平成19年1月26日(金)第14629号

◆東近江・東近江市◆
お帰りなさい、お父さん
60歳からの地域デビュー
=東近江でシンポ―鍵は「仲間づくり」=

◆東近江・東近江市◆
冬の森で楽しむ「ワオ!里山」
あす 河辺いきものの森
薪割りやクラフトづくり
=割った薪でご飯炊きピザ焼く=


◆東近江・東近江市◆
とってもお洒落!
フェルトと欧風刺繍展
=31日まで―永源寺図書館=


◆東近江・東近江市◆
つきたて!こんがり
もちバイキング
=eタウン八風で28日=


◆東近江・竜王町◆
あなたの人生の記念に!
「桜の植樹者」募集中
=りゅうおう桜を植えよう会=


お帰りなさい、お父さん

60歳からの地域デビュー

=東近江でシンポ―鍵は「仲間づくり」=


◆東近江・東近江市◆

 子育てもようやく落ち着き、人生の第2ステージをどう過ごしていくか? そんな世代が抱える一番の悩みは、定年後の居場所と生きがいづくり。特に、企業戦士と呼ばれるサラリーマンたちは地域との関わりが極めて薄く、孤独感から家に引きこもる人も多い。今年は、定年間近の「団塊の世代」が一斉に退職を迎える“2007年問題”の始まりであり、楽しく地域デビューを飾るきっかけづくり「出発シンポジウム2007」(東近江市主催)がこのほど、湖東信用金庫本店で開かれた。

 2007年問題とは、昭和二十二〜二十四年生まれの六百八十万人という「団塊の世代」が定年退職を迎えることで、労働人口の変化や技術の伝承、退職金問題、家庭や地域においては福祉・介護等の課題が生まれる。

 シンポジウムは、今後のまちづくりに貴重な人材として、退職後の地域活動のきっかけづくりにしてもらおうと同市が初企画したもので、東近江地域振興局地域健康福祉副部長の北川憲司さんが「定年退職者の地域デビュー」をテーマに、退職後の居場所(生きがい、役割、自己実現)づくりについて語った。

 その中で北川さんは「退職直後は『趣味、特技を生かしたい』『人生八十年、まだまだ頑張れる』と夢を持っておられるのですが、次第に一日中パジャマでウロウロ、庭から外に出ない引きこもり状態になり、介護保険のお世話になる人も出てきます」と紹介。自身に該当するのか、多くの男性たちが身じろぎしながら悩みの事例にうなずき、生き生きと暮らせるポイントを探っていった。

 このあと、まちづくりリーダーとして活躍する谷口正信さん(同市南部公民館長)、松村義弘さん(近江八幡市健康推進15会)、武藤精蔵さん(里山保全活動団体 遊林会)を迎えたシンポジウムが開かれ、生きがいへのキーワード「仲間づくり」について活発な意見が飛び交った。

 この日の参加者は、定年前後の男性や熟年夫婦が多く、新たな出発への熱意が伝わった一方で、相談場所の少なさを示し、改めて、地域社会における活動の場と体制整備(目的の場所まで引き出すシステム)の必要性が浮き彫りになった。

 日本の高度成長を支えた心意気のある世代―、地域へ帰ってくる今こそ、まちづくりの好機と期待されている。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


冬の森で楽しむ「ワオ!里山」

あす 河辺いきものの森

薪割りやクラフトづくり
=割った薪でご飯炊きピザ焼く=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市の里山保全活動団体・遊林会は、二十七日に薪割り大会とクラフトづくりを合体させた「ワオ!里山2007」を同市建部北町の河辺いきものの森(滋賀学園前)で開く。午前十時〜午後三時。

 昨年に初めて催した薪割り大会が大好評だったことか、一緒に訪れた子供やお母さんにも森で一日楽しく過ごしてもらおうと、クラフトづくりをジョイントさせた。

 クラフトづくりでは、午前中に作品の材料となる枯れ枝やツルを冬の森で集め、午後から飾りや置き物などの作品づくりに挑戦する。小学生以上で二十人が参加できる。素材集め用の袋や枝切りばさみなどを持参する。

 一方、薪割り大会では、午前中に高さ十メートル以上の木を伐採し、これを輪切りにし、午後からはゲームをしながら薪割りを楽しむ。中学生以上で二十人を募集している。手袋やゴーグルなどは必ず持参のこと。

 昨年は、オノを初めて使うという女性から、薪ストーブのオーナーで常に薪割りに取り組んでいる人、何十年ぶりだという高齢者などが参加し、冬の寒さを吹き飛ばす、にぎやかなイベントだったと振り返る。

 このほか、昼食は薪で炊いた焦げの付いたご飯と豚汁を食べ、最後は薪を使った窯でピザを焼いて食べる。マイカップ、はし、器などは各自で持参する。

 参加費は一人千円だが、クラフト・薪割りをしない人や小学生以下の人は五百円(昼食代など)で参加できる。準備のため必ず事前申込が必要で、河辺いきものの森ネイチャーセンター(TEL20―5211)へ電話で申し込む。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


とってもお洒落!

フェルトと欧風刺繍展

=31日まで―永源寺図書館=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市立永源寺図書館のギャラリーで、とてもお洒落な作品展「フェルトと欧風刺繍」が開かれている。三十一日まで。

 つくる楽しさと出会いの喜びを伝えたいと、才津原りえ子さん(フェルト)と櫻武典子さん(刺繍)が開いた二人展で、ふんわり温かなフェルトの帽子・カバン・タペストリーなどのほか、一針ごとの優しさが伝わるテーブルクロス・日傘や、ノルウェーの伝統刺繍「ハーダンガー」の素敵な作品が並んでいる。

 このほか、同館視聴覚室では、地域学事業として市内の水辺をのぞき込んだ循環展「ちょっと素敵な東近江市自然写真」が開かれており、鈴鹿から琵琶湖まで美しい水辺の写真約三十点が紹介されている。二十八日まで(二月一日からは八日市図書館で開催、同四日には関連のフォーラム)。

 問い合わせは同図書館(0748―27―8050)または、市生活環境課(24―5633)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


つきたて!こんがり

もちバイキング

=eタウン八風で28日=


◆東近江・東近江市◆

 eタウンマーケット八風(東近江市永源寺高野町)で二十八日、つきたてのお餅を味わう「もちバイキング」が開かれる。

 昔ながらの味(あんこ・ぜんざい・きな粉・砂糖醤油・各種味噌)や、新感覚の味(ピザ風チーズなど)を好みのトッピングで楽しむ恒例の催しで、焼き網でこんがり焼いた磯辺巻き等の「のしもち」も用意される。参加料五百円。

 開催時間は午前十一時半〜午後一時。問い合わせは、同市永源寺商工会・eタウンマーケット八風事務局(0748―27―0360)へ。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


あなたの人生の記念に!

「桜の植樹者」募集中

=りゅうおう桜を植えよう会=


◆東近江・竜王町◆

 りゅうおう桜を植えよう会は、自然を愛し緑豊かな美しいまちの実現を目指して、桜の植樹者を募集している。

 結婚や出産、就職内定、退職、成人、金婚など、人生の節目の記念にもなる。

 植樹日時は三月十八日午前十時からで、自分の手で竜王町総合運動公園内にソメイヨシノを植える。

 会費は年間五百円で、苗木代とプレート代(計三千円)は自己負担となる。申し込み締め切りは三十一日まで。

 申し込みおよび問い合わせは、竜王町役場産業振興課内りゅうおう桜を植えよう会事務局(0748―58―3706)まで。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ