滋賀報知新聞(ニュース)平成16年11月27日(土)第13962号


地域社会発展へ貢献誓う

日本地方新聞協会が全国大会

身近な情報源として責任を痛感
=標語・天賞の久田さんらを表彰=

開会あいさつの中島会長
(湖東・八日市市)
 社団法人日本地方新聞協会(会長・中島繁治主役新聞社長)の第五十五回全国大会は、このほど東京・新宿の京王プラザで開催され、全国から募集の地方新聞標語で天賞を獲得し、招待された八日市市上羽田町の久田貢さん(62)らが表彰を受けた。

 中島会長は、今後の課題が山積する中で「日本報道クラブの発足とともに、東京での支部増設や大阪への新規設置を考えている」とした上で、会員社の協力体制と役員の新規登用を打ち出し、新しい仲間を受け入れやすいように「より身近な協会へ創意工夫を重ね、新しい時代にふさわしい協会、最先端の科学に対応できる協会を目指す」との開会あいさつを行った。

 大会には、小泉純一郎首相から「世界が急速に変化する中で、報道が果たす役割は大きく、国民生活に与える影響を深く認識し、公正で正確な報道活動に努め、地域の発展に貢献されることを期待している」とのメッセージが寄せられた。

標語・天賞の表彰を受ける久田貢さん
 全国から五千四百八十四通の応募を受けた地方新聞標語で、天賞に輝いた久田さん「地方紙の熱き想いが世をつくる」が大会に招待され、中島会長から表彰状と賞金五万円が手渡された。

 このほか、天賞に続く地賞の塚本悦弘さん(五個荘町和田)「地方紙の力をてこにまちおこし」、佳作の山脇昭二さん(五個荘町金堂)「地方紙は朝の茶の間の人気者」と梅景春美さん(栗東市)「地方紙の身近な情報明日を読む」の三人に代わって、地元の冨田正敏滋賀報知新聞社長(理事)が表彰を受けた。

 最後に、基本的人権を尊重し、社会正義を貫くため「あらゆる諸悪と闘う言論・表現の精神を堅持する」との大会宣言を行い、さらに全国大会を機に組織拡大と加盟各社の連帯強化を図り、読者に信頼される紙面づくりを通し「地域社会の発展に貢献する」との大会決議を満場一致で採択した。

 同協会は昭和二十五年の創設以来、戦後の復興期から経済の高度成長期、グローバル化した今日までの半世紀以上にわたって、全国各地の加盟各社が地域に密着した言論・報道活動を展開し、地域における政治・経済・文化などの発展に寄与してきた。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

フードが街にやってくる

「食」パサージュ

=きょう八日市本町アーケード通り=

(湖東・八日市市)
 本町「食」パサージュ2004「フードが街にやってくる」(実行委主催)は、二十七日午前十時半から八日市本町商店街のアーケード通りで開催される。毎年恒例の「アートが街にやってくる」の「食」版で、午後三時まで。

 食パサージュは、家庭の手づくり料理・菓子自慢の人たちが本町通りに集まり、作り方の実演ほか手塩にかけた作品の展示・販売を行う。訪れた市民とともに市のにぎわいを再現し、健康増進と食文化の向上を目的に開かれる。

 アーケード通りでは、手づくり食品の展示即売、物産振興会によるフードコーナー(みたらし団子.弁当・鮒寿し・米パンなど)、街の保健室(滋賀病院)、健康・栄養相談(看護師・栄養士)、本町特別イベント(振る舞い梅こぶ茶・そば)などを催す。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

2004親子防火フェスタinえち

絶対に、火遊びは、しません

=幼年消防クラブや女性防火クラブ=

ステージで発表する子どもたち
(湖東・愛知川町)
 火の利用が増える季節を迎え、秋季全国火災予防運動(九―十五日)も展開された。そんな中、愛知郡広域行政組合消防本部では、火遊びや住宅火災をなくし、地域に防火の輪を広げようという「2004親子防火フェスタinえち」が、愛知川町中央公民館でこのほど開かれた。

 催しには、郡内八つの保育園の園児(幼年消防クラブ)や、女性防火クラブから四百人あまりが参加。

 かすが保育園(愛東町)のオープニングセレモニーに続き、つくし保育園(愛知川町)、ゆたか保育園(愛知川町)、愛知川保育園(愛知川町)、ひばり保育園(湖東町)の元気な子ども達が防火演技を発表した。

 行事の最後には、会場全体が一つとなり、元気な声で、「ぼくたち、わたしたちは、絶対に、火遊びは、しません」と誓った。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

蒲生町岡本区の生ゴミ堆肥化

約4カ月でゴミ搬出半減

=主婦必見!きょう「環境シンポ」=

(湖東・蒲生町)
 水分を含みドボドボで重くなった可燃ゴミ、ゴミ収集車からしたたり落ちる悪臭の液体。ゴミステーション近くの住民や掃除当番は鼻の曲がるような悪臭に耐えながら清掃する―。どの地域でも見られる光景だが、蒲生町岡本地区は、このゴミステーションの悪臭を糸口に、ゴミ減量化とリサイクル運動へと発展させた。地区単位での自主的な運動の高まりに注目が集まっている。
 
 岡本地区では、同区のわがまち夢プラン委員会(岡田文伸委員長)や環境美化倶楽部(図司安博部長)を中心に、ゴミのリサイクル率七九%の徳島県上勝町など先進地見学や区民のゴミ処理現状アンケートなど検討を重ね、生ゴミの堆肥化に辿り着いた。

 生ゴミ問題解決を区民の共通課題とするため研修会を開き、台所に立つ機会の多い主婦らが積極的に参加、情報の共有化を図ることで生ゴミ堆肥化運動への関心は高まっていった。

 今年九月一日からは「生ゴミはゴミステーションに一切出さない」との共通目標を掲げ、ゴミゼロ運動をまちづくりの一環として位置づけた。区民が使命感や達成感を味わいながら目標に向かって、楽しくゴミ問題について語り合える環境づくりを行っている。

 現在、同地区では▽バケツ処理▽衣装箱処理▽EMボカシ処理(密封バケツに生ゴミを入れ発酵資材を振り掛ける)▽電気処理機―の四つのいずれかの処理方法で、七十二戸が堆肥化に参加している。また、生ゴミの堆肥化と併せて、リサイクルできるきれいな紙類とトレーを、町の分別回収とは別に地区独自に回収している。

 ゴミステーションに出されるゴミ袋の推移を見ると、八月十六日では堆肥化に取り組んでいる家庭が二十七戸で百五十袋が搬出されていたが、現在は、区民の間でも習慣付いてきて徐々にではあるが七十五袋と半分まで減少している。

 こういった岡本地区の一連の活動経過が、二十六日午後七時から蒲生町あかね文化センター大ホールで開かれる環境シンポジウム「はじめよう 生ごみの堆肥化!〜さらば悪臭のごみステーション〜」で、実際に堆肥化に取り組んでいる主婦の生の声も交えながら報告される。入場無料。

 環境美化倶楽部の図司部長は、「岡本区民が苦労して生ゴミの堆肥化運動に取り組んでいることを少しでも多くの人に知ってもらうことが、区民のやる気にもつながる。また、『自分には何ができるのか』を考えてもらうきっかけになれば」と語り、地区の枠を越え生ゴミの堆肥化運動への参加者を募っている。詳しくは、岡本地区・図司さん(電話55―1625)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

親子の対話や異変に気付くアンテナを!

=蒲生町で「青少年育成大会」=

寸劇で万引きを強要されるシーン
(湖東・蒲生町)
 朝桜中学校の生徒四人が実行委員に加わり初めて企画運営に携わった「平成十六年度蒲生町青少年育成大会」が二十日、同町あかね文化センター大ホールで開かれ、保護者や各字役員、同世代の中学生ら約三百人が参加した。

 冒頭、同町青少年育成町民会議の藤林茂会長が、「大人が社会のルールや規範、思いやりの心を子どもたちに伝えていくことが大切である」とあいさつし、大人の果たすべき役割について言及した。

 引き続き、地域実践活動(一個人・四組五団体)と子ども花一杯運動に取り組んでいる十六地区の表彰式が行われた。地域実践活動賞の個人の部では、学校事務職員をする傍ら子どもたちのストレス発散にと、ロックバンドの結成・指導を行っている眞野覚おうさん(鈴)が受賞した。

 また、非行防止啓発寸劇「NOと言えたら」は、同中学校の生徒十二人が中学生やコンビニ店員役で登場し、非行グループのいじめを恐れ、ずるずると仲間に入ってしまい、強要された万引きを断れずに悩む少年を主人公に設定し、主人公の従来からの友人やコンビニ店長が異変に気付き、万引きを留まらせ、悪友との縁を切り立ち直るきっかけを与えるというもの。
女子中学生が釘付けとなったナゴヤコーチンの演奏

 寸劇と現代の中学生を取り巻く実情とが重なり合い、参加者らは、親子の対話の大切さや周囲にいる者が異変を察知するアンテナをはり巡らしておく必要性を実感していた。

 最後は、舞台にあがる直前まで古典や英語の試験勉強に励んでいた同中学校三年生五人組のロックバンド「ナゴヤコーチン」が、プロ顔負けのステージパフォーマンスを見せ、参加した中学生も身を乗り出して聞き入り、若い力が満ちあふれた記念すべき大会となった。

 なお、地域実践活動賞の団体の部で表彰を受けたグループは次の通り。
 【団体の部】鈴地区あゆみ会▽鈴温泉太鼓・蒲生野太鼓わらべ組▽蒲生町少年補導委員会▽桜川西区きさらぎ会 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ