平成18年12月25日(月)

◆湖南・野洲市◆
初日の出は三上山で!
登山会の参加募集
=甘酒接待あり=

◆東近江・東近江市◆
これで元気に
キラリ体操を考案
=ビデオやDVDに作成=


◆東近江・日野町◆
神の使いである“猪”
綿向神社に 石像お目見え
12年に1度だけ
=特製絵馬を製作中=


◆東近江・近江八幡市◆
ウガンダで健康相談
市長に出発の報告
=近江八幡市の水谷さん=


◆東近江・近江八幡市◆
27日開会 16議案を提案
近江八幡市議会12月定例会
島・馬淵幼稚園で預かり保育
=金田小学校にプレハブ教室=


初日の出は三上山で!

登山会の参加募集

=甘酒接待あり=



◆湖南・野洲市◆

 野洲市は、来年一月一日開催の三上山初登山大会の参加者を募集している。

 当日は、午前四時四十五分にふもとの御上神社楼門前に集合する。参加料は無料。記念品のほか、記念撮影、甘酒の接待などもある。

 問い合わせは同市生涯学習課(電話077-589-6324)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


これで元気に

キラリ体操を考案

=ビデオやDVDに作成=



▲作成された「ひがしおうみ元気キラリ体操」のビデオやDVD
◆東近江・東近江市◆

 東近江市は、高齢者にいつも元気で暮らしてもらえるよう介護予防のための「ひがしおうみ元気キラリ体操」を考案し、そのやり方を収録したビデオとDVD、CD、カセットテープを無料で配布している。

 体操は、市の理学療法士が日々の診療業務や地域活動を通して、介護予防や健康維持に役立つ体操を考え、音楽にあわせ楽しく取り組める内容に仕上げた。約六分間と十五分間程の二種類ある。

 担当のいきいき支援課では、市内各地で開催する体操指導に使うほか、市内の団体やグループほ対象に無料配布している。また、この体操の普及を目指して来月から市民対象の「体操きらりサポーター」を養成していくことにしている。問い合わせは、いきいき支援課(24-5641)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


神の使いである“猪”

綿向神社に 石像お目見え

12年に1度だけ
=特製絵馬を製作中=



▲綿向山に駆け上がる姿を表現した石像
◆東近江・日野町◆

 猪突猛進のごとく“一願成就”のご利益を授かる―。来年の亥年を前に、日野町村井の馬見岡綿向神社(社信之宮司)で二十日、綿向大神様のお使いとされる猪の彫刻「神猪(かみのい)の石像」の除幕式が行われた。また、十二年に一度、亥年のみ授与するという猪の絵馬を社宮司が製作中で、同神社恒例となった大絵馬も拝殿正面に掲げられ、着々と迎春準備が進められている。

 お稲荷さんは狐、八幡さんは鳩、山王さんは猿、春日さんは鹿といったように、それぞれの神さんにはお使いとしての動物が決められている。現代、農作物を食い荒らし厄介者扱いされている猪だが、綿向神社では祭神である綿向大神様のお使いとして崇められている。

▲綿向山を背景とした猪の図柄の焼き印を絵馬に押す社宮司
 社伝によると、そのいわれは同神社の創祀までさかのぼる。欽明天皇六年(五四五年)、蒲生野の豪族であった蒲生稲置三麿(がもうのうのいなぎみまろ)と山部連羽昨(やまべのむらじはぐい)が、綿向山麓へ狩りに出た。四月(新暦の五月)だというのに急に吹雪となり、しばらく岩陰で休んでいると雪が止み、外に出て今まで目にしたことのない大きな猪の足跡を発見。
 その足跡を夢中で追っていくうちに、やがて山頂へと導かれ、綿向大神様の化身となって現れた白髪の老人から「この山の頂に祠を建てて祭るように」とのお告げを受け、同神社
の奥宮として綿向山頂上に大嵩神社を建てたという。

 本殿の彫刻や境内石灯籠の装飾、日野祭の神輿・曳山には猪が施され、村井の地名は「群れ猪(むれい)」から由来するとの言い伝えもあり、綿向神社やその周辺には猪とのかかわりを示す伝承があふれている。

 猪とのかかわりが深い神社であることを、参拝者に感じてもらいたいとの思いから建造され、今回、株式会社ヒロセ・広瀬三十二会長の奉納により、猪の石像(横一・五メートル、高さ約一メートル)が本殿東隣にお目見えした。

 午前九時から拝殿で神事が執り行われ、広瀬会長と氏子総代ら総勢約十五人が出席。続く除幕式で、真っ白な大理石の石像が姿を表すと、その神々しさに出席者から拍手が沸き上がり、頂上に導いたとのいわれにちなんで綿向山に駆け上がっている躍動的な姿が表現されている神猪(かみのい)をじっと見つめていた。

■「神猪の絵馬」


 同神社の社宮司が、古くから十二年に一度亥年にのみ授与する「神猪の絵馬」づくりに追われている。

▲綿向神社拝殿正面に掲げられている畳3枚分の大きさの大絵馬
 この絵馬は、綿向山を背景とした猪の図柄を、同神社に伝わる焼き印で宮司自ら製作するもので、炭火で温めた焼き印を絵馬一つひとつに押していく。

 社宮司は「神様のお使いの姿を表さなくてはいけないので、緊張しながら押させてもらっている。亥年の人だけでなく、来る年がすべての人にとってよい年になるよう願いつつ製作している」と語り、約三百体を元旦から授与する。初穂料として一体一千円が必要。

 また、神猪の絵馬は、昭和五十九年頃、亥年の司馬遼太郎氏が雑誌「週間朝日」連載“街道をゆく”の近江散歩シリーズの中で紹介し、猪のお宮さんとして名が知れ渡り、全国各地から問い合わせが寄せられるようになったという。

 迎春準備が進む境内には、毎年、恒例となっている干支の大絵馬(幅三メートル、高さ一・八メートル)も拝殿正面に登場した。畳三枚分の大きさで、今にも駆け出してきそうな猪の絵が印象的な仕上がり。

 今後、三十一日に除夜祭、一月一日午前五時から大戸開き・元旦祭を行い、伊勢大神楽の舞い始めを奉納する。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ウガンダで健康相談

市長に出発の報告

=近江八幡市の水谷さん=



▲冨士谷市長に出発の報告を行う水谷さん――近江八幡市役所市長応接室で――
◆東近江・近江八幡市◆

 青年海外協力隊員の保健師として、アフリカのウガンダに派遣されることになった近江八幡市堀上町の水谷真由美さん(24)が、このほど冨士谷英正市長に出発の報告を行った。

 水谷さんは、小学生の時にソロモン諸島で滋賀県出身の保健師隊員に出会ったことが青年海外協力隊員に興味をもつきっかけとなり、大学で国際保健を学び、在学中には今回の派遣先でもあるウガンダの首都カンパラから北約八十キロにあるルエロ県チオコの中央総合病院としての機能をもつ私立チオコ病院での約一週間のスタディーツアーにも参加、NGO(非政府組織)の日本人医師たちの活動を見学した経験から、自分にできる限りの活動がしたいと、今回、勤務していた滋賀医大附属病院を退職し、隊員に応募した。第一志望だった同病院への赴任もかなった。

 ウガンダでは、栄養障害による感染症を発症したり、そこから他の重い病気にかかる人が多く、水谷さんは、栄養士隊員とともに同病院を拠点に、近郊村落での栄養相談を中心とした巡回健康相談にあたる。

 冨士谷市長は「体に気をつけて、日本で得た医療の知識と技術を大いに発揮して、がんばってきてください」と激励。水谷さんは「精いっぱい頑張ります」と決意を述べた。

 水谷さんは来年一月八日に日本を出発。派遣期間は二年間。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


27日開会 16議案を提案

近江八幡市議会12月定例会

島・馬淵幼稚園で預かり保育
=金田小学校にプレハブ教室=


◆東近江・近江八幡市◆

 市長選挙執行のため開会が先延ばしとなっていた近江八幡市議会十二月定例会は、二十七日に開会、一億六千四百万円を追加する平成十八年度一般会計補正予算など補正予算七件、来年度から二園で試行される幼稚園の預かり保育の授業料設定に伴う幼稚園条例の改正など条例関係五件、医療事故損害賠償請求の和解に関する議決など議決関係四件の、十六議案と二件の報告案件が提出される。

 一般会計補正の主な内容は、認知症対応型デイサービスセンター施設整備補助一千万円、小型ボンベ混入と思われる爆発で破損した粗大ごみ処理施設の破砕機に取り付けられているベルトコンベアの修繕約一千五百六十七万円、勤労者福祉センター壁面改修工事二百五十万円、金田小学校の教室不足に対応するためのプレハブ教室工事四百万円、預かり保育に対応するためのエアコン設置工事百四十万円など。

 子育て支援策として「預かり保育」が、来年四月から馬淵幼稚園と島幼稚園で試行される。保育時間は正規の保育時間終了後の午後二時から四時までの二時間で、夏休みにも開設される。授業料は、月単位での保育が月額四千円、緊急時など一時的な保育が日額二百五十円を設定している。

 二十八日から一旦休会となり、十一日に再開して、十一・十二・十五日に代表質問と個人質問、十六―十八日に各常任委員会、十九日に委員会報告を受けて、討論、採決し、閉会の予定。

 冨士谷英正市長が、就任後の初議会に臨む。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ