……

=八日市市 25か所中9か所で損傷=

子どもたちが毎日遊ぶ公園で「使用禁止」のはり紙とロープで固定された遊具
(湖東・八日市市)
 大阪府高槻市の公園で小学生が遊具でけがをした事故を受けて、八日市市は市内に設置されている遊具の点検と事故防止策を協議するための危機管理会議を六日、緊急に開いた。

 会議には、公園、住宅、学校など関係する部・課長らが出席、緊急点検の結果や対策などを協議した。

 この中で、幼稚園や学校では安全点検を毎月一回実施しているが、入学式を前に再度点検を指示したこと、公園や住宅団地内の児童公園二十五か所で行った緊急点検結果などが報告された。

 点検の結果、横揺れが激しい延命公園内の児童公園にある遊具(メリーゴーランド)と、滑り台の溶接部分に穴の開いているのが見つかった市営新大森団地の遊具については使用禁止にして撤去を含めて措置を検討するほか、七か所で修繕が必要であることがわかった。

 今後、市が管理する施設の確実な点検と必要な補修に並行して、関係機関に対して安全点検を依頼することなどを決定した。

 市民からは、「今回の事件がなければ、危険な遊具がそのまま放置されていたんですね」と、市の安全対策不備に対する不満の声も聞かれた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

朝の駅前や交差点で呼び掛け

車も、自転車・歩行者も安全に

=八日市市 交通安全運動を啓発=

交通安全を呼び掛ける参加者
(湖東・八日市市)
 八日市内の交通安全関係者による「春の全国交通安全運動」啓発活動が、このほど八日市駅前などで実施された。

 運動がスタートした六日には、八日市署、市、交通安全協会、交通安全指導員、近江鉄道社員ら関係者約二十人が、「交通安全」のタスキを掛け、ノボリを掲げて朝の通勤・通学者が行き交う駅前に立ち、電車やバスの乗降客や送迎者に啓発グッズを配付しながら、交通安全を訴えた。

 また、九日朝にも、市内主要道路の交差点二十九か所で、自転車道路の利用啓発や誘導、歩行者の安全な横断の確保、無謀運転の監視などに重点を置いた街頭啓発を行った。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

土日休み 6割が「よかった」

能登川町推進協が学校週5日制アンケート

土日が休みでない家庭の対策
=詰め込み授業などの問題も=

(湖東・能登川町)
 完全学校週5日制から三年、教科の枠を超えた体験的総合学習によって、子どもたち自らが学び考える「生きる力」の育成が進められている。能登川町では昨年一月、教育関係者らでつくる能登川町学校週5日制推進協議会が、家庭・地域・諸団体で取り組むべき提言書を町へ提出したが、浸透状況や意識調査のため、児童生徒や保護者、行政区を対象にした「アンケート調査」を実施し、このほど、分析結果と課題、方策をまとめた報告書を、田附弘子教育長に提出した=写真=。

 家庭教育力の低下や地域の希薄化などによって、子どもたちが様々な体験を得ることが困難になっている。完全学校週五日制は、家庭や学校、地域の協働化を図り、人間形成の基礎と豊かな教育を目指すもので、同協議会は、これらの体制構築のため、幼・保・小・中学校のPTA代表や養護学校代表、生涯学習指導員、老人クラブ連合会、民生児童委員ら計二十五人で構成。一年余りの協議を提言書にまとめ、大きく「感動・体験する機会を多くつくる」「いつでも集まれる遊び場をつくる」「みずから企画・運営する事業をつくる」「家族ふれあいサンデー(毎月第三日曜日)を中心に、家族でふれあう日を増やす」「子どもに関する各種事業情報の提供、諸団体のネットワークづくり」―の五本柱を設置した。

 アンケートは、施行から二年、提言から一年を迎える中で、どの程度浸透しているのか。また、子どもや保護者、地域はどのように思っているのかなどを把握するため、昨年十二月に実施したもので、〈土日が休みになってどう思うか〉〈どのように過ごしていきたいか〉〈子どもに大事にしてほしい時間はなにか〉などを設問した。

受け身から自己決定へ


 これによると、〈土日が休みになってどう思うか〉に「よかった」との回答が六割を超えた。理由について小学一〜三年生では「家族と一緒に出かける」(一七・八%)、同四〜六年生は「友だちと遊ぶ」(一九・六%)、中学生では「のんびりする時間」(二七・五%)と答えている。

 一方、「ふつう」「わるかった」の理由には、「親が仕事をしていて、休みになってもどこにも連れて行ってもらえない」「学校があるほうが友だちと遊べる」「授業が詰め込みで、スピードが速い」と続き、保護者の休みが土日でない家庭の対策や、能動的に取り組めるような学校教育の課題が見つかる。

 次に、〈どのように過ごしていきたいか〉では、家で過ごす場合は「テレビ・ゲーム」が二〇〜二六・三%(各学年とも最高値)。家以外で過ごす場合は「自然の中で、公園で遊ぶ」が一一〜三二・八%(同)となっている。しかし、地域とのつながりを見る「地域の催しや活動」がいずれも五%未満と低く、中学生では「特に考えていない」が二七%を超えるなど、準備をしてもらえれば行く―という受け身的な傾向がある。

 保護者を対象にした〈子どもに大事にしてほしい時間はなにか〉では、「家族と過ごす」(二一・四%)、「友だちと遊ぶ」(一五・四%)、「自然と親しむ」(一三・二%)など、子どもたちに目的を持って意欲的に過ごして欲しいという気持ちが見られる。

 最後の〈週5日制をどう思うか〉では賛否両論あり、賛成意見としては「家族のふれあいが増えた」「いろいろな体験が出来るようになった」、反対意見としては「学力低下が心配、学習が詰め込みになっている」「生活リズムが崩れる(だらだら過ごす)、親の休みが合わない」の意見が続く。

子どもは地域で育てる


 これらの結果を受け、同協議会では、子どもが能動的に決め、積極的に活動や休養ができる環境づくりが必要だとし、地域や機関、家庭、学校の四項目に分けて方策をまとめた。

 「地域」では、▽子供が企画運営する取り組みを進める▽世代間交流を取り入れる▽やる気が起こる活動内容や時間を検討する。
 「機関」は▽提言内容を啓発する▽体験活動情報の提供方法を検討する。

 「家庭」では▽土日をどう過ごしたいかの良き相談者となる▽家族一緒に体験を楽しみ、喜びを共に味わう▽どこかに連れて行かなくてはいけないという思いをなくす。

 「学校」では▽提言内容や家庭教育の大切さを啓発する▽子供が能動的に取り組める課題(調べる・体験する)を出す――などで、子どもの参画や意見反映は社会参加の一助であり、大人が企画した行事に子どもが参加するスタイルを見直し、「地域の子どもは地域で育てる」という意識醸成が必要とした。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

岩田重義 湖国を描く

=愛知川町びんてまりの館=

作品について語る岩田さん
(湖東・愛知川町)
 湖国の風景をスケッチに描き続けている岩田重義さんの作品を紹介する「画文集『近江を描く』原画展」が、愛知川町びんてまりの館(同町市)で開かれている。五月二日まで。入場無料。

 今回の展示のために、雪の日も、寒い日も、何度も通って描いた新作など、愛知川町内を描いた二十六点を含む県内の風景、百六十点あまりを一挙展示。会期中にも新たな作品の追加や、作品の入れ替えも行われる予定で、会場を訪れるたびに違った風景に出会える。

 現在は大阪に暮らす岩田さん、実は野洲町生まれで県内の高校を卒業している。京都や滋賀の風景を中心に描いているが、特に滋賀県は「古いもの、懐かしいもの、自然や季節を感じる風景がたくさん残っている」「映画やドラマのセットに使いたいような風景がいっぱいある」と、画家として、また、アートディレクターとしての一面をのぞかせながら、心にとどめたいふるさとの風景の魅力を語る。

 同館は月・火曜日と二十九日休館。問い合わせは、同館(TEL0749―42―4114)まで。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

湖東町の町制50周年記念事業第1弾

エコカーフェスタ2004

=10・11日 クレフィール湖東=

(湖東・湖東町)
 湖東町の町制五十周年記念事業「Eco Car Festa2004」(エコカーフェスタ2004開催実行委員会主催)が十・十一日の二日間、クレフィール湖東(同町平柳)で開催される。入場無料。

 ソーラーカーや電気自動車など、環境にやさしいエコカーによるレースや展示、試乗会のほか、全日本エコカー会議や「ゴミゼロ宣言」などの催しを通じて、地球環境への理解と関心を深めてもらおうと、“未来の子供達に青い地球を〜Key to the future〜”をテーマに開催する。

【ワールドエコノムーブグラプリ第一戦】決められたバッテリーでどれだけ走れるか
 ▽2Hレース(二時間) 公式予選(10日14時半)決勝(11日13時)
 ▽1Hレース(一時間) 公式予選(10日13時)決勝(11日10時)
【第四回ソーラーカーフェスティバル】ラリー・ジムカーナ・最高速ブレーキテストの合計ポイントを競う
 ▽車検・ブレーキテスト 10日13時・11日5時40分▽三十周ラリー 11日8時▽五周レース 11日11時半▽ジムカーナ 11日13時
【ノンエンジン・ノンモーターによる第二回日本ツイントライアル選手権】決められた坂道を二台同時にスタートのトーナメント
 ▽決勝 11日15時半
【第五回EV・ERKジムカーナ2004】特設コースを2トライ
 ▽決勝 11日13時
【第二回なんでもEV60分耐久レース】電動アシスト自転車部門・EVバイク部門・EVスクーター部門・その他なんでも部門
 ▽決勝 11日13時半
【第二回ワールドヴィークルエネルギーセッション】あらゆるエネルギーを計数で統一し、順位を決める六時間エンデューロ
 ▽決勝 11日7時半―13時
【第一回なんでもEVとまるまでエンデューロ】
 ▽決勝 10日10時―11日6時
【第二回ミニチュア燃料電池ラジコンカーレース】
 ▽トライ1 11日10時半▽トライ2 11日12時
【企業展示販売】11日9―15時
【ちびっ子ソーラーカー試乗会】11日10―12時・13―15時(4―12歳)
【チョロQ・EV試乗会】11日9―11時・12―15時(要普通免許)
【ふるさと出展コーナー】11日9―16時 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ