滋賀報知新聞(ニュース)平成17年9月13日(火)第14207号


自民の岩永氏が4選

衆院選・滋賀4区

改革と農水相への期待集める
=民主の奥村氏は比例区で復活=

▲「改革推進したい」と喜ぶ岩永峯一氏
(湖東・滋賀4区)
 自民・公明連立の小泉政権続投か、民主党の政権交代か、各党が掲げる政権公約(マニフェスト)などを争点にした衆院選滋賀4区では、自民前職の岩永峯一氏(64)が、民主前職の奥村展三氏(61)に一万八千票余りの大差で破り、四選をものにすると同時に農林水産大臣の重席を守った。一方、奥村氏は、前回と同様に、比例区で返り咲き再選を果たしている。二人の激戦に巻き込まれた共産新人の坪田五久男氏(46)は、無党派層への浸透も及ばず大敗した。選挙離れが続く中で有権者の関心高く、投票率は七〇・二〇%と大きく伸びた。

  小泉改革の断行を呼び掛け、有利に選挙を進めてきた岩永氏は、医療、年金、教育などを改革し、若い世代にきっちり譲れる社会を創るため「小泉首相とともに改革を進める」との決意を語った。

 自民党八日市事務所の総括責任者・小寺裕雄県議は「旧八日市市で千票上回ったと確信し、歴史的な瞬間を感じた。東近江市長選を機に保守地盤が回復し、中村功一市長の全面支援が結果に結び付いた」と話し、今後は岩永氏との連携で「東近江発展の原動力になる」との意気込みを示した。

 一方、奥村氏は、武村正義元蔵相や林久美子参院議員の後押しを受けたにもかかわらず涙を飲んだ。さきがけ発祥の東近江市でも三千二百票余りの差で敗れ、保守本流へ地盤を明け渡す結果となった。

 小選挙区で敗れたものの比例で返り咲いた奥村氏は、敗戦を「風の流れで勝つことができなかった。まさしく私の力不足」と振り返える一方、「皆さんに約束したことにしっかりこたえていきたい。初心に帰って頑張る」と復活を喜んだ。

開票結果 衆院選滋賀4区
(有権者数284,689人)

小選挙区 投票率 岩永 峯一 奥村 展三 坪田五久男
東近江市 65・18% 15,749 12,503 2,889
能登川町 71・55% 7,023 4,539 1,197
蒲生郡 70・80% 17,772 12,820 3,781
近江八幡市 67・68% 18,556 13,524 4,102
甲賀市 75・17% 28,782 21,581 3,649
湖南市 69・44% 10,866 15,249 2,183

合計 70・20% 98,748 80,216 17,801

比例代表 自民 公明 民主 社民 共産
東近江市 12,042 2,924 10,970 1,309 2,704
能登川町 5,062 1,172 4,303 610 1,053
蒲生郡 13,282 3,446 11,542 1,488 3,341
近江八幡市 13,593 3,609 12,451 1,700 3,414
甲賀市 20,260 6,288 18,929 2,029 4,360
湖南市 8,971 3,535 11,437 1,082 2,312

合計 73,210 20,974 69,632 8,218 17,184


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

7カ所でアスベストの使用

能登川公民館、東小学校など

本紙取材で判明
=住民への情報提供 最新は10月号?=

▲大ホールのステージ天井でアスベストが吹き付けられていた中央公民館
(湖東・能登川町)
 能登川町が、役場庁舎や能登川病院、中央公民館、東小学校など計七カ所で、アスベスト(石綿)を含む吹き付け材とロックウールが使用されていることが判明した―と、五日の九月定例議会全員協議会で説明していたことが、本紙取材で分かった。飛散防止のため、今月末から囲込み工事などの対策を講じるが、報道機関や住民への情報提供はまだ行っていない。

 町は八月上旬から、町内の公共施設三十七カ所についてアスベスト使用の有無を調べたところ、中央公民館の大ステージ天井に吹き付け材が使われていることが分かり、専門機関の成分分析を依頼。早急に対策をとろうと、補正予算の提出を前に先行で工事を実施した。

 また、役場庁舎(宿直室・更衣室・機械室)と水道庁舎(ボイラー室)、能登川病院(自転車置き場・ボンベ室・洗面室壁)、防災備蓄倉庫(屋根・天井)にアスベストの吹き付け、東小学校(ボイラー室)と町民体育館(機械室)にアスベスト使用の可能性があるロックウール材が使われており、分析結果を待たずに使用を禁止。予算が通り次第、工事を始める。

 町総務部は「使用頻度が低く、人体への影響はないと思うが、飛散する恐れもあることから飛散防止対策を先行した。発表については、使用の判明と議会の開会日が近かったことから、議員説明の後と考えていた」と説明するが、現在のところ、住民への情報提供は十月の町広報が最新となっている。

 同様に、アスベストの使用が判明した東近江市、大津市などでは、議会開会前に報道機関へ情報を提供し、施設の使用禁止等の周知を早期に図っており、町の対応には指摘の声も多い。

(飯田香織)


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

町内5施設

指定管理者制度導入へ

=日野町議会 13、14日に一般質問=

(湖東・日野町)
 日野町議会は七日に開会し、町内五施設の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例制定や平成十七年度一般会計補正予算案など五十議案を上程した。十三、十四日に一般質問が行われ、十五日から二十日まで各委員会で審議される。会期は二十八日まで。

 「官から民へ」をキャッチフレーズに進められている改革の一つとして、管理委託制度から指定管理者制度への移行が進められている。平成十五年に地方自治法が一部改正され、これまで公の施設の管理・運営は公共団体や公共団体が二分の一以上出資する法人に限定されていたが、議会議決を経て民間事業者にも委ねることができるようになった。各地方自治体は、平成十八年九月一日までに原則として指定管理者制度を導入するか、直営に戻すかといった選択を行わなければならない。

 こういった切り替えの必要性から、日野町では、町内施設の管理・運営状況を洗い出し、町内五施設で指定管理者制度を導入するため、今回、管理者を指定する手続きについての規定を既存の条例の一部に盛り込む改正案を提案した。

 制度導入が検討されるのは、▽日野町介護老人保健施設リスタあすなろ(医療法人社団昂会)▽滋賀農業公園ブルーメの丘内日野町農業構造改善事業施設(株式会社北山ファーム)▽日野町林業センター(日野町森林組合)▽日野町勤労福祉会館(日野町役場福祉課)▽日野町町民会館わたむきホール虹(日野町文化振興事業団)―の五施設。カッコ内は、現在管理運営を担っている団体。

 同町は、今議会で条例改正案が承認されれば、それぞれの施設の管理者を選考し、次の十二月議会で議会議決を求める予定だという。

 このほか、一般会計補正予算案の主なものは、▽水道事業会計への繰出金九千八十八万円▽財産管理費としてアスベスト対策一千五百万円と庁舎エレベーター耐震バリアフリー整備一千二百八十七万円▽土地改良区の基幹水利施設管理事業五百七十六万円▽道路維持補修費四百五十万円▽住宅リフォーム促進事業二百万円、新規事業は▽精神通院医療費助成事業八十六万円▽東近江エコサイクルコース整備事業九十万円▽日野観光協会事務所に設けるサイクルステーション整備事業(自転車購入費等)二百二十万円で、歳入歳出それぞれ追加総額は一億六千三百四十三万円。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

安土の町はこんな町

ビデオメール制作中

英語版と伊語版で紹介
=拝啓マントヴァ市民様=

▲語学講座受講生によるビデオ収録作業
(湖東・安土町)
 安土町国際文化交流協会(井上芳夫会長)は、今年二月に姉妹都市提携を結んだイタリアのマントヴァ市との交流を深めようと、安土の町を紹介する「ビデオメール」を制作している。案内役を務めたのは、町が開くイタリア語講座と英語講座の受講生。

 撮影は、八月二十日からはじまり、観音正寺、老蘇の森・老蘇神社、安土駅前・駅裏、西の湖、浄厳院、文芸の郷(安土城考古博物館・文芸セミナリヨ・信長の館)、安土城跡、常楽寺の八か所で行われ、今月五日の西の湖で全ての収録を終えた。現在、来月はじめ頃の発送に向け、英語版とイタリア語版DVD化への編集作業が続けられている。

 案内役は六月の募集に応募した英語版七人と、イタリア語版九人の十六人。協会事務局から担当する場所の資料が渡され、それぞれがまず日本語で文章を書き、事務局で翻訳してもらって、各自で本番に向けて練習を積み、備えた。

 いざカメラに向かうとなるとやや緊張ぎみの受講生も、本番では講座受講の成果を発揮して、難無く「OK」をもらっていた。

 西の湖の英語版を担当した一谷和子さん(59)は、「こんな機会は人生最初で最後。思いきって受講してよかった」、イタリア語版担当の角田佳子さん(26)は、「発音が難しかった。ビデオを観て、ぜひ安土に来てほしい。私もイタリアに行きたい」と、重責を終え、ホッとした様子で語った。

 事務局の中道寿宏さんは、「一人でも多くの人に姉妹都市を観てもらい、知っていただきたい。それをきっかけに、ぜひ、安土町をたずねてもらいたい」と、今回のビデオメールが両市町の友好交流の発展につながることに、期待をかけている。

 マントヴァ市でも同様のビデオメールを作成中で、届き次第、町民に観てもらう。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

幼稚園授業料を月500円増額へ

16年度決算など29議案上程

=安土町9月議会 13日開会=

(湖東・安土町)
 安土町はこのほど、十三日開会する町議会九月定例会に上程する、総額一千四百二十六万円を追加する平成十七年度一般会計補正予算案など議案二十九件と議事日程を、このほど発表した。

 議案の内訳は、九千七百八十万円の黒字となった平成十六年度一般会計決算と六特別会計決算の決算認定七件、月額五百円を増額する幼稚園授業料や、来年四月からデイサービスセンターと文芸の郷で公共施設の指定管理者制度を適用することに関する条例改正など条例四件、平成十七年度一般会計と三特別会計の補正予算など予算五件、市町村合併に伴う各種規約変更などその他十三件。このほか、町出資三法人の経営状況についての報告三件がある。

 本年度一般会計補正予算案の主なものは、みんなでがんばる集落営農促進条件整備事業補助金七百五十万円、集落営農促進事業補助金四百万円など。

 十五日に会派代表質問、十六・二十二・二十六―二十九日各常任委員会、二十日一般質問、二十一日一般質問とその他議案十三件の質疑・討論・採決、三十日条例および予算議案九件と決算審査委員長報告など質疑・討論・採決を行い、閉会する予定。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ