滋賀報知新聞(ニュース)平成16年7月15日(木)第13847号


武村DNAで院政復活?

参院選結果で占う湖国政界の行方

次期衆院選 全議席失う自民!?
=知事選に 虎視眈々の川端氏=

初当選を果した民主の林久美子氏
(全 県)
 一部既報のごとく、十一日に投開票された参院選滋賀選挙区(改選定数一)は、民主党新人の林久美子氏(31)が、自民党新人の上野賢一郎氏(38)(公明推薦)、共産党新人の林俊郎氏(59)を破って、初当選した。そこで参院選結果を振り返りながら、次期衆院選などを占ってみた。           

【石川政実】

 ●続く衆院選の流れ

 マニフェスト選挙と言われた昨秋の衆院選に続いて、今回の年金参院選でも自民は民主に敗れてしまった。参院選滋賀選挙区の党派別得票数(注参照)は、昨年の衆院選小選挙区の党派別得票数とほぼ同じ傾向となり、民主の定着ぶりが顕著だ。衆院選より、自民が民主に票差を大きく開けられたのは、3区、4区。とくに3区は市長選のしこりが残る草津市を筆頭に、大きく水を開けられた。2区も、衆院選並みの票差に踏みとどまったものの、昨年は保守系無所属の川島隆二氏が同区で一万千八百十四票を獲得しており、それが長浜市出身の上野氏にある程度、上積みされたとすれば、手放しで喜べない。つまり自民党県連が党員拡大、市町村議会の会派分裂の修復、無党派層対策などを急がない限り、次期衆院選は、1区にやや期待が残るものの、ほぼ全議席を失いかねない情勢だ。

 ●県議選に勝ってこそ

 一方、民主は、県議会で自民系が三十議席を占めている現状を打ち破らないと、地方自治での影響力確保は不可能だ。候補者選びももっと地道に統一地方選に向けて腐心すべきであろう。共産は、市町村合併に反対ばかりせず、むしろケースによっては合併を推進することも必要だ。そうでないと、市町村合併に伴い、県議選などで議席の大幅増が見込めるチャンスを自ら放棄しかねないからだ。
 自民党県連のかっての大御所は「民主県連の代表である川端達夫、若手の三日月大造両衆院議員は連合候補だが、奥村展三、田島一成両衆院議員、林氏は旧さきがけの武村DNA(遺伝子)の連中だ。武村氏はゾンビのごとくよみがえり、民主党県連でも院政をしきかねない」と警戒する。心血を注ぎ武村派勢力の一掃に努めた河本氏がバッジを置こうとする今、皮肉にも武村氏が不死鳥のごとくよみがえるのか。さらに次期知事選も、国松善次知事はもちろんのこと、川端氏の動向が焦点となっており、いよいよ湖国政界は、第二ラウンドを迎えている。

 (注)1区(大津市など一市二郡)は、民主が七万七千七百六十三票(昨年の衆院選八万七千八百五十七票)、自民が七万四百七票(六万四千二票)、共産が二万六百二十二票(二万三百四十票)、2区(彦根市など二市五郡)は民主が六万八千百九十一票(六万九千六百二十票)、自民が六万四千四百八十九票(六万五千三十三票)、共産が一万二千四百七十二票(八千七百四十一票)、3区(草津市など三市一郡)は民主が六万三千三百五十三票(六万四千二百二十五票)、自民が四万七千五百三十七票(五万七千七百三十二票)、共産が一万二千四百三十九票(九千六百四十八票)、4区(近江八幡市、八日市市など二市三郡)は、民主が八万一千三百四十五票(七万八千九百五十四票)、自民が六万八千七百六十三票(八万三千百四十九票)、共産が一万七千八百四十七票(一万五千四百票)ーーで合計が民主二十九万六百六十票(三十万六百五十六票)、自民二十五万一千百九十六票(二十六万九千九百十六票)、共産六万三千三百九十一票(五万四千百二十九票)。なお参院選の得票は、民主、共産の候補者の端数を省略したため、合計数は一致しない。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

諦めないで…

県が「特定不妊治療費」助成

=経済的負担を軽減=

(全 県)
 子どもが欲しいと望んでいるにも関わらず、子どもに恵まれない夫婦はおよそ十組に一組はあると言われ、不妊治療を受ける夫婦は年々増加している。しかし、不妊治療のうち体外受精と顕微授精(特定不妊治療)については一回の治療費が高額であり、経済的負担が重いことから子どもを持つことを諦めざるを得ない人もいる。

 そこで、経済的な負担を軽減するため、特定不妊治療に要する費用の一部を助成する「県特定不妊治療費助成事業」を始め、県内七つの保健所と県健康対策課で、申請受け付けを行っている。助成額は一年度あたり十万円を限度に通算二年間助成する。

 対象となるのは、◇特定不妊治療(体外受精および顕微授精)以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、極めて少ないと診断された人◇県内に居住し、法律上の婚姻をしている夫婦◇県が指定する医療機関で治療を受けた人◇夫および妻の前年の所得の合計額が六百五十万円未満(所得の計算は児童手当法施行令を準用)―のすべてを満たす人。

 窓口は各保健所となっており、所定の申請書と受診証明書のほか、医療機関が発行する領収書、夫婦の住民票(写)又は住民票記載事項証明、夫婦それぞれの所得の証明書―をすべて添えて申請する。

 指定医療機関は、滋賀医科大学附属病院産婦人科(大津市)、南草津野村病院(草津市)、神野レディスクリニック(彦根市)が体外受精・顕微授精ともに治療、足立レディースクリニック(彦根市)と産婦人科ハピネスバースクリニック(草津市)は体外受精。なお、県外医療機関も対象としている(医療機関から申請があり、指定基準に該当する機関であれば指定する)。

 問い合わせは、最寄りの大津保健所(077―522―6755)、草津保健所(077―562―3526)、水口保健所(0748―63―6147)、八日市保健所(0748―22―1253)・八幡支所(33―3291)、彦根保健所(0749―22―1770)、長浜保健所(0749―65―6660)・木之本支所(82―3376)、今津保健所(0740―22―2525)、県健康福祉部健康対策課(077―528―3615)へ。

 また、不妊専門相談センターを設け、電話相談(077―548―9083、月曜〜金曜の午前九時〜午後四時、祝日と年末年始を除く)と、面接相談(滋賀医科大学附属病院産婦人科内、毎週木曜午後三時から、電話予約が必要)を行っている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

メルヘン・ウッド・ワールドにようこそ

木のおもちゃ作家 伊藤英二さん

「わくわく!木の遊園地」
=24日から 明日都・浜大津で開催=

木馬の乗り物
(湖東・湖東町)
 湖東町柔道スポーツ少年団「湖東町錬成館」が今年設立三十周年を迎えることから、このほど記念の柔道大会が町民体育館で盛大に開かれ、子どもたちが熱戦を繰り広げて同少年団の歴史と発展を祝った。

 同少年団は昭和四十八年、心身ともに健全な子どもたちの育成をめざして設立。以来、多くの子どもたちが日々の鍛練続けている。

 今大会も、選手や指導者との相互交流を通じて、礼儀作法や技術をさらに向上させるとともに、互いの親睦や友情を育もうと、県内外の少年柔道団体が約五十チームが参加して開かれた。

 試合は、一年生(先鋒)から六年生(大将)まで七人による団体戦で行われ、各リーグ戦一位による一部トーナメント、二位による二位トーナメント、三位による三位トーナメントで決勝が行われを実感していた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

時間外も証明書交付

自動交付サービスを

=大津で16日から開始=

(湖西・大津市)
 大津市は、平日の時間外や休日にも住民票、印鑑証明が取得できる証明書自動交付サービスを、十六日から市役所本館一階ではじめる。 自動交付サービスで受けられる証明書は、<1>住民票の写し<2>住民票記載事項証明書<3>外国人登録原票記載事項証明書<4>印鑑登録証明書│となっている。手数料は窓口と同額の一通三百円。平日は午前九時│午後七時、休日は午前九時│午後五時まで利用できる。ただし、十二月二十九日から一月三日は休み。

 サービスを初めて利用するには申請手続きが必要になる。住基カードと印鑑登録手帳、本人確認できるものを、十六日以降に市役所市民課または支所へ持参し、暗証番号を登録する。手数料は、すでに住基カードを持っている人は無料、そうでない人は五百円。外国人(十六歳以上のみ)は大津市民カードを一枚五百円で交付する。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

あいの土山斎王群行
写真コンテスト
=斎王賞は相坂竹雄さん=

「いにしえを伝えゆく」(相坂竹雄さん)
(湖南・土山町)
 三月に開催された「第七回あいの土山斎王群行」の写真コンテスト審査結果がこのほど発表され、斎王賞に「いにしえを伝えゆく」(相坂竹雄さん・蒲生郡日野町)が選ばれた。

 総評では、「本年は上位の作品をはじめ、全体に秀作であった。光の取り入れも大変によかった」とし、斎王賞に選ばれた相坂さんの「いにしえを伝えゆく」については「画面をソフトに仕上げて、ピンク色に色調を出されてよかった」と評価している。

 コンテストには四県(滋賀・兵庫・愛知・三重)から四十四人、八十五点の応募があった。作品は七月二十五日まで土山町立歴史民俗資料館で展示される。なお、受賞作品は次の通り。敬称略。

 【斎王賞】「いにしえを伝えゆく」(相坂竹雄・蒲生郡日野町)
 【群行賞】「夢の小川」(目片光男・大津市)
 【垂水頓宮賞】「呈茶の儀」(小早川利子・守山市)
 【入選】「斎王群行」(奥居由紀夫・八日市市)▽「高雅なひと」(村上重利・水口町)▽「斎王群行香り道」(景井成光・彦根市)▽「おごそか」(廣山愛子・草津市)▽「正装」(冨山敏雄・坂田郡近江町)▽「伊勢の旅」(古戸千都子・大津市)▽「禊ぎの式」(古戸満・大津市)▽「お着き式」(中谷愛子・近江八幡市)▽「斎王群行の祝い」(山下とも子・一宮市)▽「禊ぎ」(瀬川善一・蒲生郡日野町)

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ