平成18年8月5日(土)第14483号

◆東近江・東近江市◆
遺族らが戦没者を追悼
あす 八日市文化芸術会館
英霊にこたえる会東近江支部 
=平和祈念館の早期実現訴える=

◆東近江・東近江市◆
肝試し・怪市・ライブなど
「八日市は妖怪地」
=あす 湖東信旧本店と商店街=


◆東近江・東近江市◆
中国の研修生来市
ホームステイで友好深める
=日中友好交流の会湖東支部=


◆東近江・東近江市◆
生きる力、心の豊かさ育む
2〜5泊「やまの子キャンプ」
=市内の小中学生120人参加=

◆東近江・東近江市◆
ロビーに涼味
浴衣姿で接客サービス
=湖東信用金庫本店=

◆東近江・竜王町◆
ドラゴンのまちの熱い夏!
きょう 「ふるさと竜王夏まつり」
忍法大会や炎の回廊
=住民主導のイベントへ=


◆東近江・近江八幡市◆
天八魂 甲子園で
八幡商業高校野球部
初戦は4日目に静岡商業と
=自慢のチームワークで臨む=


遺族らが戦没者を追悼

あす 八日市文化芸術会館

英霊にこたえる会東近江支部 
=平和祈念館の早期実現訴える=


◆東近江・東近江市◆

 英霊にこたえる会東近江支部(回渕治二会長、千三百六十人)は、六日午後一時から「東近江市戦没者英霊追悼式」を市立八日市文化芸術会館ホールで開催する。

 続いて、同支部の第二十九回通常総会を開き、本年度に取り組む事業などを決めるほか、英霊顕彰大会では、抽選で靖国神社昇殿に参拝してもらう招待者三人を決める。

 第一部の戦没者英霊追悼式には、中村功一市長や吉澤克美議長、山田利治県遺族会長、吉崎宗太郎市遺族会長らが参列し、市民を代表して追悼の言葉を述べるとともに、地元県議ほか市議、自治会長、各種団体長、支部役員、一般市民らが献花を行い、戦没者の英霊を前に、平和で明るい郷土づくりを誓う。

 第二部の支部総会では、前年度の事業報告や会計決算の承認を得て、本年度に取り組む事業や予算などを決める。昨年は、市内各地区戦没者慰霊祭や県戦没者追悼式(びわ湖ホール)への参列ほか、県英霊顕彰街頭広報活動(JR彦根駅前)や県護国神社みたま祭りなどに参加した。

 近隣諸国との関係悪化問題に触れ、英霊は関係諸国との友好が疎害されることを決して望んでいないと指摘し、靖国問題解決の必要性を訴えた上で、本年度の活動基本方針「英霊顕彰と平和祈念」を柱に取り組む。

 また、県が建設地を布引丘陵に決定した「平和祈念館」の早期実現についても強くアピールし、二十年度の完成を目指し運動を展開する。

 第三部の英霊顕彰大会では、総会資料の表紙に付された抽選番号に基づき、支部役員らが靖国神社昇殿参拝(一泊二日)に招待する幸運の三人を引き当てる。旅行経費の全額は支部が負担する。

 運営委員は白カッター、黒ネクタイを着用のこと。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


肝試し・怪市・ライブなど

「八日市は妖怪地」

=あす 湖東信旧本店と商店街=


◆東近江・東近江市◆

 名前(ようかいち)の特性を生かした聖徳まつり「八日市は妖怪地」(八日市商工会議所主催)の第二弾「世界最恐の肝試し」「妖怪ステージ」「怪市(ナイトバザール)」は、六日に湖東信用金庫旧本店と本町商店街を会場に繰り広げられる。

 世界最恐の肝試し(旧本店)は、午後一時半に受け付けが始まり、同八時半に入場終了となる。入場料は一回百円。肝試しをクリアした人には抽選で、ipodnanoかニンテンドーDSLiteのいずれかがプレゼントされる。抽選は、午後五時半と同八時半の二回行われる。

 午後二時からの妖怪ステージ(同)では、肝試し抽選会ほか北村謙と妖怪チックスミニコンサート、妖怪プロジェクトミニライブ、ジャグリングショーなど、愉快なトークとミュージックが繰り広げられる。

 怪市「ナイトバザール」(本町商店街)は、午後三時から同九時まで催され、夜市大抽選会やネット空中宝さがし、ジャンボサイコロ、金魚すくいなどのほか、名物屋台が店開きする。一方、妖怪地を描いた「怪画展」が、八日までアピア四階の情報プラザで開かれている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


中国の研修生来市

ホームステイで友好深める

=日中友好交流の会湖東支部=



▲4日、滋賀報知新聞社を表敬訪問し、冨田社長と握手を交わす中国国際友好連絡会の研修生
◆東近江・東近江市◆

 日中友好交流の会湖東支部(回渕治二支部長)が二日から三日間、中国国際友好連絡会(中国政府の外郭団体)から短期研修生を受け入れ、東近江市内の案内や関係者との交流の場を持って日中友好が発展していく絆を深めた。

 訪れた研修生は、同連絡会の李大字(リ ダイウ=45=)さんと黄磊(コウ ライ=34=)さんの二人で、日本に二週間滞在し、東京、長野、新潟などを訪問。東近江市には最後に立ち寄った。

 二人は同支部役員の案内で永源寺管主との対談や杜葉尾での民泊、キリンビール工場や清掃工場を見学し、東近江地域の見聞を広めたり、市役所や八日市商工会議所の表敬訪問、来市歓迎会などに出席して友好の輪を広げた。

 日本滞在最終日の四日には滋賀報知新聞社を訪れ、冨田正敏社長と会談した二人は「滞在中、農家や会社の社長、大学教授宅などいろんな家にホームステイする事が出来たことで、日本への理解が大変深まっていい体験になった」と話した。これに応え冨田社長は「産科医がいない日本の地域では、中国から医者を招き、妊婦の医療に当たって、評判を呼んでいる時代になっている。今後、さらに民間交流を推し進め、友好を深め合っていく事が大切です」と、握手を交わした。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


生きる力、心の豊かさ育む

2〜5泊「やまの子キャンプ」

=市内の小中学生120人参加=



▲力を合わせ、テントを設営する子どもたち
◆東近江・東近江市◆

 愛郷の森キャンプ場(東近江市和南町)を中心に、小中学生が助け合いの大切さと自然体験の楽しさを満喫する「東近江やまの子キャンプ」が始まった。

 やまの子キャンプは、地域に根ざした自然体験や生活体験を通して「自立・協調性」を学び、生きる力や心の豊かさを育むキャンプで、学年に応じて「キツツキコース」(二泊三日)、「フクロウコース」(三泊四日)、「イヌワシコース」(五泊六日)が設けられ、市内の小学三年生から中学三年生までの百二十人が参加。八日市地区から参加した石坂亮輔くんは「川遊びやイワナつかみが楽しみ。友だちも増えそう」と元気よく話す。

 また生活体験として、子どもたちが考えた献立で食材を購入し、カレーライスやピラフ、焼きそばなどの料理に挑戦。ドキドキしながら包丁を握り、出来上がった力作をみんなで囲んだ。

 サポート役の青年リーダーたちは「失敗しても、少々料理がまずくてもいいんです、一生懸命チャレンジすることに意味があることを教えたい」と話し、子どもたちの成長を見守る。

 青年リーダーは、公募で集まった大学生や社会人などの若者たちで、七回におよぶ研修の成果を発揮している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ロビーに涼味

浴衣姿で接客サービス

=湖東信用金庫本店=



▲浴衣姿で接客する女性行員
◆東近江・東近江市◆

 湖東信用金庫本店で四日、窓口業務の行員が浴衣で接客にあたり、暑い中来店する客に風情のある夏の涼味をサービスした。

 同本店では、聖徳まつりの江州音頭総おどりが行われる日にあわせ、同まつりムードの盛り上げに一役買おうと昨年から実施している。

 今年は、一階で受付を担当する女性五人と男性二人の計七人の行員が営業開始の午前九時から閉店の午後三時まで浴衣姿で業務をこなし、訪れた客からは「夏らしくていい感じですね」と声をかけられていた。

 女性行員の浴衣は自前を着用、夏らしい絵柄がいつもと違う明るい職場の雰囲気を醸し出していたが、「襟元など、着こなしに気を使います。普段より動きにくいこともありますが、気分が変わっていい面もあります」と話していた。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ドラゴンのまちの熱い夏!

きょう 「ふるさと竜王夏まつり」

忍法大会や炎の回廊
=住民主導のイベントへ=



▲忍者のように池に浮かぶ板を走り抜ける参加者(昨年のふるさと竜王夏まつりで)
◆東近江・竜王町◆

 ドラゴンのまちが燃ゆる夏―。「ふるさと竜王夏まつり〜炎DLESS(エンドレス)竜王遊ing(ユウイング)2006〜」が、五日に竜王町川守にある妹背の里一帯で開催される。開催時間は、午後三時から同九時まで。

 この竜王夏まつりは、これまで行政主導で実施されてきたが、ふるさと竜王への思いまた地域連帯感の創出の場として、住民自ら参画し新たな手作りイベントを構築しようと、今年から観光協会と商工会を中心とした実行委員会を発足、準備を進めてきた。

 当日の司会進行役は、落語家の桂三風さんと同町出身の犬井純恵さん。午後三時から竜王の味覚満載のドラゴン屋台村がオープンし、魚つかみ大会一回目(二回目は同四時から)やミニSL機関車運行(無料、午後六時まで)が始まる。

 花火の合図で同四時から華やかな開会セレモニーが行われた後、昨年よりも難易度が増したという“ドラゴン忍法水わたり大会”へ。子どもも大人も一緒になって真剣勝負を繰り広げる同大会は見応え十分。

 今回の目玉でもある“願いがかなう炎の回廊”は、午後七時にオカリナ演奏を合図に一斉点火し、二リットルのペットボトルを活用した商工会職員お手製のろうそくランプ百五十個が幽玄の世界を演出する。

 会場全体が柔らかな光に包まれる中、商工会女性部がぜに太鼓や町制三十周年を記念して昭和六十年に制作された竜王音頭をアレンジした創作踊りを披露し、来場者全員で踊り、引き続き江州音頭町民総踊りへと移る。

 まつりの最後は、約十五分間にわたって打ち上げられる花火大会で締めくくる。

 また、まつりの関連イベントとして、大切な人へ女性部手作りのマスコットとともにメッセージを届ける“交通安全愛のメッセージ”(先着百人)と炎の回廊でろうそくランプ側面に貼り付ける苗村神社祈祷済み“願い札”(先着百五十人)への記入受け付けが、同三時半からスタートする。さらに、自転車で来場した人には、屋台村利用券百円分が進呈される(午後三時から先着百人)。

 詳しくは、ふるさと竜王夏まつり実行委員会事務局(0748―58―3715)へ。


天八魂 甲子園で

八幡商業高校野球部

初戦は4日目に静岡商業と
自慢のチームワークで臨む



▲大会に向けて決意を表明する富原主将と選手――近江八幡市役所で――
◆東近江・近江八幡市◆

 第八十八回全国高校野球選手権の組み合わせ抽選会が三日に大阪市のフェスティバルホールで行われ、県代表の県立八幡商業高校(六年ぶり六回目)の初戦は、静岡商業高校(四日目第三試合)に決まった。

 二日に近江八幡市役所で開かれた市主催の壮行会で富原章斗主将は、「僕達八商野球部は、練習を通して野球を学び、人を学び、心を学んでいます。部員同士はとても仲もよく、また、部長や監督とも厚い信頼で結ばれ、チームワークは抜群です。県大会でもチームワークを最大の武器に優勝できました。甲子園でも、滋賀県五十二校の代表として、全部員の心と技をつなぐチームワークの八商野球を発揮し、精一杯戦ってきます。最高の仲間と、最高の夢舞台に立てる幸運に感謝し、最善を尽くすことを誓います」と、大会にかける思いを決意に込めた。

 そこには、二年連続春の選抜大会出場したあとの新チームで戦った昨年秋の秋季大会一回戦敗退の悔しさをバネに、池川準人監督の指導の下でチーム一丸となり、コツコツとチームづくりに励んできた成果としての、選手の自信と、監督の選手を信頼したさい配という裏付けがある。

 疋田勝司校長は、野球部のめざす「チームワークのよさ、基本に忠実なプレー、マナーのよさ」を甲子園でも発揮して、八幡商人の「三方よし」、同校の「天八魂」を、プレーで全国にアピールしてほしいと願う。

 学校創立百二十周年に花を添え、さわやかで若さあふれるプレーに期待したい。

◆出場メンバー◆

部長 冨波義明

監督 池川準人

 背番号・氏名・学年・出身中学の順
1 成宮翔磨 3 稲枝
2 宮川忠士 2 八幡西
3 水野泰成 2 能登川
4 中島浩貴 3 八幡
5 木村俊哉 2 八幡西
6 富原章斗 3 八幡(主将)
7 遠塚浩希 3 草津
8 岩口二郎 3 彦根中央
9 前田拓馬 2 多賀
10 図師友彦 3 聖徳
11 奴賀大樹 2 長浜北
12 和田隆助 3 中主
13 鈴木洋平 3 愛知
14 奥村 陽 3 日野
15 柴田賢宏 3 能登川
16 岩井良太 3 野洲北
17 谷 泰宏 3 聖徳
18 岩間哲也 3 守山南

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ