滋賀報知新聞(ニュース)平成16年5月8日(金)第13789号


東近江消防本部

林野火災防止

=あす早朝 太郎坊で訓練=

(湖東・八日市市)
 十三年五月に発生した繖(きぬがさ)山大火(五日間)を教訓に東近江消防本部は、十九日までを「林野火災防止強調月間」と定め、広報活動や山林パトロール、消防訓練などを実施している。

 統一標語「未来へと引き継ぐ森です火の用心」を掲げ、ハイキングなどで林野に入る機会が多いこの時期に、住民への意識啓発とともに予防対策の強化などに取り組み、森林の保全と地域の安全を図る。

 登山やハイキング、ドライブ、山菜採りなどの入山者などに、タバコの投げ捨てや火の後始末、たき火の禁止などを呼び掛け、立て看板の破損状況を調べるほか、山林パトロールの強化に取り組んでいる。

 九日午前六時半から八日市市小脇町の太郎坊宮周辺で消防訓練を行う。ハイカーのタバコの不始末で山林からの出火を想定し、消防署や消防団の車両十四台が出動し、要請を受けた永源寺町からも応援に駆け付ける。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

少年少女剣士50人

磨いた技の激突

=八日市市 春季練成大会=

熱戦が繰り広げられた大会
(湖東・八日市市)
 八日市市少年剣道クラブの「春季練成大会」(同クラブ育成会主催、滋賀報知新聞社・報知写真新聞社後援)がこのほど市立布引運動公園体育館で開かれ、小中学生、約五十人の少年少女剣士が、日頃の鍛練の成果をぶつけ合い、家族や友達の声援や視線を受けながら、熱戦を繰り広げた。

 支部対抗戦では、先鋒戦で中央支部、中堅で御園支部がそれぞれ勝ったものの、あとの五人は引き分け、代表戦にまでもつれ込む白熱の試合となり、中央支部の大島弘之選手の小手が決まり、決着がついた。各部門の成績は次の通り。敬称略。

【8級の部】優勝 本間和▽準優勝 石井志歩▽3位 深谷徳道・谷美由希
【7級の部】優勝 野村祐希▽準優勝 中村雅之▽3位 深谷ゆきよ・加藤真一
【6級の部】優勝 伊藤悠哉▽準優勝 垣見直希▽3位 古島大雅
【5級の部】優勝 大島弘之▽準優勝 石井貴大▽3位 加地隼人・谷柚貴
【4級の部】優勝 雁瀬大輝▽準優勝 中馬彩里▽3位 西村良太・西村真子
【3級の部】優勝 竹林保尋▽準優勝 雁瀬雄介
【中学生の部】優勝 北村榛之輔▽準優勝 大島義明
【支部対抗戦】優勝 中央支部▽準優勝 御園支部


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

初夏の味覚 あいとうアールスメロン

天候順調でサイズ、味とも最高

=AMS直売館で7月中旬まで販売=

初売りでにぎわうメロン売り場
(湖東・愛東町)
 愛東町から初夏の味覚として人気の特産品「あいとうアールスメロン」の出荷が今年も始まり、道の駅・あいとうマーガレットステーション(同町妹)内にある「あいとう直売館」では、常連客や観光客らがお土産や贈答用にと、二箱、三箱と買い求め、メロン売り場は連日にぎわっている。

 今年も、同町上岸本の温室で大切に育てられたメロンは、良好な天候が続いたこともあって生育も順調。サイズも昨年より大き目で、味も例年以上。ゴールデンウイークまっただ中の三日には例年より一週間早く初売りも行われ、直売館のシャッター前には、オープンを待つ人達の長い列が続いた。

 上岸本温室組合の森久司組合長はじめ組合員八人は、今シーズン約四万個を生産する予定で、七月中旬ごろまで一日当たり六―八百玉を販売する。価格はサイズにより、一玉一千五百円から二千五百円までそろえる。

 あいとうアールスメロンは、メロンの中でも高級品とされるだけあって特有のネットの張りも美しく、味わいも上品ということで贈答用としても大好評。地方発送や予約注文のコーナーにも大勢が詰めかけている。

 あいとう直売館の営業は午前九時から午後六時まで。十一月末まで無休。問い合わせは、あいとう直売館(TEL0749―46―0370)か、上岸本温室組合(TEL0749―46―0021)へ。

 また、今月二十三日には「メロン感謝Day」、六月十三日には「あいとうメロン祭り」も開催され、楽しいゲームや抽選会、バザーなどが繰り広げられる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

一番の護身術は 近寄らず逃げて人に知らせる

命を守る大切な勉強

=蒲生北小で防犯教室=

無理矢理連れ去ろうとする犯人に児童が手をつかまれる想定での模擬体験
(湖東・蒲生町)
 「命を守る大切な勉強をします」。蒲生北小学校(堀井孝三校長)で、全校児童を対象に防犯教室が先月三十日に開かれ、“自分の身を自分で守る”術を一人ひとりが学んだ。

 誘拐や殺人事件など、抵抗力の弱い子どもたちが凶悪犯罪の被害者になる事件が多発している。児童自ら犯罪から身を守る方法について考え、学び、知識を習得しなければならない現状は、歪んだ大人社会を投影している。

 今回の防犯教室は、日野警察署生活安全課・玉井文浩係長と野瀬昌子少年補導職員、北小管内を受け持つ長峰駐在所・松村直紀警官、蒲生町少年補導員・井上やよいさんの四人が講師を務めた。一〜三年生には「もし、不審者に出会ったら」と題して約十分ほどのビデオ上映と講話、四〜六年生は教師も参加してのワークショップ形式で実施された。

 不審者への対応を模擬体験するワークショップでは、三人の児童がエキストラ役で登場し「長峰の集会所まで道がわからないので連れて行って」という女性に、「イヤ!ほかの人に聞いて」ときっぱり断った。

 場面が変わり、「芸能関係者やし、写真を撮らせて」と言葉巧みに近づいてきた男性が、女児の手を引き車に連れ込もうとしたとの想定では、見学していた児童から「やめてあげて」と声があがるなど緊迫感が増し、友だちが困っているときにどのように対処すればよいかを話し合った。

 犯人の特徴や車のナンバーの覚え方など具体的な指導も行われ、「子ども一一〇番の家」だけでなく、近隣の民家や店の人に助けを求めて逃げ込むよう徹底した。特に、高学年に対して「犯人が手をとって連れ去ろうとしたら、小さい子どもたちは大きな声が出せない。大阪の小学校で起きた事件のときには、声が出せず、逃げることもできなかったため命を落としている。五、六年生は低学年の人を守ってほしい」と呼び掛けた。

 児童らは、命を守るための約束として▽こわいと思ったら大声で助けをもとめる▽外では一人で遊ばない▽外出の時は家の人に行き先を言う▽暗くなったら一人で外出しない▽おかしいなと思った食べ物・飲み物は口にしない―の五点と、危険だと思ったら「近寄らず逃げて人に知らせる」という一番の護身術を習得した。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

「アートシーン・よし舟」オープン

東近江水環境自治協議会

ヨシ舟の淀川下り成功へ
=ヨシの商品開発や起業も=

熱戦を繰り広げる選手たち
(湖東・近江八幡市)
 西の湖の水環境保全に取り組んでいる東近江水環境自治協議会(西川嘉広会長)が、10月にヨシ舟による淀川下りを計画。生活の水として琵琶湖の恵みを受ける流域の人々に水環境の大切さをPRすることを目的に準備を進めているが、その成功に向けた活動の拠点事務所「アートシーン・よし舟」を安土町常楽寺に1日開設した。

 淀川下りは、2泊3日の行程で10月7日、西の湖のヨシで造ったヨシ舟で琵琶湖から下流の向けて出発。大阪の中之島まで下り、10日に行われる「御堂筋パレード」に山車として参加するもので、昨年にはヨシ舟作りに取り組み、琵琶湖上での試験航行に成功している。

 今年に入ってからは、琵琶湖から瀬田川、宇治川、淀川と呼び名を変えながら流れをつなぐ下流域の現地調査や下るルートの選定、地元の関係者との交流、本番に向けてのヨシ舟の試作などに取り組み、計画は順調に進んでいる。

 今後は、この計画のPRと事務協議の最終的な詰めの場が必要になってきたことから、事務所の開設場所を探していたところ、JR安土駅から近い商店街で空き店舗の提供を受ける話がまとまり、本拠地を構えることになった。

 事務所の1階には、ヨシが琵琶湖の水浄化に寄与している資料や写真パネル、ヨシ舟づくりの紹介、ヨシの美術工芸品などを展示したギャラリーに改装し、誰でも自由に訪れてもらい、ヨシ原の保全などを呼びかている。

 事務所開設に先立ち開かれた会合では、連休明けから西の湖周辺の自治会に「西の湖美術館づくり」への参加協力を呼びかけていくことや、16日に開催される西の湖エコフェスタでヨシの青苅りの研究調査、30日にゴミゼロ大作戦に参加、ヨシ舟の航行などの活動を進めていくことを申し合わした。

 同協議会では、NPO法人格の認証をめざし、ヨシを活用したコミュニティービジネスの起業や新しいヨシの商品開発にも積極的に取り組んでいくことにしている。 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ