平成18年8月30日(水)第14504号

◆全県◆
適合エンジン、一目瞭然
識別ステッカーを作成
=琵琶湖レジャー=

◆東近江・東近江市◆
それ1・2・3!
みんなで健康づくり
能登川東小学校区
=1000人ラジオ体操=


◆東近江・東近江市◆
楽しい新イベント
歴史に由来の水鉄砲合戦
=第4回雪野山歴史まつり=


◆東近江・日野町◆
基金と車いす寄贈
=蒲生ゴルフ倶楽部=


◆東近江・日野町◆
子どもたちのために!
=プロ集団が日野中修繕=


◆東近江・東近江市◆
優勝 竜王スポーツ少年団
第4回喜多スポ杯学童野球大会
準優勝は八日市ビクトリー
=健闘及ばず惜敗の市原、金田=


適合エンジン、一目瞭然

識別ステッカーを作成

=琵琶湖レジャー=


◆全県◆

 レジャー活動に伴う琵琶湖への環境負荷を少なくするため、県は今年四月から従来型2サイクルエンジンの使用を規制しており、環境対策型エンジンと、猶予(二十三年三月まで)を認めれている県認定従来型エンジンへの移行を求めている。

 これを受けて県琵琶湖レジャー対策室では、一目で見分けられる識別ステッカーを募集したところ、二十二作品(従来型2サイクルエンジン部門と環境対策型エンジン部門)が寄せられ、両部とも野洲市在住・小田由美子さんの案を採用した。

 従来型は、黄地に大きな青い星を二つ描き、目印となる「2サイクルエンジン」と表記。環境型は、青地に黄色の三つ星と琵琶湖をデザインし、赤字で「LOW EMISSION(低排出)for MOTHER LAKE」と記している。

 また、所有者が特定できるよう通し番号も入り、取り締まりの適正化・効率化を図る。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


それ1・2・3!

みんなで健康づくり

能登川東小学校区
=1000人ラジオ体操=


▲顔と名前が一致するまちづくりに向け、校区の20行政区が一同に会した1000人の「ふれあいラジオ体操」
◆東近江・東近江市◆

 夏休み最終土曜日の二十六日、東近江市立能登川東小学校のグラウンドで、同校区の住民約一千人が参加した「東小学校区ふれあいラジオ体操」(主催・能登川東学区ホットスマイル=能登川東小学校区地域教育協議会、能登川東小学校PTA)が行われた。

 同校区では、学校と家庭、地域が連携を強め、子どもたちを中心としたコミュニティーづくりに向けて、「顔と名前が一致する声かけ運動」を展開しており、夏休み中のふれあい交流に「ラジオ体操」を活用。子どもからお年寄りまで多くの住民が集まり、これまでに、校区の歴史や文化、産業を学ぶ「地域ウォーク」や、各方面の活動家を招いた「ようこそ先輩」なども開いてきた。

 二回目を迎えたふれあいラジオ体操は、自治会ごとに取り組んできた体操の総仕上げとして、校区の二十行政区が一堂に会したもので、午前七時半、手づくりのオリジナルカードを持って約一千人が大集合。軽快なリズムに乗せて第一、第二体操とストレッチを行い、清々しい空気を吸い込みながら心地よい汗を流した。

 このあとのレクリエーションでは、「約三十年前、能登川東小学校には東分校と西分校があった」(答えは◯、ともに保育園になっている)など、校区にちなんだ◯×クイズが出題され、正解者らは大きな歓声をあげて喜んでいた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


楽しい新イベント

歴史に由来の水鉄砲合戦

=第4回雪野山歴史まつり=



▲童心に帰って水鉄砲合戦を楽しむ参加者
◆東近江・東近江市◆

 夏休み最後の日曜日となった二十七日、雪野山歴史公園で「第四回雪野山歴史まつり」が開かれた。

 東近江市になって設立された平田地区まつりづくり協議会が、「ひらた夢回議」のイベントとして開いたもので、主催者組織が新しくなり、合併前の平田地区まちづくり委員会の目標の一つだった「歴史と水にふれあう元気なまち」のアイデアを継承し、歴史にちなんだプログラムをと、ことしから水鉄砲合戦「世は戦国!雪野山夏の陣」を開催することにした。

 合戦は、戦国時代、近くの瓶割山で武将・柴田勝家が、水瓶を割って敵の六角義治と戦い、勝利したという歴史話になぞらえて楽しく遊べるルールを独自に考案し対戦ゲームに作り上げた。

 初めての合戦には、市内外から一般とレディースの部にそれぞれ六チーム、ジュニアの部には三チームの計十五チーム六十人が参加。午前中に手作りした青竹の水鉄砲や主催者側が用意した市販の水鉄砲を使って、テニスコートより少し狭い対戦コートに二チームが入り、合戦開始の合図とともに水鉄砲をかけ合った。

 チームは、大将一人、足軽三人の四人編成で、大将のカブトには金魚すくいのポイが三枚、足軽には一枚が取り付けられ、足軽と戦いながら大将のポイ三枚を早く破った方が勝ちというルールで攻防を展開。コース中に設けられた、すだれで攻撃をかわし、たらいの水を何回も吸い上げて応戦する熱戦を繰り広げた。

 冷たい水がかかると歓声をあげたり、コート内を逃げまどう敵陣を攻略したりなど、遊びの感覚と季節感のある合戦に観戦者の笑いを誘っていた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


基金と車いす寄贈

=蒲生ゴルフ倶楽部=


◆東近江・日野町◆

 日野町中山にある蒲生ゴルフ倶楽部(廣崎充子支配人)は二十七日、地元への感謝の気持ちと地域貢献を目的に「第四回ふれあい、支えあう福祉チャリティーコンペ」を開催し、町内外から百十人が参加した。

 なだらかな地形を生かした美しいコース内には、ワンオンしなければチャリティーを支払うというホールが設けられ、多くの善意が集まった。

 全員がプレーを終えたところで、チャリティー基金贈呈式が行われ、同倶楽部の廣崎清一社長が「みなさんのご支援のおかげで、今年で四回目を迎えることができた。多くの方が趣旨にご賛同いただき、新しい温かな支援の輪が広がっていることを感謝申し上げる」とあいさつ、藤澤直広町長も地域活性化と地域貢献に大きな期待を寄せた。

 寄せられたチャリティー基金約二十万円と、同倶楽部の取引先で組織する蒲生協友会(広瀬三十二会長)から寄贈された車いす二台を受け取った社会福祉法人日野町社会福祉協議会・安田一郎会長は、適正かつ有効な活用を約束した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


子どもたちのために!

=プロ集団が日野中修繕=


◆東近江・日野町◆

 県建築組合日野支部(野田登子雄支部長)が二十六日、開校以来三十年以上が経過し老朽化が目立つ日野中学校内の修繕を奉仕作業として行った。

 “地域とともに歩む地元職人像”を目指す同支部は、普段、手入れを行っている用務員ではできない個所を、夏休み期間中に組合員の専門知識とプロの腕を生かし修繕している。

 立っているだけでも汗ばむ当日は、プールのフェンスやタイル、体育館・格技場のドア、全教室窓ガラスの鍵付けなどを、組合員が手分けして作業にあたった。

 野田支部長は「組合員のやる気は十分。いいことなら何でもしようと、みんなとても協力的」と語り、今年十二月の創立四十五周年を前に一段と力が入っていた。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


優勝 竜王スポーツ少年団

第4回喜多スポ杯学童野球大会

準優勝は八日市ビクトリー
=健闘及ばず惜敗の市原、金田=



▲記念メダルを贈る喜多スポーツ代表
◆東近江・東近江市◆

 第四回喜多スポーツ杯争奪学童軟式野球大会(東近江市軟式野球連盟・喜多スポーツ主催、滋賀報知新聞社など後援)の決勝戦は、二十八日夜に東近江市の湖東スタジアムで行われ、攻守ともに揃った竜王スポーツ少年団が3対1で八日市ビクトリーを下し、参加二十四チームの頂点に立った。

 長山公園グラウンドで行われた二日間(二十六、二十七日)の熱戦の中から抜け出した準決勝では、市原ホワイトエンゼルスに2対1と辛勝したビクトリーと、金田スポーツ少年団を6対1で破った竜王が決勝進出を決めた。

▲選手宣誓の松本直貴主将
 ナイターで行われた決勝戦は、公式戦の県大会出場経験を持つ両雄対決となった。一点を先取された一回を除き、攻勢にゲームを進めた竜王は、四回から毎回得点の計三点を挙げ、守っては二回以降三塁を踏ませないなど、ビクトリー打線を寄せ付けなかった。

 今大会には、地元東近江の十七チーム、近隣市町から七チームの計二十四チームが出場し、開会式で八日市北スポーツ少年団の松本直貴主将が「力いっぱいプレーします」との選手宣誓を行い、三日間の熱戦が繰り広げられた。

 表彰式では、喜多高義大会副委員長(喜多スポーツ代表)から、優勝旗と準優勝盾が両キャプテンに手渡され、各選手に記念メダルが贈られた。最優秀選手には攻守に活躍した竜王の稲留翔太選手、優秀選手に山本拓弥(竜王)、梅谷昌也(ビクトリー)の両選手が選ばれた。

  【決勝戦】
竜王スポーツ少年団  
000111 3
100000 1
八日市ビクトリー

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ