平成19年1月7日第14613号

◆東近江・東近江市◆
東近江市 消防出初め式
きょう 新たに防火誓う
=布引体育館 自治功労や知事表彰=

◆東近江・東近江市◆
各界代表ら賀詞交換
びわこ新年互礼会
=9日 ミシガン船上で=


◆東近江・東近江市◆
地域のみんなで取り組もう
世代をつなぐ
=農地・水・環境保全向上対策=


◆東近江・東近江市◆
全国のプロ・アマから応募
てんびんの里日本画コンクール
入賞13点決まる
=展示は1・2月=


◆東近江・東近江市◆
京セラグループが多額寄付
=赤い羽根たすけあい募金=


◆東近江・近江八幡市◆
安心・安全な「近江牛」
(仮称)滋賀食肉センター・春開業
衛生的・効率的な近代施設で
=将来のブランド輸出も視野に=


東近江市 消防出初め式

きょう 新たに防火誓う

=布引体育館 自治功労や知事表彰=


◆東近江・東近江市◆

 今年一年の防火を新たに誓う年頭恒例の「東近江市消防出初め式」は、七日に同市立布引運動公園(今堀町)で開催される。

 午前八時半時からの出初め式には、市消防団(宇川恵三団長)の市内二十六分団と女性部から団員約九百人が勢揃いし、中村功一市長から服装や機械機具などの点検を受け、八日市文化芸術会館まで車両パレード(二十台)を行う。

 体育館での式典では、殉職者に黙とうを捧げ、消防活動に功績のあった団員ほか、安心安全まちづくりへの市政自治功労者らが表彰される。主な被表彰者は次のみなさん。

 【知事表彰】永年勤続功労章 松永義秀(第八分団長)上田元一(第十二分団班長)中村金治郎(第十四分団班長)▽勤続功労章 高木武(第四分団長)村田賢蔵(第五分団長)藤井真澄(第五分団班長)星田昌之(第八分団班長)小椋浩行(第九分団員)小西幸弘(第十一分団員)松村博文(第十二分団副分団長)稲本正行(第十二分団員)川島貞幸(第十三分団班長)山本庄市(第十四分団員)山本正之(第十五分団班長)横田和彦(第十六分団班長)

 【県消防協会長表彰】功績章 奥井匠(第二分団長)西村安央(第二分団副分団長)西村俊幸(第三分団長)向井一生(第三分団副分団長)奥信一(第四分団副分団長)宮井巌(第六分団長)久保義治(第七分団副分団長)松本幸三(第八分団副分団長)

 【市長表彰】優良自主消防組織 下羽田町自警団、百済寺町自警団、平柳町自治会▽優良火災予防活動子ども会 今代町子ども会、平松子ども会

 【市政自治功労】 磯部尚(五個荘金堂町)小林一弥(糠塚町)上田信一郎(五個荘山本町)上田元一(五個荘石塚町)椙森勝宏(野口町)谷口浩一(建部日吉町)辻村武(五個荘日吉町)稲本正行(五個荘山本町)北川雄一(五個荘小幡町)桜井敏勝(五個荘川並町)西村嘉記(五個荘金堂町)福島英雄(小今町)山本庄市(五個荘小幡町)


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


各界代表ら賀詞交換

びわこ新年互礼会

=9日 ミシガン船上で=


◆東近江・東近江市◆

 新春の琵琶湖で一年の計を誓い賀詞を交換する「第二十二回びわこ新年互礼会(隆昌祈願祭)」(滋賀報知新聞社主催)は、九日に琵琶湖上に浮かぶ豪華外輪船ミシガン号をチャーターして開催される。

 東近江や湖東地域はじめ県下の政治、経済、文化、教育各界の代表らが一堂に会する新春恒例の行事で、知事や市長、議長はじめ各機関、団体長らが新しく迎えた亥(い)年の行方を語り合い親交を深める。

 午前八時半に東近江市役所東玄関を二台のバスに分乗して浜大津港に向かい、同十時にミシガン号に乗船する。貸し切りの船内では、来賓の沢田史朗副知事や国会議員ほか中村功一東近江市長、冨士谷英正近江八幡市長らから年頭のあいさつを受ける。参加費(乗船代・正月料理などすべて含む)一万五千円。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


地域のみんなで取り組もう

世代をつなぐ
=農地・水・環境保全向上対策=



▲自然や生き物に優しい農業を取り戻そうと、水田に魚を呼び戻す魚道づくり(能登川地区)
◆東近江・東近江市◆

 農業者だけでなく自治会や子供会、市民グループらを含めた地域全体で取り組む農水省の新たな地域振興政策「農地・水・環境保全向上対策」が、この四月からスタートする。農業の持続的発展のため、基盤となる農地や水、環境の保全向上を図り、農業が本来持っている自然循環機能を維持・増進させるほか、農村コミュニティーの活性化を目的にする事業で、東近江市では百六十八集落が応募の手を上げている。

今春から5カ年計画
市内168集落が応募

 過疎化や高齢化などに伴って、農業関係者だけで農地・農業用水等の維持管理は困難になっている。また、ゆとりや安らぎといった農業への価値観が変わり、農業生産全体の在り方を「環境保全重視」のものに転換していくことが求められている。

 このため農水省では、地域ぐるみで行う農業資源の保全対策と、農薬使用を大幅に低減する農業生産環境対策の「農地・水・環境保全向上対策」を立案。農家と地域住民らで「地域協議会」を立ち上げ、十九年から二十三年度までの五カ年計画を策定・実施する。

 この事業のモデルになったのが、環境こだわり米などを推進する滋賀県。さっそく、琵琶湖と共存する“持続可能な農業・農村”の実現に向けて、滋賀県型『農地・水・環境保全向上対策キックオフ・フォーラム』を開き、四つの事例報告を通して普及活動を展開した。

 その四事例とは、守山市木浜地区の「木浜の資源環境を守る会」、近江八幡市野田地区の「野田湧上の郷」、米原市宇賀野地区の「法秀院の郷宇賀野環境保全会」、東近江市八日市地区の「糠塚町環境保全協議会」で、濁水防止や循環かんがいをはじめ、コスモス畑の創出・清流復活といった景観形成や、ホタルの棲む水路管理、魚道設置などを展開している。

▲生き物調査など地域の農業・環境について考える子どもたち(五個荘地区)
 協定までのステップを紹介すると、▽集落単位・水系単位・土地改良区単位の対象地域をまとめる▽地域住民参加型や、学校・PTAも含めた地域内交流型、さらに企業・NPO等を交えた都市農村交流型などの参加者を募る▽助成を受けるための規約づくり▽共同活動の五カ年計画▽自治体との協定締結▽国から助成金交付▽実践活動―となっている。

 支援金は、農地面積に応じて支払われ、単価は水田で十アール当たり三千三百円、畑で同二千百円、草地で同三百円。高度な環境保全活動を含む場合は、水田で同四千四百円、畑で同二千八百円、草地で同四百円となっている。ただ、農地によっては排水路など面積当たりの施設量に差があることから、一律の単価を見直すことや財源の交付税措置などが求められる。

 こうした説明が各地で行われ、東近江市では、農地がある対象の二百二十集落のうち百六十八集落が応募。各集落内で勉強会などが開かれており、さらに高度な“二階部分”と言われる「環境こだわり農業」も話し合われる。

 これは、化学肥料と農薬を五割以上減らし、エコファーマーが集落の半数以上を占めることが条件で、先進的な営農と農業排水対策を合わせた取り組みであり、認められた場合は県の認証マークを表示して出荷・販売することが出来る。

 詳しくは、東近江市農村整備課(0748―24―5661)または東近江地域振興局環境農政部農産普及課(22―7714)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


全国のプロ・アマから応募

てんびんの里日本画コンクール

入賞13点決まる
=展示は1・2月=



◆東近江・東近江市◆

 二年に一度、全国のプロ・アマチュアから作品を募る『第六回てんびんの里日本画コンクール』(主催=東近江市教委、同コンクール実行委員会)の作品審査がこのほど行われ、入賞の十三作品が選ばれた。

 同コンクールは、五個荘地区ゆかりの日本画家・野村文挙を顕彰し、日本画の隆昌を志す人材の発掘・育成を目的にするもので、旧五個荘町時代から隔年開催され、全国各地からプロ・アマ問わず多くの作品が寄せられている。

 今回は、近江商人発祥の五個荘地区や、市内各地の自然、町並みを題材に「みんなでつくる うるおいと にぎわいのまち東近江市」のイメージにふさわしい作品を募ったところ、全国各地から三十五点の応募(出品数は三十二点)があった。

 審査には、日展常務理事で日本芸術院会員の中路融人氏と、砺波市美術館長で彦根城博物館長の石丸正運氏があたり、大賞一点、優秀賞(東近江市長賞・同市教育長賞)二点のほか、文挙の会会長賞、滋賀報知新聞社賞など十点を選出。計十三点が入賞した。

 展覧会は二部構成になっており、応募作品すべての展示は一月十三〜二十八日。会場は、東近江市てんびんの里文化学習センター一階ホールあじさい。入賞作品のみの展示は、二月一〜十二日まで同センター三階の近江商人博物館特別展示室で開催される。開館時間はいずれも午前九時半〜午後四時半。受賞者は次のみなさん(敬称略)。

【大賞】「正午過ぎ」藤田哲也(愛知県長久手)
 

【優秀賞】「ハナノキ」今村市良(東近江市小池町)、「板壁の調べ」杉本妙子(兵庫県姫路市)
 

【文挙の会会長賞】「倉窓のある商家の庭」小川喜久世(大阪府大阪市)
 

【滋賀報知新聞社賞】「映」三宅冨士子(岡山県倉敷市)
 

【その他入選】
 「おくどさん」桝田吉行(兵庫県姫路市)▽「山門秋色」坂田吉蔵(東近江市八日市東浜町)▽「残照」井上ひろ美(山梨県南アルプス市)▽「燈穂」渡辺崇(岐阜県岐阜市)▽「残雪の道」塩川佑子(長野県小諸市)▽「商人街道」垣見真由美(東近江市青葉町)▽「琥珀色の光」大西健太(近江八幡市鷹飼町)▽「寧日」松木秋佳(愛知県名古屋市)


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


京セラグループが多額寄付

=赤い羽根たすけあい募金=


◆東近江・東近江市◆

 京セラ株式会社滋賀八日市工場長の宮内宣明さん、同社滋賀蒲生工場長の橋爪一雄さん、および関連会社と労働組合支部長の五氏がこのほど東近江市役所を訪れ、県共同募金東近江支会長の中村功一東近江市長と奥善夫市社協会長に「赤い羽根募金共同募金・歳末たすけあい募金」の二百四十二万千六十二円を手渡した=写真=。

 毎年、同社の社員と関連企業の京セラキンセキ(株)、(株)京セラソーラーコーポレーション、日本メディカルマテリアル(株)、および京セラ労働組合の組合員が協力実施している募金の寄付活動で、「赤い羽根募金共同募金」は県共同募金会へ送り、来年度の県内福祉活動および施設整備に生かされる。

 また、「歳末たすけあい募金」は、東近江市内における年末・年始の地域ふれあい交流事業や私立保育園、学童保育所、共同作業所、障がい者福祉施設の事業支援。さらには、生活支援が必要な世帯や自宅療養中の高齢者、独居高齢者、障がい児者への激励金として配分される。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


安心・安全な「近江牛」

(仮称)滋賀食肉センター・春開業

衛生的・効率的な近代施設で
=将来のブランド輸出も視野に=



▲今春開業に向けて進む工事
◆東近江・近江八幡市◆

 (財)滋賀食肉公社(山田新二理事長)が県内のと畜場の統合に向けて建設を進めている「滋賀食肉センター」が今春、いよいよ近江八幡市長光寺町に完成する。昭和四十年代に建設された近江八幡市と畜場(武佐町)と京滋畜産(大津市大谷)の老朽化に伴い、これまで県外で処理されてきた豚肉(年間二万三千頭)も処理できる、衛生的・効率的な近代生産流通施設として生まれ変わる。安全で安心な食肉の安定供給と、海外輸出も視野に入れた「近江牛」ブランドの振興をめざす。一月末には工事が完了し、二月中旬から試運転、四月操業の予定。

 滋賀食肉センターは、約二万九千六百平方メートルの敷地内に、建築面積約五千六百平方メートルの鉄骨造二階建の本館棟と、排水処理施設や焼却施設などの付属施設六百五十九平方メートルからなる。

 本館棟は、と畜解体・副生産物処理・食肉市場・部分肉加工・冷蔵保管等の工場部門と、事務室・セミナー室・福利厚生等の施設の管理部門に分かれる。

 トレーサビリティー(生産履歴)システムや、牛が暴れない電気ショックによると殺方法の導入、隔離された専用ブースでの解体・自動洗浄によるダーティーゾーンとクリーンゾーンの分離、解体から枝肉処理まで台に降ろすことなく吊るしたままで作業の動線を効果的にしたフルオンレール方式での処理、内臓や皮の副生物組合での専門処理など、BSE対策を徹底し、衛生、品質、効率を重視した。

 一日に牛と豚百頭ずつを係留することができ、と畜能力は一日で牛七十五頭、豚百頭を処理。枝肉は、牛二百三十頭分、豚百五十頭分を保管可能。不要な骨の部分を取り除き、部分肉での出荷が可能となり、より衛生的で安全な近江牛を市場に送り出すことができる。

 また、畜産農家から持ち込まれた牛や豚の係留施設を完全屋内型にすることで臭いや鳴き声を屋外にもらさない、空気はオゾン脱臭処理してから放出、施設から汚水やゴミを出さないなど、周辺環境との調和にも配慮し、カラスも来襲しない施設をつくる。

 施設内の八十人収容のセミナー室では、食肉関係業者や畜産農家、幼・小・中の教育関係者や子どもたち、消費者、地域の人達が、食肉に関する研修や、知識を学ぶこともできる。

 将来的には対米輸出も視野に入れ、世界一厳しいと言われる米国の認可を得るため、食品の製造工程で発生する恐れのある微生物汚染等の危害について調査・分析し、殺菌工程、包装工程など製造工程の段階で特に重点的に管理すべきポイントを定めたHACCP(一九六〇年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の手法)を取り入れ、畜産農家を含めた自主的な衛生管理体制の確立と強化に取り組む。

 業務運営は、荷受、解体、保管、販売、部分肉加工を現在の(株)滋賀食肉地方卸売市場を中核とした新会社と、内臓や化製物は関係する副生物業者で新たに組織する組合法人「副生物組合」が行う。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ