滋賀報知新聞(ニュース)平成17年5月12日(木)第14101号


今月下旬から市民意向調査

湖南市総合計画(平成19〜28年度)に反映

中学2年生以上の 市民7000人対象
=暮らしの満足度や行政改革など=

▲サンライフ甲西で開かれた総合計画審議会
(湖南・湖南市)
 湖南市のまちづくりの進め方を示す「湖南市総合計画」を審議する総合計画審議会(西川幸治会長、委員二十五人)はこのほど、サンライフ甲西(湖南市中央一丁目)で第一回会議を開き、谷畑英吾市長から策定にあたっての基本方針の諮問を受けるとともに、今後の策定日程や市民意向調査などについて議論した。

 同市総合計画は、平成十九年度〜同二十八年度の十年間を計画期間としたもので、石部・甲西合併協議会が策定した新市建設計画との整合性を図りながら、同市の望ましいとされる将来像実現に向けて必要な基本施策を示すもの。

 これに市民の意見を反映させようと、同市が今月下旬から実施する市民意向調査は、無作為抽出した十六歳以上の市民約六千人、中学生については中学ニ・三年生の生徒約千人が対象となっている。アンケート用紙の配布は、一般には郵送、中学生には各学校で行なう。

 質問内容は、暮らしの満足度や住民活動への参加状況、生活基盤の整備で必要と思われる施策、行政改革など。結果は七月中旬に審議会に報告するとともに、広報やホームページにも掲載する。

 今後の策定日程としては、審議会が来年四月には谷畑市長に対して総合計画案を答申する。さらに市議会の議決を経て、平成十九年度予算編成に反映される。なお、審議会は原則公開。第二回は七月中旬に開催予定。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

RD処分場問題の完全解決訴え

=住民団体が地元・栗東で集会=

▲集会で工事の問題点を指摘するメンバー
(湖南・栗東市)
 RDエンジニアリング社の産廃処分場(栗東市小野)で実施されている深堀穴の地下水汚染防止工事について、深堀穴の完全修復と場内にある有害物の完全撤去を求める集会が、このほど栗東市中央公民館で開かれた。 琵琶湖の水を飲料水として利用している京阪神地域の住民でつくる「飲み水を守る会」と市内の住民団体「産廃処理を考える会」の共催。

 同処分場では、環境基準値の十四倍のダイオキシンなど有害物質が検出されて問題となっている。同市調査委員会の専門家は、県の改善命令に基づき同社が現地で行なっている工事について「効果は極めて低い」と見解を示している。

 集会では、地元・栗東市の水道水は地下水に大きく依存していることを取り上げ、「少量の有害物質を長期にわたって摂取する問題は、長い時間の後にしか分からない。だから原因を除去するか、地下水に入り込まないようにしなければならない」と訴えた。

 また、大阪府から駆けつけた村上廣造・飲み水を守る会代表(近畿水問題合同研究会事務局長)は「琵琶湖の水源を利用する近畿の住民代表として参加した。将来に被害が及ばぬよう、この実態を大阪、近畿で訴えていく」と語った。

 なお、「飲み水を守る会」は、多くの人に同処分場の問題に関心をもってもらおうとホームページを立ち上げることにしている。人が手をつないで処分場全体を囲む「人の鎖」も計画している。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

国松知事を地検に告発

混迷するRD産廃処分場改善工事<7>

住民団体「地域環境を守る特別委」が
=廃棄物処理法違反容疑で=

▲9日、県庁で会見する早川委員長(中央)ら
(湖南・栗東市)
 栗東市小野のRD社産廃処分場から有害物が検出された問題で、住民団体の地域環境を守る特別委員会(委員長=早川洋行・滋賀大教授)は九日、国松善次県知事を廃棄物処理法違反の疑いで大津地検に告発した。これは、RD社による同産廃処分場の深堀穴改善工事で、県がRD社に掘り起こさせた廃棄物を現行法に基づかずに埋め戻させるのは、同法に違反するとしたもの。早川委員長は「国松善次県知事は、告発されたことを厳粛に受け止め、議会請願の履行を早急に実行すべきだ」と県の姿勢を厳しく非難した。  

   【石川政実】


 告発状によると、廃棄物処理法では「(都道府県は)産業廃棄物の適正な処理が行われるように必要な措置を講ずることに務めなければならない」とし、「何人もみだりに廃棄物を捨ててはならない」と定めている。ところが国松知事は、RD社産廃処分場における深堀穴改善工事にあたり、平成十六年十二月二日から今年二月十一日まで、RD社が処分場から掘り出した廃棄物約四万三千立方メートルを、同社に命じて、今月六日から廃プラスチックなど同法に定める基準に違反するものを含むことを知りながら、深堀穴に埋め戻させたとしている。

 早川委員長は「かって埋め立て処分した廃棄物であっても、それを掘り返し移動させた以上、その再処分には現行の法律が適用されるはずだ。地元住民は、十二年の七月県議会に『処分場の実態解明と有害物質撤去など適正な処置』を求める請願を行い、採択された。当初、国松知事は『全国に模範となる対応をとる』と確約したが、これまでの県の対応は、県民の生活を守ることよりもRD社の意向を優先させ、法律を消極的に解釈することに腐心したものだ。今回の深堀穴工事にあたっても、県は、RD社の言うままに住民の立ち会いや現場の写真撮影を制限したばかりか、廃棄物をいったん全量移動させるという地元住民との約束を反古にし、RD社が提案したセメント系薬剤による固化工事を遮水効果の十分な確認がないにもかかわらず行わさせた」と県を批判した。

 県資源循環推進課は「今回のRD社の最終処分場の改善工事は、許可範囲を超えて深堀した個所を是正するために、法の規定に基づいて必要な措置を講じることを命じたものであり、地域住民に工事計画の説明を行い、実施させた。この工事の内容が廃棄物処理法に抵触するものとは考えていない」とコメントした。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

セントジョンズ市・湖南市

児童生徒絵画展の入賞決定

=15日まで甲西図書館で展示=

▲森千穂美さん「花より団子」

▲藤川美優さん「ひびけ!石部太鼓」

▲園田真希さん「とっても楽しい運動会」

(湖南・湖南市)
 米国セント・ジョンズ市・湖南市児童生徒絵画展の市長賞に藤川美優さん(石部南小三年)の「ひびけ!石部太鼓」、園田真希さん(岩根小六年)の「とっても楽しい運動会」、森千穂美さん(日枝中二年)の「花より団子」の三作品が選ばれた。

 このコンクールは、旧甲西町がセント・ジョンズ市と交流を深めるために平成七年から実施しているもの。入賞作品はセント・ジョンズ市の児童生徒の絵画ととともに、湖南市立甲西図書館で十五日まで展示している。なお、市長賞以外の入賞者は次の通り。敬称略。

 ▽助役賞=西川遥香(石部小2)西浦つかさ(菩提寺北小4)林千咲都(甲西北中2)▽教育長賞=矢野愛莉(三雲小3)金谷優樹(菩提寺小5)牛原綾子(日枝中2)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

市民団体がネット結成で連携

ヴォーリズ建築活用したまちづくり

稚木(わかぎ)の会など3団体
=情報交換や地域間交流=

(全 県)
 県内におけるヴォーリズ建築の保全、活用に取り組む市民団体がこのほど、「ヴォーリズネットワーク」を設立した。以前から設立の話があったが、今年がウィリアム・メレル・ヴォーリズ(一八八〇〜一九六四年)の来日百年にあたることから実現した。

 参加したのは、NPO法人「ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会」(近江八幡市)とNPO法人「ホホコミュニティ」(彦根市)、「稚木(わかぎ)の会」(甲賀市)の三団体。

 同ネットの事務局は、一粒の会が修復した旧八幡郵便局(近江八幡市仲屋町)におき、参加団体がヴォーリズ建築の保全活用について自由に情報交換や地域間交流など、緩やかな連携を目指す。年間行事は決まっていないが、年一回の総会、季節ごとの情報交換会を行ないたいとしている。

 事務局の伴政憲さん(一粒の会会長)は「参加団体がお互いに良い点を活かして、ヴォーリズ建築を活かしたまちづくりを地域から発信したい。今後もほかの団体に声をかけて輪をひろげたい」と話していた。

 ヴォーリズは明治三十八年、滋賀県商業学校(現県立八幡商業高校)の英語教師としてアメリカから来日した。その後、近江八幡市を拠点にキリスト教伝導と社会教育、医療、学校教育の諸事業を行なうとともに、これを支えるために建築設計、製薬会社の企業活動も展開した。

 ヴォーリズ建築の特徴は、シンプルながらもデザイン性と親しみやすさがあるところ。ヴォーリズ建築である旧八幡郵便局はNPO法人「ヴォーリズ建築保存再生運動一粒の会」、旧彦根高等商業学校外国人宿舎(市民活動センター)はNPO法人「ホホコミュニティ」、旧水口図書館は「稚木の会」が保存、活用している。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ