平成18年7月22日(土)第14471号

◆全県◆
夜空彩る大輪
県内の花火大会
=ピックアップ=

◆東近江・東近江市◆
あいとうレガッ田
出場チーム募集
=30日・マーガレットステーション=


◆東近江・東近江市◆
バレーボール小学生県大会
五個荘と能登川南が
=全国・近畿大会へ!=


◆東近江・東近江市◆
記念品や手づくりプレゼント贈る
西さん 百歳長寿おめでとう
=助役と園児らが慶祝訪問=


◆東近江・東近江市◆
友情で結ばれた!
朝桜中と場岩中
=中学生が育む日韓交流=


◆東近江・近江八幡市◆
伝統文化体験こども教室
作って遊ぶ 「マナビィ」
=八幡公民館で来月開講=


夜空彩る大輪

県内の花火大会

=ピックアップ=


◆全県◆

 夏の夜に華やかな大輪の花を咲かせる花火。これから県内で開催される花火大会の打ち上げ場所と日時を紹介。あなたは誰と思い出づくりに出掛けますか?



7月22日
★第125回愛知川祇園納涼祭花火大会
▽愛知川河川敷
▽午後7時半〜9時20分

7月29日
★水口夏まつり
▽水口大橋付近
▽午後8時〜8時45分
★2006「12万都市誕生と聖徳まつり」祝賀の花火大会
▽愛知川河川敷
▽午後8時〜8時半

7月30日
★蒲生あかね夏祭り
▽蒲生運動公園
▽午後8時45分頃から

8月1日
★2006彦根大花火大会
▽彦根港
▽午後7時45分〜8時半
★おごと温泉花火大会
▽雄琴港
▽午後8時〜8時半

8月5日
★長浜・北びわ湖大花火大会
▽長浜港
▽午後7時半〜8時45分
★サマーフェスタinひの2006
▽日野町役場
▽午後九時頃から
★ふるさと竜王夏まつり
▽妹背の里
▽午後8時45分から

8月8日
★2006びわ湖大花火大会
▽大津港沖の琵琶湖上
▽午後7時半〜8時半

8月9日
★石山寺千日会と瀬田川に煌めく炎のページェント
▽石山港
▽午後8時15分〜8時45分

8月17日
★瀬田川花火大会
▽瀬田唐橋周辺
▽午後7時50分〜9時

8月25日
★木之本大花火大会
▽木之本町民グラウンド
▽午後8時から


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


あいとうレガッ田

出場チーム募集

=30日・マーガレットステーション=


◆東近江・東近江市◆

 愛の田園(まち)ネットは、夏の地区イベントとして三十日にあいとうマーガレットステーション横の田んぼで開催する「第二回泥カップあいとうレガッ田」の参加者を募集している。

 田植え前のような泥田にした田んぼに三人一組が板ボート(主催者側が用意)に乗り込んで、約三十メートルの直線コースを走り抜けるタイムレースで、小学生、中学生、レディース、一般の四部門で順位を競う。

 募集は各部門とも十チームで、上位三位までに賞金(小・中学生の部は賞品)を贈るほか、参加賞や競技中のパフォーマンスタイムでの仮装賞も設ける。

 レースの後、バットで打ったボールを田んぼの中で捕球する「泥んこノック」も開く。当日受付の飛び入り参加を歓迎。あいとうメロン、あいとうスイカなどの特産品を賞品として贈る。

 レガッ田競技への出場申し込みは、二十五日までに愛東支所地域振興課(0749-46-2260)へ。参加料一チーム三千円で小、中学生チームは無料。泥んこノックは、参加無料で当日受付。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


▲2年連続優勝に輝いた五個荘
バレーボール小学生県大会

五個荘と能登川南が

=全国・近畿大会へ!=



◆東近江・東近江市◆

 サントリーカップ第二十六回全日本バレーボール小学生大会滋賀県中央大会がこのほど、草津市総合体育館と草津市民体育館で行われ、出場四十五チーム(男子十三、女子三十二)による激戦の結果、男子・五個荘が二年連続四回目の優勝に輝いたほか、女子・能登川南が三位を決め、それぞれ全国大会、近畿ブロック大会への切符を手にした。

 汗と涙、友情の結晶・バレーボール「全日本大会」を掛け、男子の部に十三チーム、女子の部には、県下二百二十八チームから競り勝った三十二チームが激突し、トーナメント方式で熱戦を繰り広げた結果、男子は二年連続で五個荘が優勝、菩提寺が準優勝(出場枠はベスト2)となり、八月十五〜十八日に東京都で開かれる全国大会へ出場する。

▲激戦を制し、近畿大会に出場する能登川南
 女子は、七倍の競争率から進出した三十二チームが、予選&決勝トーナメントで白熱し、二年ぶり三回目となる草津はやぶさが優勝し、田上が準優勝、能登川南と比叡平が三位を飾り、八月五〜六日開催の近畿ブロック大会に出場する。

 五個荘チームは、六年生四人、五年生三人、四年生一人の少数精鋭チームで、週五回にもおよぶ熱い練習を展開しており、『元気よし・プレーよし・チームワークよし』を目標に、持てる力を十分に発揮したい―としている。

 また、能登川南チームは、六年生八人、五年生三人、四年生十一人、三年生六人の大所帯チーム。「信頼」「元気で明るく」を合い言葉にチームが一丸となり、近畿二府四県の覇者を目指す。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


記念品や手づくりプレゼント贈る

西さん 百歳長寿おめでとう

=助役と園児らが慶祝訪問=



▲100歳を祝ってもらい、喜ぶ西さん
◆東近江・東近江市◆

 東近江市山上町の西まきさんが百歳の誕生日を迎え、久田元一郎助役と川戸善男永源寺支所長、市立もみじ保育園の園児二人が西さん宅を慶祝訪問し、長寿を祝った。

 久田助役は、一世紀の労をねぎらいながら「どうぞ元気で長生きしてください」とお祝いの言葉を贈り、記念品(百歳祝状、記念盾、祝い金十万円)と花束を手渡した。また、二人の園児から折り紙で作ったステキな首飾りがプレゼントされ、西さんは「ありがとうございます」と喜びいっぱいに感謝の気持ちを返した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


友情で結ばれた!

朝桜中と場岩中

=中学生が育む日韓交流=



▲李さんがだるま落としを見事成功させて盛り上がる2年生の教室
◆東近江・東近江市◆

 日韓両国の中学生たちが、一つひとつ共通の思い出を積み重ね、互いの理解と友情を深める中で、新たな歴史を歩もうとしている―。旧蒲生町と姉妹都市提携を結んでいた大韓民国忠清南道扶餘郡場岩面(チャンアムミョン)の場岩中学校(崔昌錫校長)から生徒五人と教諭二人の計七人が、二泊三日の日程で東近江市を訪れ、十八日には東近江市立朝桜中学校(望田哲校長)で生徒たちと楽しい思い出を作った。

 石塔寺の阿育王塔が縁で、旧蒲生町と場岩面は姉妹都市提携を結び、平成三年から両中学校の生徒が交互に訪問する文化交流をスタート。合併後も事業を継続しようと、蒲生地区では新たに“場岩中学校招請事業実行委員会”(高岡秀嗣委員長)を立ち上げた。

 昨年、訪韓した朝桜中二年・岡千明さんが「手紙やクリスマスカードの交換を続けていて、『みんなと早く会いたい』と書いてあった」と再会を心待ちにする中、十七日午後六時過ぎ蒲生支所へ場岩中学校一行が到着。

 韓国の国旗を持ったホストファミリーや岡井眞壽美教育長ら市職員が出迎え、高岡委員長が「次世代へ恒久的にこの交流を引き継いでいきたい」と歓迎、約八カ月ぶりの再会に両校生徒は手を取り合って喜んだ。

 場岩中二年・趙有利(チョ・ユリ)さんは「みんなと一緒に授業を受けるのが楽しみ」と語り、事前に「どうぞよろしく」という日本語を覚えてきたという。

▲韓国の伝統的な音楽“サムルノリ”を披露する場岩中の生徒ら
 翌十八日は、朝桜中学校体育館で交流会が催され、外池純也生徒会長が「短い間だが仲良く楽しい思い出を作ろう」とあいさつ。場岩中三年・趙誠欣(チョ・ソンフン)さんは、朝桜中生徒が訪韓したときの思い出や一緒に作った陶器を持参したことに触れ「短い期間だが多くのことを学び、日本の友だちと美しい思い出と友情を深めたい」とこたえた。

 吹奏楽部が和太鼓を織りまぜた演奏で歓迎の気持ちを表し、そのお返しに民族衣装を身にまとった場岩中の生徒たちが、猛練習してきたという“サムルノリ”を披露した。韓国の伝統的なリズムと音色に触れ、吹奏学部員らは「座って演奏したり日本とはまた違った感じがして、すごく音もきれいだった」と目を輝かせていた。

 続いて、場岩中の生徒が二、三年生の授業へ参加。英語の時間には、日本の生徒らが涼を演出するうちわや浴衣のほか、折り紙、コマ、万華鏡などを英語で紹介し、手渡されただるま落としに挑戦した場岩中二年・李燦雨(イ・チャンウ)さんが一回で成功させ、教室内は盛り上がった。

 崔校長は「両国の若者たちが友情で結ばれ、世界に向いて手をつなぎ歩き出したとき、日韓両国の未来は一層明るくなると思う」と手応えを感じ、真の友情を育む交流の重要性を強調した。場岩中一行は、富士山に登った後、帰路に着くという。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


伝統文化体験こども教室

作って遊ぶ 「マナビィ」

=八幡公民館で来月開講=


◆東近江・近江八幡市◆

 子どもたちに伝統文化に触れ、親しむことで、日本固有の文化の魅力を感じてもらおうという「伝統文化こども教室」(財団法人伝統文化活性化国民協会の文化庁委嘱事業)が全国で開かれている。近江八幡市でも、八幡公民館(宇津呂町)で各種教室が開設され、受講者の募集などが随時行われている。

 現在、「伝統文化体験こども教室 マナビィ」が八月十日から十二月まで全十回(午前十時から正午)で開かれることが決まり、受講生の募集が始まった。

 NPO法人滋賀県生涯学習インストラクターの会のみなさんの指導で、色紙を折って切ることにより美しい紋様をつくる「紋切り遊び」、遊んで作る「伝統玩具遊び」、針と糸を使って小物袋を作ったりふろしきの包み方を学ぶ「布遊び」、一輪挿しや色紙立てを作る「竹工芸」に挑戦する。

 対象は周辺の小学四年生から中学二年生。定員は二十人(先着順)。受講無料。問い合わせ・申し込みは、同会の樋口さん(0748―25―2462)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ