滋賀報知新聞(ニュース)平成17年4月7日(木)第14072号


県の前堤条件崩壊

混迷する栗東市のRD産廃処分場改善工事<3>
市専門家『是正効果なし』の見解示す

=住民団体の合対が知事に質問状=

(湖南・栗東町)
 栗東市小野のRDエンジニアリング社産廃処分場の地下水汚染問題で、県は一日、同社から出された県の改善命令に基づく深堀個所是正による地下水汚染防止工事の期間延長申請について、六月三十日まで延長を認めた。これに対し住民団体「産廃処理問題合同対策委員会」(八木一男代表)は同日、「改善命令で深堀穴を掘り起こした結果、地下水汚染は穴の側面からの可能性が高く、この事態に対応した遮水方法を示してほしい」などとする質問状を国松善次知事に提出した。栗東市も「今回の改善工事では地下水への是正効果が極めて低い」とする専門家の衝撃的な見解書を近く県に報告する予定であり、県のこれまでの産廃行政は音をたてて崩れようとしている。          【石川政実】

 今回の改善工事は、県資源循環推進課が「産廃の有害物質が流出する地下水脈は、産廃を埋めた深堀穴の下にある」を前堤にして、深堀穴の産廃をいったん移動した上で、地下水脈に有害物が流出しないよう底部に遮水を施そうとするものである。

 しかし二月に市調査委員会の専門家(横山卓雄氏、畑明郎氏、川地武氏)が工事現場を立入調査したところ、廃棄物を掘り出した深堀穴の側面から湧水が見つかった。つまり図のように地下水層は深堀穴の底部より上に存在する可能性が高いのだ。

 先月二十八日、市は三人の専門家を呼んで、今回の改善工事についての統一的な見解をまとめた。関係筋によれば「改善工事では地下水への是正効果が極めて低い」といった衝撃的な見解書になる模様だ。

 同専門家の一人である畑明郎大阪市立大学院教授は「廃棄物を掘り出した深堀穴には、側面から湧水があり、ここに帯水層が存在すると考えられる。有害物質はこの層を通り、地下水に流れ込んでいる可能性が高い。このため深堀穴の側面全体の遮断が必要となるが、側面方向の粘土層の範囲は明確でなく、廃棄物はどこまで埋められているかも明らかでない。今回の立入調査から、ほかにも深堀個所があるか、あるいは深堀穴がもっと大きい可能性もある。その意味でも側面から水平にボーリングして地山を確認する必要がある。県の前提条件が崩れた以上、廃棄物がどのくらいの深さまで入っているのか、粘土層はどの程度残っているのかを調べ直すべきだ。また湧水を県や市が調査しないとしているのはおかしい」と指摘している。

 市は今月中旬までに、専門家の見解書を県資源循環課に報告するものと見られるが、県の逆鱗(げきりん)に触れることを恐れて報告を躊躇することもあり得るだけに、成り行きが極めて注目される。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

地域全体で 弱者守ろう!

栗東市小野の防犯協議会

学校と公共施設、自治会など連携
=小学校に「警察官立寄所」の看板=

▲葉山東小学校玄関に設置された「地域防犯協議会・警察官立寄所」の看板
(湖南・栗東市)
 栗東市小野の地域防犯協議会がこのほど設立され、一日から活動をはじめた。地域住民と教育施設、公共機関、企業が連携して、安全・安心のまちづくりを進めるのが狙い。同協議会の発足は、昨年五月から実施している地元高齢者による自主防犯活動へ参加する個人・団体を広げたもの。

 同協議会の会員には、地元高齢者でつくる自主防犯組織「シルバーボランティアポリス」のほか、地区内にある葉山東小学校や葉山東幼稚園などの教育施設、公共施設、企業、民生委員、自治会長が入る。

 日常活動としては、地域住民への防犯意識啓発を努めるほか、地区内で不審者を見かけた場合、警察署またはシルバーボランティアポリスへ連絡する。また、月例の会合を開き、情報交換や連携体制を確認しあうとしている。

 さらに、葉山東小学校などに三十カ所に「地域防犯協議会・警察官立寄所」と連名した看板を設置し、警察官の巡回を依頼している。「警察官立寄所」の看板は通常、金融機関などで掲げられるが、教育施設での設置はめずらしいという。

 発起人のひとりである里内雅次さん(シルバーボランティアポリス代表)は「犯罪をなくすには、地域全体が防犯意識をもって予防に努めることが重要。犯罪が発生してからでは遅い。将来的には、協議会のエリアを葉山東小学校区全体に広げたい」と話している。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

旧甲西町で介護保険料引き上げ

湖南市の行政サービス統一

水道料金改定、旧石部町は値上げ
=プラスチック類を分別収集に=

(湖南・甲賀市)
 昨年十月の湖南市誕生以来、旧甲西と旧石部の両地区で格差のあるまま据え置かれていた介護保険料と水道料金、異なったゴミ収集方法が、新年度から相次いで調整・統一される。これまで旧両町の仕組みのまま据え置かれていたのは、合併協議で「新市において議論するのが望ましい」とされたためで、新市誕生後から審議が重ねられてきた。身近な行政サービスが、この春からどのように変わるか整理してみた。

 ■介護保険制度■

 介護保険制度については、第一号被保険者(六十五歳以上)の保険料が今月から統一された。改定された基準額は月額三千六百円で、旧石部町で七十円の引き下げ、旧甲西町では三百四十八円の引き上げとなった。

 同制度の介護サービスは、国・県・市が負担する公費と、被保険者が納める保険料に支えられる。当然、サービス利用が多くなれば、より大きな財源が必要となり、利用者に保険料としてはね返る。

 これについて同市高齢福祉介護課は「保険料を低く設定していた旧甲西町では、予想以上にサービス利用量が増加し、将来的な財源不足が指摘され、旧甲西町の人にとっては保険料が高くなった」としている。

 また、在宅サービスの費用は、本人が一割負担、九割は保険から給付される仕組みだが、給付額は上限が決まっており、今回の改定で旧甲西町の基準に一本化された。このため、同町は従来通りだが、旧石部町では月額で四千│一万三千五百円の上乗せになる。

 具体的には、月額で▽要支援=七万五千円▽要介護1=十六万九千八百円▽要介護2=十九万八千八百円▽要介護3=二十七万千五百円▽要介護4=三十一万四千円▽要介護5=三十六万六千三百円│となっている。

 ■水道料金■

 このほか、格差のあった水道料金も六月から統一され、比較的安かった旧石部町の料金が値上がり、旧甲西町では下がる。

 例えば、口径十三ミリの給水管を使う平均的な一般家庭の場合、二カ月使用料は六十立方メートルで八千七百十円となり、旧甲西町は五百九十四円の引き下げ、旧石部町では百三十円の引き上げとなる。

 旧石部町域の値上げについて同市上下水道課は「旧石部町の水道料金が旧甲西町と比べて安かったのは、施設更新への投資がひかえられていたことや、県から購入する水道水の割合が七割と低かったことによる。今後は、老朽施設の更新が必要なので、一般家庭に影響のない範囲で料金を引き上げた」としている。

 なお、旧石部町域の事業所などが使用する口径二十ミリ以上の基本料金に関しては、平成十七年度は据え置き、同十八年度に暫定的な値上げを経て、同十九年に統一する。

 ■ゴミ収集■

 また、ゴミの収集方法でプラスチック類は、旧両町ともに従来は「燃えるごみ」として扱っていたが、今月からは「プラスチック類」として分別収集される。出す場合は必ず同市の指定袋(一袋二十五円以内)に入れなければならない。

 このほか粗大ゴミに関しては、旧石部町では行政が年間四回集めていたが、四月からは同市リサイクルプラザ(湖南市岩根)へ直接持ち込むか、同プラザに申し込んで戸別収集してもらうことになる。料金は、戸別収集で五百〜二千円、持ち込みは半額になる。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

亀尾市と締結15周年

=大津市長の訪韓延期=

(湖西・大津市)
 竹島問題をめぐって日韓関係の悪化が懸念される中、大津市は先月二十九日、今春に予定されていた目片信大津市長の韓国・亀尾(クミ)市訪問を延期すると発表した。この訪問は、今年が同市と亀尾市の姉妹都市締結十五周年にあたることから、これを記念して今月二十五│二十九日の日程で計画していたもの。

 同市によると、亀尾市からの延期の申し出は、先月二十八日付け文書でファックスで送られてきた。文書では延期の理由として、竹島問題をめぐって「両国の信頼友好が危うく展開されており、このような時に友好親善行事開催は困難」としている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

湖北の春を彩る

「長浜曳山まつり」

=子ども歌舞伎は13〜16日=

▲見もののひとつ「子ども歌舞伎」
(湖北・長浜市)
 湖北の春を彩る「長浜曳山まつり」が、長浜市の旧市街一帯で九日から始まる。祭りは、総当番が子ども歌舞伎の仕上がりを検分する線香番を皮切りに、十四・十五日の曳山の八幡宮への登り山・戻り山を経て、十七日の御幣返しで締めくくられる。

 見どころは十三〜十六日の子ども歌舞伎で、各町の曳山に設けられた舞台などで演じられる。

 長浜曳山まつりは、長浜城主だった豊臣秀吉(当時・羽柴秀吉)の男児誕生を、城下の町民が祝ったことに由来するとされる。

 なお、主な行事は次の通り。

 【14日】子ども歌舞伎(午前中、出番山組町内)山車を八幡宮へ曳行する登り山(午後、八幡宮)役者夕渡り(19時、同)

 【15日】太刀渡り(9時20分まで八幡宮)子ども歌舞伎(9時45分以降、八幡宮と旧市街)神輿還御(21時頃、八幡宮)戻り山(21時半頃)

 【16日】後宴子ども歌舞伎(昼・夜、出番山組町内)子ども歌舞伎招待会(10時20分、市民会館) 

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ