平成18年9月3日第14508号

◆全県◆
侵入盗急増!
行楽シーズン前に 防犯意識
犯行手口と対策ポイント
=レーク防犯センターに聞く=

◆東近江・東近江市◆
東近江市の布引工業団地に竣工
大紀アルミ滋賀工場
=国内5番目 あすから操業を開始=


◆東近江・東近江市◆
びわこ湖東(準)倫理法人会
=東近江を中心に企業52社で発足=


◆東近江・東近江市◆
記念品や手づくりプレゼント贈る
北崎さん 100歳長寿おめでとう
=園児らが慶祝訪問=


◆東近江・竜王町◆
全国の愛好家が集う!
グラウンドゴルフ大会
=参加者を募集中=


◆東近江・安土町◆
あづち信長まつりフォトコンテスト
伝わる熱気、躍動再び
=県内外から96点 入賞16点決定=


侵入盗急増!

行楽シーズン前に 防犯意識

犯行手口と対策ポイント
=レーク防犯センターに聞く=



▲防止対策について話すレーク防犯センターの清水さん
◆全県◆

 運動会や秋の行楽など、自宅を空ける機会が多くなる季節。最近では空き巣の手口も多様化し、一人ひとりが被害を防ぐ「自己防衛」が重要になっている。県警が発表した今年上半期の犯罪情勢を見ても、侵入窃盗が七百五十一件、空き巣二百八十件、乗り物盗千九百八十九件など六千件を上回る窃盗事件が起き、身近な犯罪として注意が求められる。そこで、セキュリティに力を入れるレーク防犯センター(能登川駅前)の清水貴之代表に、犯行の手口と対策ポイントを教えてもらった。

 ―狙われやすい部屋はありますか?―

 集合住宅では上階の部屋です。単身向けマンションも狙われやすく、共用廊下から影になる玄関も要注意。いずれも“隣は何する人ぞ”と関心が薄く、怪しまれずに侵入しています。戸建ての場合は、塀や垣根で見えない一階の部屋や、周辺道路に駐車が多い家。スーツや作業服姿での犯行が多くなっています。

 ―最近多い侵入手口は―

 鍵穴ピッキング・カム送り・サムターン回しなど多様化しています。ガラス破りでは、窓ガラスを割る三角割り・突き破りのほか、ライターでクレセント周りを切る「焼き破り」が増えています。

 ―犯行手順について―

 まず、留守の確認としてインターホンを鳴らす・窓ガラスに石を投げる・郵便受けを確認する。次に、侵入のしやすさ(防犯装置の有無や見通し)と逃走経路の確認です。表札やポストに暗号・シール等があれば注意してください。マーキングといって、家族構成や留守がちな時間帯などが暗号化されています。ちなみに、空き巣の多い時間帯は午後二時から四時頃。朝のゴミ出しも多いようです。

 ―被害防止のポイント―

 まず、時間を稼ぐ工夫がポイント。侵入に五分以上かかると諦めることが多いようで、例えば▽ピッキングに強い鍵に取り替え、補助錠を取り付ける▽窓ガラスは強化ガラスにする―など。塀や植栽を低くすることも大切です。

 同センターでは、これらのポイントを詳しく説明するほか、カギの交換、家庭用防犯カメラを取り扱っており、小さな事でも相談してほしい―と呼び掛けている。問い合わせは(0748―42―9993)または(0120―069―019)。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江市の布引工業団地に竣工

大紀アルミ滋賀工場

=国内5番目 あすから操業を開始=


▲溶融炉に点火の山本隆章社長
◆東近江・東近江市◆

 東近江市柴原南町の布引工業団地(八日市衛生プラント組合前)に建設を進めていた大紀アルミニウム工業所(本社・大阪市西区)の滋賀工場が完成した。このほど催された竣工式で、山本隆章社長がアルミ溶融炉に点火し、四日から操業が開始される。

 大紀アルミニウム工業所は、二次アルミ業界で全国三割近くのシェアを占め、地金の製造・販売をメインに、溶解炉や溶解システムの設計、製作、補修などを手掛ける業界大手。大阪・東京・名古屋・福岡・北海道を中心に事業所を置き、亀山(三重)・新城(愛知)・結城(茨城)・白河(福島)の四工場を持つほか、海外でも幅広く事業展開している。

 国内五番目の進出となった「大紀アルミ滋賀工場」は、敷地面積二万二千平方メートルに工場(約五千二百平方メートル)ほか、事務所や原料搬入場、資材倉庫などを建てた。投資額は約二十億円。

 滋賀工場では、アルミ溶湯(溶解アルミ)製品を八割、インゴット(固形アルミ)製品二割を製造する計画で、月二千―四千五百千トンの生産量を見込んでいる。従業員約四十人も地元を中心に雇用している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


びわこ湖東(準)倫理法人会

=東近江を中心に企業52社で発足=



▲就任あいさつの鈴木義勝会長
◆東近江・東近江市◆

 全国組織の倫理法人会の地域単位組織となる「びわこ湖東(準)倫理法人会」の開設記念式典が先月三十日、八日市ロイヤルホテルで催され、上部団体の社団法人倫理研究所(丸山敏秋理事長)から設立承認を受けた。

 会員五十二社でスタートの同(準)倫理法人会の初代会長には、東近江市市辺町の鈴木義勝ライジング社長が選出され、一年後の会員百社を目指し「早く(準)が取れるよう活動したい」と、就任あいさつで協力を求めた。

 倫理法人会は、倫理経営の実践と普及を目的とする組織で、会員は全国で法人四万社、個人二十万人に及ぶ。企業経営者を対象にスローガン「企業に倫理を、職場に心を」掲げ、倫理に基づく経営を学び追求し、トップの経営理念の確立、自己革新による企業の活性化を目指す。

 びわこ湖東(準)倫理法人会では、毎週木曜日午前六時から一時間、八日市ロイヤルホテルのチャペルで、倫理研究所の設定講座や会員の貴重な体験談を交えて、倫理経営のノウハウを学ぶ勉強会を開いている。詳しくは同事務局(TEL077―524―2236)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


記念品や手づくりプレゼント贈る

北崎さん 100歳長寿おめでとう

=園児らが慶祝訪問=



▲100歳を祝ってもらい、喜ぶ北崎さん
◆東近江・東近江市◆

 東近江市池田町の北崎きしさんが満百歳の誕生日を迎え、市の関係者や保育園児たちが北崎さん宅を慶祝訪問。園児の手づくりプレゼントと花束が贈られ、長寿を祝った。

 きしさんは、明治三十九年八月三十一日生まれ。市では、条例に基づき満百歳を迎えた高齢者に「百歳祝い」を行っており、きしさんは三人目(今年度の対象者は北崎さんを含めて七人)。

 松下重夫健康福祉部長から祝いの言葉とともに、「これからも体を大切に、末永く健やかにお過ごしください」と記された百歳記念書状と市章がデザインされた記念盾、祝い金(十万円)が贈られた。また、市立つつじ保育園の園児二人から、折り紙で飾られたメッセージボードと花束が手渡された。

 きしさんは喜びいっぱいで、「ありがとうございます。子どものころは体が弱かったですが、お医者さんに聞いた腹八分目を実行して、きょうまで元気に過ごしてこれました」と話していた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


マイカップも登場

賑わう、陶器まつり

=布引焼窯元=


▲たくさんのオリジナル作品が安価で直売されている工房内
◆東近江・東近江市◆

 オリジナル品や新作など約六千点の作品を放出する布引焼窯元の「陶器まつり」が二日からきょう三日までの二日間、東近江市外町の工房で開かれている。
 陶器や陶芸の楽しさやおもしろさを身近に味わってもらう恒例の催しの一つで、毎回、食器類を中心に市価の二割から六割引きで直売され、工房には大勢の人々が訪れ賑わっている。

 ことしは、自分だけのお気に入りの食器を探してもらうマイカップシリーズが登場、いろいろな色彩を用いたコーヒーカップ、丼鉢、ぐい呑みなどにレリーフやリボン、犬、魚などをデザインした作品が出されているほか、掛け軸に代わる和風デザインの陶版作品、陶芸作家・小嶋太郎氏が来月一日から八日市文化芸術会館で開く「作陶40周年を越えて2人展」の出品作品の一部を紹介するコーナーなどが新しく設けられ、訪れる人の関心を集めている。

 また、キャラクター商品にもなっている様々なフクロウの作品を、手作りパンや藍染め、愛東のナシとブドウ、地元野菜や手作りジャム、たこ焼きと軒を並べてテント販売するなど、青空市も開いている。

 きょう午後五時まで。問い合わせは同窯元(23-1688)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


あづち信長まつりフォトコンテスト

伝わる熱気、躍動再び

=県内外から96点 入賞16点決定=



▲四つ切り判の部特選・太田さんの「信長登場」
◆東近江・安土町◆

 安土町で六月四日に開催された「あづち信長まつり」を被写体にしたフォトコンテストの審査結果が、このほど町観光協会から発表された。十一月五日に開催の「ふるさとふれあい秋まつり」の中で表彰式が行われるほか、表彰までの期間で入賞作品展も開かれる予定。

 まつり当日も大勢の観客でにぎわった。作品の応募状況は、町内や県内はもちろん、県外からの応募も多く、まつりが写真愛好家にとっても魅力のイベントとして定着しているとともに、コンテストが歴史と文化のまち安土のPRにもなっていることをうかがわせる。応募のどの作品からも、まつりの熱気が伝わってくる。

 「四つ切り判の部」には三十四点の応募があり、安土城めざして出発する武者行列と観衆でにぎわうJR安土駅前の様子を撮影した野洲市の太田剛さんの作品「信長登場」が、また、六十二点の応募があった「L判の部」では、豊臣秀吉夫人「ねね」役を務めたあづち天正使節のあでやかな姿をとらえた野洲市の太田朱音さんの「凛として」が、それぞれ特選となったのをはじめ、両部門の十六点が入賞した。

▲L判の部特選・太田さんの「凛として」
 入賞作品は、町観光協会のホームページ(http://www.azuchi-shiga.com/)で見ることができる。主な入賞作品は次の通り。敬称略。

 【四つ切りの部】特選 「信長登場」太田剛(野洲市)▽準特選 「余は満足」渡邊伸一(神戸市)・「穏(おん)」三上善治(野洲市)▽入選 「馬上の城主さま」小西昭彦(大津市)・「お堀を行く」北川久美子(東近江市)・「出陣太鼓」川合幸子(東近江市)・「徳川家康」武山元信(大阪府豊能郡)・「華(はな)」桑原達夫(彦根市)

 【L判の部】特選 「凛として」太田朱音(野洲市)▽準特選 「勢揃い」太田剛(野洲市)・「晴れた日の水路」城野幸雄(大津市)・「あづち信長まつりにて」平龍一(枚方市)▽入選 「ミニコンサ−ト」高村利和(東近江市)・「信長様のお通り」中谷愛子(近江八幡市)・「威風」井上先夫(野洲市)・「わ〜うれしい!」川嶋俊一(東近江市)

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ