滋賀報知新聞(ニュース)平成18年1月7日(土)第14304号

◆大津◆
湖畔に映える幻想的世界
イルミネーション「光の庭」
=びわ湖大津館=

◆東近江・東近江市◆
新たな歴史の始まり
「蒲生支所開庁式」
=銘板除幕や記念植樹=


◆東近江・東近江市◆
モーグルで冬季五輪の夢つかむ!
「積極的な滑りを見てほしい」
=日野町在住の 伊藤みき選手=


◆東近江・東近江市◆
全国から46点
干支凧展 -犬- 開催
=八日市大凧会館=


◆東近江・竜王町◆
町内外から329人参加
新春の風を感じ疾走!
=竜王町で元旦マラソン=



湖畔に映える幻想的世界

イルミネーション「光の庭」

=びわ湖大津館=

▲琵琶湖畔の夜景に幻想的な彩りを添えるイルミネーション(びわ湖大津館)

◆大津◆

 約二万個の電球によるイルミネーション「光の庭」が、びわ湖大津館(大津市柳が崎)の正面広場付近に登場している。期間は一月十五日まで。

 イルミネーションはクリスマス、正月を通じて木々の間を飾り、幻想的な雰囲気を演出している。正面広場に面したレストランからは、イルミネーションとびわ湖花噴水、街の灯りが一体になった夜景が眺められると好評。

 なお、館内レストラン(喫茶もあり)は、午後十時まで営業している。ラストオーダーは午後九時。

 問い合わせはびわ湖大津館(077-511-4187)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ


新たな歴史の始まり

「蒲生支所開庁式」

=銘板除幕や記念植樹=

▲「東近江市蒲生支所」と刻まれた銘板を除幕する中村市長・吉澤議長・外池前町議会議長・山中前町長(左から、蒲生支所玄関前で)
◆東近江・東近江市◆

 新年の幕開けと同時に誕生した新東近江市。編入合併に伴い蒲生町役場は「蒲生支所」となり、一日午後一時から「蒲生支所開庁式」が同支所玄関ロビーで開かれた。

 開庁式に先立ち、昨年十二月二十八日に亡くなった安田勲前蒲生町議会副議長に出席者全員が黙祷を捧げ、式典へと移った。

 式辞に立った中村功一市長は、「東近江市の新たな船出を喜ぶとともに、一万五千の蒲生町民の熱い思いに身の引き締まる思いである」と新市誕生の喜びと責任を噛み締め、「行政改革に取り組み、業務の専門性を高め、多様な住民ニーズに適切に対処することが求められている。十二万の市民が主役となる東近江市の創造と自治体づくりになお一層の努力を」と蒲生支所職員約五十人の意識を高めた。

 続いて、吉澤克美議長が「県内で三番目に大きなまちとなった。各地区では行政課題も歴史も異なり、住民ニーズも多種多様。地方自治を確立する上で、大きな視野に立って論議していく必要がある。東近江市に住んでよかったと思えるまちづくりを、市民との協働で築いていこうではないか」と激励した。

 旧蒲生町の山中壽勇前町長は、「輝かしい歴史の第一歩の場に呼んでいただき光栄に思う。新しい歴史を積み重ねる中で県下の中核都市として飛躍することを祈念する」と期待を寄せ、外池文次前町議会議長が「蒲生町の良さを継承しながら蒲生支所を基点に、住民自らが考えよりよいまちづくりを進めていくことが大切」と自ら一市民として力を尽くすことを誓った。

 旧蒲生町の四役や町議会議員、合併協議会委員、区長会正副会長らが見守る中、「東近江市蒲生支所」と刻まれた銘板の除幕とテープカットが玄関前で行われた。また、同支所中庭には“ヤマボウシ”の苗木が植樹され、新市とともに成長し花そして実がなることを祈りつつ、出席者約九十人は気持ちを新たにした。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ


モーグルで冬季五輪の夢つかむ!

「積極的な滑りを見てほしい」

=日野町在住の 伊藤みき選手=

◆東近江・東近江市◆

 スキー場がなく雪国育ちでもない日野町大窪在住の伊藤みきさん(18)=近江兄弟社高校三年=が、二月十日からイタリア・トリノで開催される冬季五輪に、スキー競技フリースタイル(モーグル)の日本代表として出場することがこのほど内定した。新年早々の明るい話題に盛り上がる日野町で、一日に「壮行会」(主催=日野町・日野町体育協会)が開かれ、地域住民や同級生、学校関係者ら約三百人が努力と家族愛で夢をつかんだ期待の星に大きな声援を送った。

姉・あづさ選手も代表枠かけ闘志燃やす


▲みきさん(左)に続いて姉妹での五輪出場目指して姉・あづささんも闘志を燃やす
●モーグル3姉妹。努力実り夢叶う

 伊藤みきさんは、姉・あづささん(20)=中京大学二年=と妹・さつきさん(12)=日野小学校六年=の三人姉妹。体育教師でスキーを趣味とする父・公英さんと母・敦子さんの影響で、三姉妹ともにモーグルに打ち込んでいる。

 雪国出身者と比べて練習環境にハンディを背負いつつも、家族一丸となって県内外のスキー場などを駆け回り、練習を重ねてきた。

 スキーに取り組む姿勢から人として大切なものを伝えることに力点を置いてきた両親が掲げるモットーは「継続は力なり」。言葉を交わさずとも理解し合える関係で、ライバルでもある三姉妹。互いに切磋琢磨し技術に磨きをかける中、みきさんが一足先に夢の五輪切符を手にした。

 みきさんは、昨年二月のワールドカップ(W杯)猪苗代大会で八位に入賞。全日本ナショナルチームAチームメンバーとして参戦した同十二月のドイツでのW杯第二戦で、日本勢で唯一予選を突破し決勝に進み、上村愛子選手に続き出場権をグッと引き寄せた。

▲応援メッセージを書き込む同級生ら
●日野町で「壮行会」

 日野公民館で行われた壮行会では、藤澤直広町長が「みき選手が一生懸命にがんばれば報われることを証明してくれた。日野町にとって大きなお年玉となった」と祝福し、学校法人近江兄弟社学園・池田健夫理事長も「真面目に努力しオリンピック出場という夢を実現したことは生徒の励みになる。のびのびと力を発揮してほしい」と激励した。

 伊藤さん一家が在住する双六町は、みきさんの話題一色で日野祭以上の盛り上がりだという。小中高校の同級生たちも駆け付け、「みきは勉強も部活も何でも一生懸命。今のみきなら何でもできる」と熱い声援を送った。

 多くの人に支えられていることを改めて実感したというみきさんは、「五輪内定の理由は、トリノの次のバンクーバー五輪対策と聞いており、将来性をかわれてのことだと思っている。そのことを忘れず、悔いの残らないよう積極的かつ攻撃的なスキーで、次期五輪につながるような滑りをしたい」と意気込みを述べ、約三百人の声援を五輪直前まで続く遠征の励みにすると話していた。 

▲家族一丸となって獲得した夢の切符(左から公英さん、昨シーズン全日本ランキング19位のさつきさん、みきさん、あづささん、敦子さん)
●姉妹で出場目指す

 また、姉妹での五輪出場を目指して、姉のあづささんがナショナルチームBチームからAチームに合流し、七日からカナダで行われるW杯第三戦に参戦する。トリノ五輪代表枠をかけた最後の大会でもあり、あづささんは「オリンピックに出場できるようがんばりたい」と闘志を燃やす。

 ゆっくりと正月休みを満喫する暇もなく、あづさ・みき姉妹は二日に日本を発っており、現在のところカナダ・アメリカ・イタリアで開催されるW杯を転戦してトリノ五輪へ入るという。

 女子モーグル競技は二月十一日に実施される予定で、日野町は競技時間に合わせてプロジェクターで競技の様子を映し出し、応援する場の設定を計画中だ。
 さらに、同町体育協会は、現地で観戦する“伊藤みき選手応援ツアー”を企画。七日午後七時半から日野公民館でツアー説明会を催す。詳しくは、同町教育委員会社会教育課(0748―52―6566)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ


全国から46点

干支凧展 -犬- 開催

=八日市大凧会館=

▲八日市大凧会館で開かれている干支凧展
◆東近江・東近江市◆

 今年の干支「戌(犬)」の図柄が描かれた全国の干支凧展が八日市大凧会館で開かれている。

 新年恒例の新春特別展でことしで十四回目。会館二階に設けられた特設会場に全国十二都道府県の犬の凧合わせて四十六点が立体的に展示されている。

 うち、三十点は今回の展示のために愛好者や凧師と呼ばれる専門家、デザイナーに制作を依頼したもので、十五センチ四方の越前豆凧から二メートル四方の八日市大凧まで大小様々な凧が集められている。

 長方形のものを中心に表面に犬の姿絵や犬の郷土玩具の図柄、創作画などが描かれている。色鮮やかな作品もあり、来館者の目を楽しませている。

 同特別展を正月の観光ツアーに加えた旅行会社もあり、初日から大型観光バスで来館者が訪れて賑わっている。展示は二十三日までで、先着一五○人に犬の図柄を描いた八日市大凧のミニ干支凧をプレゼントしている。

 入館料一般二百円、小・中学生百円で水曜日休館。問い合わせは同会館(23−0081)へ。


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ


町内外から329人参加

新春の風を感じ疾走!

=竜王町で元旦マラソン=

▲勢いよくスタートを切る参加者ら(竜王町総合運動公園ドラゴンハットで)
◆東近江・竜王町◆

 新年の幕開けにふさわしく青空が広がった一日、「ドラゴン元旦マラソン」(竜王町体育振興協会主催)が竜王町総合運動公園ドラゴンハットで開催され、町内外から三百二十九人のランナーが今年の目標や決意を胸に疾走した。

 午前九時からの開会式後、山口喜代治町長がスターターを務め、ジョギングと一・五キロの二部門の選手が号砲とともに一斉にスタート。スタート地点で転倒し足にすり傷を負い泣きながら走り続ける子どももいたが、沿道からの「がんばって」との声にどの選手も励まされ、老若男女が一緒になってゴールを目指した。

 続いて、二キロ、三キロ、五キロの部と次々とスタートを切り、心地よい汗をかいた。ゴールした選手たちには豚汁が振る舞われ、豪華賞品が用意されたビンゴ大会も催された。

 


メインメニュー|全 県| 湖東・湖北| 湖南・湖西| 中央政界特報| 社説
今週の運勢| お誕生・他| 今日の首長| 取締情報| リンク| E-Mail

TOP インデックスへ