滋賀報知新聞(ニュース)平成17年11月27日第14271号

◆湖東・東近江◆
メープル街道をゆく
湖東三山と永源寺
=周遊観光キャンペーン中=

◆湖東・能登川◆
能登川図書館8周年
〜音と語りの二人旅〜
=きょう開催=


◆湖東・能登川◆
能登川ジュニア水車塾
おせち料理を作ろう!
=子どもたち30人募集=


◆湖東・蒲生◆
親子でリトミック
=30日 蒲生町で=


◆湖東・近江八幡◆
半世紀の歩み祝う
近江八幡商工会議所50周年
さらなる精進と尽力を誓う
=市産業の活性化へ決意新た=


メープル街道をゆく

湖東三山と永源寺

=周遊観光キャンペーン中=

◆湖東・東近江◆
 紅葉の湖東三山と永源寺を巡る「周遊観光キャンペーン」が、今月30日まで開催されている。

 湖東三山(西明寺・金剛輪寺・百済寺)と永源寺は、県を代表する観光ルートであり、多くの国宝や重要文化財を有するとともに紅葉の名所として知られているが、公共交通機関の連結が薄く、集中的な観光が難しい。

 そこで、沿線の自治体と県、近江鉄道等がタイアップして湖東三山・永源寺周遊観光フォーラムを結成し、平成15年から「湖東三山・永源寺周遊観光キャンペーン」として、シーズン中に湖東三山と永源寺を巡回するシャトルバスを運行している。

 今回は、環境に優しいバイオディーゼル燃料を用いた「びわこメープル街道をゆく 紅葉回廊シャトルバス」を走らせ、近江鉄道尼子から湖東三山、永源寺を結ぶ。運賃は一乗車200円、2日間有効のフリー券は1000円。

 さらに、お得な乗車券「湖東三山・永源寺アクセスきっぷ」も大人1500円(通常2840円)、子ども750円で販売中。近江鉄道全線とシャトルバス、路線バス御園線(永源寺前〜八日市駅間)、愛東循環線(百済寺本坊前〜八日市駅間)をセットにした2日間有効のフリー券で、拝観料割引やワインプレゼントなどの特典が付いている。発売場所は近江鉄道の主要駅とJR彦根駅、近江八幡駅など。

 期間中のみどころを一部紹介すると、西明寺「国宝三重塔内壁画」特別拝観(〜11月30日、雨天中止)、金剛輪寺「日本最古の大黒天」特別公開(〜12月5日)、百済寺「開山聖徳太子像」「甲良豊後守宗廣像」特別公開(〜11月30日)、永源寺「標月亭庭園観賞」(〜同27日)。

 詳しくは、秦荘町産業耕地課内の湖東三山観光振興連絡会(0749―37―8059)または、永源寺観光協会(0748―27―0444)、近江鉄道株式会社鉄道部運輸課(0749―22―3303)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

能登川図書館8周年

〜音と語りの二人旅〜

=きょう開催=

◆湖東・能登川◆
 能登川町立図書館の開館八周年記念事業「おっと、あさたろう・しゅんすけ〜音と語りの二人旅〜」が、二十七日午後七時半から同館開架室で行われる。

 近江八幡市の沖島を舞台にした絵本「ぎんのなみおどる」の絵を担当した飯野和好さんによる自作絵本の読み語りと、和楽器奏者・木村俊介さんの津軽三味線&笛コンサート。無料。

 飯野さんは、長沢セツ・モードセミナーで水彩イラストレーションを学び、「小さなスズナ姫シリーズ」で第十一回赤い鳥さし絵賞を受賞したほか、「ねぎぼうずのあさたろう」で第四十九回小学館児童出版文学賞に輝いた。「桃子」「草之丞の話し」では新しい絵物語に挑戦し、芝居や読み語り、講演にも活動を広げている。

 木村さんは、和楽器奏者として活動する一方、作曲や編曲にも取り組み、心情風景をモチーフにした独自の音楽はNHK教育TV芸術劇場などで取り上げられる。また、ジャズサックス奏者の梅津和時氏や和太鼓集団「鼓童」など、様々なジャンルのアーティストとのセッションを行っており、今年の愛地球博では「センスオブワンダー国際映像フェスティバル」の音楽を担当した。

 問い合わせは同図書館(0748―42―7007)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

能登川ジュニア水車塾

おせち料理を作ろう!

=子どもたち30人募集=

◆湖東・能登川◆
 能登川町中央公民館で12月10日、小・中学生(小学3年生以下は保護者同伴での参加)を対象にしたジュニア水車塾「おせち料理を作ってみよう!!」が行われる。

 数あるおせち料理の中から簡単なメニュー2品程度を覚え、家族と一緒に年末のおせち料理を作ろうとする体験教室。開催時間は午前10時〜正午で、募集人数は30人。当時の持ち物はエプロン・三角巾・米0・5合。

 希望者は、今月30日までに中央公民館(0748―42―3200)へ申し込む。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

親子でリトミック

=30日 蒲生町で=

◆湖東・蒲生◆
 音楽を使って子どもの身体・感覚・知的を刺激する総合教育「親子で楽しくリトミック」が、三十日午前十時から蒲生町あかね文化センター小ホールで開催される。

 対象者は、一、二歳の子どもとその保護者で、町内外を問わない。講師はリトミック研究センターが務める。参加料は、親子一組三百円。事前申し込み不要。詳しくは、あかね文化センター(電話0748―55―0207)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ

半世紀の歩み祝う

近江八幡商工会議所50周年

さらなる精進と尽力を誓う
=市産業の活性化へ決意新た=

▲創立50周年を祝った式典――ホテルニューオウミで――
◆湖東・近江八幡◆
 近江八幡商工会議所(桜宮町)は二十二日、創立五十周年記念式典をホテルニューオウミで開き、半世紀の歩みを祝うとともに、地域経済の振興と発展へ、決意を新たにした。

 式典には、県内商工会議所会頭をはじめ、国、県、市、各種商工業団体、商店街など、関係者約二百人が出席。

 尾賀康裕会頭が敬意と感謝の気持ちを込め、「最善の努力をつくし、組織の整備・充実といっそうの精進を重ね、当市産業界の繁栄に努める」と、力強く式辞を披露した。

▲新たな歴史へ乾杯する出席者
 国松善次県知事、川端五兵衞近江八幡市長、福本匡志市議会議長、山口信夫日本商工会議所会頭は、「五十周年を新たな出発点として、今後の豊かで活力ある地域経済社会実現に向けて、いっそうの尽力を」など、大きな期待を込めた祝いのメッセージを寄せた。

 席上、記念事業チャリティーゴルフコンペで集まった募金十七万八千円が、市社会福祉協議会に寄贈された。また、これまでの功績をたたえて、十二人に表彰状と感謝状が授与された。

 祝賀会では、尾賀会頭らによる鏡割りに続いて、岩原侑前会頭による「乾杯」の発声で、祝杯をあげ、全員で五十周年を祝った。

 表彰状・感謝状を受けたのは次のみなさん。敬称略。
【滋賀県知事表彰】森村三右衛門【近江八幡市長表彰】上田勲・田中正一・吉田吉田良【近江八幡商工会議所会頭表彰】清水泰博・山本英夫【同感謝状】井上孫六・川島英三・小溝久男・治武將門・随井佳子・西川勝

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ