平成18年12月23日(土)第14602号

◆東近江・東近江市◆
不当要求行為対策要綱
東近江市が見直し全面改正
公正かつ公平な市政運営へ
=職員 警察への通報義務負う=

◆東近江・東近江市◆
クリスマス前に
職員がコンサート企画
=やさしさに包まれた 蒲生病院=


◆東近江・東近江市◆
信長の側室 お鍋の方
屋敷跡か?
=戦国期の石垣を発見=


◆東近江・東近江市◆
万一の災害時に役立てて
担架と救急箱寄贈
=県遊技業協同組合湖東支部=


◆東近江・日野町◆
全会一致で条例案否決
真の問題は財源確保
=日野町議会=


◆東近江・日野町◆
家族の在り方を考える
男女共同参画ひろば
来年1月8日 日野町で
=参加者募る=


不当要求行為対策要綱

東近江市が見直し全面改正

公正かつ公平な市政運営へ
=職員 警察への通報義務負う=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市は、先月に発生した湖東支所職員に対する職務強要事件の容疑者三人が逮捕起訴されたことを受け、これまでの要綱を見直し全面改正した「東近江市不当要求行為等対策要綱」を新たに制定した。

 事件発覚後、同市は緊急対策連絡会議を開き今後の方針など協議し、合併後に制定した要綱では不当要求行為の定義があいまいで、行為者に対する措置も不十分として全面改正し、周知徹底を図る職員研修も済ませた。

 主な改正点は、要綱目的に「公正かつ公平な市政の運営に資する」を追加し、不当要求行為等の定義を「公正な職務の遂行を損うおそれのある行為」(六項目)と「暴力行為等の社会常識を逸脱した手段」(六項目)に大別し、計十二項目に増やしている。

 許認可や請負契約、入札、人事などへ介入し、有利な取り扱いを迫る行為ほか、暴力、脅迫、強要、粗暴な言動、損害賠償目当ての金品要求行為などを不当要求行為に位置付け、その上で「職員の責務」を新たに設けた。

 職員には、法令遵守ほか、業務内容の把握と説明責任、発生(おそれ含む)時の所属長への報告、身体に急迫な事態が発生した場合は警察への通告などの措置を義務付け、相手方との面談記録の提出を求めている。

 不当要求の対策を統括する連絡会議(助役・政策監・部長)を設置し、下部組織に対策委員会を設け、関係部長らが行った事実関係の調査や実態把握に基づき、対応策などを協議するとした。

 さらに「不当要求行為者への措置」に関する項目を新設し、連絡会議の協議結果により市長が文書により警告を出せるようにした。また、警告を発した競争入札参加業者への指命停止(最大九か月)の処分ほか、告訴や告発などの法的措置も行う。

 一方、不等行為を受けた職員に対しては、個人として職場内外で不等な権利侵害を受けることのないよう配慮し、関係機関への連絡や弁護士のあっせんなど、必要な援助への手だてを講じている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


クリスマス前に

職員がコンサート企画

=やさしさに包まれた 蒲生病院=



▲職員の気持ちがこもったハンドベル演奏に聞き入る入院患者ら(東近江市立蒲生病院ロビーで)
◆東近江・東近江市◆

 患者さんに喜んでもらいたい―。東近江市立蒲生病院(加藤正人院長)が二十日、一足早い「クリスマスの夕べ」を同病院一階ロビーで開いた。病の不安を抱えている入院患者から笑顔を引き出し、患者に付き添っている家族や外来患者、職員らも心温まるひとときを過ごした。

 今までは院内文化祭でコンサートを催していたが、今年からクリスマスに照準を合わせた。職員一丸となって一年の最後に何か患者さんに喜んでもらえることをしたいとの思いから、企画を温めてきたという。

 飾り付けされたクリスマスツリーが輝き、クリスマスをイメージした子どもたちの絵も飾られ、ロビーはコンサートホールに一変。

 点滴を打ちながら車いすで駆け付ける入院患者の姿も見られ、医師や看護士がそっと寄り添った。

 午後五時過ぎ、サンタクロースの衣装を着た職員の司会進行のもと、同病院職員と元職員、地域住民による大正琴の演奏で幕が開けた。

 「きよしこの夜」や「琵琶湖周航の歌」など旋律に合わせて全員が口ずさみ、よし笛も披露された。音色に導かれるようにロビーは、入院患者やその家族、職員ら約六十人でいっぱいとなった。

 会場全体にゆったりした時間とやさしい気持ちにさせる雰囲気が満ちあふれ、最後の締めくくりとして職員十人がクリスマスをイメージした衣装で登場。

 仕事が終わってから練習を積み重ねたという職員らは、「星に願いを」など三曲をハンドベルで演奏し、澄んだ音色に全員が聞き惚れた。

 職員の心のこもったクリスマスプレゼントに、患者・家族は入院生活や病の不安を一時忘れ、心を穏やかにする音楽を楽しんだ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


信長の側室 お鍋の方

屋敷跡か?

=戦国期の石垣を発見=


▲戦国時代の石垣が見つかった高野館遺跡(写真は連郭へのスロープ)
◆東近江・東近江市◆

 東近江市教育委員会市埋蔵文化財センターは、織田信長の側室・お鍋の方の屋敷跡と伝わる高野城遺跡のふもと、高野館遺跡(東近江市永源寺高野町)から、戦国時代の石垣と連郭へのスロープと思われる遺構が見つかったと発表した。

 現場は、高野城遺跡から一段低い段丘崖上と、愛知川の下位段丘崖を上がったところに位置し、近くには彦根藩井伊家が永源寺を参詣する際に通った高野街道がある。

 高野館遺跡は、平成十四年に指定されたばかりの新しい遺跡だが、地区一帯には「城屋敷」「お鍋屋敷」と呼ばれる区画が広がり、中世のものと言われる石垣が存在していた。

 今回の調査は、茶畑を広げる中山間ほ場整備事業に伴う発掘として今年五月から進められたもので、さっそく近代の石垣を取り除いたところ、戦国時代の石垣が見つかったほか、同時代にしては珍しい幅約六メートル、長さ七メートル(通常の二倍)ものスロープ状遺構が検出された。さらに、石垣の南端では館の入口とみられる虎口(敵の侵入防御のため屈折させた通路)の痕跡も発見。辺りからは、土師器や陶磁器、井戸などの生活雑器が出土し、同遺跡がお鍋の方関係の屋敷跡である可能性が膨らんだ。

 見つかった石垣の規模は、高さ約二・五メートル、幅約六十メートルの一段目と、高さ約二メートル、幅五十五メートルの二段目があり、その間の広さは南北六十五メートル、東西四十メートルの平坦地。しかし、長年の開墾などで柱跡等が残っておらず、どのような施設があったのかは不明だが、井戸や埋甕遺構があることから「生活関係の施設が存在していたことは確か」という。

 一方、二段目の石垣中央からスロープ状の遺構が見つかったことで、上段は郭が続く連郭構造であることが分かった。通常、郭内のスロープ状遺構は幅約三メートル、長さ四メートルほどのものだが、同遺跡は倍以上の大きさがあり、防御機能を要する戦国期にしては珍しい広さ。

 これについて、同センターの嶋田直人主任は「権威の象徴として大きなスロープを設けたのではないか。上段の郭は、御殿または謁見施設の可能
性も考えられる」と話している。

 さらに、二段目の石垣下から寺院等の床面に敷かれたせん(レンガ状の焼きもの)が出土。館でせんを見ることはたいへん珍しく、遺跡の性格を考えると「城館」「居館」「宗教施設」の可能性も考えられるという。

 城郭に詳しい織豊期城郭研究会代表の中井均さんによると「この場合のせんは、寺院というよりは館の中の草堂といった感じ。また、地方の豪族居館としては規模が大きく、中央のスロープは通路としては非常に大きい。鈴鹿越えの要衝を押さえ、ある程度権威を持った存在と考えてもよいのではないか」と、お鍋の方または信長の親族の可能性を語る。

あす高野館遺跡で説明会

 あす二十四日午後一時半(小雨決行)から現地説明会が開かれる。場所は、国道421号の永源寺支所前を通り、三百メートル先の信号を左折。紅葉橋から高野神社鳥居を抜け、約二百メートルを左折。問い合わせは同埋蔵文化財センター(0748―42―5011)へ。

 お鍋の方
 現近江八幡市生まれ、永源寺の小倉家に嫁いだが、夫の小倉右京亮が信長の八風越えの援助をしたことを佐々木六角に責められて自害。その後、信長の側室となり二男一女(信高、信吉、振)をもうけ、信長亡き後、秀吉の正室北政所に仕えた。その功から秀吉の厚遇を受け、高野城をあて行われたと伝わる。慶長十七年六月没、京都大徳寺総見院に葬られた。ちなみに、お鍋の方が生んだ信高の子孫が、フィギュアスケートで活躍する織田信成氏。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


万一の災害時に役立てて

担架と救急箱寄贈

=県遊技業協同組合湖東支部=


▲市に担架と救急箱をセットを贈る県遊技業協同組合湖東支部の役員
◆東近江・東近江市◆

 県遊技業協同組合湖東支部(太田政男支部長)の役員が十九日、市役所を訪れ「万一の災害時などに役立てて欲しい」と、担架と救急箱をセットにした防災グッズを寄贈した。

 同支部では、近い将来に琵琶湖西岸の地震や東南海沖地震などが起きる可能性が高いと言われていることから、市が進めている防災対策に少しでも協力できたらと協議。市民の生活地域の中で最も身近にある各地区公民館に常備してもらうよう十四セットを贈ることにした。

 寄贈の訪問に対応した種村善五郎収入役は「市では、防災をはじめ様々な安心安全対策に取り組んでいます。今回寄贈を受けた担架や救急箱は、そうした取り組みに大変役立つものです。ありがとうございます」と感謝した。

 各地区公民館を代表して寄贈を受けた大林隆三・市立中央公民館長は「早速、市内各地の公民館に配置して活用してもらえるようにしたい」と述べた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


全会一致で条例案否決

真の問題は財源確保

=日野町議会=


▲全員反対のため採決での起立者はゼロ
◆東近江・日野町◆

 日野町議会本会議で閉会日の二十一日、藤澤直広町長が提案後、総務常任委員会で議案の取り下げを申し出ていた「日野町公共施設整備基金条例の制定案」が、全会一致で否決された。また、国民健康保険の税率値上げを盛り込んだ条例改正案は継続審査となった。

 日野町公共施設整備基金条例制定案は、日野町教育施設整備資金積立基金の設置管理および処分に関する条例と日野町営住宅建設整備基金条例を廃止し、一本化して両条例で積み立てられた現金・有価証券を新条例の基金として義務教育施設や町営住宅、公益施設といった公共施設の整備・改修に役立てるというもの。

 平成十七年度決算によると、教育施設整備資金積立基金は一千二百三十万円、町営住宅建設整備基金は四億八千七百四十二万円にのぼる。日野中学校改築に向けた財源確保に苦慮している藤澤町政は、内部資金を有効活用して起債軽減を図る一手段として、同条例案を十二月議会に提案した。

 しかし、地方自治法第二百四十一条三項で「特定の目的のために財産を取得し、または資金を積み立てるための基金を設けた場合においては、当該目的のためでなければこれを処分することができない」と定められており、町営住宅建設整備の目的が達成されていない現況では「地方自治法に抵触する」と議員が指摘。

 提案前に県また日野町公営住宅運営委員会に条例の廃止・統合について諮っていない事実も発覚し、藤澤町長は十四日の総務常任委員会で関係機関と事前協議しなかったことや情報収集不足を反省、県との協議に時間を要することから議案の取り下げを申し出たが認められなかった。

 二十一日の討論では、原案反対の立場で杉浦和人議員が「不手際極まりなく、議会軽視は不信任に値するとの意見もある。恥ずかしい議案提案だ」と叱責。同じく反対の立場で對中芳喜議員が「廃止するには、目的が達成されていない現段階では適切でない。また、議案撤回は本会議に委ねなければならない」と手続き上の問題に言及し、基金の有効活用に関して町のさらなる検討を期待した。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


家族の在り方を考える

男女共同参画ひろば

来年1月8日 日野町で
=参加者募る=


◆東近江・日野町◆

 「東近江地域・日野町 男女共同参画ひろば」(主催=滋賀県、日野町、日野町教育委員会)が、来年一月八日に日野町町民会館わたむきホール虹で催される。開催時間は、午後一時から同四時まで。

 同ひろばは、働きながら子育てを楽しめる仕組みづくりが急務となっていることから、一人で担う子育てではなく、企業も含めて家族・地域で支え合う子育て、さらに子どもとともに育ち合うことの大切さを男女共同参画の視点から考える。

 テーマは“これからの家族のあり方〜家族の声が聞こえてますか〜”。三人の子の父親で育児にも携わり、育児・保育を柱とした教育学の創設を切望している東京大学大学院教育学研究科・教育学部の汐見稔幸教授が、「子どものサインが読めますか?〜何度でもやり直そう!我が家の子育て〜」と題して記念講演する。

 続いて、「子育て 私たちにできること」を主題としたくるま座とーくへ。汐見教授をアドバイザーに、ホテルニューオウミ顧客担当課長を経て近江八幡商工会議所専務理事を務める岡田啓子さんとけやき文庫主宰者である中山世里子さん、父親代表の島田佳己生さんのパネラー三人が本音トークを繰り広げる。コーディネーターは、E―radioパーソナリティの中野栄美子さん。

 また、くるま座とーく最後には、中山さんによる大人のためのストーリーテリングが行われる。

 参加無料で、定員は先着二百人。参加希望者は、住所・氏名・電話番号・託児希望の有無・手話通訳希望の有無を明記し、ファックスまたは電子メール、電話のいずれかで申し込む。申し込み締め切りは二十五日。

 申し込みおよび問い合わせは、県東近江地域振興局地域振興課(0748―22―7702、FAX0748―22―8680、Eメールae42@pref.shiga.lg.jp)もしくは日野町企画振興課(0748―52―6552、FAX0748―52―2043、Eメールkikaku@town.shiga-hino.lg.jp)まで。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ