平成18年11月25日(土)第14578号

◆東近江・東近江市◆
第2回東近江市レディースバレーボール大会
初出場・能登川が王座奪う
=29チームが熱戦展開=

◆東近江・東近江市◆
超大型ジグソーパズル登場
=アピア・セントラルコート=


◆東近江・東近江市◆
幻想的 夜の紅葉狩り
=旦渡駐車場でライトアップ=


◆東近江・東近江市◆
青野の花いっぱい活動
=街道に葉ボタン5000株=


◆東近江・東近江市◆
歯科衛生士・佐々木さんに
厚生労働大臣表彰
=地域の歯科衛生に貢献=


◆東近江・近江八幡市◆
勝利へのラストコール
2006近江八幡市長選挙・あす投開票
きょう一日「最後のお願い」
=政策・人物 有権者の選択は=


第2回東近江市レディースバレーボール大会

初出場・能登川が王座奪う

=29チームが熱戦展開=



▲コートいっぱいに熱戦が展開された大会
◆東近江・東近江市◆

 ママさんパワーが激突する「第二回東近江市レディースバレーボール大会」(市教委・滋賀報知新聞社主催)が二十三日、布引運動公園体育館で開かれ、熱戦の結果、バレーボールの部で初参加の能登川クラブが、ソフトバレーボールの部ではドリームマスターがそれぞれ優勝した。

 今大会には、ソフトバレーボールの部に昨年より三チーム多い十七のクラブチームが、ソフトバレーボールの部には地域や愛好者グループなど十二チームの合わせて二十九チームが出場した。

 午前九時からの開会式の後、バレーボールの部はトーナメント戦で、ソフトバレーボールの部はリーグ戦で計六コートを使ってプレーボール。

 午後四時四○分からスタートしたバレーボールの部の決勝戦は、ママさんバレー全国大会の出場経験を持つ初参加の強豪・能登川クラブと昨年優勝した貫禄の永源寺倶楽部とのカードで行われた。試合は、僅差でリードする能登川に永源寺が食い下がるゲーム運びが展開され、永源寺が同点に追いつくと能登川が先制攻撃で突き放すという熱のこもった闘いがコートいっぱいに繰り広げられた。結局、終盤で突き放した能登川が21\16、21\18で二セットを連取し、王座に輝いた。

 ソフトバレーボールの部は、予選を勝ち抜いたドリームマスター、Me\くいーんず、レインボークラブの三チームで覇が争われ、二勝○敗のドリームマスターが優勝した。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


超大型ジグソーパズル登場

=アピア・セントラルコート=



▲アピアで人気集める大型の×マスジグソーパズル
◆東近江・東近江市◆

 アピア一階のセントラルコートに、完成すれば横五・四メートル縦二・四メートルにもなる大きなジグソーパズルが登場。製作に参加する買い物客の人気を集めている。

 ×マス商戦に向けて特別に製作されたもので、絵は二万二千ピースのパズルが埋まると完成する。会場では、一日先着二○○組を限定に製作に参加する人を募集しており、家族連れなどが参加してパズルを楽しむ光景が広がっている。

 パズルは二十七日に出来上がる予定で、完成したクリスマスの絵柄にプレゼントが何個描かれているかを当てるクイズが、パズル完成の前日(二十
六日)まで行われている。

 正解者の中から抽選で任天堂DSやおもちゃ券(一千円分)をプレゼントする。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


幻想的 夜の紅葉狩り

=旦渡駐車場でライトアップ=


◆東近江・東近江市◆

 古くから紅葉の名所として名高く、鮮やかな錦を織りなす永源寺。その昼間とは異なり、幻想的な夜の紅葉を楽しんでもらおうと、旦渡橋手前の旦渡駐車場でライトアップが行われている。

 多くの観光客で賑わう永源寺だが、地域の住民にも夜のもみじ狩りをゆったり楽しんでもらいたいと、同駐車場を営む端信子さん(永源寺相谷町)が投光器六基を設置して無料開放。午後五時から八時までライトアップしている。

 場所は、旦渡橋を挟んで大本山永源寺の向かい側。シーズン終わりまで実施している。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


青野の花いっぱい活動

=街道に葉ボタン5000株=


▲約1・2キロの緑地帯に葉ボタンを植えていく青野の住民

◆東近江・東近江市◆

 花いっぱいの街道づくりに取り組んでいる東近江市青野(来月四日に自治会公示)の「青野花と緑のまちづくり委員会」(中村昇代表)がこのほど、赤・白の美しい葉ボタンを植え込み、道行くドライバーらの目を楽しませている。

 永源寺地区や鈴鹿の玄関口に位置する青野には、国道421号沿いに約一・二キロの緑地帯が設けられ、訪れる観光客や住民の目を楽しませようと、緑地帯の「花いっぱい活動」を展開。春にはマリーゴールド、秋には葉ボタンを植え、(社)日本道路協会の道路功労者表彰も受けた。

 この葉ボタンは、花木殻を堆肥化して土をつくり、種まきから育てた自慢の苗で、六千株のうち五千株を街道に植え込んだ。残る一千株は、地域の幼・小・中学校や各自治会などに無償提供したいという。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


▲厚生労働大臣表彰を受ける佐々木さん
歯科衛生士・佐々木さんに

厚生労働大臣表彰

=地域の歯科衛生に貢献=



◆東近江・東近江市◆

 東近江市妹町の歯科衛生士・佐々木昌美さん(59)が、二十四日東京都で開かれた「日本歯科衛生士会創立五十五周年・社団法人設立四十周年記念大会」で厚生労働大臣表彰を受けた。

 佐々木さんは、歯科衛生士としての長年の経験と知識を活かし、乳幼児から高齢者までの口腔衛生教育に尽力。中でも旧愛東町での在宅高齢者の訪問歯科指導や旧湖東町のフッ素洗口事業の立ち上げから実施までの作業を支え、専門的な立場で歯科保健計画の作成や実施に貢献したことが認められた。

 現在も乳幼児健康診査の場で歯科指導の立場から育児指導や母親の支援を行っている。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


勝利へのラストコール

2006近江八幡市長選挙・あす投開票

きょう一日「最後のお願い」
=政策・人物 有権者の選択は=



▲いよいよあす決着
◆東近江・近江八幡市◆

 十九日に告示され、四人の新人が立候補し、激しい選挙戦を繰り広げている近江八幡市長選挙は、一週間の選挙戦もきょう一日を残すのみとなった。各候補者は勝利を信じて、「最後のお願い」に東奔西走する。


 選挙は冨士谷英正氏(59)、伊地知久凱氏(63)=住みよい近江八幡市をつくる会推薦=、有村國俊氏(42)、深井博正氏(56)=民主推薦=の無所属新人四人が立候補、あすの近江八幡市への思いをそれぞれの政策に掲げ、選挙戦のヤマ場となった二十三日には、激しいデッドヒートが繰り広げられた。

 冨士谷陣営は「はちまんよし」を市民文化会館大ホールにあふれる大演説会に集まった支持者に訴え、手綱を引き締めた。

 伊地知陣営は「オレンジ作戦」と銘打ったメガホン隊が「いぢち、いぢち」の名前を連呼しながら重点地区を練り歩い
た。

 有村陣営は「いま、四十歳代の市長を!」のプラカードを持って、交差点などに繰出し、ドライバーや通行人にアピール。

 深井陣営は、出身の八幡商業高校の百二十周年記念式典や祝賀会の会場前で支持拡大を図り、川端達夫衆院議院も応援に。

 今回の選挙は、川端市政を引き継ぐのか、転換するのかも一つの争点となっている。政策とともに、リーダーとしての
資質や能力も問われる。経験かそれとも若さか、実績かそれとも可能性か。将来へのかじ取り役を決める大切な選挙。はたして有権者は、誰を新市長にふさわしいと判断するのか。最後まで余談を許さない。

 投票はあす二十六日、午前七時から午後八時まで(沖島町は一時間繰り上げ)、市内三十六か所の投票所で行われ、午後九時から鷹飼町の市駅南総合スポーツ施設「サン・ビレッジ近江八幡」で、即日開票される。

 十一月十八日現在の選挙人名簿登録者数は、五万四千九百三十人(男性二万六千六百二十一人、女性二万八千三百九人)。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ