滋賀報知新聞(ニュース)平成16年6月13日第13820号


会派代表の4人が立つ

15、16日 八日市市議会総括質問
合併関連ほか市政への課題

=市民密着の諸問題ただす=

(湖東・八日市市)
 八日市市六月定例議会の総括質問が十五、十六両日に行われる。今議会には本年度一般会計補正(五億円)など十八議案が提出され、このうち、井村裕夫、上田正昭、森はなの三氏に名誉市民の称号授与に同意を求める議案は、開会初日に即決されている。

 一般質問では財政、教育、福祉、環境、人権問題、安心安全ほか、都市基盤整備、農業、商工業、観光など、多様化する市民ニーズについて会派代表の四人が質問に立ち、議員活動から得た市民密着の諸問題に対し、行政側の対応や見解をただす。質問議員と内容は次の通り。発言者順。敬称略。

 【山田みを子(公明党)】合併▽市立図書館と学校図書館の充実▽文化の花開く社会▽子供の安全対策▽次世代育成支援計画▽小児・児童対策について

 【畑重三(新政クラブ)】合併関連(議員定数・職員削減・町名の調整・新市まちづくり計画・ケーブルテレビ・まちづくり協議会・能登川町との合併など)▽佐世保小事件の所見▽パートナーシップ▽安心安全のまちづくり▽商工観光▽五十周年記念事業▽税金の未納▽農業政策▽野菜村▽愛知川左岸道路▽葬祭施設要望への対応▽保健医療について

 【豆田昇一郎(日本共産党)】一市四町合併の再検討▽常備消防職員の増員と防災啓発▽高等学校の学区編成と教育問題▽国際コメ年への取り組み▽粗大ゴミ回収と燃えるゴミ収集改善▽人権問題について

 【大洞共一(八風クラブ)】合併問題(財政計画と職員削減・一票の行使・新市まちづくり・新市名称)▽財政と公共施設の運営▽構造改革特区「市民農園」▽防災対策▽人権教育と市民活動▽納税奨励金制度▽教育問題(西小学校の改修・国歌斉唱)▽東本町への葬祭センター出店▽介護保険制度▽大凧まつり会場について


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

「今期で退任」

杉田町長がメッセージ

=能登川町6月議会で助役代読=

杉田久太郎町長
(湖東・能登川町)
 十日に開会した能登川町六月定例議会において、病気加療中の杉田久太郎町長(78)から「今期をもって退任したい」とするメッセージが届き、田井中清幸助役が代読した。十月の次期町長選には出馬せず、任期まで合併問題に全力を注ぎたいとする。

 午前十時、召集した定例会への欠席を詫びる議員宛のメッセージとともに、入院先の病院(京都市内)から議会開会にあたっての町長メッセージが届けられ、開会挨拶として田井中助役が代読した。

 杉田町長はこのなかで「体調によって治療が遅れ、帰れなくなったことは誠に残念です」と心中を語り、四期十六年間を「議会議員ならびに町民の皆さまの厚きご支援、ご協力があってこそ、私の公約、事業も終えることができた」と感謝。中学校体育館や総合文化情報センター(図書館・博物館・埋蔵文化財センター)、国保直診能登川病院の改築などの各事業を回想しながら、「今期任期をもって退任する決意を固めた」と表明し、任期中は「合併問題という一番大きな課題がある。1市1町の合併に向けて努力する決意」と述べた。

 杉田町長は、八日市神崎BBS会長・近畿BBS連盟副議長として活動したのち、昭和三十六年から町議を通算四期務め、同六十三年に第十代町長に初当選。現在四期目。今年四月に消化管疾患で入院していたが、近く退院の予定。次期町長選は十月十九日告示、同二十四日投開票で、町議会議員選挙とダブル選となる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

13議案を提出

=17日に6議員質問へ=

(湖東・能登川町)
 能登川町議会は、六月定例議会の会期を二十一日までの十二日間と決めたあと、歳入歳出それぞれ二千五百六十万円を減額して総額七十四億四千四百九十六万円とする一般会計補正予算案など、専決八件、条例一件、契約三件、請願一件の計十三議案が提出され、うち専決処分八議案が原案通り可決された。

 本会議二日目は十四日に開会され、各委員会を経て十七日に一般質問、二十一日に最終採択される。質問議員と内容は次の通り(敬称略)。

 【冨江旭男】のと川共同作業所の法人化に伴い、無償貸与する施設建築用地について▽十二月末に企業「カーマー」が開店するが、駅前商店街・共盛会との協議はされているのか。残りの跡地(日清紡)について企業誘致の計画は▽駅西区画整理事業に

よる保留地の処分状況について。
 【藤田淳子】1市4町の合併調印がされた中で、改めて問う(全行政区の住民説明会まとめなど)▽駅前、駅西広場について苦情を聞くが、駅前商店街での買い物、一時駐車などの利便性確保は▽就学前までの医療費無料化実施、保育園給食における脱脂粉乳の牛乳切り替えを求める。

 【山本眞喜】行政区が混在する新種・東佐野・南佐野・旭が丘・緑が丘・大地・桜ヶ丘の一部において住居の特定が困難であり、合併を控えて住民福祉に資する住居表示を▽地方公務員法に求められる職員の資質。

 【村田正弘】駅前交番に常駐警察官の配置と、防犯カメラの運用および維持管理を願う▽合併を機に、学区再編の考えはないか▽きぬがさ幹線道路の維持状況と、伊庭丸山線浦葭橋から中洲地先の改良見通し。

 【田中信弘】地域振興の総合窓口設置や学区別単位の設置など、地方分権と住民参画について。

 【四方秀亮】不審者侵入者への対策と管理状況および、安全対策機器の利用など、学校・園の危機管理対策▽県道大津能登川長浜線の整備計画、びわこ銀行隣接道「救急車進入経路」の整備計画などについて。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

副議長に中川氏

配置分合議案を提出

=五個荘町議会=

(湖東・五個荘町)
 五個荘町の六月定例議会は十日に開会し、会期を二十五日までの十六日間と決めたあと、空席となっていた副議長の選挙が行われ、中川喜代司氏(56)が就任した。

 中川氏=無所属=は、議会広報編集委員長、総務常任委員副委員長などを歴任し、現在二期目。会社役員。木流。任期は二年間だが、昨年十月十五日からの残り任期を務める。

 五個荘町議会では、今年二月に議員有志が住民投票条例の制定に向けた臨時議会の開催を申し入れたところ、書類の不備があったとして取り下げた問題に絡み、提出した森澤文夫副議長が一議員として活動に専念したいとの趣旨から副議長職を離職。今回、無記名投票の結果、七票を得た中川氏が当選した。

 提案では、専決七件、条例三件、補正予算三件などのほか、1市4町で東近江市を設置するための「八日市市・永源寺町・五個荘町・愛東町・湖東町の配置分合議案」があり、同分合議案は最終日の二十五日に採決される。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

今年は柏原と醒ヶ井宿

ときめき歴史ウォーク

=22日まで参加受付=

(湖東・五個荘町)
 五個荘町は、七月三日に開く「ときめき歴史ウォーク」(主催=町教育委員会、町体育指導委員会)の参加者を募集している。

 健康づくりと歴史探訪を楽しむ今年四回目の催しで、旧中山道の趣と大自然が残る山東町柏原宿・米原町醒ヶ井宿の町並みを散策する。

 歩行距離は約九キロ。午前七時半から町民体育館前で受け付けし、開会式のあと五箇荘駅(近江鉄道)〜米原駅(JR線)〜柏原駅に到着後、成菩提院・柏原宿・清滝寺・居醒の清水を歩き、醒ヶ井駅(JR線)〜米原駅(近江鉄道)を利用して町民体育館まで戻ってくる。

 当日は弁当、水筒、汗拭きタオル、雨具、保険証のコピーのほか、保険料百円と往復の電車賃(大人千二百七十円、子ども七百九十円)および清滝寺入館料三百円が必要。

 参加対象者は、町内在住または在勤・在学者(小学生以下は保護者同伴)。定員百人になり次第締め切る。

 申し込みと問い合わせは、町公民館内の生涯学習課体育振興係(電話0748―48―2737)または、てんびんの里文化学習センター三階近江商人博物館(電話48―7101)へ。締め切りは六月二十二日。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ