平成18年12月12日(火)第14592号

◆大津・大津市◆
ミシガンとビアンカで
クリスマスクルーズ
=ディナーとライブ、花火で祝う=

◆東近江。東近江市◆
一般質問に25人が立つ
=きょう、あす 東近江市12月議会=


◆東近江・東近江市◆
満席の聴衆を魅了
第九in東近江
=一つになった大合唱=


◆東近江・東近江市◆
高齢者予防接種
インフルエンザ
=東近江市が年内実施=


◆東近江・竜王町/日野町◆
竜王・日野町
12月議会が開会
=地方自治法改正で副町長制度導入へ=


◆東近江・近江八幡市◆
講演とディスカッション
女性と防災・復興
=17日 男女共同参画センター=


ミシガンとビアンカで

クリスマスクルーズ

=ディナーとライブ、花火で祝う=


◆大津・大津市◆

  琵琶湖汽船(大津市)は、観光船「ミシガン」「ビアンカ」のクリスマスクルーズ(十二月二十二日から二十五日まで)の乗船予約を受け付けている。

 クルーズでは、ディナーコースを味わったあと、ミシガンでは五十〜六十年代のオールディーズライブ演奏を、ビアンカ船内では静かな雰囲気でクラシックのライブ演奏を楽しめる。クルーズのフィナーレは、琵琶湖の夜空を華麗に彩る花火でクリスマス気分を盛り上げる。

 大津港(大津プリンスホテル港)から出航し、ミシガンは午後六時半〜同九時(午後六時五十五分〜同八時四十分)、ビアンカは午後六時四十分〜午後九時十分(午後七時五分〜同八時五十分)の運航となっている。

 料金は、大人一万二千五百円(乗船料・ディナーコース・税含む)、一万五千円(乗船料・シェフおすすめのディナーコース・税含む)一万八千円(乗船料・スペシャルディナーコース・税含む)、小人七千円(乗船料・お子様ランチ・税含む)。希望者にはビアンカでの宿泊もある。

 問い合わせ・予約先は、琵琶湖汽船予約センター(電話077-524-5000)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


一般質問に25人が立つ

=きょう、あす 東近江市12月議会=


◆東近江。東近江市◆

 一日に開会した東近江市九月定例議会の一般質問が十二、十三日に行われる。今議会は、会派代表制を取り止め、個人が行う一般質問に切り替えた。質問には個人二十五人が立ち、議員活動から得た市民密着の諸問題解決へ、行政側の見解や対応、方向性などについて迫る。質問議員と内容(抜粋)は次の通り。発言者順で敬称略。

 【山田みを子(公明党)】自殺対策基本法▽学びの学校づくり▽こんにちは赤ちゃん事業

 【大澤貢(東近江市民クラブ)】病院問題(医師不足への対応、蒲生病院の改築)▽介護予防

 【川南博司(同)】市立図書館のあり方▽各保健センターの充実強化と乳幼児検診

 【前田清子(同)】コミュニティバス運行(デマンド型乗り合いタクシー)▽工場立地促進

 【大橋市三(同)】農業問題(担い手育成)▽社会体育施設(機器修繕と更新、耐震調査と補強)

 【田中信弘(同)】業務委託(能登川トレーニングルーム)▽伊庭内湖「湖の家」(鳥見舎)設置

 【杉田米男(同)】支所、分室のあり方▽観光行政▽大中湖周辺道路沿いに水(道)の駅

 【河並義一(同)】職員の適正配置見直し▽国道421号にかかる道の駅構想と温泉

 【加藤正明(同)】道路行政(スマートIC地域協議会の設置)▽歴史的建造物の保存・活用

 【周防清二(同)】学校の秩序▽先人の財産活用(市内偉人の痕跡を教育に活用)

 【中村肇(同)】教育問題(八日市南小の問題、家庭教育と地域社会、教員免許更新制度)

 【西村武一(緑の市民クラブ)】いじめ解決策▽いじめ問題と人権教育

 【西沢善三(同)】農地・水・環境保全向上対策▽公設卸売市場(地場野菜の学校給食)

 【青山弘男(同)】六商工会の合併▽指定管理者制度条例と現状

 【井上喜久男(同)】総合計画・基本構想▽学校の耐震補強と老朽化

 【畑重三(同)】都市計画まちづくり構想▽公平公正な契約締結

 【横山栄吉(同)】愛知川河川敷広場の管理▽道路行政全般▽沖野地先公園事業

 【野田清司(日本共産党議員団)】市長の政治姿勢と十九年度予算編成

 【豆田昇一郎(同)】市民生活の実態と生活保護対策

 【田郷正(同)】子育て支援対策

 【野村秀一郎(同)】学校給食の業務委託▽湖東三幼稚園の統廃合

 【川嶋重剛(同)】教育(いじめの背景、不登校・校内暴力、教師の時間外労働)

 【藤田淳子(同)】住民サービスの低下につながらない職員配置計画

 【鈴村重史(太陽クラブ)】十九年度予算(湖東地区幼稚園新築、スマイルネットの今後)

 【寺村義和(無会派)】行財政改革(職員の駐車場有料化、管理職時間外サービス)▽安全対策


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


満席の聴衆を魅了

第九in東近江

=一つになった大合唱=



▲パワー溢れる演奏と美しいコーラスで客席を魅了したコンサート
◆東近江・東近江市◆

 市民大合唱が師走のホールにとどろく「第九in東近江」が十日午後三時から八日市文化芸術会館で開かれ、満席の客席を楽しませた。

 今年で八回目を迎える第九コンサートには、東近江市内の合唱グループや愛好家など九十人で結成した市民合唱団と音楽大の講師や助教授を務める四人のプロが大阪音楽大学オペラハウス管弦楽団の演奏で熱唱した。

 コンサートは、「故郷」や「春の小川」など十一曲を混声合唱団用にアレンジした唱歌メドレーで開幕し、聴衆を心に郷愁を誘い、休憩の後、本番の「交響曲第九番ニ短調作品125」の演奏が始まった。

 最後の第四楽章の演奏が始まるとリード歌手として招いた井岡潤子氏(ソプラノ)、片桐仁美氏(アルト)、西垣俊朗(テノール)、田中由也(バリトン)の四氏のコーラスが会場に響き渡り、後部に整列した市民合唱団が合唱に加わり、美しいハーモニーと第九に欠かせないパワー溢れる歌声がステージを飾り、第九の魅力を客席に届けた。

 七十四分間の演奏とコーラスに客席から盛んな拍手が送られ、今年のコンサートも成功裏に幕を閉じた。客席からは「今年も、よかった」という感想が漏れていた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


高齢者予防接種

インフルエンザ

=東近江市が年内実施=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市は、高齢者を対象にしたインフルエンザ予防接種を今月二十八日まで実施する。インフルエンザは、一般の風邪と違って、特に抵抗力の弱った高齢者が感染すると、肺炎や脳炎を引き起こし死亡することもある。

 六十五歳以上の市民が対象で、自己負担は千円。市指定の医療機関へ予約し、予防接種時には健康保険証、運転免許証など、住所、氏名、生年月日が確認できるものを持参する。

 市が指定する医療機関は、全戸配布の「健康カレンダー」(市役所、各支所、保健センターに設置)に記載してある。詳しく
は市役所健康推進課(TEL24―5646)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


竜王・日野町 12月議会が開会

=地方自治法改正で副町長制度導入へ=


◆竜王町議会◆

 竜王町議会は五日に開会し、平成十八年度一般会計補正予算や竜王町副町長の定数を定める条例案、収入役事務兼掌条例を廃止する条例案など二十六議案が上程された。

 地方公共団体の自主性・自律性の拡大を図り、地方分権の推進を目的に一部改正された地方自治法に併せて、今回、助役・収入役制度が見直された。

 助役制度については、新たに「副町長」を一人置く。職務は、町長の補佐また町職員の事務監督に加えて、町長の命を受け政策及び企画を担い、町長の権限に属する事務の一部を執行する。

 全国的にみても地方公共団体の長が担う事務量が増大していることから、収入役の廃止と併せて、町長を支えるマネジメント機能を副町長に一元化し、現行の助役に比べて責任・権限ともに強化される。

 同町では収入役の事務を助役が兼務しているが、収入役制度を廃止して新しく「会計管理者」(一人)を町長が任命する。会計管理者は議会の同意を必要とせず、一般職に属する地方公務員という位置付けとなり、適正な会計事務の執行を確保する役割を担う。

 両条例案ともに施行日は平成十九年四月一日で、経過措置により現助役が副町長に選任されたものとみなし、施行日以降も職務を引き継ぐこととなる。

 一般会計補正予算案の主なものは、▽鵜川・弓削・庄の墓地整備事業補助金一千五百五十万円▽庄地区へのコミュニティ助成事業補助金百六十万円▽福祉医療扶助費五百三十万円などで、総額六千百七十万円を追加する。

 十四、十五日に各委員会で審議され、十九日の一般質問後、二十二日に委員長報告を受け、採決し閉会となる。

◆日野町議会◆

 日野町議会は七日に開会し、日野町副町長の定数(一人)を定める条例制定案や地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例制定案など計二十三議案が提出された。十二、十三日に一般質問が行われ、十四日から十八日まで各委員会で審議される。会期は二十一日まで。

 一般会計補正予算案では、▽上野田地先用地確保を含めた公営住宅建設事業費六千九百万円▽小規模多機能型居宅介護拠点施設といった地域密着型サービス等基盤整備促進事業三千万円▽町単独福祉医療費助成事業一千四百万円▽県の森林税を活用して村井地先の里山を整備する事業二百五十万円▽新たに結成された滋賀県後期高齢者医療広域連合への負担金四十六万円などが増額された。

 一方、▽中学校整備事業二千六百万円▽情報管理事業九百九十万円▽浄化槽設置整備事業四百二十万円の減額により、補正総額は二千三百九十万円となった。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


講演とディスカッション

女性と防災・復興

=17日 男女共同参画センター=


◆東近江・近江八幡市◆

 大規模な災害が発生したときに、災害弱者となる女性、高齢者、子ども、外国人などを、地域でどのように支援すればよいのか、男女共同参画の視点で探り、地域づくりを考える「女性と防災・復興〜人権と参画の視点で考える〜」(県主催)が、十七日午後一時二十分から近江八幡市の男女共同参画センター大ホールで開催される。

 県男女共同参画県民提案事業として開くもので、「阪神・淡路大震災」を映像で振り返ったあと、NPO法人ウイメンズネット・こうべの正井礼子代表が、「震災と女性〜阪神大震災を振り返って〜」と題して講演する。

 第二部のパネルディスカッションでは、評論家の樋口恵子さんをコーディネーターに、正井代表、県地震対策室の青山達室長、テレビアナウンサーの牧田もりかつ氏が、意見を交す。

 参加申し込みと問い合せは、県立男女共同参画センター内の滋賀県男女共同参画推進協議会(TEL0748―37―8615)へ。当日の申し込みも受け付ける。また、託児希望者は、二日前までに申し出を。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ