滋賀報知新聞(ニュース)平成17年1月14日(金)第14001号


合併期日は来年1月1日

1市2町任意協の第3回会合

議員定数は能登川5
=蒲生4など8項目提案=

東近江市・能登川町・蒲生町合併検討協議会の第3回会合
(湖東・広域)
 二月十一日に誕生する東近江市(八日市市、永源寺町、五個荘町、愛東町、湖東町)と、能登川町、蒲生町の合併を話し合う任意協議会「東近江市・能登川町・蒲生町合併検討協議会」の第三回会合が十二日、五個荘町てんびんの里文化学習センターで開かれ、合併期日は来年一月一日、議員定数は能登川町五、蒲生町四などとする計八項目が提案された。

 合併期日は当初、在任特例が終わる今年十月末の第一回市会議員選挙に合わせて十月一日としていたが、一市二町議会の合併議決から国の官報告示(廃置分合)までに約六カ月、電算システムの統合に約九カ月を要することから難しく、来年一月一日の合併が提案された。
 これに併せて、第一回市議選に論戦予定だった二町の議員も、一月一日から五十日以内に行われる増員選挙で選ばれることになり、初回に限る選挙区制によって、議員定数は能登川町五、蒲生町四としている。これにより、全体の議員数は三十三人(法定数は三十四人)になり、平成二十一年十月の次回選挙から再び定数を二十四に戻す。

 協議項目では、生活環境・健康福祉・産業経済関連の諸施策が審議され、事務局案の通り合併までに調整または新市の制度に統一することとした。このなかで、蒲生町で未実施、能登川町で完全実施する保育所(園)の一時保育については、地域のニーズに沿って全所(園)での実施を進めることにしており、保育料も四時間で千五百円、八時間で三千円に統一する。

 また、旧市町間の交通・交流の充実を図るコミュニティバス事業を、合併後二年以内に二町にも展開し、公共交通空白地域を原則に、公共施設や医療機関を結ぶ路線を築くほか、旧五個荘町および旧湖東町のコミュニティバスを合併時に東近江市役所に乗り入れられるように調整。さらに、地方バス路線事業として補助している角能線(能登川駅〜愛東町市ヶ原)を今年四月一日からコミュニティバス事業に移行し、現在の「ちょこっとバス」(七路線)、「永源寺町営バス」(三路線)、「五個荘町循環バス」(三路線)、「愛東循環線」(二路線)、「湖東線」(二路線)の計十七路線が市内を走る。

 次回の会合は、二月一日午後二時から永源寺町地域産業振興会館で開かれる。傍聴定員四十人。希望者は、開会十五分前までに受け付けを済ませる(定員を超えた場合は抽選)。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

記念品や手づくりプレゼント贈る

高木さん 長寿おめでとう

=八日市市 市長と園児が慶祝訪問=

▲100歳を祝ってもらい、喜ぶ高木さん

(湖東・八日市市)
 八日市市布施町の高木半助さんが百歳の誕生日を迎えた十一日、中村功一市長と私立いちのべ保育園の園児二人が療養先の高齢者福祉施設こぼしの家(市辺町)を訪れ、長寿を祝った。

 中村市長が「どうぞ元気で長生きしてください」と声をかけて、百歳記念書状と記念品の金地金を花束とともに贈呈、また、大西祐輝くん(5)と更田明日香さん(5)からも折り紙で作った花や小物入れがプレゼントされた。

 高木さんは、「ありがとうございます」と喜びいっぱいに感謝の気持ちを返した。

 平成五年度から行われている「百歳祝い」の慶祝訪問は、高木さんで十八人目となった。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

一筆に気持ち込め

子どもたちが『かきぞめ大会』

=16日まで作品展示 観峯館=

(湖東・五個荘町)
 子どもたちによる書き初め大会がこのほど、日本習字教育財団・書道文化と世界を学ぶ博物館 観峯館(五個荘町竜田)で開かれ、幼児から中学生までの百八十人が、一筆一筆に気持ちを込めながら楽しんだ。

 新年の慶びや抱負を力いっぱいに書き、文字が持つ魅力と書道文化の歴史を体感する大会で、観てもらう嬉しさも味わってもらおうと、書き上げた作品を館内展示する人気の企画。

 今大会には近隣市町から百八十人が応募し、一部と二部に分かれて会場に集まった。書き初め時間は二十分間に二枚で、背丈以上もある大きな条幅画仙紙に前に、学年ごとの課題「てまり」「おもち」「ともだち」「ふじの山」「明るい心」「雪の正月」「強い信念」「早春の青空」「春山草木新」に挑戦し、真剣な表情で筆を進めた。

 特賞に選ばれたのは次の皆さん(敬称略)。

 ▽観峯賞=増田みず希(近江八幡市金田小4)、臼田眞子(五個荘小3)▽町長賞=阿蘇静香(五個荘小5)▽教育長賞=山北善輝(八日市市玉緒小1)▽京都新聞社賞=福山綾音(近江八幡市金田小6)▽中日新聞社賞=磯部紗耶花(八日市北小2)
 子どもたちの作品は、今月十六日まで同博物館別館で展示されている。問い合わせは観峯館(0748―48―4141)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

新鮮野菜と愛情たっぷり

イタリア料理教室

=A・M・S 参加者募集=

(湖東・愛東町)
 愛東町妹の道の駅・あいとうマーガレットステーションは、二月五日午前十一時から開催する「イタリア料理教室」の参加者を募集している。

 京都市内で「PIT―INクッキングサロン」を開く赤塚愛さんを講師に迎え、「野菜たっぷり とろ〜りチーズのラザニア」と「チキンのアプリコットソース」、さらにデザートとして「簡単ティラミス」の作り方を学ぶ。

 ステーション来訪者の七割が女性で、直売間で地元の新鮮野菜が販売されていることや、利用者の要望もあり、昨年から料理教室を赤塚さんの指導で料理教室をスタート。赤塚さんの教室は人気が高い。

 六回目となる今回は、バレンタインデーに向けて新鮮野菜と愛情たっぷりの温かいイタリア料理に取り組む。

 定員は二十人で、参加費は三千円。当日はエプロン持参。一月三十日まで申し込みを受け付けるが、定員になり次第締め切る。参加申し込みと問い合わせは、あいとうマーガレットステーション花工房(TEL0749―46―1110)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

再開のメドたたず

秦荘町愛知川町合併協議会

愛知川町議会 公園修正案否決
=3月末の合併申請期限を目前に=

(湖東・愛知川町)
 愛知川町臨時議会が十一日開かれ、秦荘町との合併協議中断(昨年四月)の原因となっている東部地域公園整備計画問題について、平元真町長が修正案を提案したが、賛成少数で否決された。現行の合併特例法の経過措置として特例債など特例措置を受けることができる三月末までの知事への合併申請期限に間に合わせるための協議会再開にも、影響を及ぼす可能性が出てきた。秦荘町にとっては、昨年十月に住民懇談会を開くなどして住民の理解を求めて協議再開への準備を整えていただけに、ショックは大きい。

 今回の修正案では、指摘されているような合併を視野に入れた駆け込み事業ではなく、町の計画に基づいた事業であること、国や県の補助事業であることを改めて強調した上で、予算の見直し、地価鑑定のやり直し、公園中央を分断する道路の問題への対策を盛り込み、公園用地を当初の四・二ヘクタールから道路で分断されない東側二・二ヘクタールに縮小するとともに、西側一・八ヘクタールを新たな公共用地として活用すること(場所移転も含めて協議)にし、国や県の補助金活用にも問題を生じさせず、国などの補助金制度が不確定なこともあり活用できるうちに整備する必要があるとした。

 しかし、議員から「住民との協議が必要」「住民は計画の完全凍結を求めている」「補助金の目的外使用にあたるのではないか」「計画変更について検討委員委員会などに諮れていない」「計画変更案の内容が不明」などの反対意見が出され、採決の結果、賛成四で否決された。

 また、「合併と公園問題を切り離せないか」の意見に対し平元町長は、「協議会での問題発生で、協議会再開に密接な関係をもった案件である」との見解を示し、問題解決なしに再開できないことを強調した。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ