滋賀報知新聞(ニュース)平成16年10月10日第13922号


八日市神崎地区地域安全ポスターコンクール

最優秀に 村井さんと石原さん

=9日に表彰式 アピア情報プラザで作品展示=

小学生の部最優秀・村井千夏さんの作品
(湖東・八日市市)
 「なくそう犯罪 滋賀安全なまちづくり」をメインスローガンに十一日から始まる全国地域安全運動の一環として、八日市署管内の小中学生から募集した「地域安全ポスターコンクール」(八日市署、八日市神崎地区防犯自治会主催)の優秀作品がこのほど決まり、九日に八日市駅前のアピア研修室で表彰式が開かれる。

 また、これに先がけはじまった優秀作品六十点(小学生二十点、中学生四十点)の展示は、同店情報プラザで十四日まで。

中学生の部最優秀・石原早紀乃さんの作品
 コンクールは、地域の安全確保と自主防犯活動の推進を図ることを目的に行われるもので、小学生から百十八点、中学生から二百四十六点の応募があり、その中から、小学生、中学生の部ごとに最優秀、優秀、佳作それぞれ十点ずつが選ばれた。また、優秀作品の中から一点ずつを地域安全運動の啓発用ポスターに採用して管内に掲示するなど、少年非行防止や地域防犯活動の啓発等に活用する。

 今年度は、全国規模では「住宅を対象とする侵入犯罪の防止」を重点に、県下では「自動販売機狙いの防止」「車上ねらい及び部品盗の自動車を対象とする犯罪の防止」「いわゆるオレオレ詐欺・架空請求事犯の防止」を重点において運動が二十日まで展開される。

 入選は次のみなさん。敬称略。
【小学生の部】最優秀 村井千夏(八日市西四年)▽優秀 大西李佳(布引六年)森大起(八日市西五年)長田怜子(八日市南六年)片山せいら(能登川西五年)▽佳作 小澤杏奈(八日市西四年)南恭平(八日市西六年)奥居里菜(八日市南六年)桂田祐輔(能登川西六年)大和田愛果(能登川南六年)

【中学生の部】最優秀 石原早紀乃(船岡一年)▽優秀 北川恵理(聖徳二年)青木絵未梨(聖徳二年)田中恵有(聖徳二年)平井友子(船岡一年)▽佳作 和辻澪(聖徳二年)磯部千鶴(聖徳二年)藤野あぐり(聖徳二年)猪田千明(五個荘二年)佐々木理恵子(五個荘二年)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

家族ふれあい絵画・ポスターコンテスト

65点から 大賞に住井さん

=入賞の3点を市代表として県へ推薦=

家族ふれあい大賞・住井杏捺さん「うしのおっぱい ぎゅっ」
(湖東・八日市市)
 八日市駅前のアピア情報プラザと八日市市役所ロビーで応募作品展が開かれていた市内の小学生による「家族ふれあい絵画・ポスターコンテスト」(市青少年育成市民会議、市立子どもセンターひばり主催)の審査がこのほど行われ、入賞作品が決定した。

 六十五点の力作から、市青少年育成市民会議家庭対策部による審査の結果、家族ふれあい大賞には八日市南二年の住井杏捺さんの「うしのおっぱい ぎゅっ」が、また、家族ふれあい優秀賞には八日市西五年の平井有子さんの「お父さんとがんばった車洗い」と八日市北二年の小杉峰世さんの「楽しい楽しい夏の家族キャンプ」がそれぞれ選ばれた。

 今回入賞した三点は、市代表作品として、県青少年育成県民会議に推薦し、大賞については、十一月七日に開催される第三十五回市青少年の主張大会で表彰する。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

消えゆく郡を振り返る

企画展『近江國滋賀県神崎郡』

=24日まで 能登川町立博物館=

神崎郡が誕生した古代から現在までを振り返る企画展
(湖東・能登川町)
 平成の大合併が進むなか、一つの枠組みに「郡」が意識される機会が多くなり、滋賀県では高島市誕生への動きがその表れ。そこで、能登川町立博物館では、合併によって消えていく郡を振り返ると共に、能登川町が所属する「神崎郡」の誕生から現在に至る郡史を紹介した企画展『近江國神崎郡』を開いている。

 神崎郡の誕生は、七〇一年の大宝律令成立の時と見られ、北は愛知川、南は蒲生野あるいは箕作山・徹山、東は鈴鹿山中で伊勢国(三重県)と接し、西は琵琶湖で画された現在とほぼ同じ区域とされている。

 八〜十世紀になると、行政区画が国・郡・郷へと変遷し、平城京跡から出土した木簡「近江國甘作郡雄諸郷」や、十世紀の百科事典「和名類聚鈔」を見ると、神崎郡には高屋・神崎・神主・垣見・小社・小幡・馬家の七郷が設けられている。

 この垣見・小幡は現在の能登川町垣見と五個荘町小幡。小社は彦根市本庄町、神主は能登川町種を中心とした区域、馬家は五個荘町清水鼻周辺、高屋は八日市御園地区とみられ、残る神崎郷は八日市建部地区だと考えられている。

 江戸期に入ると、神崎郡○○村という表現になるが、支配領域は複雑に入り組み、三分の二を彦根藩領が占めるなか、郡東部の山上藩領、西部の大和郡山藩・旗本三枝領、中部の旗本織田領・三淵領・奥村領に分割されていた。

明治の大合併


 このように、一村単位での支配下にあったが、廃藩置県後の「大小区制」(明治四年)で七区に分けられた。しかし、実態を無視したことにより住民の反発を招き、同十一年に廃止。同年の「郡区町村編成法」によって全国の町村数は五分の一にまで激減し、神崎郡では、八条・八幡・栗見・葉枝見・南五個荘・北五個荘・東五個荘・建部・御園・山上と、八日市町の十二町村にまとめられ、八日市町に郡役所が設置された。

 わずか三年後、財政上の理由で県内十二郡から九郡に減らされ、神崎郡と愛知郡が統合。反対住民による分離運動が続けられたが、明治三十一年の県郡制改正でようやく八日市町に戻り、翌年、運動を続けた北五個荘村を中心とする人々によって、北五個荘村竜田に郡役所が置かれた。

昭和の大合併


 そして昭和、五個荘町と永源寺町が誕生したのちの二十八年十月一日、「昭和の大合併」で八日市町が市制をとり、能登川町・五個荘町・永源寺町で神崎郡を構成し、現在に至っている。

 館内には、古代の神崎郡を示す木簡(レプリカ)や、近隣市町からの借用資料、および寄託された古地図、伝来文書等九十七点が展示されており、それぞれに説明を添えて郡の歴史を紹介している。

 入場無料。会期は二十四日まで。午前十時〜午後六時開館。月・火曜休館。問い合わせは、同図書館(0748―42―6761)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

安心で安全のまちづくり

=地域は地域で守ろう=

熱戦を繰り広げる選手たち
(湖東・近江八幡市)
 地域の安全は地域で守ろう。安全で安心のまちづくりの推進をめざす近江八幡市民大会が2日アクティ近江八幡で開かれ、市内の各自治会会長ら100人余りが参加した。犯罪抑止の防犯活動を主体にした市民大会は始めて。

 近年の犯罪の増加、多様化、悪質化など警察活動だけでは未然防止の効果が十分でないことや、警察官の不足も伴って犯罪数が増加の一途をたどっている現状にある。

 中でも近江八幡駅前周辺は県内の犯罪多発地帯として知られており、駅南側にも交番の開設を求める住民の要望があがっている。

 こうした現状を受け、市では犯罪に対する市民認識の高揚と防犯に対する姿勢の強化を進め、このほど、交番のない駅南口周辺をパトロールする「平成防犯見廻り隊」を発足したのと11日から始まる「全国地域安全運動」に合わせて同大会を開催した。

 開催あいさつに続いて市内3自治会から自主防犯活動の取り組みのついての事例発表が行われ、「ピンクチラシがマンション内に貼られないよう監視の目を光られている」や「月3回の防犯パトロールの実施や通学路を中心とした安全ロードマップの作成と配布」、「夜間巡回やビデオによる町内学習会の開催」などの取り組みが紹介された。

 この後、県防犯アドバイザーの竹中忠道氏の講演が行われ「地域の安全は警察に任せっきりではなく、地域の取り組みとして自衛してほしい。警察などとパートナーシップで守っていきましょう」と呼びかけた。

 また、防犯パトロールの実地指導や「まわりの人との信頼感、地域との連帯感を強めるため自らが行動を起こすことで安心、安全のまちづくりに取り組んで行きましょう」との趣旨の大会宣言を読み上げて採択した。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

岩永峯一衆議院議員

農林水産副大臣に就任

=第2次小泉改造内閣で=

岩永農水副大臣

(全 県)
 先月二十九日に行われた第二次小泉改造内閣で、岩永峯一衆議院議員(63)=自民党滋賀県第四選挙区支部長=が農林水産副大臣に就任した。

 岩永衆院議員はこれまで、党執行部の安倍晋三幹事長のもとで副幹事長を務め、政府内でも農林水産大臣政務官、総務大臣政務官として総理・総裁を支え、それぞれの立場で小泉構造改革を推進してきた。

 今回の内閣改造では、政務官時代に取り組んだ改革への実績が評価され、就任した島村宜伸農林水産大臣の下で副大臣という重責を担うこととなった。三期目で副大臣は異例のスピード出世となる。堀内派。

 岩永副大臣は「政務官時代にBSE(狂牛病)問題に直面するなど、国政の中で最も深くかかわった農林水産分野で、安心して物が食べられる食の安全への環境づくりにまい進したい」との抱負を語っている。 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ