平成18年11月15日(水)第14569号

◆全県◆
コロール島など訪問
戦跡巡拝慰霊
=県遺族会が派遣=

◆大津・大津市◆
瀬田廃寺遺跡から巨大八脚門
=近江国分寺の可能性濃厚=


◆湖南・野洲市◆
兵主大社がライトアップ
=昨年の三倍の面積=


◆東近江・東近江市◆
森の中で楽しい一日
こども写生大会
=八日市ライオンズクラブ=


◆東近江・東近江市◆
滋賀 三重 県境トンネル
国道421号石榑峠道路
整備促進と早期完成求め
=期成同盟会 国へ直接要望=


◆東近江・東近江市◆
「ニュートン会」で意見交換
東近江市と滋賀文化短大
官学連携でまちづくり
=市総合計画、CATVなど=


コロール島など訪問

戦跡巡拝慰霊

=県遺族会が派遣=


◆全県◆

 滋賀県遺族会(山田利治会長)は、先月三十一日から今月四日にかけてパラオへ「戦跡巡拝慰霊団」を派遣し、コロール島やペリリュー島などを訪れ、戦跡八か所で慰霊祭を営んだ。

 慰霊団(団長・岸田孝一副会長ら三十五人)は、コロール島の日本人墓地、南洋神社跡、通信所跡などのほか、ペリリュー島では西太平洋戦没者の碑、日本軍司令部跡、オレンジビーチなどを慰霊巡拝した。

 このほか、一行は、海中に放置されている水上飛行艇や軽戦車の残骸、ジャングルの中のゼロ戦=写真=を見て回り、ロックアイランドでは洋上慰霊も営んでいる。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


瀬田廃寺遺跡から巨大八脚門

=近江国分寺の可能性濃厚=


◆大津・大津市◆

 大津市教委文化財保護課はこのほど、瀬田廃寺発掘調査結果を公表した。瀬田廃寺(野郷原一丁目)は、最近話題になった関津遺跡の「田原道」が行き着く先、近江国庁周辺の古代の官庁街にある。今回宅地造成に先立つ発掘調査で、奈良時代から平安時代の遺物とともに、南に開く門の跡や寺域を区画する築地塀の跡などが見つかった。

 瀬田廃寺では、昭和三十四年に名神高速道路建設に伴い金堂や塔の発掘調査が実施され南北に塔、金堂が建ち並ぶ四天王寺式の伽藍配置が復元されている。金堂は発掘調査後、工事によってなくなったが、塔跡には現在でも約千二百年前のまま礎石が残っている。当時の発掘調査では南門は確認されず、西に眺望が開けることから西に門があったのではないかと考えられてきた。

 今回の調査では、塔の真南三十七メートルの地点で東西に並ぶ四つの大きな穴が確認された。礎石は残っていないが、穴の位置や築地塀との関係などから、門の礎石を据えた穴であることがわかった。穴の平面形で最大のものは二・六メートル。中央の柱間は五・一メートル、両側の柱間四・五メートルもある巨大な八脚門が復元できる。穴の断面の様子からは掘立柱を礎石建ち建物に改造したと見られる。

 寺の南辺と西辺を区画する築地塀には、両側に雨落ち溝がある。この雨落ち溝間で幅約三メートルある。本来は、この三メートル間に土壁が建ちあがっていたものと考えられる。雨落ち溝内からは瓦が敷き詰められた状態で見つかっている。南西隅は削られてなくなっていたが、この部分を意識したかのように大きな穴が掘られていた。平面形は南北約七メートル、東西約六メートルの楕円形で、すり鉢状に掘られている。深さは五十五センチで、底にはさらに南北一メートル、東西五十センチの方形の穴が掘り込まれており、その壁面は火熱を受けて赤く変色している。穴の底には炭化した木などと一緒に人骨と思われる焼けた骨片が残っていた。土層の観察から大きな穴は、西築地塀の雨落ち溝を壊して掘られており、火葬後、自然に埋まったようだ。遺物には多くの瓦や土器のほか、金銅製の飾り金具が見つかっている。瓦のほとんどは丸瓦・平瓦だが、紋様がある軒先の瓦も見つかっている。

 近江国庁とその周辺の役所関係の遺跡から出土する「飛雲紋」と呼ばれる紋様の瓦は、瀬田廃寺の創建時に葺かれたものと考えられる。土器には、土師器・須恵器・黒色土器・緑釉陶器などがある。

 金銅製の飾り金具は長さ十九センチ、最大幅十一センチ、厚さ一ミリで、透かし彫りが施されている。現状は錆で覆われているが、X線撮影により、釘穴や毛彫りの細い線などが確認された。また、一部に金が残っていることもわかった。建物を飾っていたものと思われる。

 瀬田廃寺の西に広がる野畑遺跡からは「国分僧寺」と書かれた土器が見つかっており、以前から瀬田廃寺は近江国分寺の一つではないかと考えられてきたが、今回の巨大な門などの発見により、その可能性がますます高まってきたと見られている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


兵主大社がライトアップ

=昨年の三倍の面積=



▲兵主大社庭園
◆湖南・野洲市◆

 野洲市では十一月十八日〜二十六日まで、国指定名勝「兵主大社庭園」(野洲市)をライトアップする。

 兵主大社は県内でも有数の古社で、約二万二千平方メートルに及ぶ広さを誇る庭園は美しく、しっとりとした雰囲気になっている。とくに、今秋は昨年の三倍の面積のライトアップを行う。入園料は、大人五百円。高大生三百円。中学生以下無料。問い合わせは、同市観光案内所(電話077ー587ー3710)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


森の中で楽しい一日

こども写生大会

=八日市ライオンズクラブ=



▲会場で写生を楽しむ子どもたち
◆東近江・東近江市◆

 八日市ライオンズクラブ主催の「こども写生大会」が十二日、河辺いきものの森で開かれ、小学生や親子連れなど約百五十人が訪れて、森の自然をテーマに写生を楽しんだ。

 同クラブの認証状伝達四十五周年の記念事業として開いたもので、子どもたちに写生の楽しさと自然を観察する大切さを知ってもらおうと企画。午前十時に集まった子どもたちは、準備された画材を借りて森の中の気に入ったところに陣取って絵筆を走らせた。

 この日は、この秋一番の冷え込みとなって、屋内で描く子が多かったが、中には森の中へ飛び出して行く元気な子もいた。

 お昼には、カーライスやうどんが提供されてみんなで昼食を囲み、手品やジャンボカルタ大会などを楽しんだあと、午後から午前中の続きに取り組んだ。

 この日描かれた絵は、審査会で優秀作品を選んで賞を贈り、展示会を予定している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


滋賀 三重 県境トンネル

国道421号石榑峠道路

整備促進と早期完成求め
=期成同盟会 国へ直接要望=



▲宮田道路局長に説明する中村会長
◆東近江・東近江市◆

 国道421号整備促進期成同盟会の会長を務める中村功一東近江市長は今月初め、副会長のいなべ市の議長らと共に上京し、滋賀と三重を結ぶ国の直轄事業「石榑峠道路」(県境トンネル)の早期完成を求め国土交通省、財務省、両県選出国会議員に要望活動を行った。

 国土交通省では、中村会長が国道421号の地図を広げ、宮田年耕局長や木村昌司国道・防災課長らにトンネル工事の進ちょく状況を報告したほか、県施行工事の早期着手や未改良区間の早期改修の必要性などを説明し、来年度政府予算おける関係予算の確保を求めた。

 要望書によると、国道421号は昭和五十七年、主要地方道近江八幡員弁線は、古くから八風街道との愛称で親しまれ、近畿圏と中部圏を結ぶ幹線道路として地域の産業や経済の発展に重要な役割を果たしてきたとして、一般国道に昇格した。

 しかし、県境付近は標高約六百メートルもあり、山間部の道路幅が狭く旧勾配、急カーブが続くため、2トン車以上は通れない。その上、一年の三分の一が積雪で通行止めになるなど、幹線道路の機能を果たしていないと訴えている。

 こうした現状から今年五月、長年の夢であったトンネル工事の起工式が行われ、すでに三重県側では掘削工事が急ピッチで進んでいる。国道421号が完成すると、滋賀・東近江地域と三重・北勢地域の地域振興や経済発展だけでなく、名神高速道路・国道1号の補完道路として、災害時の緊急道路としての活用が見込まれている。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


「ニュートン会」で意見交換

東近江市と滋賀文化短大

官学連携でまちづくり
=市総合計画、CATVなど=



▲市幹部と短大教授陣がまちづくりについて意見交換した「ニュートン会」
◆東近江・東近江市◆

 官学連携によるまちづくりを目指す、東近江市と滋賀文化短期大学による「ニュートン会」がこのほど、同市塚本町の五個荘農村環境改善センターで開かれた。

 今年で十二回目となる会には、中村功一市長はじめ市幹部と、泉孝英学長をはじめ教授陣ら二十八人が一堂に会し、意見交換などを行った。

 会議では、市総合計画と布引運動公園の概要をはじめ、文化政策案、ケーブルテレビの利活用など、短大との連携や協力が不可欠な市の事業について状況報告が行われたほか、同短大を取り巻く社会環境などについて短大側から説明、意見交換された。

 布引運動公園整備事業について同短大は、公園を防災拠点施設として位置づけるなかで、日野町にある県防災ヘリ等との広域的な連携が図れるような体制づくりを提言した。

 また、ケーブルテレビの利活用については、▽地域参加型のパソコン・ネットワークを利用した双方向授業▽コミュニティチャンネルでの公開講座放送▽高齢者の安否確認▽自然災害等の情報発信▽視聴者および学生を番組作成に積極的に参加させる▽行政・医療・介護費の軽減につながる施設整備―などを提案し、行政側と様々なアイデアを出し合った。

ニュートン会
 「学」の機能を担う同短大などと連携することで、まちづくりのマンパワーと諸施策の発展充実を期待するほか、同短大にとって地域社会への貢献が一層深まることを目的に設置された。会名は、万有引力を発見したアイザック・ニュートンからきている。なお、同力発見のもとになった「りんご」の木の子孫が、同短大に植えられている。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ