平成18年11月5日第14561号

◆大津・大津市◆
「琵琶湖疎水に通船復活を」
=京滋の市民グループが知事に要望書=

◆湖南・草津市◆
昆虫、動物、植物学者
里山保全特別講演会
=琵琶湖博物館で開催=


◆東近江・東近江市◆
東近江市 市政と教育功労者
156人と24団体を表彰
=自治、社会、文化、スポーツに貢献=


◆東近江・東近江市◆
五個荘・能登川で
古文書講座―応用編―
=受講生募集=


◆東近江・日野町◆
「防火ゲートボール大会」
健康で安全な暮らしを!
=高齢者の防火意識高める=


◆東近江・竜王町◆
家族やカップルで
チューリップオーナーに!
=参加者を募集中=


「琵琶湖疎水に通船復活を」

=京滋の市民グループが知事に要望書=




▲琵琶湖疎水
◆大津・大津市◆

近代京都の礎を観る会とびわこ疏水とさざなみの道の会はこのほど、「琵琶湖疏水に通船復活」を求める要望書を嘉田知事に提出した。

 琵琶湖疏水は百十余年前、明治の英知を集めた産業振興、通航運輸などを目的にして造られた運河で、その遺構は今や自然に溶け込み、日本独自の見事な文化財的景観となっている。

 昭和六十二年七月、通船復活を模索して、当時の荒巻禎一京都府知事、稲葉稔滋賀県知事、今川正彦京都市長、山田豊三郎大津市長と、両県両市の幹部が揃って舟による疏水下りが実施され、大きな話題となった。

 琵琶湖から夷川発電所まで約九キロメートル、約二時間余、ちょうど良い観光コースにもなる。大津閘門附近から第一トンネル、四ノ宮一燈園、安朱、天智天皇陵、日ノ岡付近における巨木の桜のトンネルはとくに圧巻で、鴨東運河、インクライン、蹴上公園を含めて日本有数の桜の名所。その桜のトンネルの通船は、四季を通して新緑や紅葉の季節も見事である。

 来年には、JR西大津駅が大津京駅に改名され、四年後は、琵琶湖疏水完成百二十周年の節目にあたる。この時期を機に、平安京と大津京を結ぶ水の道として、琵琶湖疏水に通船復活を実現できるよう、京都および滋賀のグループは、これの実現に努力を重ねるという。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


昆虫、動物、植物学者

里山保全特別講演会

=琵琶湖博物館で開催=


◆湖南・草津市◆

 県立琵琶湖博物館(草津市)は、日本鱗翅(りんし)学会(チョウとガの学会)近畿支部、日本昆虫学会近畿支部と共催でこのほど、「第三回里山保全特別講演会」を同博物館で開催した。

 県のフィールドで生き物調査を実施している昆虫学者、動物学者、植物学者により、びわ湖の森の生き物について、分かりやすく講演してもらい、びわ湖の森の里山の環境保全とその大切さ、さらに昆虫、動物、植物たちの複雑な相互的な仕組みを考えようというもの。

 内容的には、「びわ湖の森の生き物」をテーマに▽「びわ湖の森のイヌワシとクマタカ」=山崎亨氏(日本イヌワシ研究会)▽「びわ湖の森のイノシシ」=高橋春成氏・安藤誠也氏(奈良大学)▽「びわ湖の森の昆虫たち」=南尊演氏(県立八幡高等学校)▽「びわ湖の森の養蚕業と天蚕」=寺本憲氏(滋賀県)▽「びわ湖の森の植物と野生動物」=野間直彦氏(県立大学)ーなどが講演した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


東近江市 市政と教育功労者

156人と24団体を表彰

=自治、社会、文化、スポーツに貢献=


◆東近江・東近江市◆


 東近江市は、平成十八年度の市勢伸展、社会発展、文化・スポーツ振興へ尽力した功労者表彰を同市てんびんの里文化学習センターで行った。

 市政や社会福祉、文化体育の向上に功績のあった個人と団体を表彰するもので、市政功労では自治功労の四十五人、社会功労三十人と八団体が表彰を受け、教育委員会表彰には功労賞十人、模範賞一人、文化賞三団体、スポーツ賞七十人と十三団体が選ばれている。被表彰者は次の皆さん。

  ◎市政功労表彰◎

 【自治功労表彰】山中壽勇(鋳物師町)奥善夫(建部北町)池田晋(山上町)白木駒治(政所町)中村文幸(市辺町)森忠雄(妹町)奥居清一郎(新出町)西澤和子(永源寺相谷町)中澤正孝(下中野町)密谷要一郎(妹町)太田禎彦(平柳町)小嶋柳太郎(僧坊町)田中佐平(下岸本町)小島隆司(躰光寺町)冨江旭男(福堂町)村田正弘(伊庭町)山本眞喜(垣見町)加藤喜一郎(川合町)北村吉夫(新宮町)沢晶弘(大中町)岩崎かね(大森町)小松安希子(佐野町)城尾清一(山上町)杉本はる(聖和町)谷口富美江(糠塚町)上田長平(新宮町)稲垣秀子(沖野四丁目)平井三千代(市辺町)松本敏子(林田町)園憲樹(佐野町)辻庄太郎(種町)藤葉性信(伊庭町)本庄美代子(垣見町)

 【同感謝】大石桂子(種町)大橋健児(同)奥操(建部北町)久保絹江(三津屋町)坂口潤子(八日市金屋二丁目)村田恵(伊庭町)小澤惠己(上平木町)瀬戸美智子(山上町)谷口富美江(糠塚町)福島路子(勝堂町)廣田弘子(大森町)

 【社会功労表彰】津田久藏(桜川西町)西村長平(市原野町)吉岡善助(北坂町)辻野明善(石塔町)文室智惠子(小田苅町)

 【同感謝】西村治(林田町)有馬殿勇作(君ヶ畑町)小椋クニ(同)白木美和代(政所町)北岸善次(上羽田町)大澤参夫(佐野町)大洞共一(八日市緑町)奥村喜多夫(妹町)重森三良(八日市上之町)高岡武志(宮川町)田中敏彦(八日市金屋三丁目)久田泰平(市原野町)村山岩男(大萩町)山本實(能登川町)石井豊太(大津市)大塚明(同)川島喜三郎(市子沖町)荻須勉(東今崎町)西村宗七(山上町)森はな(布引台一丁目)奥田敬一郎(蛇溝町)中澤日出司(池庄町)野村彭彦(五個荘中町)山中庄次(聖徳町)故中島保典(京都市)文挙の会、湖東農業協同組合、滋賀蒲生町農業協同組合、寺嶋製作所、君ヶ畑町自治会、たつみ会、東近江ロータリークラブ、喜楽鉱業

  ◎教育委員会表彰◎

 【功労賞】北川久補(今崎町)村林三郎(栗見出在家町)小松安希子(佐野町)苅森光雄(下羽田町)西澤即浄(春日町)東郷昭治(栄町)木村正隆(八日市町)住井裕(昭和町)川南俊作(川南町)藤居正博(林町)

 【模範賞】南川亜侑美(建部日吉町、聖徳中学校)

 【文化賞】湖東中学校ブラスバンド部、聖徳中学校吹奏楽部、玉園中学校吹奏楽部

 【スポーツ賞】小梶孝行(中野町)森上真由美(東沖野一丁目)小梶隆司(東中野町)ら七十人と十三団体


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


五個荘・能登川で

古文書講座―応用編―

=受講生募集=


◆東近江・東近江市◆

 近江商人博物館と東近江市史編さん室による合同企画『古文書講座―応用編―』(全四回)が、十一月十一日から五個荘・能登川の二会場で開かれるのに合わせ、歴史探求の受講者約百人の募集が行われている。

 鈴鹿から琵琶湖まで広がる市域には、各地区で育まれてきた歴史と文化が大切に伝えられている。誕生後、間もない東近江市にとって、それぞれの地区の歴史を振り返ることは「東近江らしさ」を創り出す第一歩ではないか―と、地域の歴史に親しんでもらう古文書講座を企画した。六・七月にはすでに入門編が開かれ、古文書判読の練習が行われている。

 講座では、編さんや博物館活動で見つかった史料を使うため、各地区の古文書に触れる親しみがあり、これまで知らなかったまちの個性や魅力を発見する楽しさがある。講座の日時、内容、会場は次の通り。

 【11月11日】午前十時―正午「商家の文書を読む」(五個荘会場=てんびんの里文化学習センター)

 【11月17日】午後一時半―三時半「鈴鹿の文書を読む」(能登川会場=埋蔵文化財センター)

 【11月25日】午前十時―正午「湖の文書を読む」(五個荘会場=てんびんの里文化学習センター)

 【12月1日】午後一時半―三時半「古文書を読む」(能登川会場=埋蔵文化財センター)

 なお、一講座のみの受講も可能。定員は各講座二十五人(定員になり次第締め切る)。受講料はコピー代として一講座につき五十円程度。

 申し込みと問い合わせは、〒529―1421東近江市五個荘竜田町583番地、てんびんの里文化学習センター内・近江商人博物館(0748―48―7101)へ。月曜と祝日の翌日休館。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


「防火ゲートボール大会」

健康で安全な暮らしを!

=高齢者の防火意識高める=



▲消火器の扱い方を教わる参加者ら(東近江市蒲生運動公園グラウンドで)
◆東近江・日野町◆

 地域の高齢者を対象にゲートボールを通じて火災予防思想の向上を図る「第十九回防火ゲートボール大会」(主催=東近江行政組合日野消防署、共催=東近江防火保安協会日野支部、東近江市ゲートボール連盟蒲生支部、滋賀県ゲートボール連盟日野支部)が先月三十一日、東近江市上南町にある東近江市蒲生運動公園グラウンドで開かれた。

 同大会は火災予防推進事業の一環で、日野町から二十五チーム、蒲生地区から十チーム、消防一チームの計三十六チームが参加した。

 雲一つない晴天に恵まれた当日は、午前八時十分からの開会式前に参加者が整列し、同大会実行委員長・福永秋男さんが開会宣言した。日野消防署・野田久三郎署長は「全国で年間五万八千件の火災が発生している。そのうち住宅火災による死者は一千二百人にのぼる。同大会を健康づくりの絶好の機会とし、また防火の輪を広げるきっかけにしてほしい」と呼び掛けた。

 競技へ入る前に、参加者は消火器の取り扱い方や火との距離感を消防署員から教わり、水消火器による初期消火を体験し、防火意識を高めた。

 七コートに分かれて総当たり戦の試合では、第一試合のみ第一ゲート先に防火賞枠が設けられ、選手らはゲート通過に加えて枠内にボールを止めることに集中。ゲート通過に手こずっていた選手は「じっと見られてるからあかんのやわ」と苦笑いしながら狙いをすまし、頭脳戦でもある試合だけに観戦者もボールの行方に一喜一憂していた。

 なお、大会結果は次の通り。

 《優勝》増田チーム《準優勝》北脇チーム《第三位》野田Aチーム《コート優勝》中之郷チーム、中在寺チーム、川原チーム、佐久良チーム

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


家族やカップルで

チューリップオーナーに!

=参加者を募集中=


◆東近江・竜王町◆

 竜王町観光協会は、アグリパーク竜王の畑を彩る「チューリップ畑花園オーナー」を募集している。

 募集区画数は五十区画で、一区画(五平方メートル)あたり二十種類百二十球を植える。家族や友人、カップルなどグループ参加も可能で、十一月十二日午前九時から植え込みを行う。また、開花時期に併せて「第三回チューリップまつり」が催される予定。

 オーナー料金は、一区画二千五百円(球根・肥料・オーナー名立札など込み)。希望者は、所定の申込書に必要事項を記入し、竜王町観光協会へ持参するかもしくはファックス・Eメールで申し込む。詳しくは、竜王町観光協会(電話0748―58―3715、FAX0748―58―2646、Eメールdragon-kanko@rmc.ne.jp)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ