滋賀報知新聞(ニュース)平成17年2月24日(木)第14036号


県が0・46に引き下げへ

県職員互助会への公費補助割合

どこも財政は“火の車”の中で
=市町村は「お役人天国」!?=

▲17年度の県一般会計当初予算案は戦後最大の下げ幅で、県民に大きなしわ寄せが…(写真は滋賀県庁)
(全 県)
 大阪市の過剰な福利厚生問題をきっかけに、公務員に厳しい目が向けられている。年間百八十億円の福利厚生・手当ての削減案をめぐって大阪市と市労働組合連合会(市労連)との五回目の労使交渉が十六日に行われ、市労連はヤミ退職金・年金など三十五億円分の廃止にしぶしぶ同意した。大阪市の問題は「労使の常識は、市民の非常識」の現実を浮かび上がらせた。職員互助会に多額の公費を投入したり、手厚い特殊勤務手当てを支払っているのは、なにも大阪市に限ったことではない。そこで滋賀県の県職員互助会への公費補助を追ってみた。      【石川政実】

 職員の福利厚生の増進を図る互助会の主な収入は、職員の掛け金と公費補助から成り立っている。滋賀県が県職員互助会へ公費を補助している割合は、職員本人の掛け金を一にした場合、平成十五年度は〇・八六、十六年度が〇・八五となっている。

 同互助会の十六年度の総事業費は五億千三百四十五万円(前年度対比三・一%減)で、歳入内訳は、県の公費補助一億八千四百万円(同一・六%減)、職員の掛け金二億二百二万円(同一・八%増)、その他(基金の取り崩し、共済からの負担金、貸し付けの返済額)一億二千七百四十三万円(同九・七%減)となっている。

●いたれりつくせり

 互助会の会員になると、十六年度では、助成金として▽旅行券=勤続三十年で三万五千円▽地域社会活動費(グループ)=限度額五万円▽カフェテリアプラン(選択型)=スポーツ用品、医薬品などの購入費・限度額二万四千円、給付金として▽職員が死亡時の弔慰金五十万円▽家族が死亡した時の弔慰金十五万円▽公務災害見舞金(三か月以上・死亡)四万円▽災害見舞金(三か月)五十万円▽結婚祝い金(三年以上)六万円▽入学祝金(一人一万五千円)||などが受けられる。もちろん、これらの約半分は、県民の血税から支払われているのだ。県内の零細企業の労働者にとっては、うらやましい限りである。

 県が十五日に発表した十七年度の一般会計当初予算案も、五千百七億七千万円(前年度当初比六・二%減)と戦後最大の下げ幅になるなど、まさに“火の車”で、県民生活へのしわ寄せが本格化する。すでに県では財政改革プログラムの中で、十七年度二百八十億円、十八年度五百億円、十九年度五百六十億円の計千三百四十億円の財源不足が見込まれるとし、三か年でトータル七百十億円の削減計画(事業費、人件費、公債費)を打ち出しているが、互助会の公費補助も例外ではない。

●隣接府県超える

 ちなみに隣接府県の十五年度の公費補助割合を見ると、岐阜県が〇・四、三重県が〇・五七、京都府が〇・六、福井県が〇・八一となっており、滋賀県は堂々のトップである。さすがに、これでは県民から猛反発を受けかねないと、県は来年度予算案で、互助会への公費補助割合を十六年度の〇・八五から、十七年度は〇・四六と約半分に引き下げている。遅ればせながらではあるが、ようやく他府県並みになりそうだ。

 ところで県内の市町をピックアップすれば▽大津市=十五年度一、十六年度一▽彦根市=十五年度一、十六年度一▽草津市=十五年度一、十六年度一▽栗東市=十五年度一、十六年度一・二三▽近江八幡市=十五年度一、十六年度一▽東近江市=十五年度一(八日市市分)、十六年度一と、補助割合がいずれも県を上回っている。市町村はまるで、“お役人天国”を謳歌(おうか)しているかのようだ。

 県民からは「県や市町村は、法定外の福利厚生である互助会への公費補助を今後、どこまで下げるのか、きちんとした方針を市民に知らせるべきだ」との声が出始めている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

企業説明会と就職支援

県内優良企業95社参加

=草津、彦根で開催=

(全 県)
 (社)滋賀県雇用対策協会では、滋賀労働局長より「地域求職活動援助事業」の事業委託を受け、地域求職者等に対する各種支援事業として平成十三年三月より「ジョブステーション草津滋賀地域求職活動援助事業推進室」を開設し、人材受入情報の収集・提供、職業講習会、企業合同面接会、適性検査、職業ガイダンスなど各種支援事業を企画推進している。

 「湖南地域」は、二月二十五日、午後一時半から同四時まで。場所は、クサツエストピアホテル二階・瑞祥の間(JR草津駅西口下車徒歩五分)。

 参加対象者は、企業に就職を希望する求職者であれば、制限はない。ただし、この三月の学校卒業予定者は対象外。当日の参加企業は、約四十五社を予定。参加企業から直接求人内容についての説明を受けることができる。参加費は無料。

 東近江・湖東・湖北の各地域では、三月四日午後一時半から彦根プリンスホテルで合同開催する。

 企業合同説明会では、県の地域戦略産業分野である「環境」、「健康福祉」、「観光」の滋賀3K産業やバイオ、IT関連企業の五分野と、東近江、湖東、湖北地域で地場産業の企業など約五十社の参加を予定している。

 同日午前十時からの就職サクセスセミナーでは、「再就職成功への道」をテーマにした講演会と「面接マナーと模擬面接」の実技演習が行われる。

 いずれも問い合わせは、ジョブステーション草津(077―566―7420)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

草津田上インター3月19日オープン

栗東IC周辺の混雑解消に期待

=発展著しい草津の高速交通ネット=

▲草津田上インターを田上方面から撮影した航空写真
(湖南・草津市)
 名神高速道路の草津田上インターチェンジが、三月十九日にオープンする。このインターは、建設中の第二名神高速道路と名神高速道路を接続する連絡道路に設置されるもので、第二名神の完成に先行して供用を開始する。

 栗東インター〜瀬田東インター間(九・三キロ)に位置することから、両インター周辺の慢性的な混雑の解消や、発展著しい草津市周辺の交通利便性の向上にも期待されている。

 日本道路公団によると、草津市役所から最寄りのインターへの到着に要する時間は、これまでの瀬田西インターだと約十五分かかっていたのに対して、草津田上インターでは約十分に短縮されるとしている。

 なお、第二名神は名古屋市を起点に三重県、滋賀県、京都府、大阪府を経て神戸市に至る延長約百七十四キロの高速道路で、現在、飛島インター(愛知県)│四日市インター(三重県)間の十九・六キロが開通している。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

紫香楽宮の往時

CGで立体再現

=藤村志保さんナレーター=

▲復元された史跡紫香楽宮の建物

(湖南・甲賀市)
 甲賀市は、紫香楽宮跡の発掘調査に基づき、コンピューターグラフィック映像(CG)で往時の風景を再現し、紫香楽宮跡遺物展示室(甲賀市信楽町宮町)で公開している。入場無料。

 信楽町に縁のある女優・藤村志保さんがナレーターを務め、約二十分にまとめたDVDソフトで、昭和五十八年からの発掘調査で推定された甲賀寺、政治の中枢機関である朝堂や官衙(役所)を立体的に表現した。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

不登校・ひきこもり

=回復願って講演会=

(湖西・大津市)
 不登校やひきこもりの回復を支援する「グッド ハート滋賀」は、三月二十六日午後二時からピアザ淡海(大津市におの浜一丁目)で講演会を開く。

 成人病センター心療内科部長の明神徹郎医師が「ひきこもりに関連する神経症と薬剤の関わり」、加藤日出子・グッドハート滋賀代表が「不登校・ひきこもりの早期回復を願って」をテーマに講演。

 参加費は資料代千円。問い合わせは代表の加藤氏(電話077-567-1160)へ。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ