平成18年10月30日(月)

◆湖東・彦根市◆
11月18、25日 県立大公開講座
=廃棄物からのものづくり=

◆湖東・彦根市◆
竹の音色、自由自在に
「バンブーオーケストラ・ジャパン」
=12月9日、彦根で公演=


◆東近江・東近江市◆
合作 書画展
―芸術家達の交流―
=観峰館=


◆東近江・東近江市◆
能登川地区文化祭
来月3〜5日、3館で開催
=野球解説・佐々木さん講演会も=


◆東近江・東近江市◆
福祉充実へチャリティー
市社協に14万6000円寄付
=中島NSGゴルフコンペ=


◆東近江・近江八幡市◆
厚生労働大臣表彰
近江八幡の川端さん
=食品衛生功労者で=


11月18、25日 県立大公開講座

=廃棄物からのものづくり=



◆湖東・彦根市◆

 県立大学は、十一月十八日、二十五日の午後一時半から「環境負荷低減を目指した廃棄物からのものづくり」をテーマにした秋期公開講座を同大交流センター研修室で開く。

 対象は環境問題やリサイクル活動に関心のある人で、定員百人(先着順)。申し込みは、住所・氏名・年齢・電話番号を、電話もしくはハガキ、ファックス、Eメールを記入の上、十月三十一日まで〒522-8533彦根市八坂町二五〇〇、県立大学交流センター(電話0749-28-8210、ファックス0749-28-8473、Eメールchiki_grp@ffice.usp.ac.jp)まで。

 なお、講師とテーマは次の通り。

 ▽11月18日=滋賀県立大学工学部 山根浩二教授「天ぷら鍋から燃料タンクへ」−廃食用油バイオディーゼル燃料で地球を救える!−

 ▽11月25日=滋賀県立大学工学部 徳満勝久助教授「95%以上の廃棄物を含むリサイクルプランターの開発」ー材料技術で環境保全に貢献するー


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


竹の音色、自由自在に

「バンブーオーケストラ・ジャパン」

=12月9日、彦根で公演=


◆湖東・彦根市◆

 みずほ文化センター(彦根市)は十二月九日、『バンブーオーケストラ・ジャパン』コンサートを開催する。

 バンブーオーケストラは、オリジナルの創作竹楽器とアジアの伝統竹楽器を用いて竹の響きが持つ幅広い可能性を追求した独自の活動を展開する音楽集団。多彩で体感的なその音楽の響きは、ジャンルと国境感じさせない地球的サウンドで、一九九三年から活動をしてきたバンブーオーケストラは、国内はもとより世界に活動の輪を広げている。

 今回、会場となる「みずほ文化センター」は、客席数四百席余の音の響きの柔らかな、舞台と客席に一体感のあるホール。地元の「いなえ少年少女合唱団」との共演もあり、感性豊かな子ども達とオーケストラとのコラボレーションもある。入場料は、二千五百円。問い合わせは、ひこね市文化プラザ(電話0749ー27ー5200)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


合作 書画展

―芸術家達の交流―

=観峰館=


◆東近江・東近江市◆

 書道文化と世界を学ぶ博物館・観峰館(東近江市五個荘竜田町)は、来月十一日まで「合作書画展―芸術家達の交流」を開いている。

 芸術家たちの交流は古くから「合作」という形で見ることができ、清代後期には多くの芸術家団体が誕生。時代が進むと女流画家たちも加わるようになり、より一層華やかさが増していく。同展は、合作作品と各個人の作品を並べ、交流によって生まれた深さや楽しさを見ていく。

 一般五百円、高大生三百円、小中生二百円。月曜休館。問い合わせは観峰館(0748―48―4141)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


能登川地区文化祭

来月3〜5日、3館で開催

=野球解説・佐々木さん講演会も=


◆東近江・東近江市◆

 合併後初めてとなる東近江市能登川地区の文化祭(同市能登川地区文化祭実行、同地区文化協会共催、市教委後援)が、十一月三日から五日までの三日間、市立能登川公民館・南小学校体育館・やわらぎホールで開かれる。

 趣味や生き甲斐として取り組むものづくりの発表祭で、作品を見てもらう緊張感や満足感を体験してもらうほか、地域間交流によって生まれる新たなアイデアとまちづくりが期待されている。主な内容は次の通り。

 ▼三日=囲碁将棋大会(午前九時〜、申し込みは今月二十八日まで)▽模擬店(同十時〜)▽野点(同十時半〜)▽能登川地区青少年健全育成文化講演会「幼児期から思春期までの親と子」(講師=朝日放送野球解説者の佐々木修さん)と、ベル・なでしこ、コカリナのとがわによるハンドベル、コカリナ演奏(午後一時半〜)▽ダンスパーティーのゆうべ(同七時〜)

 ▼三〜五日=各種作品展示

 ▼四日=歴史講話「東近江の歴史」(同十時〜、講師は元四天王寺国際仏教大学教授の渡辺守順さん)▽パソコン体験教室―クリスマスカードづくり(同十時〜、申し込みは十一月二日まで)▽リズム体操体験教室(午後一時半〜)

 ▼五日=模擬店(午前十時〜)▽芸能発表会(午後零時〜)

 なお、各種展示は能登川公民館と南小学校体育館(校舎増築工事のため、駐車不可)で行われる。公民館では菊花、盆栽、俳画、書道、華道、短歌、押花、絵画、切り絵、くみひも、ペン習字などの展示。南小体育館では大津絵、パッチワーク、手芸、革工芸展のほか、自治会・地域教育協議会等の紹介パネル展が開かれる。

 問い合わせは、能登川公民館(0748―42―3200)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


福祉充実へチャリティー

市社協に14万6000円寄付

=中島NSGゴルフコンペ=



▲チャリティー金を寄付する中島商事の中島専務(左)
◆東近江・東近江市◆

 中島商事株式会社(東近江市宮荘町)主催の「第三十三回中島NSGゴルフコンペ」がこのほど、日野町杣の日野ゴルフ倶楽部で開かれ、集まったチャリティー金十四万六千円が東近江市社会福祉協議会に寄付された。

 顧客や取引先との親睦会として十七年前から春・秋に開いているゴルフコンペを、地域への感謝を込めた「チャリティーコンペ」として企画したところ、地元企業や県内外の商店、レストラン、個人客ら約百八十人が賛同し、参加した。

 会場は、名門・日野ゴルフ倶楽部の難コースで、キング、クイーンの両コースを楽しんでもらおうと独自のプレーを組み、参加者らはナイスショットに湧いたほか、OBやバンカー、池ポチャを連発するなど笑いの渦。一回ごとに百円のチャリティー金を喜捨し、計十四万六千円が集まった。

 市社協五個荘支所を訪れた中島智久専務らは「地域のみなさんに育ててもらった会社です。何かお返ししたいという社員全員の思いに多くの善意をいただきました。ぜひ、福祉の充実に役立ててほしい」と話し、奥善夫市社協会長に手渡した。

 奥会長は「温かい心が詰まった寄付金、ありがたく有効に活用させていただきます」と、固い握手を交わした。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


▲川端忠雄さん
厚生労働大臣表彰

近江八幡の川端さん

=食品衛生功労者で=


◆東近江・近江八幡市◆

 平成十八年度食品衛生関係厚生労働大臣表彰の表彰式が二十七日に東京の明治座で開かれ、食品衛生功労者の一人として近江八幡市の川端忠雄さん(69)が表彰を受けた。

 表彰は、食品衛生の普及向上、食品衛生に関する発明発見、食品衛生行政に対する協力、業界の指導育成等への功績者を「食品衛生功労者」として表彰するもので、滋賀県からは川端さんら三人が、衛生面が特に優良で、他の模範となる施設に贈られる「食品衛生優良施設」二施設と共に表彰された。

 川端さんは、昭和五十三年に食品衛生指導員に委嘱され、平成元年八幡支部指導員部会委員、同十五年には同部会理事に就任し、食品衛生巡回指導や食品衛生週間などの支部活動に尽力。同九年には食品衛生推進員に依頼され、巡回指導による営業者自らの自主衛生管理の推進に貢献した。現在、県食品衛生協会八幡支部監事、食品衛生指導員、食品衛生推進員。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ