平成19年3月14日(水)第14669号

◆湖南・草津市◆
時代行列や熱演舞台など多彩
「草津宿場まつり」参加募る
草津宿本陣周辺で開催
=4月28・29日=

◆東近江・東近江市◆
スポーツ振興に功績
あす 東近江市体協が表彰
今後の活躍と発展に期待
功労者や優秀選手賞
=62人と5団体=


◆東近江・東近江市◆
見て感じる子どもたちの成長!
「あかねっ子フェスタ」
=約800人参加=


◆東近江・東近江市◆
ロボカップJr県予選
小学生「サッカーズ」チーム優勝
=夢は世界大会、アトランタへ=


◆東近江・東近江市◆
開館20周年
記念誌を作成
=八日市図書館=


時代行列や熱演舞台など多彩

「草津宿場まつり」参加募る

草津宿本陣周辺で開催
=4月28・29日=


▲メインイベントの時代行列(草津市観光物産協会提供)
◆湖南・草津市◆

 草津市は四月二十八日、二十九日開催の「草津宿場まつり」に向けて、各種イベントの参加者を募集している。

 (A)「草津時代行列」、(B)「町衆熱演舞台」、(C)「宿場まつりミニウォーク」、(D)「宿場楽市マーケット」、(E)「江戸時代風喫茶」、(F)「宿場まつり助っ人隊」は実行委員会(電話077-566-3219)へ申し込む。(G)「草津宿かごかきレース」は電話またはファックスで住所、氏名、電話番号を草津青年会議所(電話077-562-0489、ファックス077-562-6221)へ。(A)(B)(E)については三月十六日までに申し込むこと。

 なお、各イベントの概要は次の通り。

 【草津時代行列】宿場まつりのメーンイベント。プロの役者や一般参加の市民が、江戸時代の装束で練り歩く。募集しているのは、姫・御小姓・小姓役(四月現在で中学生以上十九歳までの女性)五人、中臈・腰元・侍従役(二十〜三十九歳の女性)二十人、中臈(四十歳以上の女性)九人、御典医・近習・先導侍役など男性二十八人。申し込み多数の場合は、三月二十五日の説明会で抽選を行う。

 【町衆熱演舞台】草津駅東口「街道ふれあい広場」で、歌や躍り、バンド演奏などを披露。対象は個人、またはグループの二十組(申し込み多数の場合は抽選)。三月二十四日の説明会に必ず出席すること。

 【宿場まつりミニウォーク】浅草雷門の大提灯をつくった提灯屋の実演、伊砂砂神社の「花躍り」を見学してから、旧草津川などを経て草津宿本陣へ至る。小雨決行。定員は先着六十人。参加費三百円。申し込みは電話で実行委員会(電話077-566-3219)まで。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


スポーツ振興に功績

あす 東近江市体協が表彰

今後の活躍と発展に期待
功労者や優秀選手賞
=62人と5団体=


◆東近江・東近江市◆

 東近江市体育協会(武久健三会長)は、市のスポーツ振興や普及に功績を残した功労者と、競技力の向上に貢献した選手をたたえ、六十二人と五団体を十五日午後七時半から五個荘てんびんの里文化学習センターで表彰する。

 体育・スポーツの普及に顕著な功績を残した人に贈る体育功労賞には、ゲートボール連盟の谷口孝治さん(永源寺高野町)、ソフトテニス協会の加藤嘉三さん(平林町)、能登川地区体協の森茂雄さん(垣見町)、蒲生地区体協の奥村満涛さん(鈴町)、軟式野球連盟の西山勝征さん(蒲生堂町)、スポーツ少年団の松居重太郎さん(下一色町)の六人が選ばれ、いずれも所属する組織の育成や発展に貢献している。

 また、今後の普及に期待がかかる七人に体育振興奨励賞が贈られる。軟式野球連盟の猪田康生さん(五個荘梁瀬町)、御園地区体協の巽憲子さん(神田町)、ゲートボール連盟の増田良次さん(平田町)と中村照夫さん(五個荘石馬寺町)、能登川地区体協の田井中昭さん(大中町)、スポーツ少年団の枩藤安晴さん(五個荘小幡町)と井上均さん(下麻生町)が選ばれている。

 このほか、各種競技大会で優秀な成績を収めた次の四十九選手、五団体に優秀選手賞が贈られる。敬称略。
 【個人】小梶孝行(中野町)森山真由美(東沖野一)堤琢馬(八日市浜野町)井上幸子(妙法寺町)小梶隆司(東中野町)村山弘晃(建部日吉町)西野杏香(東沖野二)奥義通(市子殿町)井田裕香(沖野二)塩山佳代子(小今町)小澤由佳(沖野二)中嶋聖善(中一色町)荒居聡(柴原南町)図師雅幸(和南町)坂井優一(伊庭町)田井中秀明(同)須田康嗣(佐野町)村西大介(愛荘町)野田司(栗見出在家町)西川さとみ(宮井町)中村美津子(五個荘山本町)川嶋ゆかり(八日市緑町)坊野初美(五個荘石塚町)田中知明(沖野三)市木宏美(佐野町)市木美代(同)辻寿美(同)市居亜矢(今町)増田伊知郎(平田町)今宿国夫(小脇町)西堀正範(近江八幡市)小西隆司(高木町)小西珠菜(同)

 【スポーツ少年団】松原幸正、木村清也(八日市ソフトテニスクラブ)薗拓哉、山川諒、山本健太(滋賀神崎少林寺拳法)寺田彩香、田中駿(八日市柔道)垣谷真帆、福崎光里、伊藤友希(湖東柔道)大島弘之(八日市少年剣道)太田美咲、羽柴太貴(湖東空手)西村敏生、小野文彰、丸野晃平(蒲生ソフトテニス)

 【団体】村田製作所ソフトテニス部、さざんか、滋賀スーパースターズ、東近江市少林寺拳法中学生チーム、五個荘VBCスポーツ少年団


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


見て感じる子どもたちの成長!

「あかねっ子フェスタ」

=約800人参加=


◆東近江・東近江市◆

 蒲生マックスクラブの一年間の活動成果を発表する「あかねっ子フェスタ」が、蒲生公民館とその周辺で十一日に開催された。蒲生地区内外から約八百人が詰め掛け、子どもたちが主役の祭りを親も一緒になって楽しんだ。

 子どもたちの豊かな心と生きる力の育成を目的とした蒲生マックスクラブは、学校週休二日制を活用して土曜日を中心に、文化・自然体験・福祉体験系の十四クラブが活動している。各クラブの指導は地域住民が担い、身近なまちの中で小学一年生から中学三年生まで子どもたち約三百三十人が感動体験を積み重ね、郷土愛をも深めている。

 毎年、蒲生地区地域教育力体験活動実行委員会(藤林茂会長)が、全クラブの活動紹介と交流、入会していない子どもたちへのPRを兼ね同フェスタを催しており、クラブ員たちの楽しみの一つ。

 当日は、各クラブごとに企画運営した展示コーナーやマックスクラブの魅力に触れる体験コーナー、地元の各種団体協力による屋台コーナーなどが設けられた。

 また、ステージ上では、スポットライトを浴びた子どもたちの熱演・熱唱に来場者から大きな拍手が送られ、参加者も盛りたくさんの内容に見入っていた。

 子どもたちの自由な色彩感覚とバランス感覚を自然と引き出すフラワーキッズアレンジクラブの活動を体験した蒲生地区内小学二年生の庵彩花ちゃんは、「きれいにラッピングするのが難しかった。作ったアレンジメントは自分の部屋に飾る」と笑顔で話していた。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


ロボカップJr県予選

小学生「サッカーズ」チーム優勝

=夢は世界大会、アトランタへ=



▲市内小学生10チームがエントリーし、ロボット操作に夢中の子どもたち
◆東近江・東近江市◆

 ロボット工学と人工知能を融合させるプロジェクト『ロボカップ』の子ども版・ロボカップジュニアの県内予選「北近江ノード大会―サッカー部門―」がこのほど、東近江市横溝町の西堀栄三郎記念探検の殿堂で開かれ、参加した市内の十チーム三十五人が腕前を披露した。

 ロボカップは、ロボットによるサッカーチームの実現に向けて、日本の研究者らが提唱した大会であり、現在、サッカーだけでなく、大規模災害に応用させる「ロボカップレスキュー」と、子どもたちの「ロボカップジュニア」がつくられている。

 このロボカップジュニアは、ロボットの設計、製作を通じて好奇心や探求心を引き出し、次代の科学技術者を育てるのが目的で、十四歳以下の子どもたちを対象に、日本大会(大阪アジア太平洋トレードセンター)、世界大会(アトランタ)まで道が開かれている。

 初開催となった北近江大会には、東近江市から市内小学生による十チーム三十四人がエントリー。一昨年五月から今年一月まで、自立型ロボットをつくる教室「科学探検隊ココロボ」に通いながら、六段階中四段階(中級)という腕前にまでレベルアップした。

 いよいよ本番のこの日、入力した速度や動きをチェックしながら、一チーム二台の自走式ロボットを使って対戦し、光るボールを追いかけさせながら、「行け」「そこだ!」と夢中になっていた。

 結果は次の通り(敬称略)。

 【優勝】サッカーズ=石原裕一郎(五個荘小5)、後藤優貴(蒲生西小5)、京田祐樹(八日市南小4)、山下勝也(八日市北小4)

 【準優勝】奇跡=西村友之(八日市南小6)、小杉峰世(八日市北小4)

 【3位】マッハーズ=田辺雄太(能登川南小4)、角川皓星(金城小4)、西川拓海(布引小4)
 なお、今月十八日開催の関西ブロック大会(大阪リソナ銀行本店会場)にそれぞれ出場し、滋賀・京都・大阪・兵庫の各予選通過チーム、五十組と対戦する。


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ


開館20周年

記念誌を作成

=八日市図書館=


◆東近江・東近江市◆

 市立八日市図書館が開館二十年の歩みをまとめた冊子「わたしたちの八日市図書館」を作成し、貸出カウンターで希望者に無料配布している。=写真=。

 開館当時から利用者側に軸足を置いたサービスの展開やこれからの図書館としての目的や方針に沿って運営してきたことが、今どういう成果をもたらしているのかなどに視点を置いた編集で、利用者の声やサービスを提供する一人ひとりの図書館職員の思いが分かりやすい文章で綴られているほか、展示ギャラリーや図書館が企画した自然を考える催しや展示、新聞記事、同図書館が目指すと方向と取り組み、数字で見る利用者状況などが掲載されている。A五版七十五ページ。問い合わせは、同図書館(24-1515)へ。

 


全県大津湖南・甲賀東近江・湖東湖北・湖西中央政界社説

今週の運勢おくやみ・お誕生・ご結婚今日の首長交通取締リンク
TOP インデックスへ