滋賀報知新聞(ニュース)平成17年9月17日(土)第14211号


町並みを美術館・博物館に

23日開催 ぶらりまちかど&新近江商人塾
この日だけ 屋敷やお宝

=45カ所一挙に公開=

▲公開する商人の本宅や所蔵の品々を紹介したポスター
(湖東・東近江市)
 近江商人の本宅など、町並みそのものが美術館・博物館となる東近江市五個荘地区の一大イベント「第十一回ぶらりまちかど美術館・博物館」(同実行委員会、東近江市、市観光協会など主催)と、近江商人時代絵巻の「ごかのしょう新近江商人塾」(同実行委員会、五個荘商工会など主催)が二十三日、五個荘地区一帯で開催される。

 白壁と蔵屋敷が並ぶ金堂、川並町を中心に地区全体を美術館・博物館に見立てる市誕生記念イベント。普段は公開されていない屋敷や社寺、秘蔵のお宝がこの日に限って一般公開され、時代を先取りした近江商人の足跡と文化芸術が堪能できる。

 今年は四十五カ所を公開するとともに、活躍中の画家や陶芸家作品展を同時開催する。公開施設と展示内容を一部紹介すると、▽聚心庵(塚本定右衛門家の本宅。福沢諭吉、勝海舟らの書簡展示)▽川並町きぬがさ会館(近藤勇が愛した島原太夫の打掛小袖展)▽八年庵(塚本源三郎家の新居。源三郎自作の屏風、井伊直弼の掛け軸展。再現した商家の食事を賞味できる)▽弘誓寺(那須与一の孫愚咄坊が創建したと伝えられ、県下二番目の大屋根を持つ国重文。画家・石井豊太の洋画展を開催)▽竜田神社(久邇宮故邦彦王妃倶子殿下から御下賜された「三十六歌仙」色紙の特別公開)▽旧中江富十郎家(戦前に百貨店王と称された三中井一統の本宅を初公開)―など。開催時間は午前九時半〜午後四時。

 また、蓄音機で聴く「懐かしの曲」(市田庄兵衛家住宅)や「アンティーク・ピアノコンサート」(商人屋敷藤井彦四郎邸の山小屋)、おはぎ接待(萬松園)、小暮勇写真展「片手でも〜生き甲斐への挑戦」(五個荘図書館)、花の寄せ植え教室(小杉農園)などが行われる。

 同時開催の「ごかのしょう新近江商人塾」では、合羽姿の五個荘商人や矢絣のハイカラさん、山高帽子のモダンボーイが練り歩く明治・大正ロマンを再現する近江商人時代絵巻が繰り広げられる。パレードは、一回目が午前十一時、二回目が午後一時半から。

 メイン会場の大城神社馬場では、大道芸が行われるほか、五個荘が生んだてんびん太鼓ショー、楽しいお猿ショーなどが行われる。恒例の大茶会は外材宇兵衛邸(金堂)で。開催時間は午前九時半〜午後三時半。

 問い合わせは、東近江市教育委員会五個荘教育分室(0748―48―7100)または五個荘支所地域振興課(48―3111)、五個荘観光協会(48―2100)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

一般会計補正額3億6千万円

竜王町議会が開会

=22日に一般質問=

(湖東・竜王町)
 竜王町議会は十二日に開会し、竜王町介護保険条例の一部を改正する条例案や平成十七年度一般会計補正予算案など二十五議案を提案した。十六日から二十一日まで各委員会で審議した後、二十二日に一般質問が行われ、閉会日の三十日に委員長報告を受け採決する。

 一般会計補正予算案は、新規事業として▽高齢者福祉施設等整備事業補助金四千万円▽介護保険システム更新費用一千七百万円▽町道単独道路改良事業(町道エビス線)八千三百万円▽有線ファクシミリメールシステム整備補助金百二十万円、そのほか公用車購入費(ハイブリッドカー一台)二百四十二万円▽産業立地等基盤整備基礎業務七百万円などを計上し、歳入歳出それぞれ三億六千八百万円を追加する案が示された。

 また、アスベスト対策については、竜王中学校体育館天井の内とゆ部分で吹付材の使用が判明したため、専決処分で囲い込み工事を百八十万円かけて行った。町有施設は、今回の補正予算案にアスベスト調査・分析費四百万円を盛り込み、詳しい調査を進めることにしている。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

天究館友の会 写真・講演・観察

星空に夢を広げよう

=18日まで 近江八幡図書館=

▲宇宙への夢が広がる写真展
(湖東・近江八幡市)
 近江八幡市立図書館二階視聴覚室で「天究館友の会 天体写真展」が開かれている。十八日午後四時まで。また、これに関連して、「星空講演会」と「お月見観望会2005」が、十八日に図書館周辺で開かれる。

 多賀町にあるダイニックアストロパーク天究館の友の会のメンバーによる、宇宙飛行士・野口聡一さんが乗り込んだスペースシャトル・ディスカバリー号をはじめ、アンドロメダ星雲、日食、四年前に話題になった獅子座流星群など、宇宙への夢が広がる写真四十四点、隕石四点が展示され、撮影者である友の会メンバーによる解説パネルで、さらに天体への興味が広がる。

 星空講演会は、十八日午後二時から写真展会場で開催。友の会の安達誠さんが、スライドを使って「月と宇宙のおはなし」を繰り広げる。入場無料。

 十八日は「中秋の名月」が楽しめる。午後六時半から図書館裏の八幡公園で「お月見観望会2005」が開かれる。望遠鏡で月の表面を観察するほか、虫の音を楽しみながら、餅をつくウサギの姿を追ってみる。参加無料。なお、先着百人に、ウサギの形がわかる「お月見カード」が特別プレゼントされる。

 いずれも、主催はダイニックアストロパーク天究館友の会。問い合わせや当日開催確認は、近江八幡市立図書館(電話0748―32―4090)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

10月1日国勢調査

県人口は何万人?

=ピタリ賞に5万円=

(全 県)
 県は、十月一日に五年に一度の国勢調査が全国一斉に実施されるのに呼応して県民の関心を高め、理解と協力を得ることを目的に「滋賀県人口予想クイズ」を実施する。

 問題は「今回の平成十七年国勢調査による十月一日の滋賀県の人口は何人でしょうか?」というもので、県内に居住または通勤、通学している人なら誰でも応募出来る。

 応募方法は、官製はがきまたは、電子メール(E-mail)で(1)予想人口数(2)郵便番号、住所(3)氏名(ふりがな)、年齢(4)電話番号(5)勤務先または学校名(県外に居住する人のみ記入)を記入の上、応募する。応募は一人一通とし、予想人口数については一つのみとする。(一人で複数応募の場合は、全通無効とする)。

 ハガキによる応募先は、〒520−8577 (住所不要)滋賀県政策調整部統計課内・滋賀県統計協会へ(はがきの表に「人口予想」と朱書する)。電子メールの応募は、jinko@pref.shiga.lg.jp へ。

 応募の締め切りは、十月七日(はがきの場合は七日の消印有効、メールは同日二十四時受信まで有効)。

 入賞者は、平成十七年国勢調査の要計表による滋賀県の人口によって決定し、ピタリ賞一人に五万円。(正解者が複数の時は、賞金を正解者の数で割る)。ピタリ賞がない場合は、準ピタリ賞一人三万円。前後賞十人に一万円分の図書券、残念賞五十人に一千円分の図書券を贈る。

 結果の発表は、十二月に要計表人口公表後、入賞者を決定し、滋賀県統計課のホームページで発表する。

 問い合わせは、滋賀県統計協会(電話077−528−3391)へ。参考に滋賀県の人口推移は、平成十六年度で一三七万四、一八二人で、過去五年で年七千人から一万二千人の幅で増加している。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

好調続く県内雇用情勢

7月 有効求人倍率1.13倍

新規求人は製造業でやや減少
=パート 全体の3割強占める=

(全 県)
 滋賀労働局がまとめた県内における最近の雇用失業情勢によると、七月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月から〇・〇八ポイント上回った一・一三倍となり、先月に続き好調さを維持している。最近では四か月連続して一倍を割るなど足踏み状態が続いていたが、雇用情勢に大幅な回復感がうかがえる。

 有効求人数(二万四千百八十人)は、前月比一・三%の増加、前年同月比でも七・〇%増え、五か月連続の増加となった。一方、有効求職者数(二万四千四百八十五人)は、前月比四・五%減少し、前年同月比でも一・七%減と、三十三か月連続で減少した。

 このことから、有効求人倍率(季節調整値)は、前月に比べ〇・〇八ポイント上回り、一・一三倍(全国の六月〇・九六倍)となった。前年同月からは〇・二九ポイント上回っている。

 新規求人数(九千六百八人)は、前月に比べ二・七%増加し、前年同月比でも一一・二%増えた。新規求職者数(五千五百十五人)は、前月比八・八%減少し、前年同月比でも五・八%減った。新規求人倍率(季節調整値)は前月を〇・一九ポイント上回り一・七四倍となった。

 新規求人の主要産業別では、建設業、運輸業、卸・小売業、飲食店・宿泊業、医療・福祉、サービス業で軒並み増加し、製造業だけが一一・八%減っている。

 新規求人のうちパート数は三千二百七十七人で、パート比率は前月を二・八ポイント下回り三四・一%となった。製造業で二〇・七%、卸・小売業で六一・八%、飲食店・宿泊業で七七・〇%、医療・福祉で四五・〇%、サービス業では三〇・八%がパート求人だった。新規求職申込件数のうち、パート求職が千五百十五件(前月比一・七ポイント減)と全体の二七・五%を占めた。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ