平成18年3月24日(金)第14369号

◆全県◆
共同企画
県立近代美術館
新鋭の芸術集団
音響、映像で ひと味違った演出
=所蔵のアメリカ現代美術の名品=

◆東近江・東近江市◆
模擬挙式&披露宴
ウエディング体験ツアー
=ドレス試着、ビュッフェなど=


◆東近江・東近江市◆
第18回 長山杯 16チーム勝ち上がる
あす準々決勝 あさって決勝
=シーズン開幕に燃える長山=


◆東近江・日野町◆
南風に乗って突っ走る!
D―51が コンサート
25日から 前売券発売
=日野町で=


◆湖東・愛荘町◆
愛知川公民館で25日
近江中山道宿場会議
=歴史を共有するまちづくり=


◆東近江・近江八幡市◆
史跡指定調査で全容出現
北之庄城の謎に迫る
=近江八幡市 現地説明会=



共同企画

県立近代美術館

新鋭の芸術集団
音響、映像で ひと味違った演出
=所蔵のアメリカ現代美術の名品=

▲コンスタンティン・ブランクーシ「空間の鳥」(高谷史郎撮影)
◆全県◆

 県立近代美術館(大津市)は、所蔵する現代美術のコレクションを、音響や映像など様々な表現手法を用いて知覚体験を演出する企画展「ソフトパッド+滋賀県立近代美術館 センシビリア-所蔵品によるある試み」を開催している。四月二日まで。

 同展は、関西を拠点におき、国際的に活躍する新進気鋭の芸術集団「ソフトパッド」と同美術館による共同企画。

 展示されるのは、コンスタンティン・ブランクーシの「空間の鳥」、ドナルド・ジャッドの「無題」など七点。コンピューター制御された特殊な照明効果により普段と全く異なる表情を見せたり、二十四面マルチビジョンによる大規模な映像が、音響を伴って投影される。

 同館は「斬新な角度から美術品にアプローチすることで、知識に頼るよりも、むしろ美術作品との感覚的な出会いの場を提供する」としている。

 入場は大人八百円、高大生六百円、小中生四百円。問い合わせは同館(077-543-2111)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


模擬挙式&披露宴

ウエディング体験ツアー

=ドレス試着、ビュッフェなど=

◆東近江・東近江市◆

 ウエディングハウス・アクイールジャルダン(八日市ロイヤルホテル)のブライダルフェアー「春!!ウエディング満喫ツアー☆」が、二十六日に開かれる。

 春をテーマにコーディネートしたステキな式場で、本番さながらの模擬挙式&披露宴を体験するツアー。チャペル見学やドレスの試着、ウエディングを楽しむ相談会などが開かれる。

 内容を紹介すると、午後一時半〜模擬挙式(チャペル式)、同二時〜模擬披露宴(ガーデン演出・デザートビュッフェ体験)、同三時〜模擬人前式(生演奏有)。いずれも要予約、開催時間は午前十時〜午後七時。

 このほか、四月には様々なイベントが企画されている。▽四月二、八日=ブライダルデート▽二十三日=模擬挙式・披露宴、和装&ドレスショー。時間はいずれも午前十時〜午後七時。平日しか休みが取れない人にも「weekly相談会」を開いている(要予約、午前十時〜午後八時)。

 問い合わせは、アクイールジャルダン(0748―24―0690)。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


第18回 長山杯 16チーム勝ち上がる

あす準々決勝 あさって決勝

=シーズン開幕に燃える長山=

▲選手宣誓は池元孝弘主将
◆東近江・東近江市◆

 吉沢体育振興事業団(吉澤澄雄理事長)主催の「第十八回長山杯争奪・春季少年野球大会」(滋賀報知新聞社、東近江市軟式野球連盟、日本少年野球ボーイズリーグ・オーミボーイズ後援)は二十一日、寒の戻りを感じる東近江市立長山公園グラウンドで始まった。

 ちびっ子野球のシーズン開幕を告げる今大会には、地元東近江勢十八チームを含む県下三十一チームに三重の一チームを加えた計三十二チームが参加し、新六年生を先頭に各選手のハッスルプレーに期待が寄せられた。

 開会式では、市立玉園中学校ブラスバンド部が演奏する行進曲に乗り、選手五百人が堂々の入場を果たし、吉澤澄雄大会長(同事業団理事長)の「野球ほど親と子が共に熱くなれるスポーツはない。力いっぱいのプレーを選手諸君に期待する」との開会宣言で第十八回大会は開幕した。

 応援に駆け付けた岩永峯一衆院議員は「一つの目標を持って熱く燃えることが大切」と開幕を祝い、久田元一郎助役や吉澤克美議長が「練習の成果を十分に発揮して下さい」と選手を励ました。

 小寺裕雄県議が「感謝の気持ちを忘れず、目標に向かって頑張って下さい」と選手に期待を込めたほか、野村彭彦教育部長やオーミボーイズ村山孝之代表も激励に訪れた。

 冨田正敏滋賀報知新聞社長の開会あいさつ「最後まであきらめず、投げ出すことなく頑張り、悔いのない楽しい野球に期待する」を受け、蒲生少年野球クラブの池元孝弘主将が出場三十二チームの団旗を従え「力いっぱい正々堂々とプレーします」と選手宣誓を行った。

 大会初日は、四コートに分かれて行われた一回戦では、十六チームが初戦突破を果たしている。二日目(二十五日)の準々決勝でベスト四を決め、最終日(二十六日)は準決勝、決勝、三位決定戦を行う。いずれも試合開始は午前十時。初日の結果は次の通り。

【第1日目】
蒲生7―0関
金田3―0玉緒
能登川北12―8安土
旭森12―3湖東
稲枝東12―7布引
長峰11―0ニュエン
市原12―0日野
綾野3―2能東
永源寺10―1五個荘
八幡16―0愛東
秦荘9―2八日市北
能登川南2―1小野
多賀5―2ビクトリ
中チビ11―2中主
御園5―3水戸
能登川西9―4三雲


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


南風に乗って突っ走る!

D―51が コンサート

25日から 前売券発売
=日野町で=

▲沖縄出身のデュオ「D―51」
◆東近江・日野町◆

 沖縄出身デュオ・D―51のコンサート「2GETHER TOUR2006〜サマーデリバリー産地直送!暑いうちにお召しあがり下さい!〜」(日野町文化振興事業団主催)が、六月十八日に日野町町民会館わたむきホール虹大ホールで開かれる。開演時間は午後五時半。

 テレビドラマ「ごくせん」の主題歌“NO MORE CRY”で一躍有名になったD―51は、平成十五年から沖縄県の美浜でストリートライブを始め、心にすっと入り込むようなまっすぐな歌声とハーモニーで道行く人を魅了し続けてきた。

 翌年二月には沖縄県内限定でミニアルバムを発売、インディーズでありながら沖縄で総合月間チャート一位を記録。その勢いはとどまるところを知らず、五カ月後には待望のメジャーデビューを果たした。

 歌う楽しさを感じながら新たな可能性を見い出そうとしているYUとYASU。第二十九回日本アカデミー賞で最優秀作品賞や最優秀音楽賞などを総なめにした映画「ALWAYS三丁目の夕日」の主題歌を歌いヒットを飛ばし、NHK紅白歌合戦に出場するなど、目覚ましい活躍ぶり。

 今回は、十五日に発売されたセカンドアルバム「2GETHER」(全十一曲収録)を引っさげて、五月二十五日から六月二十五日まで全国十カ所以上でコンサートを行う。日野町での公演は、沖縄で迎えるツアー最終日の直前。

 入場料(全席指定)は、前売三千五百円、当日四千円。前売券完売の場合は当日券の販売なし。チケットは、わたむきホール虹や平和堂(日野・蒲生・水口・八日市・近江八幡店)などで、今月二十五日から発売される。

 詳しくは、わたむきホール虹(0748―53―3233)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


愛知川公民館で25日

近江中山道宿場会議

=歴史を共有するまちづくり=

◆湖東・愛荘町◆

 愛知川公民館で二十五日、「近江中山道宿場会議」が開かれる。

 平成十五年から三年にわたり、NPOや地域住民とともに中山道沿線の観光振興に取り組んでいる県湖東地域振興局が開くもので、当日は、午前十一時から宿場町の現地視察を兼ねた愛知川宿の自由散策のあと、午後一時から同公民館で開会式が行われる。

 同会議には、昔の人々が往来した中仙道の歴史と文化を共有する北は米原市の柏原宿から、南は草津宿まで県内十二の宿場町の人々が参加。街道のつながりをきっかけに連携と協力の輪を広げ、中山道を舞台にまちづくりの協働作業を模索する。

 開幕直後の主催者あいさつのあと、柏原宿やいと祭(米原市)、とがらい祭(竜王町)のビデオ上映と高宮町の高宮かぼちゃ踊り(彦根市無形文化財)の上演が行われる。

 続いて、それぞれの宿場町での活動発表に移り、「先人の文化遺産を学ぶまちづくり活動」や「近江中山道を楽しむ会」、「愛知川宿六十六番まつり」など七地区の取り組みを紹介し、意見交換を行う。問い合わせは同振興局(0749-27-2204)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


史跡指定調査で全容出現

北之庄城の謎に迫る

=近江八幡市 現地説明会=

▲正面玄関と思われる内枡形虎口(手前左から進んできた人はここで左に折れ、門を入ってまた右に折れる、そのあとも何度も左右に折れながら上段曲輪にたどり着く)
◆東近江・近江八幡市◆

 近江八幡市が史跡指定をめざして調査してきた「北之庄城」についての現地説明会がこのほど行われ、小雨降る中、地元住民や市内外の歴史愛好家ら約四十人が参加し、いにしえのロマンに思いを馳せた。

 北之庄神社から北之庄城をめざして山道を登り、調査のため整備された頂上付近に到着すると、そこにはまさに城として造営された遺構が、次々と出現する。

 敵の侵入を食い止めるための堀切(幅約十五メートル、落差約六・五メートル)や空堀、周囲を土塁で囲まれた曲輪(くるわ)跡とみられる平たん地(上段曲輪)、左右に折れ曲がりながら通過しなければならない構造の内枡形虎口は正面入口と考えられ、門柱の跡らしき穴も残る。下段曲輪には今も水が溜まる謎の六つの穴もある。

 調査担当者は、「なんのために築かれたのか、守る根拠が明確でない」と話し、正面虎口の規模などから、佐々木氏の時代より時代が新しくなる可能性もあり、今後の文献調査に結論を待たなければ結論が出ないことを示唆した。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ