平成18年7月24日(月)

◆湖南・草津市◆
草津市立水生植物公園
29・30日、「ハス祭り」
=ハス酒やクイズラリーなど多彩=

◆東近江・東近江市◆
ドキュメント映画 「わたしの季節」
29日 八日市文化芸術会館で上映
日常から命の根源を見つめる
=第2びわこ学園の生活を記録=


◆東近江・東近江市◆
大凧まつり会場で
「花火大会」催す
=29日夜 愛知川河川敷=


◆東近江・東近江市◆
夫婦のプラス生活
能面と木目込毬展
=ギャラリーとも=


◆東近江・東近江市◆
味よし、13キロ級ゴロゴロ
=復活・角井西瓜 直売=


◆東近江・近江八幡市◆
八工生が「マモーリくん」描く
=駅南防犯ステーションシャッターに=


草津市立水生植物公園

29・30日、「ハス祭り」

=ハス酒やクイズラリーなど多彩=


◆湖南・草津市◆

 草津市立水生植物公園みずの森(草津市下物町)は、七月二十九日、三十日、ハス祭りを開催する。イベント内容は次の通り。

 ▽「象鼻杯(ぞうびはい)」(両日10時、13時)=ハスの葉に草津の地酒やミネラルウォーターを注いで、茎を通して飲む風流な夏の催し。参加費百円。

 ▽「チャレンジクイズラリー」(両日10時〜15時)=正解者(先着百人)には景品がある。

 ▽野点(のだて)(両日13時〜16時)=蓮の実ようかんと抹茶でもてなす。茶席券二百円。

 ▽「アオバナの昔話と箏演奏」(29日10時、13時)=市の花アオバナの昔話と麻植美也子さんの箏演奏。

 ▽「フォルクローレ」(30日11時半、14時)=世界的な打楽器の古谷哲也さんたちによる「水が奏でる音楽」などの演奏


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ドキュメント映画 「わたしの季節」

29日 八日市文化芸術会館で上映

日常から命の根源を見つめる
=第2びわこ学園の生活を記録=


◆東近江・東近江市◆

 重症心身障害児施設・第二びわこ学園(野洲市)の三十年以上にわたる生活を背景に制作されたドキュメント映画「わたしの季節」(小林茂監督)が、二十九日に八日市文化芸術会館で上映される。

 平成十三年、第二びわこ学園の新築移転計画をきっかけに、約四十年をかけ育ててきた療育を記録にとどめたいとして制作された。学園に生活する百二十三人の日常を足掛け四年間にわたって追い続けたドキュメンタリー映画で、十六年十月に完成した。

 創始者・故糸賀一雄氏の理念「この子らを世の光に」に基づく療育は、利用者・家族・職員が一体となった取り組みから生まれてきたもので、重い障害のある一人ひとりが、私たちと同じように悩み、苦しみ、楽しみながら生活する姿から、彼らの心を感じ取ることができる。

 この映画は、障害を持った人たちの処遇のあり方を問う映画ではなく、重い障害を持って生きている人の「存在感」あふれる生きざま、そして家族の姿など、日常の生活を通して命の根源を見つめる映画で、画面を通して響きわたる「こころの声」が聞こえてくる。

 午前十時と午後一時半から二回上映され、入場料は前売り・当日とも大人五百円で、中学生以下と障害・療育手帳を持っている人は無料。チケットは、八日市駅前アピア三階くらしのサービスセンター、第二びわこ学園(TEL077―587―1144)で発売している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


大凧まつり会場で

「花火大会」催す

=29日夜 愛知川河川敷=


◆東近江・東近江市◆

 八日市観光花火振興会(大洞共一会長)は、二十九日午後八時から恒例の「花火大会」(東近江市、商工会議所、商工会、滋賀報知新聞社後援)を同市建部北町の愛知川河川敷(八千代橋下流)=大凧まつり会場=で開催する。

 十二万都市誕生と聖徳まつり成功を祈願し、スターマインなど約千発を打ち上げる。左岸道路(八千代橋―奥交差点)と右岸(同―すこやかの森)が歩行者天国となり、午後七時から九時まで車両通行禁止となるため、周辺企業や公共施設など八百台分の駐車場を借り上げ対応することにした。開催当日の問い合わせは、テレホンサービス(TEL25―0694)で。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


夫婦のプラス生活

能面と木目込毬展

=ギャラリーとも=


◆東近江・東近江市◆

 木の香りが心地よい街角のくつろぎスポット「ギャラリーとも」(井田さだ子代表、東近江市東沖野二丁目)で、湖南市石部町在住の山本邦夫さん・朝子さん夫妻による「能面と木目込毬(てまり)展」が始まった。

 若いころから古典に興味を持っていた邦夫さん(70)。定年後の楽しみとして能面打ちの世界に入り、毎日コツコツと励んで早十年。一つの作品を作り上げるのに約一年はかかると言い、愛着たっぷりの力作を展示している。その傍で見守る朝子さん(65)も、折り紙や押し絵、手まり、陶芸、日本画、洋画と多才な趣味を持ち、六十歳からの人生をいかに楽しく、健康で暮らか―というプラス思考の生活を送っている。

 二十八日まで。期間中休みなし。開館時間は午前十時から午後三時。入館無料。問い合わせはギャラリーとも(0748―23―5461)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


味よし、13キロ級ゴロゴロ

=復活・角井西瓜 直売=



▲百済寺本町の営農組合倉庫前で直売が始まった「角井西瓜」
◆東近江・東近江市◆

 明治末期から栽培が始まり、戦前には全国に名を馳せた「角井西瓜(すいか)」の復活二年目を迎えた東近江市百済寺本町の角井西瓜生産者らが二十一日、丹誠込めて育てた角井西瓜の直売を同地区の営農組合倉庫前で始めた。

 角井西瓜の特徴だった「大玉でおいしい味」を継承しようと長年の西瓜栽培の経験を持つ農家が、スイカ栽培に適した畑地(二・八反)を地区内から一カ所選び、一本のつるに一個のスイカを育てる方法で大玉でおいしいスイカが実った。

 ことしは、一、五五○個限定の販売で一個九○○円〜一、六○○円。昨年は、五千円の値が付いたものもあった。ことしは、昨年より作柄がよく、十三キロ前後の大玉がたくさん並べられている。問い合わせは生産者代表の山本友彦さん(0749―46―1136)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


八工生が「マモーリくん」描く

=駅南防犯ステーションシャッターに=



▲高校生の手でシャッターに描かれる「マモーリくん」――JR近江八幡駅南口で――
◆東近江・近江八幡市◆

 JR近江八幡駅南口に開設された駅南防犯ステーション「マモーリくん」の玄関シャッターに、県立八幡工業高校の工芸美術部員二人を含む二年生の女子生徒四人が、先ごろ公募で決定した「マモーリくん」キャラクターを描いた。

 市パートナーシップ推進課から依頼を受けた生徒は、てんびん棒を「みんなで進めよう 安全で安心なまちづくり」と書かれたノボリ旗に替えて、まちの様子を見守る勇ましいマモーリくんを、縦三メートル、横四メートルのシャッターに、油性絵具で三日ほどかけて描き、このほど完成した。

 工芸美術部長の塚本浩美さんは、「仲の良い友達とおしゃべりしながら楽しく描きました。公共施設に絵を描くのははじめてですが、卒業後もこの絵がずっと残って、多くの人に見てもらえると思うとすごくうれしい。私たちの絵で、この施設がもっと親しまれるといいと思います」と話していた。

 作業中は、駅の乗降客や買い物客らが足を止めて、作業の様子を見守っていた。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ